そわ花
奥村鍼灸院
ホルミシスルーム京都
今日も健康でいるために
    • News

  • 2024・4・15 
  • この春は桜を長く楽しめました。ただ体には少し寒かったのかも知れません…首・肩・背中といった上半身に痛みなどの症状、また、めまい・頭痛でお悩みの方が多いです。陽の氣が上がり、陰の氣が下がっているので循環をもどす治療が必要です。
  • -------
  • 2024・3・27 
  • 今年の春は寒暖差が大きく長雨が続いています。寒さからくる「寒邪」、湿気からくる「湿邪」、これら邪気が体を歪め痛みの原因になっています。…オカルトっぽい(笑)ですが…邪気を解消する治療、東洋医学の視点をぜひ一度ご体験ください。
  • -------
  • 2024・2・27 
  • 寒い日もありますが体は春のバイオリズムになっています。このギャップで今は体調管理が難しい時…東洋医学の出番です。ちょっとした不調がございましたらお気軽にご相談ください。
  • -------
  • 2024・1・31 
  • このたび眼精疲労回復〜近眼老眼の視力向上のための「eye wave」を導入いたしました。スマホ画面でお疲れ…など見えにくくなってこられた方は是非ご相談下さい。
  • -------
  • 2024・1・8 
  • 謹賀新年
    昨年は ひとかたならぬご厚情を賜りまして心より感謝申し上げます。
    皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます
  • -------
  • 2023・12・6 
  • 今年の冬は独特の寒さがあり、最近冷えからの体調不良が急増しています。漢方では「傷寒」(しょうかん)と言われ、寒の邪が身体深くに入ればいわゆる風邪の症状などが出ます。対策は温かくする事、汗をかくほど体温を上げる機会が減っています…まずは十分にお体を温かくして御自愛下さい。
  • -------
  • 2023・11・6 
  • 急に気温が下がったりあがったり…夏バテ延長戦の様な疲れ、眠気が出ておられる方が多いです。しっかり睡眠と、お風呂で温まってください。自律神経の回復と体調不良を早く改善したい方はどうぞご相談くださいませ。
  • -------
  • 2023・10・13 
  • 急に気温が下がりました。…しっかりお風呂で温まってください。そして、水。水分をとらなくなったことが、肩首の痛みに繋がっています。温まる、水分摂取。お願い致します。
  • -------
  • 2023・10・2 
  • ギックリ腰や手の痺れ…最近、体を冷やして体調を崩されている方が多いです。足、特に足首には免疫と体力にとって大切なツボがあります。入浴の時、熱いめの湯船で足だけ10分位 先に温めて、その後服を脱いで普通に入っていただくようにお勧めしています。
  • -------
  • 2023・8・7 
  • ギックリ腰注意報。やはり足元からの治療を。腰に繋がる脚のツボと骨盤の一発治療。(個人差があります…ほぼ一発)。立秋を迎え、身体を季節に合わせ倦怠感を解消します〜温かいお灸トリートメントをご体験ください。そして免疫バランスを修正し感染症にも強くなりましょう。
  • -------
  • 2023・6・27 
  • ちょっとした不調、痛みも体のメッセージ。病気になる前にどうぞ御相談くださいませ。 *昼間は気温と湿度が上がり夜は肌寒く温度調整が難しい時期です。エアコンも体を冷やします。風邪、水疱瘡、RSウィルスなどの感染症、帯状疱疹と言った免疫バランスの乱れからくる疾患が流行っています。冷えを取り去り免疫を整えましょう。
  • -------
  • 2023・5・1 
  • 寒暖差の大きな気候が続き、体調不良と風邪が流行っています。疲れがとれない、なんだか痛い、ちょっと調子がおかしい?と感じられたらすぐにご連絡ください。大事になる前にメンテナンスをお勧めします。
  • -------
  • 2023・4・15 
  • 1〜2ヶ月前にコロナが流行り、いま「ロングコロナ」後遺症でお悩みの方が多いです。ウィルスの去った後に残る、バランスを崩した免疫による長期炎症反応、薬だけではなかなか解決しない体調コントロールが必要です。東洋医学では「瘀血(おけつ)」の治療になります。血液・血管系の調整、これこそ鍼灸の出番です。
  • -------
  • 2023・3・22 
  • ちらほらとコロナに感染しておられます。ある方は少し体調を崩すだけ、少し熱が出た、またしっかりと高熱が続き検査キットで陽性だった…など、さまざまです。周波数をご利用中で「コロナかな?」と思われる方はご連絡を。コロナ対策を遠隔優先致します。
  • -------
  • 2023・1・24 
  • 初詣や帰省のある数年ぶりのお正月らしい年始でした。でもまだ激動と緊迫の時代へと続く気配…心と体の健康を整えて支え合い乗り越えて行きましょう。
  • -------
  • 2023・1・1 
  • あけましておめでとうございます。2日よりご予約の受付をしております。お正月休みにもどうぞご利用くだざいませ。
  • -------
  • 2022・12・29 
  • いま口内炎や軽い日和見的な細菌orウィルス症状が多いです。鍼灸的な表現だと「衛氣が外邪から身を守っている。」守りがやぶられると発症します。コロナかな?の時はご相談下さい
  • -------
  • 2022・12・6 
  • 副腎の疲れには鍼灸「7ドラコン」プロトコルがやはり良く効きます。胃と副腎。すぐに治療できない方はとりあえずビタミンB、Cをお勧めします。急な寒さの訪れ。身体ケアしてください。
  • -------
  • 2022・11・23 
  • ロングコロナ(コロナ後遺症)でお悩みの方へ。ウィルスをクリアしても「痛い、だるい」「何となくやる気が起きない」のは見えないところで軽い炎症反応が続いていることが原因です。鍼灸の7ドラゴンズ-プロトコルとホルミシスをどうぞお試しください。
  • -------
  • 2022・10・24 
  • 寒さも免疫の働きを妨げるストレスのひとつです。感染症や腫れ痛みなどにつながります。
  • -------
  • 2022・10・3 
  • 一人一人ができることは何?と言えば、コツコツと良い方向に進むこと以外ありません。常日頃からのお体のケアはぜひお続けください
  • -------
  • 2022・8・29 
  • ☆フォトンビーム 説明体験会「ミトコンドリアの再生」は満席となりました。ありがとうございます。フォトンビームについて詳しくはライフオンライン https://rife.online/ をご覧ください。
  • -------
  • 2022・8・16 
  • ☆フォトンビーム 説明体験会「ミトコンドリアの再生」を開催します 日時:9月18日14:00〜16:00 会場:京都 烏丸御池 貸し会議室 参加費:お一人様 2000円 ~フォトンビーム~鍼灸で言うところの「腎は生命エネルギー」「腎の手当て」です。鍼灸を遥かに凌ぐこの画期的な装置、開発者をお招きし説明体験会をいたします。今まだ簡単に出会えない貴重なチャンスです。ぜひご参加ご体験下さい
  • -------
  • 2022・8・9 
  • コロナ7波もピークアウトでしょうか…若い方は体力あるので高熱でウィルスをやっつけられる様です。我々世代は熱を出す体力もない?38度前後との事。周波数遠隔がフル稼働です。コロナウィルス、東洋医学では腎にダメージを及ぼします。鍼灸で「腎の補」とホルミシスをどうぞ。
  • -------
  • 2022・7・29 
  • アレルギーが流行って(?)います。土用の丑と言いますが季節の変わり目にはいりました。体調は不安定になります。こういう時こそ東洋医学の出番です。
  • -------
  • 2022・7・28 
  • 暑さ湿度で体力と免疫力が低下する時期です。足底の簡単な治療もお試しください。
  • -------
  • 2022・7・20 
  • 寒暖差、大雨の湿度や気圧、薬では解決できないお悩みには東洋医学が有効です。
  • -------
  • 2022・6・27 
  • ※遠隔をご利用の皆様へ ラインもしくはメールにて、遠隔治療の内容と開始をリアルタイムでお知らせすることになりました。どうぞご確認くださいませ。
  • -------
  • 2022・6・23 
  • バテてきた時は足首の温めがお薦めです。暑いのでどうしても体を冷やしがちですが、あえて温めです。足首です。足湯が気持ち良さそうですね
  • -------
  • 2022・6・21 
  • 夏至です。年末の冬至と同じ位おおきな一年の節目です。昼と夜、陽と陰のエネルギーの方向が変わり心身共に不安定になります。どうぞ今しばらくご無理なさらないようにお過ごしください。
  • -------
  • 2022・6・20 
  • 気温上昇!一気に30度を超えそうです。脱水にご注意ください。おしっこが濃いなと思ったらお水の補給を。できれば「そわ花のレメディ」水がお薦めです(笑)
  • -------
  • 2022・6・17 
  • 帯状疱疹、関節痛…季節の変わり目で寒暖差が大きく体調を崩しておられる方が多いです。特に足首とお腹は冷やさないように温かくしてください。免疫力アップにお灸…お薦めです。 L

~お一人お一人の痛みに寄り添う~
決まった薬、決まった治療といった従来の標準治療だけでは見えてこないポイント..個人の特徴や生活背景を含めた統合的な治療です。
~優しく、柔らかく~
「いやし効果があるような診療」
患者さんとともにコラボレーションしながら その方が病気になっていったプロセスを一緒に見つけていくような感じ
... healing encounter
~免疫の最適化~
免疫が強すぎると自己免疫疾患になり、弱すぎると感染症にかかりやすくなります。免疫の最適化には個人に合った「心身を包括した治療」が大切になります。
PLAN
ABOUT
ジャンプ
新たなる門出のために
  皆様こんにちは。奥村鍼灸院・奥村です。
 こちらのサイトにおこし下さいまして誠にありがとうございます。簡単ではこざいますが当院の鍼灸治療についてご説明申し上げます。

 現在の日本では、一般的に
鍼灸は「こりをほぐす」「筋肉のかたさをとる」ために施術をし、また多くの
クライアントの皆様もそれを望まれています。
 確かにそういった一面もありますが、それだけで鍼灸を完結するのは勿体ない…と私は常々考えています。
 そして注意が必要なのは「かたさをとる」ことを続けたがために治療の本筋から外れ、逆にお体に無理を強いて健康を害する場合もあるもいう点です。
 健康の回復と維持が本来の目的だという事を見失ってはいけません。今のおつらい症状をとりつつも常に全体を診ながらの治療が大切です。

鍼灸治療とは、本来
 健康を再構築するためにあり、西洋医学にも匹敵する(西洋医学にも到達できないほどの)奥深さがあります。 →西洋医学も症状の消失に寄与するとは言え「健康の回復」という多くの方々が望む医療とは別物になりつつあります。
 痛みなど…おつらい現状からの回復、症状改善にも勿論お応えすることができますが、それだけにとどまらず
クライアントの皆様がお体の現状を把握しつつ、今後もより健康な毎日をお過ごしになるために… 
「健康サポート・そわ花」にてお力添えできますと幸いに存じます。
PROFILE

 

MAP
そわ花✿奥村鍼灸院
  • 〒603-8352
  • 京都市北区平野宮北町33
  • tel 080-5345-2363

2024/ 6/ 20