そわ花こらむ PCアイコン

トップ鳥イラスト
けんこうさぽーと

そわ花


奥村鍼灸院

トップイラスト

いきいき元気に過ごしたい

ボタンラドン ホルミシスで
元気になる!

ホルミシスルームはこちら

クローバー

どうしても治らない 慢性痛 や 
薬では解決しない 生活習慣病
お悩みの方へ

はり 相談 かぷせる


あなたのお話を お聞かせください



月  先着 5名様

30 無料相談 (受付中)

電話

クローバー

なぜ 痛いのでしょう?
どこが 体調不良なのでしょう?

長年の生活の乱れから生じる生活習慣病や、生まれつきと思われる体質、 ストレスからくる体調不良、病名のつかない症状。
治らないかも知れない状況の中、 生命力という無限の可能性を信じて、 元気になるために取り組んでこられた方々の方法をお伝えいたします。



はり きゅう 温熱
ホルミ 手技 カプセル



薬に頼るばかりではなく、
体の仕組み通りに症状を理解し
良い方向へと自らの元気を引出していきましょう。

クローバー

あなたの症状にあわせて
はり・きゅう・温熱・各種 治療

ホルミシス(ラドン温浴)
を組み合わせます

クローバー

つらい症状に はり治療  身体のアンバランス状態、 循環の滞りで生じた凸凹(症状の原因)を解消します。
循環が停滞して熱や硬さが 生じている場合は、 エネルギー過多を調整します。 (主に はり)
逆に冷えなど エネルギー不足の場合は、 補って調整(きゅう・温熱)をします。
 痛みなどの症状を治療します。


いきいき元気に ホルミシス治療  ホルミシスで身体全体的なエネルギーアップ・元気を出します。
 生活のベースになる気力を養うことができます。 気持ちが前向きになることで治療の基礎がつくれます。

ご利用例・お声くわしくはこちらへ


顔写真    けんこうさぽーと

そわ花

 奥村鍼灸院

院長  奥村 泰史
プロフィール


「今日は昨日より楽ですよ」

お約束いたします

あなたも、きっと良くなる。
母と子

月  先着 5名様

30 無料相談

電話 (受付中)

クローバー

ネット
相談or 治療、ご希望日時を選択してください。
(24時間申込みOK )
空き状況の確認後に
ご予約確定メール(開院時間内)をさしあげます。

料金など詳しくは ネット予約の
一覧ページからご覧いただけます。

治療内容のご要望、ホルミシスご利用、ペアでのお申し込み(ペア料金) 、継続治療の割引など、 お気軽に お問い合わせ下さい。

クローバー

10:00〜19:00

要予約 

1日4名様限定

あなただけのプライベート空間を
ご用意しております


玄関 室内

クローバー

アクセス


京都市北区平野宮北町33
(京都生協きぬがさコープとなり)

地図


クローバー

 

あれ!  そわ花こらむ


2017 10/ 25

台風の通過で
気温も気圧も乱高下。
とても厳しい気候に
なっています。
体調イマイチではありませんか?

ドライヤーや
コンニャクのホットパックで
足首関節を温めることで
全身ケアが簡単にできます!
お試しください。
(気持ちよく温まる程度で…やりすぎのやけどにご注意をお願いいたします)

内くるぶしの周り、アキレス腱の内側
内くるぶしと外くるぶしの間
外くるぶしの周り

元気回復のツボがたくさんある所です。

父 奥村鍼灸院
フェイスブック・
コンニャクホット
フェイスブック

わが娘も台風のすきま風で
寝冷えしてしまいました。
頭がぼ〜っとすると言うので
ドライヤーで手当てしてやりました。

もともと鼻づまりで
ほぼ嗅覚がありませんが、
ドライヤー治療の後
水を飲みに台所に入るなり
鼻が通って
「ごはんのいい匂いがする!」と
よろこんでいました。

クローバー


コンニャク

我が家では80度にセットしてレンジでチンします。
もちろん鍋で茹でて下さってもOKです。

コンニャク

熱いコンニャクをタオルで巻きます。
タオルの枚数で熱さを調節します。
コンニャク

最初は熱いのでぐるぐる巻きです。

コンニャク

内くるぶしの後ろからアキレス腱にかけて

コンニャク

気持ちよく温めて下さい。
続いて内くるぶしから外くるぶしまで
足首関節を温めていきます。
ついでに親指も温めるとなおgood
コンニャク 冷めてきたらタオルを薄くして
コンニャク 終わったら水につけて冷蔵庫へ。
また使えます。



太極図 こらむ・バックナンバー目次

 

院長  奥村   泰史 顔写真


 大学卒業後、飲食業を営む中で「体に良い物を提供したい」と考え、食と健康を研究し始める。
身近な方の大病と死、自らの健康障害もあり、医食同源の思いから治療家の道へ。

 平成19年、難病をあきらめない 「けんこうさぽーと・そわ花」を開設。
痛みに寄り添う・奥村鍼灸院「けんこうさぽーと・そわ花」 として 現在地に移転して 今年で4年目。

・・・

 皆様「先生は厳しいなぁ」とおっしゃいますが、
元気になるためには、まずは行動して下さることをお願いしております。(自己ケアをお願いいたします)

治療に頼るばかりでなく、ご自身で歩んでくださらないことには何も始まらないのです。当院で良くなる患者さまに共通しているのは「実践されている事」です。


治療を実践される上で、
まず、最優先していただきたいのは、
「これは良いぞ」という
直感です。
その上で、その治療が理屈に合っているかどうかを検証してください。

人に勧められても腑に落ちない場合は違う方法を探しましょう。
明らかに理屈に合っていない場合は違う方法を探しましょう。


ただ、
お一人でやみくもに行動しても、
体力を消耗してしまったり、 判断できず不安になったりします。

「行動しなくてはならないのは判っている。 でも、どうすれば良いかがわからない。」
当院を訪れる方は皆様そうおっしゃいます。

私ができることは

現在地(病状)・方向と道順(治療)・元気(目的地) と言う旅の道中で、迷われない様に、バテてしまわれない様に、 サポートとアドバイスをする事です。

治療方法のベストチョイス、 治療のペース配分「消耗しないさじ加減」を
心身トータルで捉える東洋医学の観点からの アドバイスです。

今日という出発点から、元気への方向と道順を知り、着実に1日1日を進んで行きましょう。


サポートしながら思うこと・・・

厳しい状況の中でも、
楽しく生活をする基盤を見失わない事
これが大切だと、皆様と過ごしながら、つくづくと感じております。

厳しい事もあるでしょう。でも一瞬一瞬が人生です。
きげん良く過ごさないと、せっかくの時間がもったいないです。
この旅、道中楽しく。一歩一歩前へ進みましょう。

いろいろあると思います。 しかし全て無駄にはなりません。大丈夫です。

京都仏眼理療専門学校鍼灸科卒。
鍼灸師石倉正章氏に師事。

鍼灸師 49歳 Reconnective Healing REIKI-V
滋賀大学経済学部卒
京都府菓子技術専門学校卒


フェイスブック
はす

SpecialThanks
Yoshiさん Yurikoさん
(イラストレーター)

先頭へ