我が住む町 橋本市  

北は大阪府の河内長野市に、東は奈良県五条市に接する人口は約七万人の和歌山県の都市です。
 奈良の山中より発する吉野川の流れが、五条市を過ぎ「紀の川」と名前を変える町が橋本。
その紀の川の美しい流れとともに育った町 橋本。

 大阪の中心 難波から南海電車で約50分、県都 和歌山市からも JR和歌山線でほぼ同じ位のところが橋本駅。
    南海・JRと同じ駅です
  

 市内彼方此方
バリアーフリー化された橋本駅 駅正面に掲げられた名誉市民 兵藤(前畑)秀子氏の額 同じく 古川勝氏の額
玉川峡にある やどり温泉いやしの湯 玉川峡 橋本市役所脇にある オリンピックメダリスト讃える碑
杉尾 一本松地蔵(歯痛地蔵) 杉尾地区にある法輪山 明王寺 杉尾不動山から望む橋本中心部と遠くに高野山の山並
杉尾 不動山の巨石 「日本の音風景100選」 明王寺傍にある庵居跡 左画像の建物の説明文です。
運動公園より胡麻生地区 紀ノ川に架かる橋本高野橋 高野口町付近の紀の川にある小田井堰
国城山中腹から市内の北方を望む。上方がマンションや新興住宅の多い林間田園都市。中央上方を京奈和道、中央下方の大きな建物は市立橋本小学校。
国城山より県立橋本高校(中央)、右上方に県立橋本体育館 橋本川を越える京奈和道(橋本道路)

橋本市運動公園「ひだまりの郷」
建物は県立橋本体育館。

橋本市運動公園内市民プール 橋本市運動公園多目的グラウンド
紀の川を渡り高野山に向かう観光電車「天空」 隅田町付近の京奈和道高架 国城山頂上付近の高木
紀の川と虹 (橋本市恋野) 紀の川を渡る南海高野線 南海小原田車庫前を通過する特急りんかん
利生護国寺 紀見峠(道の向こうは大阪府河内長野市) 丸高稲荷神社
紀見峠すぐ脇に数学者「岡潔生誕の地」石碑 隅田八幡神社参道 学文路大師
相賀八幡神社(胡麻生) 三石山 桜咲く 丸山公園
郷土資料館(杉村公園内) 杉村公園から丸尾吊橋と三石山 杉村公園のフジ
郷土の森学習館(運動公園内) 市内北馬場近辺 丸尾橋(杉村公園)
国道371号 紀の川を跨ぐ橋本橋 木食応其上人を祭る応其寺
JR/南海 橋本駅 コスモス咲く紀の川河川敷と南海鉄橋 運動公園の秋
国城山神社の菜の花と桜 下兵庫付近を走るJR和歌山線 南海の新形観光電車「天空」、橋本駅で出番待ちです
隅田八幡神社近くの見事な 「源平桃」 ふじの寺 子安地蔵寺 一言主神社
三石山 山頂 高山森林公園の桜  紀伊見荘

<ご注意>許可なく本ページの画像等の流用はお断りいたします。