「初級編」

「アナル」

アナル

「例外として」

女性の中には、「アナル」と言うか「アヌス」に触られるのをひどく嫌がる女性もいます。

その原因が、子供の頃から「腸」が弱かったり、「下痢」をしやすかったりと

体調の悪さから、拒み続ける場合もあると思います。

もしもあなたの彼が「アナルセックス」や「浣腸」をしたいと言ってきたらどうしますか?

拒み続けるだけでは、彼があなたの元を離れてしまうかもしれません。

方法は色々考えられます。1つには、あなたの1番感じる所を彼に責めてもらいます。

その場所は、「乳首」であったり、「クリ○リス」であったりしますが、

その場所を責めてもらいながら、「アナル」も少しずつ触ってもらいます。

最初は気持ちよくないかもしれませんが、根気よくエッチをする時には「クリ○リス」と「アナル」、

「乳首」を触ってもらいながら、「アナル」と言う具合に、

「気持ちよい所」+「嫌がる所」で問題は解決します。

「パブロフの犬」ではありませんが、何度も繰り返す事によって「なれ」が生まれてきます。

自分から積極的に、誘いましょう。

自分でこっそりオーナニーをする時に試すのもいいですよ。

初めてのエッチと同じで、なれてくると気持ちよくなってその良さが解ってきます。


では、本題!に入りましょう。

7.「アナル責め」

「S M」には、「アナル責め」が必ずと言ってもいいくらい登場してきます。

「アナル」は、「第3の性器!」と言われていますし、それ程、女性にとっても「感じる場所」なのです。

この「アナル」の気持ちよさを知らないなんて、女としてなんて不幸なんでしょう!

「アナル」だけで「行く」女性もいる位です。本当に!

「膣」と「アナル」は、お隣同士、1番近い所は、わずか5ミリ位しか離れていません。それと

「アナル」にも、「Gスポット」があります。「人差し指」で3,4センチ入った所にあります。

男性の前立腺のようなものです。さらに、「アナル」から、少し黄色身がかった「よがり汁」も出てきます。

「膣」と同じだと言っても言い過ぎでは無いと思います。


「 緊縛師の激白!」

「浣腸」がもたらす効果とは?

「腸」の中を「浣腸液」が、刺激して行くと「 M女」でなくとも、「う○こ」がしたくなります。

それをギリギリまで「我慢」させると「肛門」の「括約筋」を鍛える事になります。

日を変えて、「浣腸」を繰り返す事によって、「我慢」した後の「排泄」の気持ちよさを知ります。

それは、「麻縄」で縛られた後、「縄」を解かれた時の「開放感」にも似た気持ちよさです。

経験した人にしか解らないかもしれません。ぜひお試しを!

「もうとっくに経験済みよ」と言われそー(笑)

日常の生活で、トイレの中を覗かれる事などまずありえませんがご主人様の見ている前で

ギリギリまで「我慢」した後の「排泄」の気持ちよさを経験するのです。

この異常さが、「S M」のよさであり、刺激的なのです。

ギリギリまで「我慢」した後の「排泄」、たまらない程の「開放感!」に襲われます。

その恥ずかしい行為を、「ご主人様」にじっと見つめられていると

「排泄」が、快感に変わって行くのです。

それに、間違いなく「膣」の締まりもよくなります。

「 M女の激白!」

あるSの男から「浣腸」をされました。それは「いちじく浣腸」で2本でも苦しいのに

さらにもう1本、計3本も、注入されてひどい目に遭いました。もう「浣腸」は2度とごめんです。


この様なメールを頂いたのはごく最近の事でした。

「まずは、自分の体で試してみろって!」言ってやりたい!

私は自分の体を使って、やった経験があるので、とても出来ません。

たった1本の「いちじく浣腸」でも、5分ともたなかったです。どんなに我慢をしても。

相手の気持ちを先回りして、自分ながらに試せるものは最低1度でも試してからするのが、

本来あるべき「Sの姿」だと思います。

2004年10月20日

調教、再現シーン!「その7」


秋の風が吹いている、誰かが口笛を吹く様に、、、

何回信号が青から赤に変わった事だろう。「M女」は、ひたすらご主人様の来るのを待っていた。

私の顔を、横断歩道の向こう側に見た時「M女」は、手を振って自分の存在を示した。

待っている間に、色々といやらしい思いを巡らせていたそうな。

「今日のテーマ」は、「アナル責め」に決めたのだ。

「M女」には、内緒なのだ。いつもの様に、「後手」に縛り、「背後」から気持ちを確かめた。

「バイブ」の振動が「M女」の感性に火を付け様としている。「かなりいい感じー」なんて思いながら、、、。

「どうだ、気持ちいいかー?」『「あそこ」の濡れ具合はどうだー?』なんて聞きながら、、、、、。

「とてもいいわ、もっと早く動かしてー」なんて言われて。思わず『「ご主人様」に命令するのかー!』

なんて言いながら「バイブ」を忙しく動かしている私がいました。(笑)

「うーぅ行きそうー」この一言を待っていた!

「そうかーよし!」と言いながら、ローションをたっぷりと付けて「アナル」にも、

「アナル専用のバイブ」を「お尻」の穴に差し込んだ。

「クリ」と「膣」さらに「お尻の穴」と「3カ所責め」なのだ。

「まだ行くなよ」と言いながら、「二股バイブ」を引っこ抜いて、「アナル専用のバイブ」のみにした。

果たして「アナル」のみで行く事が出来るのだろうか?

この先、「M女」が「アナル」だけで行ける様になるかどかの瀬戸際なのだ。

「アナル専用のバイブ」のピストン運動を浅く深く、刺激してみた。

『ほらほら、どうした、「尻(けつ)の穴」だけで行ってみろ!ほら行け行け行くんだー』と励ますと

なんと見事に「うーぅ、行くーぅ!」と言って昇天したのである。

「M女の顔」を見ると、恥ずかしそうにしながらも、うれしそうでした。。。



「アナル」で行ける「M女」はこの世で何人位いるでしょう?

10人の内、一人か二人でしょうか。

もっと多くの「M女」の方に「アナル」で行ける気持ちよさを知って頂きたい!



男女共にご質問ご要望もお受け致しております。

あんな事こんな事、何でもいいですので〜

メールアドレス

eo642424@ares.eonet.ne.jp


初級編へ戻る

トップへ戻る