今 福

               皇 大 神 宮
火防ぎのおまつり

● 鎮 火 祭 ●








日々の生活に欠かせない



古来より神聖視され忌み尊ぶ存在でも
あります。
我々の生活にかかせないものですが、
一度扱いを間違えると、恐ろしい災いを
招き,荒ぶる劫火ともなる火を鎮め、感謝
申し上げる神事です。

夕刻から行われ、当宮で古くから行って
きた静かな神事です。

十一月二十三日(新嘗祭当日)

午後五時より祭儀執行

鎮火祭とは

かつて旧暦六月と十二月の晦日の夜に宮城の四隅で
火を起こし、卜部氏の秘事を行っていた行事に因む神
事です。
当宮では新嘗祭(八百萬の神々に新穀を供え、五穀豊
穣に感謝申し上げる祭)当日の夕刻に行われてきまし
た。




街々に火の荒び疎びの無い様に、神職・氏子総代が
奉仕申し上げます。






火の用心

御 札 授 与

初 穂 料 

三 百 円 也







            詳しいお問い合わせは


         06−6931−2668 皇大神宮まで



トップへ
戻る



複製・複写・無断転記を禁じます。Copyright (C) 2007-2020