我が家の低周波音被害
 闘いの記録

home

                                          
大阪地裁
被告 : 積水ハウス、隣家、大阪ガス、東芝燃料電池


◎第18回期日(本人尋問)は11月27日(火)に決まりました。
(2018/10/06 管理人補佐)          
-----------------------------------------------------------
◎10月4日に予定されていた第18回期日(本人尋問)は裁判所都合により延期となりました。日時は未定です。傍聴を予定されている方はご注意下さい。
(2018/09/20 管理人補佐)          
-----------------------------------------------------------
◎弁論準備期間も終わり、そろそろ地裁での手続きも最終の段階に入りました。7月初旬に準備書面を提出し、後は証拠調べを待つだけです。
 我が家の為だけの裁判では無い、大勢の低周波音被害者の為にも頑張らなくてはならない、と考えて大企業相手の耐久レースに臨みましたが、想定内とは言え、本当に気力・体力を消耗する裁判でした。
 近所の方にこの裁判の話をすると、「イギリスでは、このようなケースでは企業側に(被害を否定する)立証責任が在るそうですよ」と仰っていました。日本でも是非そうなって欲しいものです。
 結審又は判決を待って、何らかの形で裁判の詳細を記したいと考えています。
(2018/07/30 管理人補佐)          
-----------------------------------------------------------
◎第12準備書面を提出しました。 
(2018/07/09 管理人補佐)          
-----------------------------------------------------------
◎第17回期日
弁論準備は終了しました。 
(2018/06/14 管理人補佐)          
-----------------------------------------------------------
◎第16回期日
当方から、第10・11準備書面を提出しました。尚、今回は医学と音響の専門家から、それぞれ意見書を頂きました。感謝に堪えません。
(2018/04/19 管理人補佐)          
-----------------------------------------------------------
◎第15回期日
 1月23日に新大阪で開かれた公調委の低周波音関連の某事件の審問を傍聴してきましたが、聞いていたとおり、行政が裁判をそっくり真似しています。申立人(裁判なら原告)への反対尋問(反対審問?)は本質から外れた重箱の隅をつついたようなもので、申立人(高齢の女性)に対するいじめのようなものでした。そして、それを委員が黙認している趣きがあります。
 行政は下手に司法の真似事などせずに、国家の独立した機関として、矜持を持って独自の方法を模索してもらいたいものです。
(2018/01/30 管理人補佐)
-----------------------------------------------------------
◎第13回期日 
 期日の前日の夕方に被告らから測定に関する証拠(のみ)が提出されました。第三者(?)の調査会社が作成したものです。

 裁判官:「被告らは準備書面を提出しないのか」
 O社:「証拠に書いてある」
 裁判官:「証拠だけもらっても、裁判所としては、どう主張したのか分からない」
 O社:「それなら提出する」

予想していた遣り取りでした。被告らによる証拠の正式提出と準備書面提出は次回(第14回)になりますが、被告側の準備書面も出さず、調査会社の測定報告書作成に3ヵ月弱もかけるようなものでしょうか。
被告らは真面目にやっていますか?私たちは例の7月某日、貴方がたがクーラーで涼んでいる時間帯に、高温多湿の我が家の庭で、蚊取り線香を何本も炊きながら対照測定を繰り返していました。汗ダクの時に隣家から吹き込んでくるエアコン屋外機の温風には腸が煮えくり返るような思いでした。
(2017/10/07 管理人補佐)
-----------------------------------------------------------
◎第10回期日 期日の前日に0社から書面が提出されました。期日1週間前に提出した当方の書面を見てから作ったものと思われます。(2017/05/25 管理人補佐)
-----------------------------------------------------------
◎第9回期日 T社、O社を書面で論難しました。O社主導と思われる測定妨害に対し、補強証拠を提出。裁判官と被告らのやり取りを聴いていて、腹が立ってきました。被告らが時間稼ぎをしていると感じたからです。避難先(自宅ではない!)へ帰ってからも、怒りが収まりませんでした。
(2017/03/02 管理人補佐)
-----------------------------------------------------------
◎ 調停が始まるまで、隣家はある意味で被害者であるという気持ちがありましたが、調停が終わる頃には、隣家は確信的な加害者であると感じるようになりました。
(2017/02/05 管理人補佐)
-----------------------------------------------------------
◎ 第7回期日では、第3者機関による測定に対する、O社主導と思われる測定妨害について言及しましたが、第8回期日でO社は否定しました。この問題は引き続き指摘していくつもりです。(2017/02/05 管理人補佐)
-----------------------------------------------------------
◎ 相手方4者の中には大企業3社が含まれますが、S社の主張の品の悪さには辟易しています。こんなものに反論する必要があるのかな、という感じです。(2016/12/27 管理人補佐)
-----------------------------------------------------------
◎ 裁判の経過は詳しく記しませんが、大企業が即ち一流企業であるとは言えないという印象を強く持ちました。(2016/06/09 管理人補佐)

 裁判
2015年6月
大阪地裁 
提訴


第18回 2018年11月27日 本人尋問
第17回 2018年06月14日 弁論準備
第16回 2018年04月18日 弁論準備
第15回 2018年01月24日 弁論準備
第14回 2017年11月16日 弁論準備
第13回 2017年10月05日 弁論準備
第12回 2017年07月26日 弁論準備
第11回 2017年06月13日 弁論準備
第10回 2017年04月25日 弁論準備
第9回 2017年03月01日 弁論準備
第8回 2017年01月12日 弁論準備
第7回 2016年11月09日 弁論準備
第6回 2016年07月28日 弁論準備
第5回 2016年06月08日 弁論準備
第4回 2016年04月13日 弁論準備
第3回 2016年01月21日 口頭弁論
第2回 2015年11月19日 口頭弁論・意見陳述(口述、スライド)
第1回 2015年09月03日 口頭弁論
調停
2014年9月
大阪簡裁
申立
 第4回 2015年6月5日 調停不成立 
 第3回 2015年3月
 第2回 2015年1月16日
 第1回 2014年11月

当方代理人は大阪弁護士会に所属する弁護士の方2名です。
 

関連記事
「『食欲低下』…健康被害の相談、年200件超」 2016年2月28日
yomiDr. 
読売新聞関西版
「エネファームの低周波音被害で裁判」
日本消費者連盟 消費者リポート 2016年1月号
 「低周波音 苦しみ知って」
朝日新聞和歌山版 
「低周波音被害を考える 弁護士会がシンポ
わかやま新報 

yomiurinp.htmlへのリンク

shouhishareport.htmlへのリンク