スレーブ1号(FineMolds社プラモデル)制作記事

いやぁ〜、ついに手にすることが出来ました。「完璧」といわれるFineMolds社の製品です。

で、設計図には「コクピットは固定」と書かれていました。
確かめるべくDVDを観たらホント、上向いたコクピットでボバ君はもがいていました(笑)。

ちなみに赤いスレーブTもコクピットは固定だそうです。
mpc社のスレーブはいったい、、、。



と言うわけで、
メインのボディパーツを仮組してみました。

mpc社のものに比べて一回り大きいです。

普通に接着した後、スーパーXボンドで裏打ち。

mpc社のスレーブ1号では必須作業。FM社のでは不要な作業かも。

2〜3日後、接着剤が乾いたら削る。

グレーを塗って表面処理の確認。

ガッカリ。

なぜだか接着線が凹んでいるのでパテ埋め。



そして久しぶりに作業再開。

で、更新履歴を見てビックリ!
前回のサイト更新は2004/5/4。
4年後の同じ日にサイト更新とは、、、。

つか、4年ぶりですか (^_^;)



さて、早朝モデリングにて、
コクピットをちまちま塗っておりましたよ。

パイロットも乗せるか?

とりあえずデカール貼り。

完成後にも見えるのでしょうか(笑)???

さて、機体裏のメカ部分の組み立て。

機雷発射口は塞いだ状態です。
派手なカラーリングの機雷に違和感を感じるもので、、、。

で、パイプに切れ目(赤矢印)があるので、パテ埋めしようかとも思いましたが

シールを貼ってごまかすことにしました。
超お手軽。

指示通り塗り分け、、、。

基本色カラーナンバー338が手元になかったので、缶スプレーのガルグレー丸塗り。
横方向から翼取り付け部分に同じく缶スプレーのニュートラルグレー丸塗り。

なので、ニュートラルグレーが底面に吹きこぼれてきたけど、汚し塗装っぽくてOK!

よく判りませんか? ストロボ撮影画像もあり(マウス乗せてね)。

で、フィールドグレーとジャーマングレーを筆塗りで塗り分け。
フラットブラック(アクリル)でスミ入れ&ガルグレーでドライブラシ。

こんな感じに〜!

続きまして、フィギュアなど。ホント良く出来てますねぇ。
んでも、私には塗る技術がないのだ(泣)。

あれ、ジャンゴの右腕が、、、。

うひゃぁ〜、ピンボケお恥ずかしい、、、。

で、いつものように「手はお膝」から操縦桿へ。
肩から上腕は、元のモールドをいかして。
さすがに肘から先は粉々に、、、まずは袖までをエポパテで作りました。
一度に「手」までは無理です、、、。

で、コクピットをボディに接着。

本体はスーパーXボンドで固めております。
4年前には一番頼りになる充填系接着剤でしたが、、、いまや黒色瞬着のみ!

ジャジャ〜ン!

完成した気分になってしまいました(笑)。

うひゃぁ〜、またもピンボケ!

指示通り塗り分けました。
んでも絵心がないので魂は入っておりません、、、(涙)。

スーパーXボンドで接着。

しかる後「手」をエポパテで作りました。

って、見えねぇ〜!

さて、コクピット周りをドライブラシしたり。


キャノピーの接着面にグレーを塗ったり。


んで取り出しましたのがマットメディウム。
&アクリル絵の具のグレー


それらを混ぜた「手作りグレー接着剤」でキャノピーを接着してみた!

水溶性ボンドなので、失敗しても剥がせるし(笑)。

乾燥を待つ間にノズル。
接着線が凹む(赤矢印)ので、埋めても良かったのですが、、、。

細切りプラ板を貼ってごまかしてみた。(右)

レーザーガン用パワーパイプは手抜きせずエポパテでつないでみた。


お次は翼ですな。

左右ごとに袋に入れてパーツ分け。


形になったら組み立ててサフ吹き。


まだ3パーツに分けてます。


さて、キャノピーの接着剤の乾燥を待つ間に、、、
また1年が経ってしまいました、、、。
足掛け5年の制作記事ですな。
この再開で完成しますかな?

さて、最初の作業は、、、

抜きの関係で楕円になっているモールドをドリルで正円に修正。

で、全体に指定色を筆塗りしてみる。

ムラになるように、薄めの塗料で。

黄色い部分、ひたすら筆で厚塗り。

黄色ってなかなか発色しないよねぇ。

んで濃緑色で黄色のフチを塗る。緑色は濃いので一発で仕上がる。

濃緑色部分は緑を混ぜたり、タイヤブラックを混ぜたり、
ラインに沿ってマホガニーを混ぜて塗ったり。

お次はスカート。
後方の青い部分の塗り分けの基準となる、黄色デカール貼り付け。


ついでにこっちにも黄色デカール貼り付け。


さて愛用のエアブラシですが

トリガータイプで細い線が引けません。

塗装図を眺めながら吹いてみましたが、

10円玉サイズの丸い線が現れます、、、(泣)。

そんなわけで新規購入!

ホンマに細い線が描けるのでしょうか!?

まずはスカートの内側のシマシマ汚れ、、、。

出来ましたぁ〜!

塗装図よりはヘッポコでも、自分の中では充分すぎる出来です!

表の青い部分も塗ってみた。

面白ぉ〜い!!!
(雰囲気を味わいたくて仮組してます/笑)

もりもりエアブラシ。

マスキングテープをはがしたら黄色のデカールがはげたのは内緒だ(笑)!

黄色を筆塗りで修正したらスミ入れ。

スミ入れははっきりクッキリさせたかったので、
タミヤエナメルのツヤ消し黒をそのまま使用。

所々に細筆で塗った後、完全に乾いてからコンパウンドで磨く方法をとりました。

続きまして翼。指定通りの基本色を筆塗り。

とか言って、全体は指定色のライトグレーではなくガルグレーでした。
1年前に缶スプレーで丸塗りした覚えがある(笑)。

本日は黄色のデカール貼り。

一部、塗装で仕上げたところもあり。

翼基部。
ジャーマングレーをエアブラシ(画像右)。

乾いたら指定色のライトグレーでドライブラシ(画像左)。

しかる後、接着。

あぁ、裏面は指定色ではなくガルグレー使ってるじゃん!
ライトグレーでドライブラシして馴染ませよう、、、。

斜めの支柱パーツも塗装&接着。


次の日。
接着剤が乾くのを待つ間に翼を再塗装。

指定のライトグレーをエアブラシで縦方向に帯状に吹く。
すると元のガルグレーが汚し塗装のように見える、、、かな?

翼を装着。


裏面のパーツも皿アンテナ以外は接着。


お次は本体の塗装です。

キャノピーをマスキングして保護。

さぁ、2度塗りでムラを消しますよ。
と塗り始めたものの、、、。

これって、明らかに違う色ですよね(泣)。

うひぃ〜っ、先日全面に塗った色は指定の色ではなかったようです、、、。

気を取り直して、、、。
間違った濃いグレーを下塗りだと信じて(笑)、指定色をエアブラシ。

結果オーライ!ですよね。

煤けたようなところも新エアブラシのおかげでバッチリ。

こちらはニュートラルグレーをエアブラシ。

塗装見本図を見てもよく判らない(見えない)ので、自分流の解釈で塗ってます。

乾いたら指定のグレーでドライブラシ。&コピックのオレンジでサビ表現。

格好良くなったと思っていたけれど、画像で見ると単調ですなぁ、、、。

で、更に色々なグレーでドライブラシ。

う〜ん、画像だとやっぱり単調(泣)。

しかし、それよりも不幸な事故が発生。

塗り分けのマスキングテープの位置決めをしていたら、、、グレーがはげた!

そんなわけで、筆塗りです。

上手くいきますかねぇ?(^_^;)

同時進行でスミ入れなど。

普段なら乾く前に拭き取って、ウォッシングも兼ねるのですが、

今回はスジ彫りが繊細なため、乾いてから溶剤で拭き取りました。

マスキングテープを貼ると明るいグレーがはげたので

凹モールドを頼りにフリーハンドで塗り分けました。

黄色部分は筆塗りだったので、ハゲる心配がないので
塗り分けにマスキングテープを使いました。

ビシッと塗り分けたいですからねぇ。

同じ理由でグレーとの境目もマスキング。
フリーハンドの筆塗りでこの直線は無理でしょう。

でも周囲は凹モールドに沿ってフリーハンドの筆塗り。
緊張する(笑)!

塗り分け完了!


残りのパーツにも、色を塗って。


全パーツ揃いました。


接着したら完成〜!


展示ベースは浮き文字部分を銀色に。

マスキングゾルを塗ってガンメタスプレー丸塗り。

完成〜!