ポッドレーサー製作記事


町中で見かけなくなってしまって、ヤフーオークションにて入手しました!

箱を開けると、見た目は精密なパーツ満載なのですが、、、。
どうなのでしょう(笑)?

コックピットとエンジンに大きく分かれていますので2つ同時に進めていきましょう!

え〜、大変見にくい画面構成(↓)となっております(爆!)。



本体コックピットの組み立て


いきなりですが、中に納める操縦席の隔壁(左右の壁)の
接着の角度が全く解らないので(泣)、
組み立て説明書を無視して床板部分のみを本体に接着。
(左右の壁はしばらく放置!)
プラ用接着剤で接着後、スーパーXボンドでガッチリと裏打ち。

スーパーXボンドが固まったら、、、
ひっくり返して、底のヒケをパテで埋める。

ただの箱だと思っていたポッドレーサー。
けっこう複雑な形をしているんですねぇ、、、。

パテが乾いたら、、、ペーパー掛けのあと、メカパーツを接着。

そして左右のインテークパーツを合わせてみると、
取り付けガイドのポッチが邪魔。
インテーク部分を薄く削りこむと、
自動的にポッチが無くなってしまうので、
本体側の穴もパテ埋めしました。

サフェーサーの代わりにライトグレイを吹いてみた。

ちなみに「Xウィング」用に買ったスプレー。
はてさて「Xウィング」制作熱は今どこに(笑)?

またまた説明書を無視して
操縦席後部の壁も本体下部側に接着。

放置しておいた左右の隔壁も、
ボディパーツ内に目一杯に広がるように接着して、
操縦席内部は完成!?

と思ったけれど、さみしいのでジャンクパーツを接着。
カーモデルからペダルを拝借。
(ポッドレーサーに付いているのか!?)

茶色のパーツは戦車のキャタピラ。
(1/72・キングタイガー!)

密度感が出ました(笑)。

塗りにくい内部を塗ったら上下パーツの貼り合わせ!

2種類の接着剤とテープでガチガチに!

ものすごい段差が出来るのでタミヤパテを大量投入。




エンジン部分の組み立て


4枚のパーツを貼り合わせて円筒部分を作る、
ということなので、前後の円形パーツを支えに。
テープでグルグル巻きにするのも忘れずに。

が、慌ててはいけません。
4枚パーツのうち、接着するのは半分ずつです。

つまり、このように(↑)なります。
そして補強は毎度毎度のXボンド。

で、接着後には塗りにくい内部を塗装しておく。

塗ったら接着。
で、基本形は完成。

それにしても、すんごいディティールですな。

内側にはXボンド、外側には溶きパテ。
左下のノズル、内側のモールドが後端部分で
無くなっているので、カッターで削りました。
そのままだとまん丸に見えてたのが
歯車状になっているでしょ?

お次は下部のメカパーツ。

よく見える部分のディティールが手抜き放題。
凹部をタミヤパテで埋めてます。

さらにジャンクパーツも接着してみました。

裏面にも。

表面にも。

で、基本形に接着。

もちろん別塗装のカバー部分は接着してません。





今日はここまで〜!