ピヨピヨゾック


コッソリと作っていたので、
製作記事は省略です・・・
(^_^;)

完成品を分解して解説→

「ピヨピヨ」に合わせて動くクチバシ?は糸で吊っています。

「ふいご」の上下に真鍮線のガイドを接着して、
そこに糸を通しています。

で、糸なので押す力が働かないので、
もともとの笛をオモリ代わりに接着しました。

瞬間接着剤だけでは不安なので、
エポキシパテで固めてます。



   ま、この糸が切れた時のために、
   分解可能な構造としたわけですな。
   (^_^)v

肩の関節はパチンコ玉。
胴体の方にはネオジム磁石。

分解のための工夫です。

ツメ先の輪っかをアームに通して、、、

頭をかぶせたら完成〜!

鋼鉄ジーグのように肩がカチ〜ンとくっつきます。
って、判るかな・・・? (^_^;)

国内で4番目のピヨピヨゾックということを確認して、
4号機のデカールを貼りました!



     あとはベースをジオラマ仕立てにアレンジしたいですね。



     ※意味がわからない人は「ピヨピヨゾック」で動画の検索を〜!

続く〜!