ボール


自分のためのクリスマスプレゼントとして買ってみました。

&学校では非公認の模型同好会の部員たちに「冬休みに作るぜ!」と約束(笑)。
20年前と違ってMG(マスターグレード)なんて区別があるらしい。

買ったはよいものの、作業道具は全て職場のロッカーだ。
そして今は年末休暇、年始休暇の真っ最中〜!
なので、組み立て説明書を眺めるばかり。

そして思った。
MGって中身まで再現されているのね。ならばクラッシュモデルしかないなぁ、、、と。

なわけで説明書に赤鉛筆で書き込み、どこを切り刻んで中身を見せるか検討中。

あぁ、はやく出勤したいぞ(笑)!

2004年1月4日。
てなわけでまた、早朝出勤が始まり、勤務時間までの1日10分モデリング。

とりあえず芯となる球体部分を組み立て。すんごい彫刻だ。

流行の「後ハメ加工」で凸を切り取ったり、
流行ってない(笑)「カバーシーリング」してみたり。
(せっかくの可動ノズルを固定、、、)

メタルブラック丸塗り。

(↑)もう一箱購入。なぜってパーツを一つ紛失(赤丸)したから。
って、見えねぇ〜!

それにしてもボールごときになんとパーツの多いこと。
冬休み中に完成させるのは無理のようですね。(^_^;)

さて腕を組みましょう。
まずは右腕用のパーツのみを切り出して整形。

で、グレーを吹いたら今度は左腕のパーツを切り出す。
って、写真じゃどっちがどっちだか判らんねぇ(笑)。

何でこんな組み方するの?って、左右のパーツを間違えて組まないように。
だって左右分けのトレイ、ギャプランが占領中なんですもの。

でもたぶん、同じ作業を繰り返すのが苦痛なだけなのかも。
片方を完成せさせたら満腹、みたいな(笑)。

で、やっぱり右腕パーツから濃いグレーを塗っていってます。

よく考えたらギャプランとパーツが全然違うんだから、同じトレイに入れれば良かった、、、(笑)。

さて本体。
塗り分けたバーニヤ内部に色が付かないように丸シールでマスキング。
しかる後、本体全体にガンダムブルー2を吹き付けました。

赤く塗ったノズル内パーツを押し込んで、、、
塗料の厚み分キツくて、、、白のパーツがことごとく割れました(泣)。気をつけましょう。

本体の配線を塗り分けたり、フレームを明るい青で塗ったり。

上部装甲カバーパーツもペンチでひねって割りました。

んで、見えそうな所だけスミ入れ。

左装甲に被弾して壊れた設定なので、ノズルカバー(?)部分は切り捨て。

内側のモールドのコピーをプラ板で製作。

と、気がつけば部員たちの卒業式が近いではないか!
完成させて自慢しなければ〜!(笑)

なので、急いで各パーツを完成させました!

さて、インレタデカールですが、、、

失敗が恐いので、まずはクリアデカールに転写。

右から左へ、バッチリと転写できてます。

貼られるボール本体の方はピカピカにしておきます。

こうしておくと、マークソフター無しでもピタッとデカールが貼り付きます!

デカールを貼り終わったらヒーターの前で強制乾燥中。

卒業式までに仕上げて生徒に見せようと慌てております。
なので、デカール貼り作業の途中画像もありません(笑)。

デカールが乾燥したらツヤ消しスプレーで再度マットに。

油絵の具でスミ入れ&汚し塗装。

そしてやっぱり強制乾燥。

ようやくノズルを接着したり。

コピックで汚しを入れたり。

展示台も用意したりで、、、

完成〜!

ニュ〜ス!

電撃ホビーマガジン2005年7月号に掲載していただきました!

といっても投稿作品は全て掲載されるのですが。