D 聖徳太子と十七条憲法


                
           法隆寺中門と五重の塔                法隆寺夢殿


十七条憲法

一曰。 

以和為貴。(人々が和することは、貴いことです)          
無忤為宗。(互いに相争うことが、無いようにしよう)
人皆有黨。(人々は皆それぞれに、徒党に属しています)
亦少達者。(そのために、以和為貴ということに達することができないでいます)
是以或不順君父。(だから、主君の理または、父の理に従うことができ無い場合があって)
乍違于隣里。(残念なことだけれども、兄弟姉妹や隣人と争そうこととなる)
然上和下睦。(だからこそ、政権が安定で人々が仲睦まじくするには)
諧於論事。(互いが話し合うことと、そこに調和が生じれば)
則事理自通。(そこには物事の道理が開けることになる)
何事不成。(そうであれば達成できないことなどあるだろうか)

二曰。

篤敬三寳。(親しく次の三つを宝とするべきです)
三寳者仏法僧也。(宝とは、仏陀と仏法とそれらを学び達した僧尼です)
則四生之終帰。(胎生・卵生・湿生・化生である全ての生命は、これら三宝に帰属するからです)
萬国之極宗。(これはいつの世でも、終極の道理だからです)
何世何人非貴是法。(いつの世からか、いつの人々からか、この道理は見失われてしまった)
人鮮尤悪。(生まれながらにしての極悪人は、少ない)
能教従之。(良く教育することができれば、それに従うようになるものです)
其不帰三寳。(この世が三宝に立つ事を知り、常にそこへと帰ることをしなければ)
何以直枉。(何によって曲がった世の中を、真直ぐにすることができるだろうか)


以下三条からは抜粋ですが、およそ次のようなことが書かれています。

故承詔必慎。不謹自敗。 (だから君主の言いつけを慎んで承るようにしなさい。自滅しないために)
群卿百寮。以礼為本。 (全ての役人は、礼を基本としなさい)
上不礼而下非齊。下無礼以必有罪。(官僚に礼が無くなれば人民に礼も無くなり、そこで争いが生まれる)
絶餮棄欲。(役人は贅を貪ることを断ち、欲を放棄しなさい)
其百姓之訴。一日千事。 (百姓の訴えは、一日に千件にも及ぶ)
是以貧民則不知所由。(役人がそんな風だから貧しい百姓は、頼りにできないでいる)
懲悪勧善。古之良典。(勧善懲悪は、古来からの良き教えである)
是以无匿人善。見悪必匡。(そうすることで人々の善が隠れてしまうことはない。悪は正されなければならない)
亦侫媚者対上則好説下過。 (媚へつらう役人は上司に対しては百姓の過誤を指摘し)
逢下則誹謗上失。(百姓に対しては、役人の失敗を誹謗中傷する)
无仁於民。是大乱之本也。 (臣民に対し仁愛の無いのは、国の乱れの原因となる)
事無大少。得人必治。 (争い事に大小の区別は無い。人徳ある人が役人となって国が治まる)
群卿百寮。早朝晏退。 (役人は朝早くからそして遅くまで職務を果たしなさい)
其善悪成敗。要在于信。 (善悪の成敗は、正しく行われなければならない)
人皆有心。心各有執。(人にはそれぞれの心があり、それぞれに思うことは違う)
明察功過。罰賞必當。(公平に善悪を明らかにして、罰と賞を違えてはいけない)
日者賞不在功。罰不在罪。 (近頃は功が無いのに賞したり、罪がないのに罰したりしている)
国非二君。民無兩主。 (国に二人の王は要らない。臣民に一人の良い王だけが必要である)
群臣百寮無有嫉妬。(臣と役人は、嫉妬心を自制しなくてはいけない)
千載以難待一聖。 (千のチャンスがあっても優れた君主を受け入れられることができないであろう)
其不得賢聖。何以治国。(聖人君主を官民で迎えることができなければ、どうして国が治まるだろうか)
背私向公。是臣之道矣。 (私事を捨て公務をまっとうするのは、役人の務めである)
非同則以私妨公。 (このことに同意できないならば、私事が公務を妨げる)
使民以時。古之良典。(民を使役する時期を選ぶのは、古の教えに依りなさい)
故冬月有間。以可使民。 (冬は百姓は暇があるので、その時期が良い)
夫事不可独断。(だからといってそれも勝手な独断ではいけない)
必與衆宜論。 (必ず民百姓衆とよく相談して、決めるべきである)

            ()内口語訳は当ページ作成者に依るものです。軽く流して戴くのがお勧めです。

   

この十七条憲法から、この時代の人々の様子と憲法の求めるものを推察することができます。
人々が部族の長と新政権の君主との権力の混乱にされされていること。
そこで新政権は、新しい君主にこそ従うことが重要であり全ての臣民がそこで和合することができるとしている。
人々は皆それぞれに個性があり自分の考えがあるけれども、
お互いが和合するためには三宝が必要です。
民同志のために三宝が必要であることはもとより、役人には礼が必要です。
しかし当今の役人は財あるものからは賄賂を要求し、貧しい百姓からは正義を奪っています。
功徳の無い者を叙したり、功徳ある者をないがしろにしています。
そうした誤った価値観が正義を圧倒して、国の中を闊歩してはならない。
臣、役人、民はそうした嫉妬心や妬みと謗りの中で紛糾し、自らよりも優れた者を排斥し、
更には千載一隅の機会の聖人君主の受け入れができなければ、どうして国がまとまるだろうか。
国家が国家としてあるためには民の使役が必要であるが、
百姓が多忙な時期に国家の使役に用いるような、愚かな役人の独断があってはならない。
国の支えである百姓の意見を聞かずして、どうして国家が維持できようか。

というように、十七条憲法の生まれた時代の背景と目的はおよそそのようなものだと想像できます。
そして聖徳大使の言う仏法僧は、
仏(神仏)
法(事の道理)
僧(道理に達した君臣)
によって役人の礼を糺し、民には仏法の普及で新国家の和合を図ろうとしたのだといえます。

この十七条憲法を読んで、そして聖徳太子が著わしたとされる

勝鬘経義疏、維摩経義疏、法華経義疏と比べてみると
この条文が、いかにも稚拙であることを感じとることができます。

例えば、
国非二君。民無兩主。 (国に二人の王は要らない。臣民に一人の良い王だけが必要である)
千載以難待一聖。 (千のチャンスがあっても優れた君主を受け入れられることができないであろう)
また、非同則以私妨公。 (このことに同意できないならば、私事が公務を妨げる)
など表現力の物足りなさは上記三義疏に比べまるで別人の文章のようだということができます。

そればかりではありません。
一条と二条と比べれば、三条以下はまるで作成者が別人のようである、
そのように感じることができるといえます。

何故そのようなことを感じるのか、
それは、文章の中にある生命力に関することだといえます。
三条以下の文章は熟慮されたものとはいえ、一、二条に比して明らかに生命力の密度が希薄だということができます。

聖徳大使が著わしまた講義したとされる維摩経義疏のなかで、次のような一節があります。
「あなたの父母、妻子、友人はだれなのですか。あなたの使用人、象、馬、車はどこにいるのですか」
維摩はそれに答えます。
「完全な智慧は菩薩の母である。方便を父となす。一切のもろもろの導師は、ここから生じないものは無い。
法の喜びを妻となし、慈悲の心を娘となす。善心誠実を子息とし、究極における空寂が家である。
悟りの心は浄らかな妙なる華であり、解脱したと知る智慧は、その果実である。
多くを学んで智慧を増すことを、みずから目を覚ます音としている。
五神通を象や馬として馳せ、大乗の教えを車としている」

                              中央公論社 日本の名著 聖徳太子 中村元責任編集

美しく、そして生命力と迫力に満ちた感嘆すべき文章だということができます。