当組合では以前からも安全対策活動を進めてきていましたが、平成13年度に取り返しのつかない重大災害を発生させてしまいました。       
 ここでは、その事故を教訓として行ってきた、安全衛生対策への取り組みをご紹介いたします。 

                                                             
                                 


【安全唱和】




【班別行動表】


作業前ミーティング】



【ゼロ災記録ボード】



【近畿地区林材業ゼロ災推進大会での様子】





1人作業の禁止と班別作業制度の確立。
作業班長への携帯電話の貸与。
作業班行動表と伝言板の設置。
安全衛生委員会と安全衛生全体会議、安全パトロールの定期実施。
安全管理体制の強化と緊急連絡体制の充実。
安全確実な基本操作(手抜き防止の徹底)。
安全技術講習会の開催(現場危険作業の現実を全員で研究検討する)。
指差し唱和と指差し呼称の実施。
作業前のミーティングと安全標識の掲示の徹底。

◎平成17年11月9日、神戸ポートピアホテルにて
「第42回 全国林材業労働災害防止大会」が開催され当組合が団体賞を受賞し
労働安全対策について発表しました


  
枝打ち作業から手首を守る!!
    
  特徴:
     全面にアラミド繊維「ケブラー」を使用し、両面ビニボツ加工。
     内側は綿ですのでチクチクしません。
     肘までスッポリ入り、どんな作業にも安心です。
    
   特徴:ケブラーとアルミ板とを層状にして作成。
        指もスッポリ包み、ナタによる枝打ち作業に最適です。
森で働く男の最適スタイル
    
   特徴:ジャケット・・・蜂が近寄りにくいセーフティーイエロー。
                   動きやすいラグランスリーブ。
                襟はスタンドカラータイプ。
                ヨークメッシュ構造。
                袖口はマジックテープを使用。

         長袖シャツ・・・動きやすいラグランスリーブ。
                   涼しい脇メッシュ装備。
                   マチ付き胸ポケット。

         2タックパンツ・・・ウエストにシャーリング装備。
                     膝部は蛇腹構造。
                     裾にはファスナーを装備。