復刻・八千代伝芋25度・無濾過・甕壺仕込み
★買い物籠システムにてお買物頂きますと、当方にご注文のメールが届くはずなのですが、何かの原因(ウイルス等)にてお客様の大切なご注文メールが、当方に届いてないことが、御座いますので、当方から受注確認のメールがお客様に2日以内に届かない場合、ご確認のメール等を再度、頂きましたら有難いです。ご協力のほど、心よりお願い致します。(機械的に瞬時に届くメールは、受注を確認したメールでは御座いませんので、当方からの、総金額の掲示、代引、振込、クレジット手続きのご案内が改めてお客様の元に届くはずですが、そのご案内メールが2日以内に来ていない場合、お手数おかけ致しますが、再度ご連絡の方、宜しく、お願い致します。)
●ご注文と同時に、機械的にお客様の方にメールが配信されますが、改めて当店から、在庫の有無、お買上金額等の明細及び総合計金額のご案内のメールを配信いたしますので、ご確認の上、御了解下さい

酒-通販ドットコム - いも焼酎を中心に麦焼酎、日本酒も扱う。
恋するフォーチュンクッキー 猪名川町 Ver./ AKB48[公式]八千代

八千代伝『熟柿』

八千代伝・熟柿
芋焼酎最高の味、熟柿、是非お飲みください!

価格2,570円(税込み)[好評販売中!!売切れ御免!!

鹿児島垂水市の八千代伝酒造が30年の眠りから、満をきして目覚めました。
新しく猿ヶ城工場も完成させ、古来より伝承せし、古甕(800L)を70甕使用して、黒瀬杜氏『吉行正己』(名匠)を迎えて1次仕込みも2次仕込みも全量、甕仕込みで譲しました。
10月の仕込から、蒸留を経て、復刻『八千代伝』が出来上がりました。
勿論、地元産の黄金千貫、地元、猿ヶ城渓谷の優良な水、そして何よりも、八木社長初め関係者の並々ならぬ情熱と根性が宿った復刻『八千代伝』が完成されました。
鹿児島の八木合名会社が2周年を記念して、黒麹菌ゴールド、白麹(S型)、白麹(L型)を絶妙に配合した八千代伝『熟柿』が発売されました。(毎年、秋季限定で発売されています。)
柿の実のように1年かけて美味しく美味しく熟柿になりました。時をかけて手塩にかけた八千代伝『熟柿』勿論、数量限定品です。(八千代伝酒造)

800石の小さな蔵元が『熟柿』と名をうって、限定で販売いたします。数少ない逸品をこの機会にゲットしてください。

※梱包・発送の都合上、熟柿専用の箱は使わない場合もございます。ご了承下さい。
※ご注文と同時に機械的に返事があるメールには、1個口(1c/s6本)の金額しか計算できません。複数口個希望される方は、1ケース増えるごとに送料がかかってきますので、ご了承下さい。全てのご注文に改めて、在庫の有無、合計金額の確認メールをお送りいたします。

八千代伝・白麹

八千代伝・白麹芋25度1800ml瓶

価格2,415円(税込み)[販売のページへ]

鹿児島垂水市の八千代伝酒造が30年の眠りから、満をきして目覚めました。
新しく猿ヶ城工場も完成させ、古来より伝承せし、古甕(800L)を70甕使用して、黒瀬杜氏『吉行正己』(名匠)を迎えて1次仕込みも2次仕込みも全量、甕仕込みで譲しました。
10月の仕込から、蒸留を経て、『八千代伝』が出来上がりました。
勿論、地元産の黄金千貫、地元、猿ヶ城渓谷の優良な水、そして何よりも、八木社長初め関係者の並々ならぬ情熱と根性が宿った『八千代伝』が完成されました。
蔵元が皆様に送る、芋焼酎の王道、白麹使用並びに全て甕仕込みです。
言葉では言い尽くせないものが御座います。
初蔵出しよりも、美味であるとお勧めできる
『八千代伝』白麹を、是非とも、味わって下さい。

800石の小さな蔵元が、限定で販売いたします。数少ない逸品をこの機会にゲットしてください。

転売(金儲け)の道具として供給したくありません。日々日々愛飲家の皆様に飲んで頂く為だけに供給したく思っています。趣旨を判って頂く真摯なお考えの愛飲家及び業務店の皆様のご購入を心より切望致します。よろしくお願い致します。

追記:杜氏の吉行氏は、皆さんご存知の前田利右衛門(黄麹)等、多数の著名な芋焼酎(伊佐美、さつま・佐藤)及び黒糖焼酎の雄れんと造りに多大なる影響を与えた名杜氏です。
杜氏が、1甕1甕懇切に仕込んで譲する芋焼酎です。不味いはずが御座いません。是非、『八千代伝』をこの機会にお飲みいただきたく心よりお勧めいたします。




【八千代伝とこだわりの酒屋キシモトとのもう1つの物語】


蔵元(八木酒造)と酒屋(キシモト)にも大なり小なり物語が御座います。物語が無い芋焼酎を扱うことは、蔵元にも失礼ですし、とにもかくにも末永く愛飲していただく真の愛飲家の皆様に大変失礼だと考えています。
お時間が御座いましたら八木酒造とキシモトの係わり合いの一端をご紹介いたしますので、お読み下さい。

【八木酒造とこだわりの酒屋キシモトの出会い】
当方と八木酒造合名会社との係わりは、とある鹿児島の小売店のHPを見ている時に、そのお店が取扱われている『白馬』が気に入り、八木酒造合名会社を紹介して頂き、2年程前に一枚のお取引を願いたいと言う、FAXからご縁が生まれ白馬を送って頂いた事が最初です。その頃は、小さな焼酎蔵が税務署からの廃業支援金を頂いて、廃業される蔵元が多数あった頃だと記憶しています。しかし、八木酒造は、廃業はしない、いつかは自社において手造り甕仕込みの芋焼酎を真の愛飲家の皆様に飲んで頂きたいと言う気持ちを込めて、『白馬』(他社原酒を和水して瓶詰め)を出荷されて細々と命脈を維持されていました。そんな時でも八木栄寿社長及び奥様並びに従業員お方のお電話での対応等、全てにおいて満足の行く物でした。『少ない数の注文でスイマセン。』『いいえ、いいですよ。』とこのような調子で心と心が通じ合ったお取引が細々と続いていました。

【振り回された小さな蔵元、小さな酒屋】
そしてあのにわかの焼酎ブームにより、自分だけは、このブームに乗り遅れないようにしようとする消費者、金儲けの事以外考えないブローカー的な小売店及び業務店、そして責任無く、面白可笑しく芋焼酎ブームを盛り上げるマスメディア、そんなこんなで、芋焼酎であれば何でも売れる本当に変な時期に差し掛かり、『白馬』も生産が間に合わなくなり長期の品切れ、本当に、心底から『白馬』を応援し、愛飲して頂いたブームに関係なくお飲みになって頂いた真の愛飲家の皆様には、本当に長い間ご迷惑をお掛け致しました。

【突然の復興のお話】
そんなこんなのある燦燦と日差しが降り注ぐ日のことでした。ご機嫌伺いに八木酒造に電話した時です。キシモト『お久しぶりです。どんなご様子ですか?』、八木酒造様『いま、時来りて、蔵を再建して、自醸しようと奔走しています。今少し、ご猶予を!!』と言う話をお聞きして、当方も腹をくくりました。言葉少ない南国の薩摩隼人を全面的に微力ながらも、応援して頑張って行こうと心の奥底で決意を致しました。八木酒造様『許可等が難しいので、また、何かのお願いが有るかも知れませんがよろしくお願い致します。』、キシモト『了解致しました。』

【八千代伝を造る・販売の心構え】
当方も蔵の再建のお話を聞いた以降、繁多に連絡を取りました。ある時『八千代伝』を造る際の心がけを伺いました。八木酒造様『虚勢を張らず、自分らが出来ることを着々進めて行き、八千代伝を飲まれる方の期待を裏切らず真摯な態度で、我が子のように脈々と淡々と末永く愛される八千代伝を日々日々研鑽の上で、造る事です。』、キシモト『当方も、八木さんの期待を裏切らないように、焼酎ブームが続こうが去ろうが、関係なして、自分の血や肉や汗(自分の分身)だと思い愛飲家の皆様に本当の事を、判って頂いて一生懸命、頑張ります。』とお答え致しました。

【復刻『八千代伝』無濾過、初蔵出し】
やっと蒸留所も完成し、初蔵出しの白麹の無濾過が去年の年末に満をじして、販売されました。初入荷の時は、初孫が生まれた時(孫はいませんが・・・)のように本当に心が打ち震えました。この感動は、真の愛飲家の皆様にやっとご紹介出来ると言う事が満感の怒涛のように押し寄せてきてそうなったのだと思います。酒屋をしていて良かった。
真摯な態度の蔵元と真の愛飲家の皆様の両方の仲人として『こだわりの酒屋キシモト』イコール『八千代伝』となるようにとことん係わって行きたいと決意を固めています。よろしくお願い致します。

【こだわりの酒屋キシモトの究極の願い】
いま、色々な品物が溢れていますが、品目だけを多数揃え、また、有名な物を法外な価格で販売している心無い売り方は、行わない様、頑張りたいと思っています。ブームで何でもかんでも売れるからと多数の蔵元さんと取引をしたいとは考えていません。また、なるべくプレミア価格では、売りたくないです。
『こだわりの酒屋キシモト』が薦めてくれる物は、信頼に値すると言うことで買っていただける酒屋を目出して日々研鑽努力していきますので、末永く御贔屓に!!

※その他の色々な物語は、八木栄寿氏の行ってこい『八千代伝』の中でも、色々紹介されていますので、ご参考にして下さい。

八千代伝・黄色い椿
八千代伝黄色い椿4月中旬発売
価格2,940円(税込み)2013.04.05予約満了
鹿児島垂水市の八千代伝酒造が30年の眠りから、満をきして目覚めました。
新しく猿ヶ城工場も完成させ、古来より伝承せし、古甕(800L)を70甕使用して、黒瀬杜氏『吉行正己』(名匠)を迎えて1次仕込みも2次仕込みも全量、甕仕込みで譲しました。
仕込から、蒸留を経て、『八千代伝・黄色い椿』が出来上がりました。
甘みの強い種子島産の安納芋の上質部分を厳選して使い、優しくフルーテイな味に仕上るが使い勝手が難しい日本酒用の黄麹、地元、猿ヶ城渓谷の優良な水、そして何よりも、なき先代社長の崇高な思い、現蔵元、及び関係者の並々ならぬ情熱と思いが詰まった『八千代伝・黄色い椿』が完成されました。
鹿児島の八千代伝酒造が7年目の春を記念して、安納芋、黄麹、垂水の深層水、吉行杜氏の匠の技、社長の思い(関係者の思い)が詰まった八千代伝『黄色い椿』が発売されました。思いが詰まって美味しく美味しく出来上がりました。八千代伝『黄色い椿』勿論、数量限定品です。(八千代伝酒造)


800石の小さな蔵元が『黄色い椿』と名をうって、春季限定で販売いたします。数少ない逸品をこの機会にゲットしてください。売切れ御免!!
八千代伝カラカラ
初蔵出し夏の限定焼酎(5,000本限定)
八千代伝唐唐(カラカラ)・芋25度1800ml瓶
価格3,150円(税込み)限定品・八千代伝唐唐(カラカラ)1800ml瓶

からから告知
芋こうじ仕込みの芋焼酎
初蔵出し夏の限定焼酎
3年前から取り組んできた芋こうじ仕込みの焼酎を、初蔵出しします。
その名も「唐唐」ーカラカラー。
5,000本の限定焼酎。もともと大量生産できない蔵、どうしても5,000本程度がひと銘柄・ひと検定の数量になります。それも大事に大事に掌中の珠を磨き揚げるように育て上げる為。申し訳ありません。

[カラカラ物語]
「社長、芋こうじで焼酎を仕込んで見たい。」平成18年、蔵長杜氏・吉行正巳が言った。「芋こうじの焼酎はまだそれほど出されていない。味も技術もしっかりしたものをつくらないと、イモ焼酎全体の評価を損ねてしまう。だからこそチャレンジしたい。」その年2種類の芋こうじをつくって酒質を見極めたー1年目。
焼酎はもろみを仕込んでから、酒質の見極めまで半年ほどかかる。したがって試験仕込みは1年に1回しか挑めない。
様々なケースを想定して予測を深める、そして感性が納得して確信に至る。55年のキャリアを誇る吉行杜氏がとってきた手法は揺るがない。確信を得る為に仕込みの回数を重ねていったー2年目。
そしていよいよ3年目平成20年の10月、蔵に本気の気合がみなぎる。仕込みは順調に進んだ。桜の蕾が、寒の中でふくらみ始める頃だった。吉行杜氏がニヤリと笑った。「社長、できた。夏に飲んでもらう。」カラカラが仕上がった。
2月、目標の夏に向かって、大次郎を先頭にして若い蔵子たちが、時間を見てはカラカラの熟成・磨きに入った。
寒さがいくらか緩むと、山桜が咲いて猿ヶ城の山々も高隅の峰峰も清楚な美しさにつつまれていった、春の訪れ3月。
4月、蔵の前庭に竹林には季節の到来を告げるように、タケノコがわれ先に頭をもたげてきた。山の動物たちも活動的になって蔵の周囲にちょくちょく顔を見せる。
そして、アジサイが色とりどりの大輪の花を咲かせ、白桃の木が甘い実をいっぱいつけた5月。
6月に入って梅雨。蔵への道すがら田植えが一斉に始まると、カラカラの酒質の見極めも佳境に入った。
「夏に飲んでもらう。」ための仕上げは、一瞬の気の緩みも許させない。吉行杜氏の情熱を、若者たちが体現していく作業が続いていった。
吉行正巳、魂魄の気合で仕上げた、全芋焼酎「唐唐(カラカラ)」。


※当方が八千代伝・唐唐のよさを判って頂くために、愛情をもって考えた下記の味わいの文書を、何も考えず引用している酒店も見受けられますが、余りにも、八千代伝(八木酒造)に対して失礼です。そして、何よりも八千代伝を愛して頂いている愛飲家の皆様に大変失礼です。売れればいいので、流用しようと言う安直な対応が残念であります。著作権を遵守していないことも、インターネットの酒店としては、恥じうるべきことです。
[八千代伝・唐唐(カラカラ)の味わい]
麹も芋で芋芋の芋焼酎だから、芋の香りが強烈なイメージをもたれる方がおられるかもしれませんが、実際は清楚な柑橘系の香りがし、非常に上品で高貴な味わいです。ロック、水割りによくあいます。
上品でキュートなワンランク上の憧れのお嬢さんのようなイメージです。
今までの芋焼酎に飽きられた方、エレガントな女性の方、是非、飲んで頂きたいです。人気急上昇で、売切れ間違いなし。ゲット出来たらこれから幸運を導く予感が致します。夏限定品。

八千代伝・ひとつき半むろか
八千代伝ひつつき半むろか限定品12月3日(土)頃・発送予約受付中!!今年も一段グレードアップ!!

価格2,415円(税込み)(クリック販売ページへ)
■明治・大正時代の第22代横綱”太刀山”(双葉山以前の無敵横綱)明治期に43連勝、大正期には56連勝をそれぞれ記録。「45日(一月半=一突き半)の鉄砲」と呼ばれた突っ張りの威力で大横綱となった。二突きはもたなく土俵を割るぐらい威力があると言うことです。
八千代伝ひとつき半むろかも無濾過の旨味のインパクトが強烈であるということを表していて、レギュラーとは別物であります。兎に角、強烈な個性で旨いです。
◆7年目の今年も、白、黒麹ブレンド、一種類しか出しません。出ません。
初蔵出しの八千代伝(無濾過)を超えた八千代伝ひとつき半むろかが8年目の白・黒麹ブレンド。不味いはずが御座いません。年一使いの限定品。



八千代伝ひつつき半むろか限定品12月17日(木)・発送発送完了!!有難う御座いました。

価格2,415円(税込み)(発送完了!!有難う御座いました。)
■明治・大正時代の第22代横綱”太刀山”(双葉山以前の無敵横綱)明治期に43連勝、大正期には56連勝をそれぞれ記録。「45日(一月半=一突き半)の鉄砲」と呼ばれた突っ張りの威力で大横綱となった。二突きはもたなく土俵を割るぐらい威力があると言うことです。
八千代伝ひとつき半むろかも無濾過の旨味のインパクトが強烈であるということを表していて、レギュラーとは別物であります。兎に角、強烈な個性で旨いです。
◆6年目の今年も、白、黒麹ブレンド、一種類しか出しません。出ません。
初蔵出しの八千代伝(無濾過)を超えた八千代伝ひとつき半むろかが6年目の白・黒麹ブレンド。不味いはずが御座いません。限定品。



復刻・八千代伝・黒 芋25度 1800ml瓶

価格2,415円(税込み)『復刻・八千代伝・黒』1800ml瓶へGO!!

既にあの有名な山小舎の蔵『萬膳』を思い起こすと、前評判も非常に高い復刻『八千代伝・黒』がいよいよ登場です。黒麹、全甕仕込み、風味を損なわない緩い濾過、八木合名会社が皆様に真価を問う、黒麹のレギラー品。
この復刻『八千代伝・黒』やはり黒麹使用なので、濃厚な中にも旨みがいっぱいの旨い旨い芋焼酎です。
●甕仕込みの小造りなので管理もしやすくより自然のままの仕込が出来ます。ステンレス、ホーローの造りとは全く違うと出来上がりです。甕はセラミックなので●遠赤外線効果も期待できます。良いこと尽くめの甕仕込みを●名匠『吉行 正己』、熱い情熱を持った八木社長初めとする蔵人が譲しています。●良いものしか出来ない条件が全て揃っています。

当店のお客様のお話です。来店頂き、復刻『八千代伝・黒』をご購入いただきましたその時のお話なんですが、前までは、魔王、萬膳、富乃宝山(当方では、扱っておりません。)比較的容易に手に入っていたが、有名になりプレミアがつくにつれて買えなくなったと嘆いておられました。復刻『八千代伝・黒』もその様にならなければ良いのにと仰っておりました。当方では、愛飲家の皆様に数量制限しても仕方がないが、出来るだけ定価で広い範囲の皆様に最大限継続的に供給できればと思っています。力いっぱい誠意をもって頑張りますので、今後の復刻『八千代伝』シリーズを含めて末永くご愛飲願えれば幸いです。
今の所、個数制限、致しておりませんが、満数に成りました時点で、打ち切りますので、早い目のご購入をお願い致します。(早い者勝ち)

画像は、現品のラベルと多少異なることになると思いますが、ご了承下さい。(復刻『八千代伝』との違いは裏ラベルがなくなり、表ラベルは同じで表ラベルの上方に黒と浮き彫りになった丸い金色のシール(直径3cm)が貼ってあるだけです。)

八千代伝・黒麹菌ゴールド芋25度1800ml瓶

価格2,415円(税込み)八千代伝・黒麹菌ゴールド1800ml瓶へGO!!

●黒麹菌は、多くの蔵元がNK菌を使用しています。NK菌の良いところは、かろやかな甘さ、かろやかな旨みを兼ね備えていて、クエン酸を沢山含んでいて、非常に使い勝手よく、色も白っぽい黒色です。
●もう1つの黒麹の代表が、泡盛黒(黒麹)です。泡盛特有の野性味の強い風味と味わいも濃厚です。
●そして、黒麹菌ゴールドが御座います。泡盛黒(黒麹)の独特の野性味を和らげた黒麹本来の旨みが、ビンビン伝わってきます。黄金千貫(芋)の風味と溶け合ってNK菌(通常の黒麹)とも異なり、非常に味わい旨みが増幅しています。黒麹のイメージと異なりますが、風味を端的に表現すると南国の可憐な花の香りです。これこそ、黒グロ・黒麹です。(白麹の芋焼酎は、果実の香りがする様に思います。当方の、勝手な味覚ですが・・・)

800石の小さな蔵元が黒麹菌ゴールド(希少菌)にて心を込めて仕込んだ復刻『八千代伝』を限定で販売いたします。数少ない逸品をこの機会にゲットしてください。

転売(金儲け)の道具として供給したくありません。日々日々愛飲家の皆様に飲んで頂く為だけに供給したく思っています。趣旨を判って頂く真摯なお考えの愛飲家及び業務店のご購入を切に希望致します。よろしくお願い致します。

追記:杜氏の吉行氏は、皆さんご存知の前田利右衛門(黄麹)等、多数の著名な芋焼酎(伊佐美、さつま・佐藤)及び黒糖焼酎の雄れんと造りに多大なる影響を与えた名杜氏です。
杜氏が、1甕1甕懇切に仕込んで譲する芋焼酎です。不味いはずが御座いません。是非、復刻『八千代伝』をこの機会にお飲みいただきたく心よりお勧めいたします。



八千代伝・千代吉・黒黄麹 芋25度 1800ml瓶


価格3,150円(税込み)『八千代伝・千代吉』黒黄麹1800ml瓶!!


八千代伝・千代吉は、一次仕込みには、黒麹(NK黒麹菌)を使用して、風味に深みを与えています。そして2次仕込みに黄麹を使っています。千代吉に口当たりのよさと、味の広がりを求めています。そして常圧にて丁寧に蒸留しています。八千代伝シリーズがどれもこれも、特筆出来味わいに仕上がるのは、和水に使う水が、鹿児島でも抜きんでている水質を誇る垂水の水源地の水を利用できていることが考えられます。
兎に角、芋よし、麹よし、水よし、甕よし、それ以上に八木酒造の社長、杜氏、蔵人全ての蔵に携わる人々が真摯な態度で、芋焼酎を譲していること、この事に尽きると思います。

大変好評を頂いております。八千代伝・千代吉、熱い真の愛飲家の皆様のご要望に応えまして、登場いたしました。芋焼酎を扱う本物のプロの方からの熱い熱いプロポーズが多数寄せられている本格芋焼酎です。飲み飽きしない心にジンジンしみる風合い風味が逸品の、黒麹、黄麹で譲した八千代伝・千代吉です。水割り、お湯割しても水臭くならずにしっかりした芋焼酎の旨みが感じさせられます。名ばかりの芋焼酎に飽きられた真の愛飲家の皆様、是非ともご賞味あれ!!
●甕仕込みの小造りなので管理もしやすくより自然のままの仕込が出来ます。ステンレス、ホーローの造りとは全く違うと出来上がりです。甕はセラミックなので●遠赤外線効果も期待できます。良いこと尽くめの甕仕込みを●名匠『吉行 正己』、熱い情熱を持った八木社長初めとする蔵人が譲しています。●良いものしか出来ない条件が全て揃っています。



八千代伝・むろか(白麹)
※画像は八千代伝・むろか(白麹)

■明治・大正時代の第22代横綱”太刀山”(双葉山以前の無敵横綱)明治期に43連勝、大正期には56連勝をそれぞれ記録。「45日(一月半=一突き半)の鉄砲」と呼ばれた突っ張りの威力で大横綱となった。二突きはもたなく土俵を割るぐらい威力があると言うことです。
八千代伝ひとつき半むろか(白麹)も無濾過の旨味のインパクトが強烈であるということを表していて、レギュラー白麹とは別物であります。兎に角、強烈な個性で旨いです。
八千代伝ひとつき半むろか(白麹):初蔵出しの八千代伝・無濾過を上回る白麹の無濾過が4年目にして出来上がりました。そしてやっと真の愛飲家の皆様に、ご案内することが出来ました。
日本の国技、相撲の一突き半にかけまして、一番いい状態(美味しい時)で皆様に飲んで頂くように全身全霊を込めて譲した新酒の無濾過(白麹)です。ゴミだけを取り除き、旨味をいっぱい含んだ本当にいい八千代伝が出来た年だけに許された無濾過(白麹)です。
以前に通年で出た無濾過の白麹は新酒での販売ではなく、今回の”むろか(白麹)”とは別物と考えて頂きたいです。4年前の”初蔵出し八千代伝・無濾過(白麹)”を超越した”八千代伝ひとつき半むろか(白麹)”をお楽しみ下さい。
八千代伝ひとつき半むろか(白麹)、熟柿、ひとつき半むろか(黒麹)の三本セットの販売もいたしております。
このほうは、お一人様1注文2セットのみです。(ご家族、知人等、取りまとめての発送は、お受けしていません。)
真の愛飲家の皆様への今年最後の超限定八千代伝・むろか、熟柿、むろか黒、3本セット、無くならない内にご注文下さい。売切御免!!

八千代伝ひとつき半むろか(黒麹) 八千代伝・ひとつき半むろか(黒麹):一番いい状態(美味しい時)で皆様に飲んで頂くように全身全霊を込めて譲した新酒の無濾過(黒麹)です。ゴミだけを取り除き、旨味をいっぱい含んだ本当にいい八千代伝が出来た年だけに許された無濾過(黒麹)です。
八千代伝のむろか黒麹、販売店からは、八木禁止と言われるような出来具合です。
他の芋焼酎が売れなくなるので、八木酒造の芋焼酎は取扱いたくないと思わせる超限定品且つ、飛びぬけて美味しい芋焼酎です。
有る内に”八千代伝・ひとつき半むろか(黒麹)”をお楽しみ下さい。

■むろか黒の名称が[ひとつき半むろか(黒麹)]になりました。「ひとつき半むろか黒」等の名称も使用するかもしれませんが、すべて当方が説明している「むろか黒」と同じものと、考えて頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

八千代伝・黄色い椿・4月26日(月)発送分予約満了、心より御礼申し上げます。有難う御座いました。2010年4月10日(土)情報
4月26日(月)発送予定の八千代伝・黄色い椿(春季限定品)のご予約を受けたまわっています。直ぐに完売した八千代伝・掌中の珠の人気に裏づけされるように、八千代伝酒造の八千代伝、千代吉、益々、人気が出て来ました。
生産すれば直ぐ売切れると言う品不足の状態も、起こりつつあります。
八千代伝をバックアップして頂ける愛飲家の皆様に、ご迷惑をお掛けしないように、早めにお知らせし、予約で数量を把握し、計画的に尚且つ、確実にお手元にお届けする為に、のご注文をお受けいたしますので、よろしくお願い致します。
★4月26日(月)発送分予約満了、心より御礼申し上げます。有難う御座いました。★

◆NHK総合(地上波デジタル)「産地発たべもの一直線」でも、司会の永島敏行さん初め、全ての人が美味しいと美味しいと感嘆の声を上げておられた八千代伝・白麹、八千代伝・黒麹の購入の受付をメールにて、行っておりますので、kisi@wondernet.ne.jpまで、メール頂きたくよろしくお願い致します。
八千代伝・掌中の珠、追加分、本日8日(月)大切なお客様にお送り致しました。届くのをお楽しみに!!…
2010年3月9日(火)最新情報

お客様曰く而今より旨い!!舞鶴鼓・雫酒!! 3月1日(月)に入荷したばかりなのに
舞鶴鼓・純米吟醸・雫酒1800ml瓶BY21新酒[@2500円税込み]が8日(月)売切れてしまいました。 先程最後の1本を買われた方は、i以前、当方が扱っていてお売りした而今よりも、舞鶴鼓・純米吟醸・雫酒が『安くて美味しい』と試飲酒を飲み、 喚起の声を上げ褒め称えておられました。 舞鶴鼓・純米吟醸・雫酒[9日(火)]緊急追加入荷致しましたので、まだ、御飲頂けていない真の愛飲家の皆様のご注文、心よりお待ちしております。
八千代伝・掌中の珠、追加販売2010年3月5日(金)情報
八千代伝・掌中の珠の追加入荷(
完売御礼!!)が3月8日(月)に少しばかり入荷致します。
前回、ご購入頂けなかった八千代伝を心よりバックアップ(継続して八千代伝・白麹、黒麹、千代吉の購入、愛飲を心がけて頂ける方)して頂ける真の愛飲家の皆様の為にだけ、ご注文をお受け致したく思います。(転売等をお考えの方は不可。)
3月8日(月)に一括発送させて頂きますので、期日指定はご遠慮下さい。ご無理申しますが、ご了承下さい。
この機会を逃すと手に入れることは不可能に近づきます。
今すぐご注文を!!
売切れ御免!!
八千代伝・掌中の珠、完売御礼!!
八千代伝・掌中の珠、オークション2010年2月28日(日)情報
八千代伝・掌中の珠がオークションで高額で出品されていますが、人気が高いのは、いい事と思う反面、投機目的のだけの販売は如何かと考える事が多々あります。
限定品だけを、金銭的な欲、コレクター的な優越感、個人的な満足感と充実感だけで、「一本釣り」で、購入され「所有、転売、収集」されることが「よし」とは思いません。
八千代伝酒造そのものの、芋焼酎に対する信念、理念、考え方に共感し、八千代伝・白、黒、千代吉、熟柿、黄色い椿、からから、ひとつき半、全てのものを温かく見守り、そして、継続して日々飲んで頂きたいです。
そうする事が、八千代伝酒造が皆様が満足する芋焼酎[
目先の人受けの良い形だけの芋焼酎を造らずに済み、愛飲される皆様に長く長く愛して頂ける真の芋焼酎を譲することが出来ます。]を継続的に譲していける唯一の方法です。
限定品の熟柿、黄色い椿等だけではなく
八千代伝酒造のレギュラーの白麹黒麹も、日々ご愛飲、心よりお願い致します
2010年2月24日(水)情報
八千代伝・掌中の珠、地元鹿児島では、本日2月24日(水)より、店頭等で販売されているようなので、鹿児島にお住まいの方、または販売店にご縁が有る方は、無くならない内に、今すぐ手に入れて下さい!!
☆速報八千代伝・掌中の珠・誕生
NHK放映の八千代伝酒造から2月中旬に一回限りの吉行正己杜氏の「現在の名工」の受賞記念ボトルが『八千代伝 掌中の珠』で発売されます。
価格は、25度1.8L瓶1本
3,500円(税込み)です。
ラベル等は、まだ決定いたしておりません。申し訳御座いません。
掌中の珠(手の中の珠。最も大切にしているもの。特に、最愛の子)と言う最高の意味合いがある、黄金千貫、白麹・黒麹ブレンド、国産ヒノヒカリの厳選素材を5年かめ貯蔵したもので、八千代伝酒造、吉行杜氏の入魂の逸品です。
手に入れる機会がありましたら、絶対手に入れたい逸品です。
こだわりの酒屋キシモト入荷分は、全て予約満了で、ご案内出来ません。
申し訳御座いません。
◆八千代伝・掌中の珠の意味は、5年間の長きに渡り、甕貯蔵を行い。八千代伝酒造、吉行杜氏の
『たなごころ』の中で大切に大切に育て上げ熟成させた芋焼酎の魂を大切な皆様に、お伝えする為に「現在の名工」の受賞記念ボトルとしてお届けするものです。
◆八千代伝酒造が、5年の長きに渡り申請し、申請最終年に思いが通じてようやく吉行 正己杜氏が『現在の名工』に得ればれました。
社長も5年間甕壺した八千代伝が存在することを知らなかった本当に希少で珍しい八千代伝を「現在の名工」の受賞記念ボトルとして2月中旬頃、1回限りで販売されます。今後、5年から10年は販売されることはないと思われます。
掌中と焼酎、そして、そのなかの珠[王(おう)]と言う意味合いもあるようです。

2010年2月15日(月)情報
◆八千代伝・掌中の珠、ラベル、御届け日
八千代伝・掌中の珠は白地に金文字で大きく掌中の珠と浮き彫りのように、なっているようです。
そして、大切な八千代伝を心から愛飲して頂いている真の愛飲家の皆様のお手元には、
今月の末来月の初めには、御届け出来ると思いますので、今しばらくお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。
ラベルの画像も今週中には、アップ出来ると思いますので、お楽しみに!!
日頃から、八千代伝・白、黒をお飲み頂いている方がゲットされる確立が高いと思います。
いつ何時においても、八千代伝を心より信頼して愛飲している真の愛飲家の皆様、
手に入れる幸運がありますように、当方も心よりお祈りいたしております。

2010年2月23日(火)情報
2月27日(土)入荷次第、御予約頂いております。八千代伝を心底、応援して頂き、美味しく召し上がられる大切なお客様に発送致しますので、お楽しみに!!
吉行杜氏の「たなごごろ」の中で、大切に5年間も長きに渡り大切に育て上げた八千代伝・掌中の珠、不味いはずがありません。御待ち頂くだけの値打ちがあると思います。
手に入れられた方は、幸運です。
八千代伝・掌中の珠(5年古酒) 八千代伝・掌中の珠(5年古酒)
☆速報:2009年度の厚生労働大臣表彰「現代の名工」に八千代伝酒造猿ヶ城渓谷蒸溜所・杜氏、吉行(よけ)正己[南さつま市笠沙町生まれ。杜氏歴は55年に及ぶ。麹(こうじ)原料や麹菌(白、黒、黄)の種類に応じた水分・温度管理技術に卓越し「麹の魔術師」とも称される。]が選ばれました。
NHK出演番組放映に続き、長きに渡る創意工夫と努力がやっと認められました。
おめでとう御座います。

あるお客様が、申されました。八千代伝酒造は凄い、数多ある蔵元の中から審査を受けてNHKの番組に35分も独占で放映された。それは、吉行杜氏のみならず蔵人、社長、並びに八千代伝酒造そのものが評価されたものであり、中々ありそうで有りえない事だと絶賛されていました。(当方が、番組をお知らせしたのではなく、いつもNHKの「産地発たべもの一直線」を見ているお客様が、当方も八千代伝を扱っているので、教えてあげようと言われたことです。いたく感動いたしました。お教え頂き、心より嬉しいです。有難う御座いました。)
八千代伝酒造から、緊急のお知らせが有りましたので、ご案内させて頂きます。

この度、「弊社八千代伝酒造渇祉柾骭k谷蒸溜所」及び、「弊社取締役杜氏 吉行正己」が2009年11月1日(日)のNHK総合(地上波デジタル)の番組「産地発たべもの一直線」で全面的に取り上げられることとなりました。ご多忙のところ恐縮ですが、下記日程で放送されますことをご連絡申し上げます。



・放送: NHK総合(地上波デジタル) 
     「産地発たべもの一直線」
2010年1月4日(月) 午後4:05〜4:40[再] (35分間)


Google