民家と町並み
岸本信夫スケッチ紀行 

 

全国各地の古い民家や町並みを訪ね歩き、ちょっと懐かしい生活シーンを描き続けています。暑い日、寒い日に町角でスケッチブックを広げていると、いろんな人がやってきて、問わず語りに昔の繁栄ぶりなどを話されます。現地でスケッチしながら過ごす数時間が、その町の歴史を肌で感じ、季節の変化を味わう貴重な時間だと考えています。


  【日本列島スケッチ巡り3】 
  体調が優れず戸外でのスケッチが辛くなってきました。このためトップページの「最新の1枚」の掲載をしばらく中止し、すでに描きためているスケッチを各県ごとに掲載、「日本列島スケッチ巡り」シリーズとします。お楽しみください。1県2枚を掲載メドとします。
 
 
   坊津1(鹿児島県坊津町)97・07・20 F8
  坊津(ぼうのつ)には長い間あこがれていた。油津(日南市)、美々津(日向市)、崎津(天草)とともに、離島以外では福岡から行きにくい四つの「津」(港)と私が勝手に呼んでいたが、中でも坊津が遠い。97年7月に訪問がようやく実現した。薩摩半島最南端の枕崎市からさらに峠を一つ越えた。坊津は遣唐使船の発着場所だったそうで、福岡からは遠いが中国には一番近い港ともいえる。鑑真和上もこの地に上陸した。立派な鑑真和上記念館があり、また、密貿易屋敷跡というのもあった。いずれにしろ外国との交流の窓口になっていた町だった。字名は単に「坊」というが、百済の僧・日羅が創建した一乗院という巨大な寺があったことにちなむ。
 
  あなたの故郷の絵があるかもしれません!! 
ギャラリー入り口
(全国47都道府県でのスケッチを掲載しています)
 
訪問ありがとうございます。ご感想やご批評などは掲示板にお願いします。
最近のスケッチ(更新記録) 掲示板 別冊・F3スケッチブック リンクのページ
個展などの記録 2021年の展覧会案内 出版物・新聞・TVなどのページ マンホール・ウォッチング

   facebook


(当ページに掲載している画像等の無断転載、2次加工を禁止します)
03・06・28ホームページ開設