民家と町並み
岸本信夫スケッチ紀行

全国各地の古い民家や町並みを訪ね歩き、ちょっと懐かしい生活シーンを描き続けています。暑い日、寒い日に町角でスケッチブックを広げていると、いろんな人がやってきて、問わず語りに昔の繁栄ぶりなどを話されます。現地でスケッチしながら過ごす数時間が、その町の歴史を肌で感じ、季節の変化を味わう貴重な時間だと考えています。


「最新の1枚」
   
       
  旧・大角地区(奈良県生駒市北田原)2018.12.15     F6      18−179  
  この日は晴れたり曇ったりだったが、空も晴れてきたので、午後3時になっていたが、もう1枚描くことにした。北田原で交野市に一番近い集落は以前「大角」という字名だったらしい。その入り口へ行くと、背中から日が当たり、構図的にも面白い。スケッチしていると、近くでミカンの採り入れをしていた方が「今年のミカンはうまいよ。しかも少しシーズンが遅いから、完熟」といいながら、差し入れしてくれた。まさに採りたてのとても甘いミカンをほおばりながら仕上げをした。物欲しそうな顔をしてスケッチしているのか、このところ、スケッチ中に頂き物が多く、同じようなコメントを書いている。午後4時になるとさすがに寒さが厳しくなった。幸い自宅までは10分。(2018.12.18更新)  
 
 
  あなたの故郷の絵があるかもしれません!!
 
(2018年6月、群馬県を最後に、全国47都道府県のスケッチがすべて揃いました。) 
ギャラリー入り口
 
 
訪問ありがとうございます。ご感想やご批評などは掲示板にお願いします。

最近のスケッチ(更新記録) 掲示板 別冊・F3スケッチブック リンクのページ
個展などの記録 2018年展覧会案内 出版物・TVなどのページ マンホール・ウォッチング

   facebook  
   ジオティックス・ギャラリー  


(当ページに掲載している画像等の無断転載、2次加工を禁止します)
03・06・28ホームページ開設