八ヶ岳の夏 その2


2010.8.14〜16

女王がかしずく八ヶ岳主峰(女王コマクサと赤岳頂上)



シッ静かにお黙りなさいという形(ヤマオダマキ)



果実酒に丁度良いのがぶうらぶら(ミヤママタタビ)



清流で子象が湯浴みしてました(切り株)



この団体いつも女が先に居る(岩場の登り)



涼しさは水か空気か花色か(ウメバチソウとコゴメグサ)



香るのは一日一回君のため(イブキジャコウソウ)



良かったね霧がなければああ〜怖い(カニの横ばい?)



食事中邪魔しないでと怒ってる(ニホンカモシカに出逢う)



鯨には群れで勝負をする鰯(ミヤマツメクサ)



お月様今日は諏訪湖の大花火(阿弥陀岳の向こうは諏訪市の灯)



あそこだけまたの機会にとっておく(阿弥陀岳明ける)



おはよっと富士はやっぱり日本一(一瞬だけ夜明けの富士山)



青空のお陰ですぐそこ頂上だ(赤岳頂上)



あんなとこ昨日歩いて来たんだね(横岳と赤岳展望荘)



霊山に霞を食べに来たようだ(鎖場の連続)



元気余りおまけの山をもう一つ(中岳)



予期しないとこで予期せぬ出会いあり(清楚なコマクサ)



千載一遇もうこんな場に出逢えない(コマクサ群生)



嬉しいな私に目をかけ頂いて(トウヤクリンドウ)



酸っぱいの知りつつ口へ入れました(コケモモの実)



極楽へ繋がる道を選んだね(メタカラコウの大群落)



この毒がお要りになること有るかもよ(トリカブト)



ホタルよりあなた一匹貰いましょ(ヤマホタルブクロ)



美味そうな茸も宿し深い苔(行者小屋からの下り)



最後までごらん頂きありがとうございました。また、山でお逢いしましょう!!!


ここをクリックでトップページへ飛びます