八ヶ岳の夏 ・その1


2010.7.11〜7.12


西岳から網笠山へ


岩ばかりペンキマークを捜す道(青年小屋から編笠山への登りはじめ)



熟年も過ぎて泊まった青年小屋(岩登り???)



這い松の新芽みんなでよう咲いた(黄花石楠花)



大木に高さ競べを挑む花(黄花石楠花)



盛夏まで君の来るのを待ってたよ(黄花石楠花)



会いに来てくれましたわねこんな私に(苔桃)


黄金の実になる頃が待ち遠しい(苔桃)



満開を途中で止めちゃ困るなあ(零余子虎の尾)



紫の傘兄さんに貸しっぱなし(黄花の山苧環)



艶っぽさギャルに教えに来たらしい(一薬草)



越えました黄金も玉も勾玉も(銀蘭)



稔ったらひとつ貴方に供えまひょ(御前橘)



私美人?鶴に似てるって聞くけれど(舞鶴草)



すみれさん葉っぱは格好良いでしょう(黄花の駒の爪)



触れてくる人へ香りをプレゼント(伊吹麝香草)



エーデルワイスそんなモンには負けません(八方薄雪草)



万世一系親戚兄弟ふんだんに(たぶん深山猪独活)



美人短命出会いのチャンスものにしよう(高嶺薔薇)



山なれば酒より美味い水がある(缶ビールは置いてます)


ご笑覧ありがとうございました。「八ヶ岳その2」で、またお会いできればうれしいですね。それではお元気で・・・・


 トップページは僕をクリックしてね