それぞれの桜

早咲きはいいなみんなに褒められて(川津桜3月10日)



ウグイスもメジロも好きな花の蜜(初御代桜3月14日)




咲き残る梅も有るのにサクラだよ(初御代桜満開3月15日)


うわっはやい下見のつもりで来たけれど(京都・永観堂3月26日)



添え物に惜しい三椏・レンギョウよ(哲学の道3.26)



日本語が肩身の狭いほど人気(蹴上げ・インクライン3.26)



三重の塔持ち上げる花の雲(三井寺3.29)



トンネルへ花吸い込むよ水の精(琵琶湖疎水・第一トンネル入り口3.29)



花の山押し分け走るチンチンチン(琵琶湖疎水を渡る京阪電車3.29)



平安の宮とサクラを祝う舞(さくらよさこい祭り・平安神宮3.31)



満開は爆発してる人の勝ち(サクラよさこい・二条城4.1)



天台の教えも花に囲まれて(三井寺観音堂4.1)



何処までも湖畔に桜色続く(海津大崎4月4日)



湖が好きお日様が好き枝伸びる(海津大崎4月4日満開)



2018年は例年より約2週間も早いサクラでした


ホームへ戻る