活火山・那須岳


2016.8.1


今のうち大人しいうち那須岳へ(茶臼岳頂上)



生きている山だ 草木がまだ生えぬ(那須岳イコール茶臼岳)



往来が有った証拠に茶屋の跡(峰の茶屋跡避難小屋)


向こうには剣と朝日がそそり立つ(剣が峰・朝日岳)



越えてきた人だけ泊める温泉宿(煙草屋旅館)



雲海の山々愛でて露天風呂(三斗小屋温泉)



源泉は温泉卵すぐ出来る(三斗小屋温泉源泉)



そこここに食料となるウルイ咲く(オオバギボシ)



朝露がしたたり落ちる暑いねえ(クルマユリ)



大きくて源氏ボタルも遊べそう(ホタルグサ)



岩陰にそっと隠れてそっと咲く(ウメバチソウ)



岩山にちょっとオアシス添えておく(清水平)



火山にも根付く命の尊さよ(オヤマノリンドウ)



提灯で道案内を致します(ハクサンシャジン)



足元もこれだけ咲けば明るいね



大岩も負けて沙参に包まれる



僕だって道を照らして居るんだよ(オトギリソウ)



御嶽にオンタデ 那須は違うタデ(ウラジョロタデ) 



コラボして仲良くお客様迎え(シャジン・ハクサンボーフー)



少ないが突然変異じゃ無いですよ(シロバナシャジン)



槍三本 今も子供が持って寄る(年中行事)



風雪に耐えて鳥居も傷ついて(朝日岳頂上)



振り返りあんなとこから来たんだな(朝日岳)



雨風が刻んだ仏様2体



鬼という イヤ猫という 仏という



婆さんと孫が仲良く ゴッチンコ



狛犬も暑さしのぎの帽子着て



トップページヘ