杉原圭子のウェブサイトへようこそ


杉原 圭子 Keiko Sugihara

 中国二胡・琵琶を学び、後、江南絲竹楽を柴礼敏氏に学ぶ。1997より中国北京中央音楽学院へ留学(聴講生)。
 中国滞在中に演奏家・教育家として著名な張韶氏に二胡を、琵琶の大家であり浦東派宗主の林石城氏に琵琶を学ぶ。その他にも、二胡よりも高音の高胡、共鳴膜が板の板胡、中国伝統打楽器、と数多くの楽器の奏法を学び、帰国する。帰国後は中国音楽の追求をさらに深めるとともに、クラシック音楽や民族音楽など、幅広いジャンルの音楽とのコラボレーションを可能にすべく奏法の研究を重ね、多様性に富んだライブ活動を行っている。また、ここ数年、上海音楽学院教授王永徳氏の招聘に携わる。

 これまでに師事した演奏家・教育家
二胡独奏 林感氏(中国歌劇舞劇院) 王颖氏
江南絲竹 周皓氏(上海) 沈風泉・沈多米(杭州)
高胡   唐峰氏(中国中央民族楽団首席)
板胡   蔡陽氏
馬頭琴  張金胜氏
中国打楽器・京劇鑼鼓 田鑫氏(元中国広播民族楽団首席)
北方昆劇打楽器 李志和氏(北方昆劇院)



主な演奏活動歴

 中国留学中、1998年に北京テレビに出演。
 帰国後はコンサートホール、ホテルイベント、ジャズライブハウス、ギャラリー、教会、京町家など、多様な場で演奏活動を展開している。

 中国民族音楽である江南絲竹のアンサンブル、中国の古典的なオペラでありユネスコ世界遺産に指定されている昆劇の伴奏アンサンブルなど、伝統的な形式の中国音楽の演奏とともに、ライブハウスでの世界の民族音楽(民謡やわらべ歌)の演奏、ジャズバンドへの参加、フラメンコの舞台伴奏への参加、現代的でポップな音楽ユニットへの参加など、ジャンルを超えた幅広い音楽活動を展開している。

 またその他に、お菓子についての講演と二胡演奏のコラボレーション、お茶とのコラボレーション、サロンコンサート、京町家でのレクチャーコンサートなど、音楽活動の枠を超えた文化的・教養的活動にも意欲的である。最近は、自ら企画した演奏会を中心に活動中。

 2008年  映画「ACACIA」に二胡演奏でレコーディングに参加。
 2009年  ファーストアルバム「ムーブメント 〜天と地と〜」をリリース。
 2010年  アルバムセレクション譜面集を刊行。
 2011年  セカンドアルバム「Asian Wind」をリリース。
 2012年  「張韶老師の二胡教本(上巻)理論編」を刊行。
 2015年  「Asian Wind 二胡&ピアノ伴奏譜」をweb販売開始。
 2016年  「Asian Wind  二胡・笛子・ピアノトリオコンサート」   
 2017年  「張韶老師の二胡教本(下巻)譜面編」を刊行。
      「杉原圭子チェロトリオコンサート」

 また、後進の指導にもあたり、京都で教鞭をとる傍ら、聞韶二胡楽団代表も務め、広がりある音楽を展開中である。




_MG_6891.JPGkimonodress1.jpggreendress1.jpg