Spector NS-6 (#G0078) 1987年製

そもそもSpectorはベース専業メーカーとして70年代に立ち上げられた。当初はSB-1というモデルを作成していたが、ネッド・スタインバーガーによりデザインされたNSシリーズを発表。このモデルが人気を博したことで80年代に入りSpectorは一流ブランドの仲間入りを果たした。80年代の後半になると事業拡大を目的にKRAMER社の傘下となる。この時期に発表されたのがこのNS-6というギターであり、1987年〜1989年の3年間で僅か150本という生産数である。NSシリーズ同様のボディーデザインおよびスルーネックを採用しながら、当時流行のフロイドローズを搭載したりと実用性充分な仕様である。ボディーサイズはギター用に多少のデフォルメがなされているものと考えていたが、ベースと全くの同寸。ま、NS-2のデザイン自体がベースとしてはコンパクトなデザインなので、そのままギターのネックを取り付けてもまったく違和感がないわけである。重量は約3.6kgと標準的。

本機はリアピックアップにEMG 85を搭載したアクティブ仕様で、シャキッとしたサウンドは好みのモノである。フロントピックアップがパッシブなので、これはEMG SAに交換してバランスを取ろうと企てている。

もともとレッド系のフィニッシュがなされていたのだが、カラーを剥がされてナチュラルにリフィニッシュされている。とはいうものの、極上のAAAキルテッドメイプルにはこの方が似合っていると思う。

到着後に弦の交換及び調整を行ったのだが、トレモロのスプリングを強化バネの2本掛けに交換、交換されていたストラップピンを旧タイプのJim Dunlop製へと交換した。バネには共鳴防止のために熱収縮チューブを被せている。

実はこのギターを手に入れるまでには数年を要した。なにしろ世界中を探しても150本しかない機種だからである。直前にはBlackHawkという機種を落札し損ねていたわけだが、もしも落札していたらこのNS-6は諦めていたかもしれない。また、Paul Reed Smithにも興味があって真剣に購入を考えていただけに、タイミングがずれていたら手に入れることはなかったと思う。非常に運に恵まれたと喜んでいる。


ピックアップ交換及び配線の変更

入手時はリアピックアップがEMG 85、フロントピックアップがSeymour Duncan SHR-1が装着されていた。片方がアクティブでもう片方がパッシブだとバランス的のもどうだろうと云うことで、フロントをEMG SAに換装することにした。この時点でノイズのないシングルコイルの素晴らしさを実感したわけだが、リアピックアップとの音量バランスが悪く半固定ボリュームを内蔵して音量を抑える方法をとった。

この時点で改造を終えるつもりではあったが、いろいろ調べるうちにコイルタップ出来るEMG 89の存在に気が付いた。加えてシングルコイル同士のハーフトーンも魅力を感じていたので、思い切ってリアピックアップも交換することにした。

で、交換を終えてたのだがこのEMG 89、やはりハムバッキング時には明らかに歪みの量が圧倒的に増えてしまうので配線を工夫して調節できるようにした。

当初は2ヴォリューム+トーンという仕様だったが、考えた末にマスターヴォリューム+EMG 89ハムヴォリューム+トーンという仕様になった。

具体的な仕様変更の内容については、ピックアップのハムバッキング側の配線にポットをひとつ噛ましてからシングル/ハム切り替えスイッチへ結線しフロント/リアのピックアップ切り替えスイッチへ結線。そこからマスターヴォリュームを介してトーンを経由してアウトプットするという流れである。このパズルを考えているときが一番楽しい(笑)。ということで真ん中のツマミはリアをハムバッキングに切り替えたときのみ作用するプリセットヴォリュームとして機能するのだが、バランスを取ってしまえばほぼ動かすことはないだろう。

EMG 89