Bass改造道


改造メニュー
難易度
 
半田ゴテさえ使用できれば簡単
★★★
木工が入るのと、ある程度の経験と勘が必要
ヘッド落ちを防ぐ方法の一つです
アイデアだけなので思いつけば簡単
★★
多少の手先の器用さが必要ではあるが、、、
★★★★
素人が手を出せる範疇ではないと思う
★★★★
時間と根気があれば素人でも可能
★★★
元のピックガードをテンプレートとして使用しながら複製を作ります
オリジナル部品を復活させて使用できるようにしましょう
★★★
ピックアップのザグリを行います
★★★★★★
カーボンネックを手に入れたことでアルダー材からボディーを形成していきます
★★★★★
トラスロッドで手に負えない部分のネック修正を行います

■プリアンプ内蔵

パッシブの回路にBartolini TBTを内蔵しています。特筆すべき点は等にありませんが、アルミ製の電池ホルダーや結束バンドを使用して出来るだけキャビティー内がシンプルになるように心がけています。
プリアンプ本体はクッション性のある両面テープで固定しています。

トレブルのコンデンサーはポットに直接ハンダ付けして反対の端子を配線に繋ぐように指示されています。ところが空中配線となる為に非常に不安定で強度的に問題もあるのでユニバーサル基板コの字形に加工して強度を稼ぎました。実用新案出願中(嘘)。
ベースのポットにもコンデンサーを繋ぐ仕様ですが、こちらは1番と2番、2番と3番に橋渡しするので強度的な不安はありません。でも、念のためポットの端子を固定しているリベットの穴にハンダ付けして配線と離してあるので更に不安は無くなっています。これまた実用新案出願中(嘘)。

バランス調整

何の変哲もないブラス板で作ったウラ蓋です。
せっかく音が良いのにヘッド落ちするベースのバランスを改善する裏技です。本来はベースの自重を増やすべきではないと考えていますが、バランスが悪ければいくら軽量でも疲れるものです。本来はペグを軽量のものに交換するのが最も近道ですが費用もそれなりにかかってしまいます。ということでそれほど費用を掛けずにバランスを取るにはボディー側の重量を増やそうということで考えたアイデアです。この他にもブリッジとボディーの間にブリッジと同じ大きさのブラス板を挟み込んだり、材質の異なるツマミで重さをコントロールしたりいろいろと方法はありますが、ベースによって最適な方法も異なりますので試行錯誤してみてください。


■フレットレス改造

ひとまずは"喰切"の改造をば。左がノーマルの状態で、右がフレットを抜く為に刃と接地面とを面一に改造した物。通常はグラインダーで削るらしいのですが、あいにく持ち合わせていないので、ハンドドリルに研磨砥石をセットして削りました。

フレットを抜く作業です。この作業の具合によって後々の仕上がりが変わってきます。フレットには浮いたり抜けたりしないように"かえり"が付いています。実はこの"かえり"が曲者で、フレットレス加工を行う上では非常に厄介な存在なのです。力任せに上に引き抜くと"かえり"に引っ張られて間違いなく指板が捲れてしまいます。写真の矢印方向に力を掛けながら、端から少しずつ喰切の刃をフレットの下に潜り込ませてゆきます。この時点で改造していない喰切では指板面とのオフセットの為に刃が入っていかないので上記のような改造を施したわけです。
写真を見れば判りますが、フレットの溝がガタガタになっています。この程度は仕方ないですが、捲れ上がりには充分注意して、もしも捲れ上がってしまった場合はその都度ボンドで留めてしまいましょう。

フレットの溝とほぼ同じ厚みのメイプル突き板を用意します。これをフレットの溝の深さよりも少しだけ広めの幅で短冊状に切っておきます。
乾いた状態で切ろうとすると繊維方向に割れるので、固く絞った雑巾などで少し湿気を含ませて軽くカッターを何度か走らせて切断します。
木工用アロンアルファーを付けて溝に差し込みます。両端をニッパーで切り落として余分な部分はカッターなどで荒削りします。丁寧に行わないと突き板が割れてしまって、もう一度溝切り〜掃除〜埋め込みを行わないといけませんので、慎重に行います。荒削りが終了すると、アロンアルファーで再度しっかりと留めて、摺り合わせへと進みます。今回は以降の行程の写真を撮り忘れたのでここまでです(苦笑)。

仕上がりはこんな感じです。実際には、どうしても発生する指板の僅かな欠けを修正したり、ナットの高さをフレットレス仕様に調整したりする行程があります。また、弦高やトラスロッドの調整は必要不可欠で、調整の善し悪しが演奏にもたらす影響はフレッテッドのベースと比較にならないほど大きいといえます。また、弦選びを含めた指板面のケアを充分に行わないと音程が取れない楽器になってしまうので注意が必要です。

【調整ポイント】
・ナットの高さ調節
・トラスロッドの調整
・弦高調整
・オクターブ調整
・ピックアップの高さ調節


ピックアップ加工

Elixir弦を使用すると弦自体にコーティングが施されているので弦アースが取れません。ということで、常に親指を乗せているフロントピックアップからアースを取れるように改造しました。親指を乗せる部分を銅箔で包み込むように成形し、繋ぎ目をハンダで固定。

Bartoliniは底面が銅によるシールドプレートになっているので底面と銅箔とをハンダ付けしてアースに落としています。


■ピックガードの複製

現行のホワイトピックガードに交換されてしまったスティングレイ用にブラックピックガードを自作します。新規購入すれば思いのほか高価なパーツなので、ピックガード材を入手して複製を製作することにしました。元のピックガードはテンプレートとして使用します。

複製に使用するトリマービットは先がコロになった特殊な形状のモノを使用します。これだけで数千円するのでピックガードを買った方が安く付くかも知れませんね(苦笑)。

トリマーは大変危険な工具で、電動丸鋸、電動ドリルと並ぶ最強の電動工具のひとつであると思っています。使い方を誤れば簡単に指が吹っ飛ぶので充分ご注意ください。

アウトプットの園尾さんから教わったピックガード専用の製作テーブルトップも自作です。刃先を少しだけ出したトリマーを真っ逆さまにセットすることで、簡単に作業することが出来ます。

このテーブルは安物のコンパネを2枚合わせにして、トリマーベースがちょうど収まるように座繰りました。

ピックガード専用の製作テーブルを下側から見たところです。テーブル自体をワークベンチにバイスで挟んで固定しています。

出来上がる作品はともかくとしてワークベンチに装着したこのテーブルトップの出来映えには自信があります(苦笑)。トリマーはベースごと差し込んであるだけで特に固定していませんが、遊びのない座繰りと自重によって作業中に動くことはありません。

先端のコロをテンプレートとなるピックガードに当てながら切削刃がピックガード材をトレースしていくように、トリマーの高さを調整します。かなり高速で回転しますので慌てて作業するとピックガード材がはぜて大怪我をします。充分な時間的余裕と注意を!
トレースが終わった状態です。ピックガードのエッジは真っ直ぐに切り立った状態です。ピックアップの穴も開ける前の状態です。気合いを入れてゆっくりとトレースしないと、刃の回転に負けてピックガード材がはじかれて非常に危険です。出来れば滑り止めの付いた軍手をすることをお薦めします。(自分は省略(^_^;))
ピックアップの穴を開け終わりました。トリマービットの径に太さがあるので、細かい修正は丸棒ヤスリや平ヤスリで修正します。この細かい修正の作業こそ丁寧にする必要があります。

トリマーで削っただけのピックガードはエッジが切り立ったままですので処理を行います。本来は専用のトリマービットで傾斜を付けるのですが、今回はねじ穴を開けるための特殊なドリルを卓上ボール盤にセットして傾斜を付けました。本来の使い方ではありませんが、とりあえずこれ以上費用を掛けないために苦肉の策です(^_^;)。

ただし軸が細くて横方向の強度が欠けるためにドリルの刃が悲鳴をあげていたので、後日専用のトリマービットを入手しました。じゃあ最初から揃えろよっていう突っ込みは無しです(苦笑)。

元のピックガードを元にマスキングテープを貼ったピックガードにねじ穴の位置をマークします。
先ほどのエッジ処理を行ったドリルビットの本来の使用方法です(笑)。
表面の保護フィルムを剥がして約1時間ほどで完成しました。この後、エッジ部分を含めて極細目の目立てヤスリで仕上げていきます。これだけは手作業となるのである程度の慣れが必要です。O2Factoryの岡村さんなんかは専用工具に頼らず、この目立てヤスリだけでフレットを成形されたりします。自分とプロの最大の差が出る部分ですが、これだけは仕方ありませんね(汗;)。

どうでしょうか、落ち着いた雰囲気に仕上がりましたね(#^_^#)。

1枚のピックガードを製作するのに工具類だけで数万円もかかってしまうので、それなりの工具を持っていない人はショップに頼んでしまった方が安く上がりますし、なによりも綺麗に仕上げて貰えます。僕自身、今回のピックガードを作るまでにいろいろなベース用にかなりの枚数にチャレンジして失敗を繰り返しました。そんな経験を元にようやく満足できるモノを製作することが出来るようになりました。とはいえ道具がない人にはコスト面と仕上がりを考えるとプロに任せた方がよい作業といえるでしょう。

あたしゃ自分で作業することが好きなのでコストは関係ないです(笑)!!


■ペイント修復

修復前
修復後(クリックで拡大)

カーボン特有の塗装の剥がれを修復します。カーボン素材と塗料はあまり相性が良くないようで、軽く当てただけで簡単に剥がれてしまったり経年で自然に剥がれたりします。ここでは簡単な当て傷の修理方法を紹介します。
直径3ミリ程度の塗装の剥がれですが、この程度であれば簡単に修復することが出来ます。木工用のアロンアルファーを傷口に盛ります。数時間経て固まったところをサンディング(#600) → 耐水ペーパー(#1500、#2000) → コンパウンド(#10000) → 仕上げ(#20000)と磨くだけです。ペーパー類で磨くのは数秒程度です。また、仕上げの#20000には酸化セリウムというガラスを磨くためのコンパウンドを使用しました。修復後の写真をクリックすると拡大するので観ていただければ判りますが、若干の痕跡は残りますがほぼ完治の状態まで仕上げることが出来ました。


■鉄製部品のサビ落とし

東急ハンズでRS-R1000という無公害サビ除去剤なる薬品を購入しました。オレンジオイルから生成されているらしく無公害とのことですが、強酸性なので素手で使用したり衣服に付着しないように注意が必要です。説明書によるとコンクリートをも溶かしてしまうらしいです、、、。

新品に取り替えるほどではない状態の66年製PBの錆びているピックガード用のネジで実験してみます。けっこう赤錆が浮いていてCRCを吹き付けただけでは除去しきれなかった部品です。

無色透明ですが強酸性のために鼻を衝く刺激臭があります。換気に気をつけて使用する必要があります。

数秒で化学変化が始まり、溶液中に錆が溶け出して黄色く変色します。1分くらいで取り出すのですが、割り箸などを使用してよく洗浄します。洗浄後に余っている木材などにネジを固定して、金ブラシで頭をブラッシングしてやります。
新品とまではいきませんが、嫌味のない程度の綺麗な状態に戻りました。錆を除去することでねじ山とドライバーの頭がピッタリと合い、舐めてしまう危険性は少なくなります。美観だけではなく、機能的にも向上するわけです。
CRCで除去しきれなかった赤錆の浮いたブリッジです。何となく機能的にも良い状態には見えませんね。ということで右側がRS-R1000でサビを除去したブリッジです。やはり新品とまではいきませんが、非常に綺麗な状態に戻すことが出来ました。