《Katori
  −KTPLaunchから起動》
 

 ジョークアプリ、というジャンルがあります。例えば、立ち上げると手指のレントゲン写真を映し出すアプリ(右の写真参照)。その画面の下に自分の手を置けば、あたかもリアルタイムで骨を映し出しているような感じになって、ちょっとした洒落になる、というようなもの。「実用」という観点からでなく、ちょっと面白いかも、と力を抜いて作られたアプリなわけですが、今回紹介する「Katori」は、もしかしたらその種のアプリなのかもしれません。

 アプリのコンセプトは、蚊が嫌うとされる波長(8kHz)のサイン波を[es]から出してしまおう、というもの。こういうセンスは、私のような凡人には持ち得ず、非常に痛快です。また、起動したときの画面(写真左上)もおしゃれではないですか。「よ〜し、(効果があろうとなかろうと)インストしちゃうぞ〜」という気持ちにさせてくれますよね。

 もちろん、効果がないと思っているわけではないので、誤解なきよう。ウチでは毎年、これからの季節は、昔ながらの蚊取り線香を焚いていたのですが、こちらのアパートは壁も天井もきれいなので、その方法は採りにくい。そこで、この「Katori」には大車輪の働きを期待しているのです(笑)。

 メニューバー左の「めにゅ〜」に「スイッチ」があり、押すと前もって決めておいたインターバル(写真の例では15秒間隔)でサイン波(ピーという音)が出ます(写真左下参照)。また、同バー右の「殺虫剤スプレー」は、これを押すとそのタイミングでサイン波が出るという仕掛け。

 「実用的」かどうかは不明ですが、自分の手柄でもないのにとりあえず誰かに自慢したくなるアプリ「Katori」。思えば、[es]それ自体が「非実用的なおもちゃ」なのかもしれませんね。

(08年7月6日初出)

 

 *スクリーンショット画面集トップはこちら