《GSFinder-W03
  −右ソフトキー二度押し(短)で起動》
 

 「GSFinder」はファイラです(Windowsでいうエクスプローラのようなもの)。これがなければファイル操作ができないため、再構築の際等に、とりあえずイの一番に入れるべきアプリです(私の場合、今日現在で90弱のアプリを入れていますが、「GSFinder」は5番目に入れました)。毎日数回は必ず立ち上げる、欠かせないアプリの1つです。

 これがなければファイル操作ができない、と書きましたが、実はこれはウソで、[es]にはデフォルトで「ファイルエクスプローラ」というアプリが入っています(これがなければ、そもそも「GSFinder」を入れることができない)。しかし、そこは例によってマイクロソフトクオリティ(笑)。本当に嫌になるような仕様なのです(初めて使ったときは文字通り愕然としました。コンピュータの端くれとして、こんなファイラしか用意されていないのであれば全く使えないな、と)。「GSFinder」に出会っていなければ、今頃はもしかしたら[es]を手放していたかもしれません。

 「GSFinder」はもともとY.Nagamidori氏が開発したアプリだということですが、ソースコードが公開されているので、(スキルのある人なら)誰でもアレンジ/改良して、使いやすく改変することができます。私が導入しているもの(「GSFinder-W03」)は、W03シリーズに最適化されたもので、オリジナルから数えて4世代目にあたるそうです(「ファイルエクスプローラ」の使えなさを知り、いろいろと情報収集して「GSFinder」の存在を知った私ですが、どのVer.を導入すべきかは迷いました)。

 一般に、WM機は素のままでは非常に扱い辛く、使い勝手が悪いので、何らかのカスタマイズが必要となるわけですが、ファイラはそのカスタマイズをするために必要なアプリ。もし、WM機を買ったのだけれど、何から弄っていいか分からない、という人がいたら、私は何はなくとも「GSFinder」を入れることをオススメします。

 …余談ですが、頭に「GS」がつくアプリ(GreenSoftwareの略のよう)は、どれもY.Nagamidori氏の手によるもののようです。私の入れているものでは、「GSFinder」のほか、「GSPlayer」、「GSGetFileI」、「AlarmClock」(GSはついていませんが)があります。Y.Nagamidori氏がどういうお方か存じませんが、大変お世話になっています。m(__)m

(08年6月19日初出)

 

 *スクリーンショット画面集トップはこちら