ジンジャーリリー

【 科 】 ショウガ科 9月25日
【種類】 多年草
【草丈】 100〜150cm
【花期】 8月〜10月
白い蝶のようなジンジャーリリーの花が咲きそろってきました。優しく甘いクチナシのような花の香りがあり、朝よりも午後の方がよく香るように思います。原産地はインドから東南アジアで、花が次々に咲くと華やかで、少しの間南の国のような気分になります。



サルスベリ

【 科 】 ミソハギ科 8月28日
【種類】 落葉低木または中高木
【樹高】 10m
【花期】 7〜10月
中国南部原産で、夏に咲く花の代表的な存在です。花の咲く期間が長く「百日紅」約100日間花を咲かせることと、「猿滑」古い樹皮がはがれ落ち新しいすべすべした樹皮になり、サルが登ろうとしても滑ってしまうということが名前の由来になりました。よく見ると、白・赤・ピンクのフリルになった花がかわいらしいです。



キキョウ

【 科 】 キキョウ科 7月28日
【種類】 多年草
【草丈】 15cm〜1.5m
【花期】 7〜9月
日本では万葉の昔から秋の七草として親しまれてい
ます。夏の暑い中、少し陰があれば元気に咲いてくれます。
花は、涼しげな青色で星形のような形をしています。蕾の時は花びら同士が風船のような、まあるくプックリとした形をしているので、別名バルーンフラワーと呼ばれます。



カレープラント

【 科 】 キク科 6月27日
【種類】 常緑小低木
【草丈】 30〜60cm
【花期】 7〜8月
公園を入って正面花壇のすぐそばに、シルバーリーフで黄色の小さな花をたくさんつけています。
香りが、触れてみてビックリのカレーの香りで、誰もを一瞬にして笑顔に変えてしまう人気のハーブです。



テイカカズラ

【 科 】 キョウチクトウ科 5月25日
【種類】 常緑つる性木本
【草丈】 2〜10m
【花期】 5〜6月
野山に自生し、岩や木にからんで這い上がったりもする、つる性の樹木です。初夏になると、プロペラ状の白やうすピンクの香りの良い花をたくさん咲かせます。新芽が白やピンクに色づく「ハツユキカズラ」は、とても人気の高い園芸品種です。茎を切ると、白い液体のようなものが出てきますが直接さわるとかぶれたりします。毒性もあるので気を付けてください。



モッコウバラ

【 科 】 バラ科 4月26日
【種類】 常緑つる性低木
【草丈】 6〜7m
【花期】 4〜5月
今年もふんわりとモッコウバラの甘く優しい香りが、風に乗って公園に漂っています。白色または淡黄色の八重咲きで、小さな花がたくさん咲いています。枝は細くトゲはありません。つる性なので、枝を斜めに誘引した方が花芽がよくついてきれいに咲きます。