本文へスキップ

能勢電鉄 妙見口駅前

お問い合わせ   TEL.072-738-1122

〒563-0101 大阪府豊能郡豊能町吉川143-3

本場 能勢 銀寄せ栗お問合せ 072-738-1122

「銀寄せ」名前の由来

店内イメージ

色々ありますが、一説には・・・
昔、飢饉に苦しんでいた農民が野生の大きな栗を売りにいき、あまりにもおいしいため高値で取引され、銀札(お金)を集めたということから銀寄せと呼ばれ、今では、極上の栗 栗の王様 として人気を得ております。
そして、この「銀寄せ」発祥の地こそが、この「能勢」であります。

旬の時期……9月下旬〜10月1週、2週目頃


※生の栗の他に、栗ご飯用に【むき生栗(冷凍)500g 2200円】もご用意いたしております。凍ったまま炊飯の際に塩少々と共に入れて炊くだけ!大変便利で、好評です!


 栗の種類 
当店のお取り扱い栗には「銀寄せ」「今北」「利平」など御座います。
本場能勢「銀寄せ」は、甘みがあり、何にしても使いやすく、利用しやすいです。
「今北」はお尻の丸い栗で、大きめの物が採れますが、やはり「銀寄せ」の甘みには勝てません。
「利平」は、天津甘栗と和栗の掛け合わせの為、とにかく甘みが強いのが特徴です。黒い栗で固めで、煮崩れしにくく渋皮煮には特に向いております。弾けんばかりのパンパンの実で、果肉は黄色く実がしまっており、好まれる方は毎年お取り寄せされます。幻の栗とも呼ばれ上等な栗であります。

 栗の保存方法 
栗は生ものなので、1日放っておくと虫がつき、2・3日で食べられなくなります。
短期保存でも、すぐに水につけるか、袋に入れて冷蔵庫で保存されて下さい。

長期保存・・・プラスチックのタッパーに真水をはり栗を入れ冷蔵庫で保存→虫出し
万が一、虫が入っていても出てきます。2・3日漬けたらナイロン袋に入れて冷蔵庫にて保存されて下さい。とは言え、生ものなので、なるべくお早めにお召し上がりになられるか調理されてください。
冷凍保存・・・皮を剥いて実だけにして冷凍→いつでもすぐに栗ご飯が出来ます!
もしくは、ゆで栗にして冷凍する方法もあります。


 入荷状況                      
多数お問合わせ頂いているのですが、
本年も、夏の雨少、猛暑の為、昨年に引き続き栗の入荷が大変少ない状況です。
大粒は特に少なく、貴重となっております。
お早めにお求めください。

その他、栗渋皮煮、甘露煮、栗納豆、甘栗など加工品も数多くご用意させて頂いておりますので、一度ご覧になられて下さいませ。 → 土産物紹介 click

店舗イメージ

能勢電車 妙見口駅前
四季料理 かめたに

〒563-0101
大阪府豊能郡豊能町吉川143-3
TEL.072-738-1122
FAX.072-738-1137