「みのり」                     
 六つ目編の籠である。色が白いのは青竹の皮むきを使ったからである。ひごの巾を細く薄く削ると、六つ目編の籠はさまざまな造形が可能である。
 私の住んでいる野洲市には、「大篠原」、「小篠原」、「篠原」、「竹生」など竹にちなんだ地名の集落が多い。昔は竹やぶも多かったそうだ。
 ある時、大篠原を通ると節間の長い見事な真竹が路傍にあった。 この籠はその青竹で作ったものである。

               
ようこそ籠の世界へ
作品集
籠に花を活ける
Questions Asked of Sugita Jozan
by Robert Coffland
Japanese Bamboo Artists
第43回日本伝統工芸展受賞作品解説「渓流」
第41回日本伝統工芸展受賞作品解説「うずしお」
   

平成18年作品展 

NHKテレビ放映

椙山女学園同窓会「お元気ですか?」

杉田静山 昭子

写真集が出来ました

文化庁文化遺産オンライン・杉田静山

滋賀県立近代美術館・杉田静山

野洲市サイトのフォト 「籠に花を活ける」

ロンドンのアート・アンチック・フェアに
招かれて

2011年 NHK教育テレビ
「竹の美を極める」放映