スパイラルテーピングの歴史

   HOME ≫ スパイラルテーピングの歴史

    スパイラルテーピングの歴史は30年と言われています。
大阪 大東市で整骨院を営む 田中信孝先生の発案 から生まれたものです。そもそも スパイラルテーピングは,捻挫やケガをした患者さんたちに,巻いていく包帯の向き(方向性)から発案されたもので,包帯の技術よりも,巻く方向性によって  "痛みや腫れ"  のひき方に大きな差が生じる というものでした。

元々鍼灸師であった田中会長は,素門霊枢,難行,鍼道発秘などから田中式理論をテーピング療法に取り込むことに成功しました。スパイラルはらせんという意味ですが,単にラセンということではなく,からだの持ち得る幾多のバランスの取り方を研究した結果,多くの症例を通じて,解剖学 と 東洋医学 そして 力学 などの理論を組み立て
                統計的に有効度の高いスパイラルテーピングを今尚発表され続けております。

平成4年にスパイラルテーピング協会が発足し,昨年20周年記念シンポジウムも行われ,学術団体としても進化が見られるスパイラルテーピングです。
スパイラルテーピングは,スポーツ選手にとどまらず,お子さんからご年配の方々にも,日々体調管理やケガのお手当てに用いられるほか,姿勢を維持するしくみに対しても,
是非是非ご活用していただきたいと考えています。




   札幌医科大学付属病院リハビリテーション部(石井清一元教授)は「脊髄小脳変性症」患者にスパイラルテープを
      初めて適用。 姿勢バランス・歩行改善が見られたという。    肺活量増加した症例    姿勢バランス改善した症例
           外部リンク   紀要論文データベース 792 脊髄小脳変性症(SCD)3症例へのspiral tapingによる立位バランスの効果

   現在、札幌医科大学、韓国の大学にて、その有効性を科学的に研究中。

   元大阪市立大学羽間教授により体力医学会において「スパイラルテーピングの効果に関する一考察」を発表。

           外部リンク   紀要論文データベース 189.テーピング(スパイラルテーピング)の効果に関する1考察

   NATA(全米アスレチックトレーナーズ協会)の公認プロバイダーとして認定されており、トレーナーの継続教育の
      カリキュラムに役立っております。       外部リンク NATA(全米アスレティックトレーナーズ協会)

   ブラジルのP・T(理学療法士)のカリキュラムにスパイラルテーピングが登場。 外部リンク ブラジルスパイラルテーピング

   発案者 田中信孝会長 監修による テーピング他 関連商品の情報発信が行われております。



   このページのトップへ戻る