本文へスキップ

頚肩腕症候群-大阪駅梅田の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、から徒歩1分の頚肩腕症候群治療の鍼灸院です。

 頚肩腕症候群

頚肩腕症候群とは「上肢を同一肢位に保持または反復使用する作業により神経・筋疲労が生じる結果として起こる機能的障害」をいいます。その病態は、首(頚)から肩・腕にかけての痛み、しびれなどです。簡単に言うと、前述の自覚症状に対して検査では異常が認められない際に付ける診断名で、首こりや肩こりと診断しているのと同じです。
そして、これを産業衛生学の視点(職病病)からいう場合は頸肩腕障害と呼び、古くはキーパンチャー病(キーパンチャーとはタイプライターなどの打鍵作業従事者)と呼ばれていました。したがって、現在のパソコン入力作業の従事者にもあてはまります。尚、首(頚)から肩・腕にかけての痛み、しびれなどに加え、眼精疲労が加わったものをVDT症候群と呼びます。
病院では、湿布、鎮痛剤、ブロック注射などが処方され、その後は経過観察になります。思うように症状が回復しない場合、身体に自然な治療を求める場合は、鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか。
詳しくは「首こり肩こりと鍼灸」をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269