本文へスキップ

胸郭出口症候群-大阪駅の次 JR塚本駅1分の鍼灸院

ご予約・お問い合わせはTEL.06-7504-3269

大阪市西淀川区柏里2-1-10(JR塚本駅西口から1分)

大阪市西淀川区と淀川区の境、JR塚本駅から徒歩1分の胸郭出口症候群治療の鍼灸院です。

 胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは、胸郭出口の構造(骨格的な体質)から特定の作業によって腕神経叢や鎖骨下動脈が圧迫されて起こる症候群です。特定作業としては、つり革をもつ、洗濯物をほすなど腕を挙げる作業や、抱っこ、重い荷物をもつ作業などが挙げられます。症候群(症状)としては、肩こり、上肢のしびれや痛みが挙げられます。
胸郭出口症候群と診断されると不安・心配になりますが、骨格的な体質で、神経症状(上肢のしびれや痛み)が現れる特定作業をできるだけ避ける、あるいは短時間にすれば、その発症頻度は低減できます。
ただ、首や肩のこりは別です。胸郭出口症候群は「なで肩」の人が多く、「なで肩」は肩こりの原因とされています。通常の鎖骨は水平ではなく、外側へ向かって高くなっていますが、「なで肩」は鎖骨が水平傾向化していることから、鎖骨を懸垂する頸部の筋群に負荷がかかりやすく、その結果として肩こりが起こります。ゆえに豊乳も肩こりの要因の1つになります。
つまり、鎖骨を懸垂する筋群、ひいては首や肩周りの筋力と作業量に左右され、その筋肉の緊張状態から肩こりや痛みが現れ、それに神経学的な機能性が加わることにより症状が持続します。
病院では湿布、鎮痛剤、ブロック注射が処方され、その後は経過観察です。思うように症状が回復しない場合、身体に自然な治療を求める場合は、鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか。
詳しくは「首こり肩こりと鍼灸」をご覧下さい。


鍼灸専門の小西鍼灸院

診察室 院長 治療室

日本鍼灸師会大阪府鍼灸師会会員
〒555-0022
大阪市西淀川区柏里2-1-10
TEL 06-7504-3269