(C)TWO-WAY/小学校/総合/4年/大きな数



「大きな数」導入の授業


野間浩一(奈良県・TOSS大和)


木村重夫氏(東京教育技術所 『教育トークライン No248 p34』 どの子もわかるできる向山型算数授業) の追加修正追試である。



使用教科書 大阪書籍 『小学校算数 4年 上』 (p2〜p3)はである。  大阪書籍には、3年の「万の位」の復習がないので、フラッシュサイトで補った。

また大きな数の読む練習としてフラッシュサイトを作成した。

<指示> 教科書2ページを開けなさい。

 

<説明> 世界地図です。たくさんの国があります。

 

<指示> 先生が言う国を指さしてごらん。指をさせたら反対の手をあげる。

 

<指示> 日本。 「日本」という漢字ではなくて、日本の国を指すのですよ。

 

<指示> 次はむずかしいぞ。

  ケニヤ! すごいなあもう見つけたの?

  オーストラリア
  フランス
  日本
  アメリカ
  ブラジル
  中国
  世界
  

 

<指示>  もう一度、ケニヤ。ケニヤの下に数字がありますね。指さしてごらん。

<発問>  ニイキュウレイレイハチレイレイレイ人。これを何と読むかな。3年で習いましたね。画面を見なさい。

 

明治図書 『向山型算数教え方教室』 No.045 2003 P52 向山洋一氏 論文審査 「抽象化を教える前に具体的イメージを!」を参考にフラッシュサイト作成。


フラッシュサイト

 

<説明> 一、十、百、千。(●クリック)一万、十万、百万、千万。(●クリック)このように日本の数字は4けたずつ区切って読みます。電車でたとえると、一、十、百、千は、「一号車」。(●クリック)  一万、十万、百万、千万は「万号車」だ。(●クリック)

<指示> (●クリック)ケニアの数字を4けたずつ区切って、一号車と万号車の間に赤鉛筆で線を入れなさい。(●クリック)線の下に万と書いておきなさい。(●クリック)これをこう読みます。ケニヤは、2900万8000人です。みんなで読みます。   はい。

<指示> (●クリック)オーストラリアも同じようにします。赤鉛筆で線を入れなさい。 

「オーストラリアは、1875万1000人です。」

<指示> 次、フランス。 さんはい。

「フランスは、5884万7000人です。」

<指示> (●クリック)日本も同じように4けたで区切ってごらんなさい。


フラッシュサイトのつづき


<説明> あれ?4けたで区切っても、まだ4けたで区切れますね。赤い線が2本引けます。(●クリック)一、十、百、千。(●クリック)一万、十万、百万、千万。(●クリック)(●クリック)その次は何でしょうか?その次は何という位でしょうか。言える人?

「億です。」

 

<説明> そう!「億」だ。(●クリック)にんべんに立つ日心と書く。

<指示> 二本目の線の下に「億」と書きなさい。

<指示> 日本の人口を読んでみます。(●クリック)みんなでさんはい。

 

「日本は、1億2648万6000人です。」

 

<指示> 次はアメリカ。アメリカの人口を読みなさい。

 

「アメリカは、2億7056万1000人です。」

 

<指示> 同じようにブラジルの人口を読みなさい。

「ブラジルは、1億6179万人です。

 

<発問> 世界一の人口を持つ国、中国はいくらですか。

 

「中国は、12億8468万2000人です。」

 

<発問> それでは、世界全体の人口は、何人ですか。

 

「世界は、59億7800万人です。」

 

 

フラッシュサイトで大きな数を読む練習

 

前のページにもどる インターネットランド メール

―(C)TOSS  Koichi NOMA,All rights reserved.―