映 画 ド ラ マ レ ビ ュ ー

 5 : もうすごい! 感動! 何回でも観れる名作!
 4 : 傑作です。ぜひ観て下さい
 3 : 普通です。自分の好きなジャンルであれば観てもいいんじゃないでしょうか
 2 : イマイチです。特に観る必要はないでしょう
 1 : はっきりいって観るのは時間の無駄です。誰だ? こんなもん作ったのは?


タイトル 評価点 感     想
さらば あぶない刑事 4 舘ひろし、柴田恭兵主演の刑事アクション『あぶない刑事』シリーズ最終作品です。なかなか日本の映画も捨てたもんじゃないですね。海外の大金かけた超ド派手さには負けるとしても十分なド派手さはありますよ。十分楽しめます。シリーズ見てた人はラストですから必ず見ましょう。
ダイ・ハード/ラスト・デイ 4 ブルース・ウィリス主演ダイハード最新作です。息子が警察沙汰を起こして投獄されるという始まりですが、これがまた想像できないシナリオへと展開していきます。アクションシーンは力入れてますね。特にカーチェイスシーンはかなり圧巻の迫力で興奮ものです。シリーズ見てる人は必見でしょ! 後半ある人物の行動がやや意味不明強引さがちょっと残念。
REDリターンズ 4 ブルース・ウィリス主演アクション映画の続編です。新たなキャラとしてイ・ビョンホンが登場! 前作が楽しめた人なら今作も楽しめるでしょう。よくある続編は質が下がるパターンが多い中、これは前作同様楽しめますよ。カーアクション、ガンアクションも迫力あっていいですね。
トランセンデンス 3 ジョニー・デップ主演SFアクションです。死を迎えるデップがコンピュータに頭脳をインストールして生き、世界をコントロールできるほど進化し、人々は恐怖し破壊をするため戦うというような感じです。妻も最初は信じていたのに疑心暗鬼になり揺らぎます。評価はいろいろ別れる映画だと思います。個人的なポイントは夫の妻への愛を映画から感じ取れるかがポイントじゃないでしょうか。
ラストスタンド 4 アーノルド・シュワルツェネッガー主演アクション映画です。タイトル聞いたことないのであまり期待せずにdTVでそこそこ評価いいので見ました。元ロス市警のシュワちゃんが犯罪なんて無縁のド田舎町の保安官として静かに過ごしてます。そこに絡んでくるのが麻薬王凶悪犯。犯罪のプロ集団と、ド田舎町の保安官が戦うことになります。保安官側は事件という事件なんて経験したことのない連中揃い。敵は凶悪的プロ達。車は最高速度400km/hという動く破壊兵器! 圧倒的不利な状況で果たして戦うことができるのか! いやはや最初の不安なんてブッ飛んでアクション映画としてはとても楽しめましたよ。
アウトロー 4 トム・クルーズ主演アクション映画です。無差別銃乱射事件の容疑者として元米軍スナイパーが逮捕されます。証拠は完璧なのに容疑者は黙秘を続け「ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)を呼べ」と紙に書いて要求します。なぜトム・クルーズを呼んだのか? 完全なる証拠に隠された巨大な影の力。それに立ち向かい真相を暴こうとするトム・クルーズ。アクション映画としてなかなか楽しめましたよ。
タイヨウのうた 3 ドラマ版でなく映画版の方です。主人公の女の子は色素性乾皮症という難病で太陽に当たる事が出来ません。だから夜が生活の時間になります。とある学生少年に好意を寄せてますが、もちろんそういう生活ですから接点はありません。しかしある時、二人は出会うことになります。限られた時間しか残されていない恋に二人はどういう決断をするのか! 内容的には若き頃の純粋な恋を描いた恋物語ですね。歌がキーになる映画ですが主人公はシンガーソングライターのYUI自身が演じてますよ。
50回目のファースト・キス 3 女たらしの男が、ある女性(ドリュー・バリモア)に本気で恋をします。しかし2日目に会った時には全くこちらの事を覚えていないという奇怪な体験をします。女性は短期記憶喪失障害だったのです。過去のある事件がきっかけで1日しか記憶がもたないのです。次の日にはまた同じ日を繰り返すという訳です。2人は真剣に恋をしますが、女性は次の日にはもう忘れています。この状態でうまくいくはずはありませんよね。そして男の下す決断。ラストへの展開。なかなか恋愛物としては普通に楽しめますよ。
ベイマックス 4 ディズニー映画です。大切な兄を失い、生きていく気力を失った主人公の前に現れたケアロボットのベイマックス。ふたりの絆をメインに描いたアクション感動作です。シナリオはなかなかよくできていて、本当の悪は誰なのか? 想像できない展開が繰り広げられます。そしてラストのシーン。涙なしでは見れない展開が待ってますよ!
くちづけ 5 ヒューマンドラマ感動ものが好きなら必見の映画です。見ないと後悔します。知的障害者たちの自立支援のためのグループホームひまわり荘が舞台となります。映画最初で主人公貫地谷しほりが死んでる事実が分かります。そして時は戻り、なぜその主人公は死んだのかが描かれていきます。映画はコミカルなタッチで笑わせてくれます。宮根誠司本人のニュースシーンはマジ必見ですw 終盤の出来事には誰もが泣くしかない展開が待ってます。そしてラスト、思わぬ展開が! めったと苦しくなるほど泣きすぎる映画はないですが、その展開には思いっきり泣きすぎてマジで苦しくなるくらいの止めどない涙があふれてきますよ。父と娘の愛がそこに思いっきり描かれてます。感動もの好きなら必見です!
輝くか、狂うか 4 ラブコメ時代劇韓国ドラマです。呪われた運命で生まれた高麗の皇子チャン・ヒョク、2つの星となる2人の女性。この3人の愛をめぐる話がメインとなります。なぜ主人公は幼い時に呪われた運命を背負うことになるのか? その事から母からは子として拒絶され、父からは山へと放り出されます。しかしそこには驚きの事実が! そしてメインの愛の行方はめまぐるしく変化します。商団長の女性と前半うまくいくように見えますが、ドラマでは前半でこの展開だとどうなるかはそれも分かってしまいます。これも想像を絶する決断が王から出され、見る者も驚きと悲しみで苦しむ事でしょう。見どころはとても多いです。難点は主人公チャン・ヒョクがおとぼけキャラをわざと演じ続けるので、それがかなりうざい点ですねー ラストに関してはドラマ始まりと繋がりますが、それでも正直真相か見えないところがもどかしい! 結局どうなったんだ!?
ウルフ・オブ・ウォールストリート 1 レオナルド・ディカプリオ主演、3時間長編、ウォールストリート投資話。この3つが揃えば投資家にとって投資のノウハウが得られるか!と期待してしまいます。評価もいいので見ました。はっきり言って久々の時間の無駄でした。投資のノウハウなんて得られません。映画の大半がただのS○X三昧。会社のトイレには「S○X禁止」の張り紙。しかしそれも効果はなかったと。ウォール街の会社は仕事中S○X三昧が当たり前? 飛行機に乗ってもS○X三昧。もう完全な公然わいせつ罪でしょ! 何だこの映画? なぜ18禁じゃないのか? ちなみにR15+指定です。エロい映画が見たいならお勧めですが、それ以外に得られるものは皆無です。評価高いのが意味不明。間違ってもディカプリオ出てるからと彼女誘って見たりしないように! ほぼ別れる結果は間違いなしです。
ブラックリスト SEASON 1 4 サスペンスアクションドラマです。出だしがまずすごい。超A級犯罪者が何の前ぶれもなくFBI本部にみずから現れるという驚きのシーンから始まります。世界中の犯罪者の情報を集めたブラックリストを提供すると提案。ただしパートナーは全く面識のない女性捜査官を指名。この2人の関係は何なのか? 目的は何なのか? 女性捜査官の旦那が襲われ、そこから大きく心理的にもドラマは動き出します。基本1話ずつの完結ですが、内容はサスペンスものとしてなかなか見ごたえのあるものになってます。早くSEASON 2が見たいですね。
天使と悪魔 4 『ダ・ヴィンチ・コード』に続くトム・ハンクス主演のサスペンスシリーズ第2弾です。ダ・ヴィンチはいまいちでしたが、これはなかなかサスペンスものとして見てる側の読めない展開もあり楽しめましたね。カトリック教会の新しい教皇を選出するコンクラーベの開催が迫るヴァチカンが舞台となります。犯人は誰なのか? ぜひそれは見てのお楽しみという事で。
日本のいちばん長い日 2 太平洋戦争末期、戦況が困難を極める1945年7月。連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。 降伏か、本土決戦か。リアルを求めすぎなのか、言葉やしゃべり方が今の時代で見たら正直分かりづらく、ストーリーを完璧に理解するのがやや困難なのが一番痛いです。特に見どころという点もなく、やや長めの映画なので退屈感が。
ドリームハウス 4 ヒューマンサイコスリラー映画です。仕事を辞め購入したマイホームで美しい妻と二人の娘たちと人生を過ごすと決意した主人公。しかしそこで奇怪な出来事が起こっていきます。ある意味犯人は簡単に分かります。まあ登場人物が少ないですし。ただしそこはこの映画のポイントではありません。途中で発覚する事実は全く想像もしていないあっと驚く衝撃的な事実が判明します。これが大きなポイントでしょう。サイコスリラー映画でありながら深い家族愛が描かれているあたりはなかなか感動できますね。
グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル シーズン1 4 アメリカ西海岸を舞台に捜査官たちが一緒に暮らしながら潜入捜査を行うサスペンスアクションです。新米FBI捜査官マイクがある理由から仲間になりドラマは展開していきます。1話目は正直いまいちです。が、2話目から本領発揮って感じですね。マイクの優秀さと、ここに来た真の理由、そして侵入捜査ものとしてもシナリオはなかなかの出来に仕上がってます。シーズン1のラストは納得いかないものですが、必ずや願う展開にラストはなるんだと思いますね。
大脱出 4 スタローンとシュワルツェネッガーが夢の共演! まあ歳なんでそうしないと稼げないって事かも。しかしこの2人が同時に出てる訳ですから面白くない訳がない! スタローンが罠にはまり刑務所へ。まさに最先端技術の監獄不可能施設。そこから脱獄を計るという内容です。黒幕は一体?(これは簡単に分かる) ラストで明るみになる驚きの事実(これは分からない!) 監獄ものとしては十分な見ごたえだと思いますよ。
デルタ・フォース 3 チャック・ノリス主演、特殊コマンド部隊の活躍を描く映画です。米旅客機ハイジャックがメインのストーリです。作られたのは結構昔でしょうね。映像、音楽、どれも時代を感じさせられるものなので。ただ映画としては無難な内容で、この手の映画が好きなら楽しめると思いますよ。古臭さは無視して見て下さいw
オール・ユー・ニード・イズ・キル 4 原作日本小説、主演トム・クルーズのSFアクション映画です。謎の侵略者に地球が襲われ、戦闘スキルゼロのトム・クルーズが最前線に送り込まれ、あっさりやられて死亡。とても弱い。が、なぜか次の瞬間、出撃前日にタイムトリップするのです。そしてまた殺され時間が戻る。それの無限ループのような感じです。誰しも同じ失敗は繰り返さないもので、死んだ原因を次の戦いではクリアーしていき、徐々に成長していくRPGのような感じで話は進んでいきます。しかし最終的には大きな絶望が。果たして世界を守ることができるのか? シナリオ的にはめずらしいタイプの映画ですが、SFものとしてはなかなか楽しめると思いますよ。
グランド・イリュージョン 4 4人のマジシャンが誰かの意図で集められます。そしてラスベガスでショーを開催し遠く離れたパリの銀行から3秒で金を奪うという驚く芸当を見せます。当然FBIから追われる身に。私欲のための盗みではなく目的が何なのか? トリックの種は? 誰がこの4人を集めたのか? 最後のショーが終わった後に全てが明らかに! なかなか最後の展開は予想できないもので驚きましたね。
オブリビオン 3 トム・クルーズ主演SFアクション映画です。同タイトルのゲームとは特に関係ないような・・・・ 序盤は地球に主人公と女性2人だけがいて地球のパトロールをしているという何とも退屈な展開です。どう展開していくんだ?と思いきや、驚くべく事実が発覚しシナリオは大きく動き出します。その辺りはなかなか予想できない展開で驚きですが、全体的にはまあ普通のSF映画って感じですかね。
ピノキオ 5 報道をテーマにした韓国ドラマです。平凡な家族の父は消防団隊長。ある日火事で現場へ行き、助かったひとりが「まだ中に人がいる!」と言ったので救助するため全員突入へ。しかし中にするはずの人は外にいて、証言した人間に言うも隊長には伝えないという自己保身を選びます。隊員は全員死亡、隊長は行方不明。マスコミは証言者の嘘を信じ、大々的に隊長は自分の成績を上げるため無理な突入をして部下を全員殺し、逃亡したと悪人報道をします。妻、息子2人もマスコミからの総攻撃、死んだ隊員の家族からの攻撃で精神的にやられ、妻は死を選びます。たまたまその日に家にいなかった兄は助かり(ここも大きなポイント)、主人公の弟だけ連れて自殺へと。しかし奇跡的に助かった弟。そして強烈に批判していた女放送記者の娘と出会います。娘はピノキオ症候群(本当にあるのか不明)で嘘を付くとしゃっくりが出るため嘘がバレる特性があります。弟は憎むべきマスコミなのに、あえてある理由からその世界に入っていこうとします。娘は母親に憧れ同じように放送記者を目指します。そして2人はお互い惹かれていきます。2人がほぼ合格?という現場で、例の事件が話題に出ます。この辺りは非常に見ごたえがありますよ。もう恋人かと思われる2人ですが、その場で娘が発言したことに怒りが爆発した主人公は猛攻撃を好きな相手に仕掛けます。その結果はどうなるのかはぜひ見て下さい。2人は順調にいくのですが、それは中盤で固まります。ドラマ的に中盤でハッピーになるとどうなるかは予想が付きますね。この辺りの恋心と愛というものも非常に見どころになってます。そして肝心の過去の事件。それにはとんでもない展開が待っています。はっきり言ってこれは見ていても想定できない展開で驚くことでしょう。報道をテーマにした珍しいドラマですが、非常に内容の濃いものになってます。泣いてください! お勧めですよ!
スリーデイズ 4 ラッセル・クロウ主演サスペンスアクション映画です。主人公は平凡な大学教授。しかしある日突然妻が殺人罪で逮捕されます。主人公は無実を証明するため必死に活動しますが刑は確定してしまいます。そして主人公は「妻を脱獄させる」という大胆な行動をする事に! 平凡な夫が妻のため法に歯向かう行動を決断する、愛からの信念と綿密な計画からの行動。なかなか見ごたえのある作品ですね。殺人事件の真相はいかに!
根の深い木 ‐世宗大王の誓い‐ 4 韓国歴史ドラマです。出だしは主人公が王を暗殺するシュミレーションを行い、そのすぐ後に、王と出くわし、緊迫の瞬間が!となかなかです。その後、普通の歴史ものとは違う感覚となります。何かやたら文字に重点がおかれ、人の命より大切みたいな感じで「何だこれ、ハズレ?」と思いました。が、その文字を見て「あっ」と驚きました。この文字、まさにハングル文字です! 最近ではいろんなところに日本もハングル文字表記がされてますね。見た時は明らかに覚えられないだろ、これ書ける国民いるのか?って思ったものです。ところがとんでもない! このドラマを見て初めてこの文字の真相が分かりました! ドラマがどこまで事実に忠実かは分かりませんが、文字が完成する過程ではシャレにならないほどの命が失われていきます。涙必至です。不満は敵に完全無敵と言われる圧巻の強さを持った敵が出てくるんですが、見た目はもうちょっと何とかならなかったのか?ってとこくらいですか。普通の歴史ものとは違いますが、なかなか楽しめるドラマですよ。
ネイビーシールズ 4 銃、ハイテク機器、戦闘機、潜水艦、戦術、現役のSEAL隊員すべてが本物。前代未聞の戦闘アクション映画が誕生! !  まさにFPSのような映像演出はゲーマー興奮ものです。コスタリカに潜入していたCIAの女性エージェントが拉致され、チームに出動命令がかかり、隊員たちは見事な手腕でエージェント奪還成功。しかぁし! となかなかテロとの戦いを迫力満点に描いた映画になってます。
ゼログラビティ 2 サンドラ・ブロック, ジョージ・クルーニー主演の宇宙サスペンス映画です。スペースシャトルの事故により無重力空間(ゼロ・グラビティ)に放り投げ出されたふたりの宇宙飛行士がいかに生還しようとするかの話です。宇宙の無重力描画はなかなかの映像迫力がありますね。途中で予想外の展開に! これはきっとラストでこうなる! おお! あ、あれ! 何だ!?っとまあある意味予想を裏切る展開に。全体を通して生還するためのストーリーがメインなのでやや単調な感があります。ほんとそれだけって感じです。サンドラ・ブロックもおばちゃんになってしまいましたね。
暗殺教室 4 チープな作りのタコ先生。出演者から単なるアイドル映画かもと嫌な予感。エロすぎる先生(これはポイント高しw)。タコ先生は1年後に地球を破壊する宇宙人で、なぜか落ちこぼれクラス中学の担任に。1年以内にタコ先生を殺せば地球は救われるという設定。いやいや地球破壊したいなら1年待たずにすぐ破壊しろよと突っ込みたくなる設定。何だこの設定は?と期待せずに見ました。いやはや、これ、アイドル映画では全くないです。なぜ1年間地球を破壊するのに猶予を与えるのか? なぜ先生なんかになるのか? そこには想像を超える理由がしっかりとあるのです。ただしこの1本だけでは全てを見抜くのは難しいですね。ポイントは先生がびっくりするほど怒りまくるシーンがありますが、なぜなのか考えると見えてきます。定期的にあるフラッシュバックの映像、なにげない会話、それらを忘れずに考えてみてください。映画の展開もなかなか見ごたえがあります。ラストは涙する事でしょう。かなりしっかり見てないと本当の映画の意味が分からない奥深い作品ですね。
白ゆき姫殺人事件 3 美人OL惨殺事件の犯人と思われる井上真央がネット・マスコミで「あいつが犯人だ」とまさに炎上。井上真央は果たして犯人なのか?無実なのか?ってなベストセラー小説の映画化です。大抵このパターンは別に犯人がいたというのが定番ですが果たしてこの映画は? それは見てのお楽しみという事で。その点に関しては予想外の展開になるのでミステリーに自信のある人ほど見てもらいたいですね。ネット炎上が案外メインになるのでネット社会を知らない世代によっては、いまいちその辺の流れが分からなくて評価も変わるでしょう。人の見方によって現実とは全く違った見方に見えてしまう、そんな事は日常でもありますが、そういう部分はうまく練り込まれてますね。
ジャックと天空の巨人 3 「ジャックと豆の木」をモチーフにしたファンタジーアドベンチャー映画です。まさに「ジャックと豆の木」です。しかし天空があんなバケモノだらけの世界とは恐ろしいですね。そのバケモノと人間の壮絶な戦いを描いた内容になってます。無難に楽しめる内容になってると思いますよ。
シュガー・ラッシュ 4 ゲームの中を舞台にしたディズニー映画です。ゲームの悪役キャラが主人公です。設定的に無理があるのでは?と思いつつ見るとやはり無理がある。うむむ、これでラストまでもつのか?と不安が。ところがある少女が出てきてから大きくシナリオが動き出します。この少女は周りからかなり嫌われています。その少女と主人公が出会う訳です。シナリオがとてもよくできていて、なぜこの少女はこんなに嫌われているのか映画慣れした人でも全く分からないと思います。そして驚愕の事実が発覚し、あっと驚くことでしょう! 悪役キャラのある行動にはただ涙するしかない感動も待ってます。ア○と雪のなんとかという映画が大ヒットしましたが、はっきり言って比較する自体次元が違う素晴らしい映画で、もっと有名になって欲しいですね。ゲーム好きならにやりとするコマンドも出てきたりと、かなり楽しめると思いますよ。私の中ではディズニー最高傑作ですね。やや邪魔なシーンがあるのがもったいない! ああいう無駄がなければ5点満点です!
ザ・ファイター 2 実話を元にしたボクシング映画です。メインは兄と弟の兄弟の絆ですね。家族の絆もややありって感じですか。やはり実話を元にしてるので奇想天外な展開はなく、ある意味淡々と進んでいきます。ボクシングで頂点を目指してる人にはいい内容かもしれません。映画の賞は結構とってますね。
パシフィック・リム 4 俗にいう怪獣映画です。しかも日本作ではありません。そういう点から、まあいまいちだろうなと見てみました。いやいや、これ、なかなかすごい本格的な内容になってますよ。交差する人間模様、地球壊滅を避けるための決死の決意、見ててハラハラドキドキの圧巻の戦いと、非常に映画としての質は高いですね。対抗するロボットは2人コンビで精神接続が必要なため、相性がよくないとうまく戦えません。このコンビの組み合わせも大きなポイントです。怪獣が桁外れに強いので、どうやってそれに対抗するのか、そういう部分も魅力ですね。
火の女神ジョンイ 3 朝鮮初の女性宮廷陶工の波瀾万丈サクセスストーリーと王子との純愛ラブストーリーを描く史劇です。陶器がメインの話という珍しいパターンです。内容的には、ド素人の主人公がいかにプロ級の職人と戦っていくかという点が見ものですね。悪くない出来ですが、無茶苦茶盛り上がるって程でもない無難な出来です。ラストは「うーむ、そうするか」と見てる側には残念なラストでした。
ホワイトハウス・ダウン 5 全然知らないタイトルなんで期待せずに見ました。何ですか! これ! 名作じゃないですかぁ! 何で有名じゃないのか不思議です。内容はホワイトハウスが占拠され、たまたま居合わせた主人公が何とかしようと戦いを挑むという内容です。非常に内容は素晴らしい出来になってますよ。ラストも簡単には終わりません。最初の小さな娘とのやりとりも、しっかり最後に繋がる辺りはなかなかの脚本力ですね。アクション映画として文句なしのトップクラスレベルです。
カオス 4 銀行を強盗グループが襲撃。リーダーのウェズリー・スナイプスは、ベテラン刑事ジェイスン・ステイサムを交渉人に指名。刑事は強行突破を試みるが乗り込んだ瞬間、ビルは爆破され犯人たちは混乱に紛れて逃亡。しかし金庫からは現金も宝石も何も盗まれていない!  果たして犯人たちの真の目的は?という出だしのサスペンスアクション映画です。なかなか楽しめる内容だと思いますよ。ラストへの展開も読めない感じでいいですね。ただカオス理論と結び付けてますが、正直無理がありすぎて意味なしです。カオス理論は無視して見た方がいいです。
ザ・ビーチ 2 「タイタニック」大ヒットの次にレオナルド・ディカプリオが主演したサスペンス映画です。バンコクを旅するディカプリオは安宿で奇妙な男から「伝説のビーチ」の話を耳にします。そしてあるのかどうか分からない伝説のビーチを目指し、そこで起こる人間模様と事件がメインとなる映画です。ぶっちゃけ特に面白みもなく、サスペンスとしてのどんでん返しも何もなく、いまいちぱっとしない映画でしたね。けっして「タイタニック」の次はもっとすごい映画だ!なんて思って見ないようにw
最強のふたり 2 スラム街出身無職の黒人青年と、事故で首から下が麻痺したパリの邸に住む大富豪が出会い、繰り広げられる実話のヒューマン映画です。笑いや下ネタありと楽しませてくれる部分もありますが、個人的にはやはり実話に多い、やや平凡にまとまりすぎてるかなって感じがしましたね。実話を元にしてると仕方ないですが。
朝鮮ガンマン 3 韓国時代ドラマとしては珍しく銃がメインのドラマです。過去そんなタイプのドラマは見たことないのでやや不安でしたが、出来は無難な出来だと思います。序盤はいまいちな恋愛物って流れですが、ある事件が起こってから一変した内容になります。ベースは愛する人のためって感じですね。最後の展開は正直「そうな風に終わるの?」って感じで見てる側としては納得は行かないと思いますが、全体としては無難なドラマって感じです。
ワイルド・スピード EURO MISSION 5 主演ポール・ウォーカーの遺作となってしまったシリーズ第6弾です。シリーズものながら衰える事のない素晴らしい内容になってます。ハイスピード大迫力アクション映画で、ある意味興奮しすぎて心臓に悪い映画です。アクションだけでなくストーリーもしっかり出来ていて文句なしのスケールがでかい文句なしのアクション映画と言っていいでしょう。興奮の連続ですので心臓にはご注意を。カーアクション映画好きなら必見の映画です。
TWO WEEKS 4 愛し合った2人の主人公である男イ・ジュンギが身勝手に女を捨て、腐りきった人生を送ります。その主人公の元に捨てた女性が会いに来てある話を持ち掛けます。そして主人公は病院で女の子と出会い、その女の子が投げかけた言葉に見てる側も一瞬ドキッとするでしょう。そして2週間という逃亡生活を描いていく内容となります。身勝手に捨てた本当の理由、何より女の子のかわいさが非常にドラマの魅力になってます。何の力もない主人公がとてつもない大きな権力と戦っていく無謀ぶりの展開は目を離せないなかなかの作りになってますね。ラストは「そうするのか」とやや視聴者としては無念が残りますが、なかなか質の高い内容に仕上がってますよ。
アロー 2 船の事故で死んだと思われていた主人公が5年ぶりに生還し、影のヒーローとして悪と戦うストーリーです。なかなか構成や人間関係、恋愛とうまく作られてると思います。ヒロインがグラマーなのもポイントですw ただ見ていて何となくぐっと惹かれるまでの魅力が感じられませんでした。いろんな面でよく考えられた作品なんですが、何かが足りないのかやや物足りなさを感じました。いいシーンはちょくちょくありますよ。
るろうに剣心 伝説の最期編 3 シリーズ最終作。結末が分からないですからシリーズ見てるなら見といた方がいいでしょう。内容的には過去作を上回るものではないですね。福山雅治の存在意味が全くない。単に有名俳優を出して話題にしたかっただけの時間が無駄です。その流れの奥義も使ったもののどういう技なのか見てて全く分かりません。前作で志々雄はどれだけ強いのだと思いましたが、強すぎてバケモノ級すぎです。シリーズ見てた人はとりあえず見ましょう。
太陽を抱く月 5 韓国ドラマ王道、身分の低い女の子と王子が恋に落ち、苦難を乗り越えパッヒーエンド。とてもよくあるパターンですね。この作品も基本は同じです。ところがそのハッピーというラストがあまりに早く訪れます。「ドラマの尺が合わん! まさかドラマ禁断の演出を使うのか?」。私の禁断の演出が何かは書きませんが、これ使うとドラマは終わってしまいます。しかし明らかにその方向に。この辺りの流れは涙なしで見れないでしょう。しかしこれ使ったら「終わり」です。「つなげようがない。もしや!」。まさしくもしやの展開、そして私の予想をも超える要素が追加され、そこまでも十分な内容のドラマでしたが、真骨頂はそこから展開されるドラマです! 素晴らしい! そしてラストは大抵まとめでトーンダウンというパターンが多いですが、ラスト1話前、そしてラストと怒涛の展開で涙と興奮の渦です。見る前は王子役男優知ってたのでやや不安だったんですが、この手の王道ドラマが好きな人は絶対必見です!
96時間 リベンジ 4 リュック・ベッソン、タイムリミットアクションの2作目です。今回は娘と妻の同時救出! 前作同様アクション映画としての出来は十分です。前作のインパクトが大きすぎましたね。しかし今作も前作に負けないくらいのアクション映画に仕上がってますよ。
るろうに剣心 京都大火編 4 るろうに剣心の2作目です。アクションはなかなか見ごたえのある出来になってますね。シナリオ展開も普通に楽しめると思います。もちろん前作見てるのが前提ですが。志々雄というライバルが出てきますが、途中その弟子と戦うことになります。これがまた相当の強さでトップの志々雄は一体どんな強さなんだ!と思うでしょう。ラストは最終作に続けるためある意味途中で終わるので見るなら3作全て見る必要がありますね。
図書館戦争 BOOK OF MEMORIES 4 図書館戦争続編です。前作は戦いがメインの物語でしたが、今回は大きく変わって「恋」がメインの映画と大きくテーマは変わっています。聴覚障害のある女子高生がある意味主人公のような感じですね。淡く苦い恋愛映画としては無難な出来と思います。映画としては前作よりこちらの方が楽しめました。
百年の花嫁 5 超明るい主人公の田舎に住むドゥリム。生きる姿がまず魅力です。とある理由から財閥の御曹司ガンジュと結婚を控えているイギョンと入れ替わる契約をします。まあよくある最初は相性悪く喧嘩ばかり、でも徐々に惹かれあう。で、ドゥリムが替え玉と分かり破局、でも最後は幸せに結ばれるってパターンと想像できますね。そのシナリオに関しては見てのお楽しみ。単純ではないとだけ書いておきます。裏でうごめく策略、最初に結婚した花嫁は初夜を迎える前に必ず死ぬという言い伝え、いろんな要素が絡み合ってます。まず幽霊が出てきます。この幽霊の正体がなかなか分かりません。しかし後半それが全て判明します! 案外その部分の話は長く、その生き様の愛の深さ、そして悲しすぎる事実。ここはシナリオの真相に直結する部分でなかなかよく出来てますよ。何にせよこの話のメインテーマは愛です。悲しすぎる愛が痛烈に伝わってくると思いますよ。因果応報とはまさにこれか! しかしドゥリムは二役してるのですが、素晴らしい演技力ですね。中だるみもなく一気に見てしまうと思います。コメディであり、ラブストーリでもあり、ミステリでもあるなかなかの出来ですね。
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション 4 豪華キャスト3作目。シリーズ物によくあるトーンダウンはありませんね。展開がなかなか考えられていて面白いです。アクションとしてのド派手さと痛快さは文句なしでしょう。アクション映画が好きならかなりお勧めです。まあスタローン、シュワルツェネッガー、ハリソン・フォード、みんな歳とったなぁ〜と思ってもけっして言葉にしてはいけませんw
シンイ 信義 5 主人公、男前すぎるだろw 女性はそれだけで見る価値あり! ストーリーは高麗時代の歴史ものですが時空を超えて女医がやってくるという非現実的なものです。序盤、女医が帰ろうとする場面で起こる出来事は衝撃の展開でびっくりするでしょう。武士道ここにみたり! 主人公はなぜか笑わない、生きる意思が薄い、というか死を望んでいる? そして王を嫌っている。主人公は昔、政治を裏で支える暗殺部隊にいました。ある時、王に宮殿に出迎えられます。褒美やら出るのかとワクワクする主人公。が、ドラマでこのパターンは先が分かりますね。まず王を見たらその行動に視聴者は怒りと憤りを感じることでしょう。しかしこの時代どのドラマもそうですが王の言う事に逆らえば反逆罪で即死罪です。ここで起こる出来事、涙なしでは見れません。そして先ほど書いた主人公の今どう生きてるのかが完全に明らかになります。最初は分からないですが、見ていくうちにこのドラマは愛が大きなテーマとなってます。途中、え? どういう事? という事実が分かります。しかしラストまでその詳細は分かりません。ラストを見ても大抵の人は全てを把握するのは難しいでしょう。今までのセリフ、風景、行動、それをしっかり見ていないとラストの表情の意味も分からないと思います。ストーリーは非常に魅力的な作りになってると思いますよ。どの音楽も素晴らしくドラマの魅力をよりいいものにしてくれてます。なかなかの傑作です。
図書館戦争 3 メディアを取り締まる法律ができて、読書の自由を守るため検閲に対抗すべく生まれた図書館の自衛組織「図書隊」の話です。ラブコメ、戦争アクションって感じですか。普通に見てて楽しめる内容にはなってます。ただ何で当たり前のように戦争してるのかがよく分かりません。死人出るのに政府は普通に公認してるのか?なんて突っ込みたくなりますが、映画としては普通に楽しめると思いますよ。
ペク・ドンス 4 イ・サン大王の護衛武官で朝鮮最高の武人ペク・ドンス、イ・サンの暗殺を狙う闇の刺客集団「黒紗燭籠」の対決を描いたアクション歴史ドラマです。主人公と暗殺者は子供の頃、元々苦楽を共にする仲間でした。主人公は全く相手に勝てない実力の差がある関係でした。大人になり、とうとうその相手が暗殺者としての真の姿を明らかにします。ここでの戦いは非常に悲しいものになります。涙必見です。そして主人公はある人物のおかげでどんどんと実力をつけます。この人物や、周りの人間関係もなかなかよくできてますね。アクションもなかなか、シナリオ展開もなかなか楽しめる内容になってると思いますよ。暗殺者になった者の心の動きが一番のポイントになってるドラマですね。
ホジュン 〜伝説の心医〜 4 荒くれ者が心医を目指して生きていく波乱万丈の人生を描いた韓国ドラマです。最初はただの荒くれ者の主人公が心医になるため生きていくさまは素晴らしいですね。こんな人間がたくさんいれば世の中は平和になるでしょう。それほど素晴らしい生き方を描いた見ごたえのあるドラマになってます。愛・憎しみ・妬み・信頼・信念、そして後半は政治も絡み、さまざまな人間模様が描かれてます。今の時代では考えられない決断に涙する事でしょう。
永遠の0 4 大ヒット感動ベストセラー小説の映画化です。主人公の岡田准一は凄腕の零戦パイロット。ただ評判は臆病者だの戦いから逃げてるだのぼろくその言われよう。戦時中であるのに「死にたくない」という発言。これは国のために死ぬのが当然だった戦争では国を裏切る行為です。その言葉の本当の真意は何なのか? そう言っていた岡田准一が確実に死ぬ特攻隊になったのはなぜなのか? シナリオの構成は本当にうまく作られてますね。大きなテーマは「愛」です。あの心のない東野幸治も泣いたと話題になった原作ですが、映画も確実に感動で涙なしでは見れません。単なる戦争映画ではなく愛を描いた映画です。
世界侵略:ロサンゼルス決戦 4 エイリアンが地球に侵略してきて戦うよくあるパターンの映画です。タイトル聞いたことなかったので、エイリアンキター、地球大ピンチに、中盤以降人類が形勢逆転勝利!ってなB級系と思って見ました。いやはや、そんな薄っぺらい映画ではありません。人間関係、恨みと信頼、生きざま、とてもシナリオがしっかりと描かれていて全く飽きさせない展開の映画です。この手の映画好きならぜひどうぞ。解剖シーンがちょっとグロいのが難点かw
アベンジャーズ 4 アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ハルクなどなどアメリカンヒーロー勢揃いのアクション映画です。大抵寄り集め物はいまいちだったりするんですが、これはなかなかシナリオもちゃんと作られていてアクョン映画としては十分に楽しめる内容だと思いますね。全てのヒーローを知っていたらよりハマると思いますよ。
おおかみこどもの雨と雪 2 主人公の女の子が恋した男はおおかみでした。そして子供が二人生まれて力強く生きていく人生を描いたアニメです。女性、特に母親が見たら感覚は違うのかもしれません。私の感想としては特にシナリオに大きな変化もなく淡々と流れていく生活の描画を見てるだけの映画で退屈でした。ただ評価は高いのであまり私の感想はあてにならないかも。
カノジョは嘘を愛しすぎてる 4 邦画はあまり見ないのは前書きました。これ見る前、内容的にアイドル出演、バンドがメインだから、まさにアイドルファン向けの映画でハズレだろうと思ってました。ただ評価はいいので見ました。恐れ入りました! これアイドル映画ではありません! 素晴らしいラブストーリーです! 恋ではなく痛烈に愛が描かれています。あの決断ができる人間が果たしているのか? 愛ゆえの決断。そして苦悩と悲しみ、交差する想い。この映画は確実に泣きます。一体最後どう展開させるのかと思ったんですが、そこには友情と信頼が大きく絡み、そうくるか!というラストを迎えます。ラブストーリーとしてはかなり完成度の高い映画ですよ。
チャン・オクチョン 4 キム・テヒ主演のラブ史劇ドラマです。キム・テヒを初めて見たのは「天国の階段」でした。美しい女優でしたが、あのドラマではチェ・ジウの敵役の悪女でもどかしい思いをしました。しかし今回はまさに純愛を貫く美しい素晴らしい女性を演じます。朝鮮時代の物語です。身分の違いから結ばれることはあり得ない二人が出会い、その愛を貫き通すのがメインのテーマです。王宮の話ですから、よくある憎しみ、裏切り、そしてさまざまな愛が交差するシナリオ構成はとてもよく出来ていて中だるみもなく一気に見てしまうくらいの展開ですね。最後はそうなのか!って思いますが、この手のドラマが好きな人はぜひ見てください。
デッドフォール 3 シルヴェスター・スタローンとカート・ラッセル主演の刑事アクションです。腕利きのタイプの違う刑事2人が大人と思えない意地を張り合うなかなかコミカルな演出が楽しめますね。アクション映画としても普通に楽しめると思います。シナリオの展開よりも見ていて単純に「楽しい」って感じさせてくれるアクション映画ですね。
しあわせのパン 2 東京から北海道に移り住み、パンカフェを始めた夫婦とお客達のヒューマン映画です。失恋女性、心を閉ざした少女、老夫婦と3つの物語がメインになります。最初の物語はハズレ。あとは普通かな。全体的にスローで起伏のある映画でなく淡々とした展開なのでちょっと映画としては物足りない感がしますね。
ラスト・ターゲット 1 ジョージ・クルーニーが暗殺者を演じるサスペンス映画です。トゥモローランド公開に合わせてジョージ・クルーニー主演の映画をテレビ放映ってとこでしょう。評価はそこそこなので見てみました。何だこりゃ! 久々の駄作に時間無駄にしましたw 見どころなし、シナリオに魅力ゼロ、驚く展開もなし、正直見る意味がない映画です。あくまで私の感想ですので。アマゾンでは全く同じ意見の人もいますし、褒めてる人もいます。個人的には別の映画見る方がいいと思いますが。
ALWAYS 三丁目の夕日'64 4 ALWAYS 三丁目の夕日の3作目です。いやはや邦画もなかなかのものですね。あまり私は邦画いいのなくて見ないんですが、これはとても質の高い映画に仕上がってます。小説家とその父の確執、しかしそこには想像できない真実が。そしてそれを知った小説家がとる行動。この一連の流れは確実に涙なしでは見れない感動の渦です。堀北真希とあやしげな医者の恋愛、これまた普通に見てたら「こういう事か」と誰もが思うでしょうが、確実に脚本は裏を突いてきて見事な展開を見せてくれます。かなり良質な邦画ですね。ただし前の2作品を見てないと感動は大きく薄れるのでご注意を。
トータル・リコール 4 シュワちゃん主演じゃない方のトータル・リコールです。シュワちゃん版より作られたのが新しいだけあって映像の美しさと迫力はさすがです。ストーリーは基本的には同じですが、いろいろと違う部分は多いので新鮮な感じで見れますね。奥さん役が異様に強いのはなかなか敵として見ごたえあります。SFものとしては満足できる出来だと思いますよ。
アナの雪の女王 3 世界が認めるディズニー作品! うーむ、中盤まではたいくつで別に面白いとは思えない出来。例の有名な歌のシーンはかなり圧巻でエルサの心がリアルに描かれると同時に歌が完全にマッチして見所のひとつです。恋愛話としては、この設定で最後どうする気?って思いましたが、なるほどそう来たか!と予想外の展開はなかなか。が、やはり映画としてシナリオ含み全体を評価すると満足できるかと言うと微妙。個人的には雪だるま君がとてもユニークでギャグ担当的な存在なので一番あのキャラが愛着持てて楽しめましたね。
限界集落株式会社 4 NHKドラマです。主演は反町隆史。舞台は農業、たった5話で終わり。こりゃ面白いドラマのはずはないなと思いつつ評価はそこそこなので見ました。いやはやNHKドラマってすごい。なかなか内容の濃いよく出来たドラマです。過疎化で消滅しかけの村をどう立て直すのか? 長い月日を離れていた父の娘の絆は? いろんなものがしっかり集約されていて内容の濃いドラマになってます。いいドラマが見たいという人はぜひとも見て欲しいですね。
ジャッジ! 4 妻夫木聡が超さえない仕事出来ない広告代理店社員という見た目から設定にギャップあるじゃんと思う広告業界の裏側を描くコメディヒューマン映画です。邦画でタイトルも初耳、広告業界という馴染みのない題材で期待はせず、評価はそこそこいいので見てみました。正直、これなかなかの秀作です! CMを決める審査会が本当にこんな不正まみれ慣行の世界なのかは知りませんが、そこにポツンとドまじめでまっすぐな妻夫木聡が加わることで大きな変化がどんどん起こります。ヒューマン映画としては非常に見ごたえのある内容になってますね。ところどころのコメディも笑えます。全く意味のないペン回しかと思ってたら実はとんでもない効果を持っているとは驚きです。ヒューマンドラマ好きならぜひともどうぞ。上司役は豊川悦司。こんな上司、さっさと会社はクビにしろよw
メカニック 4 ジェイソン・ステイサムが殺し屋を演じる映画です。超一流の殺し屋、しかしターゲットになる人間が自分の親友であり恩師という指示がでます。一体どうするのか? そこからの人間関係、そして展開、ラストへの流れ、なかなか楽しめますね。ラストの展開は正直納得できない部分もありますが。しかしレコードにあんな事実があるなんて!
バトルシップ 3 よくあるエイリアンとの戦いを描いた映画です。映像はなかなか圧巻ですね。エイリアンはセンサーで敵なら赤と判断するので敵意さえなければ攻撃はしてこないというのが面白い設定です。でも人間はなぜか敵意をむき出しにするので攻撃されますがw この手のものとしては派手さはありますがシナリオは特に重きをおいて作ってる感じはなかったです。特に途中の悲しみで感動を呼ぶシーンがあるのにあっさりすぎて「へ?」とびっくり。この手の映画が好きなら普通に楽しめる映画と思います。
劇場版名探偵コナン 異次元の狙撃手 4 かなりの腕前でないと不可能な狙撃殺人事件が発生して物語は進んでいきます。なかなかうまくシナリオが作られていて犯人を当てるのはまず無理でしょう。そしてテレビアニメを見てる人にとってはとんでもない衝撃の事実がこの映画で判明します! FBIの重要人物、赤井秀一。アニメでは仲間の潜入捜査がバレそうになり、それを騙すため、あえて仲間に頭を撃たれ死にます。しかし見てる側としては重要人物は死ぬはずないという概念があり、真相はどうなんだ? 頭を撃たれた状況で生きてるはずはないのか? とモヤモヤがずっと続いてますw その真相がこの映画で衝撃的に描かれてる点はポイントですね。正直予想もしない真実で驚くと思いますよ。そして赤井秀一は射撃の名手なんです。この映画の犯人も射撃の名手。気になる人はぜひどうぞ!
寄生獣 3 人間を食料とする新種の寄生生物と右手だけ寄生された主人公の戦いがメインの映画です。原作は知りません。内容的に当然グロいので苦手な人はそれだけて敬遠してしまうでしょう。話としてはなかなか薄っぺらくなくそこそこの内容ですが、映画としては普通って感じでしょうか。右手に寄生した寄生獣はミギーっていうんですけど右手だからミギーという名と分かって笑いましたw
相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ 2 私の好きなドラマ相棒の劇場版第3弾! んー、何だかなぁ〜 ドラマでもたまにハズレのシナリオ回あるんですが、それを映画にしたような感じです。謎解きにしても犯人にしても全然驚きや奇想天外の展開がある訳でもなく、それで?ってな感じで相棒ドラマの面白さを期待して見るとかなり裏切られますね。
チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像 4 バチスタとうとう完結です。司法解剖では死因が判別できない集団不審死事件が発生し、メインのストーリーがこれで進みます。同時に前作映画の人物が絡む動きの2つの物語といった感じです。犯人を当てるという点で見ればメインの事件は注意して見てれば犯人分かりやすい構成です。もうひとつの動きはある人物の想像もしない衝撃の過去が暴かれるちょっと驚く展開になってます。ただこちらの動きは前作見てないと人間関係が分からないのでご注意を。全体的に医療サスペンスとしては完結にふさわしい、いい出来に仕上がってると思いますね。
ダークナイト ライジング 4 ダークナイト3部作完結編です。なかなか飽きさせない流れで楽しめました。やたら強い敵のベイン、もう力の衰えたバットマン、力の差は歴然でどうなるんだ?ってな部分に関するシナリオ展開はいいですね。予想外の展開も待ってますし。バットガール?の存在価値が大きく、その部分のシナリオも楽しめました。ラストのあのシーンでは思わず涙が出てしまいましたよ。
そして父になる 2 福山雅治主演の6年間育てた息子は病院で取り違えられた他人の子だったという設定の映画です。評価は高いので見ました。うーむ、なぜ評価が高いのか私にはよく分かりませんでした。この設定の映画やドラマはそこそこあります。特にこの映画に魅力は感じませんでした。ストーリーに起承転結という起伏がある訳ではなく、淡々と進んでいって、まあそうなるわなって感じで終わっちゃったってのが感想です。感動作って事ですが泣けるとこはなかったです。
さらなら私 4 NHKドラマ10です。NHKドラマは私初かも? お堅いイメージあったんですがとんでもない。メインの話は2つの不倫です。ベッドシーンもあるのでちょっとNHKドラマのイメージが変わりました。民法と変わらないんですね。話は親友の2人の女性が心だけ入れ替わるという非現実的な事件から進んでいきます。女性の深い友情、裏切り、信頼、そういうものがメインになってます。出てくる人達の生き様がさまざまでドラマとしてうまく出来てますね。ある意味普通では考えられない思考・行動が主人公達にはあるんですが、奥深い女性の友情がそうさせるのか男には謎ですね。挿入歌は綺麗でいいですよ。泣けるシーンも多いです。
鉄の王 キム・スロ 3 朝鮮半島南部を中心に栄えた建国の祖、キム・スロの話です。権力闘争、信頼と憎しみ、出生の秘密、恋愛を描いた内容になります。歴史物としてはなかなか楽しめると思います。ただ入れる必要のない要素やらも見受けられますね。主人公の生き様はとても素晴らしいです。最大の難点は敵大将役者が大将という迫力がなく小物に見える役者な点です。こういうドラマは見てる側が「俺が(私が)そいつを殺してやる!」と思えるほどの怒りと憎しみが沸いてこそのめり込めるんですが、この役者にはそう思わせる大物さがなく、ここが別の大悪党役者ならかなりハマったと思います。ただ途中でこやつがする事は人間として越えてはいけない線を越える極悪ぶりで、おぞましい奴なのは間違いないです。ホ・ファンオク役がキレカワイくて魅力ですね。誰かに似てる気がするんですが調べても分かりませんでしたw もやもやするw
ニューヨークの恋人 4 メグ・ライアン主演恋愛ものです。1876年のニューヨーク貴族社会からタイムスリップしてきた男の登場でさまざまな人の心の動きの変化がなかなかうまく描かれてますね。全く時代の違う人間との思想の差がいろんな変化につながっていきます。ややコメディタッチで描かれた大人の恋愛映画って感じです。
海辺の家 4 余命宣告された主人公と、別れた妻と息子との絆を描いたヒューマン映画です。特に息子と父という関係がメインになります。最初に息子を見た時は「これ、どう考えても父親と絆がよみがえって素晴らしいエンディングは無理だろ」っていうほど息子は人生というものに腐っています。どのように二人の絆が描かれていくのかはぜひ見て実感して下さい。生きる意味って何だろう? 愛って何だろう? そんなものが見えてくると思います。普通の人なら確実に泣ける映画なので泣き系好きならお勧めします。
トリック劇場版 ラストステージ 2 トリックシリーズとうとう完結です。シナリオに関しては過去作から数段落ちるサスペンス内容でちょっとがっかり。どんでん返しも驚く人間関係も何もありません。犯人分かっても「ふーん」って感じです。キャラ個性が強いコメディタッチシリーズですが、今回はそれが強過ぎて見てて逆に邪魔に感じました。ただし今作はエンドロールから先が魅力と思います(そこだけです)。エンドロールではシリーズファンは感無量の事でしょう。そしてラストの展開、私はドラマシリーズ見てないので最初の方を知らないんですが、この演出ってもしや?と思い、見終わってから調べたらやはりそのもしやの演出でした。この演出にはシリーズファンにとってはグッとこみ上げてくるものがあるんじゃないでしょうか。シリーズ知らない人にはお勧めしませんが。
君の声が聞こえる 4 人の考えてる事が分かる能力を持った高校生男子が主人公です。そこから何となく心を読んで恋愛や家庭問題なんかを解決していく学園ドラマかと思ったんです。ところがその気持ちで見てたらいきなり衝撃の事件が目の前に映り仰天! 主人公はまだその時小さく、その事件の目撃者である女子学生2人が必死に隠れますが、犯人に「誰かにしゃべったらお前らとその周りの人間を必ず殺すぞ」みたいに脅されます。まだ女子学生の2人は果たして裁判で証言するのか? 怖くて黙っているのか? そして時代は大きく進み主人公は高校生に。あの時の女子学生をずっと探していてようやく見つけます。しかし思ってた人とは違い国選弁護士なんですが正義なんてどうでもよく理想とは全くかけ離れた人になってたんです。そこにもう一人国選弁護士のさえない男が存在します。しかしこちらは全く逆で被害者のために尽くす素晴らしい弁護士です。こうしてさまざまな人が絡み合う法廷サスペンスラブロマンスファンタジードラマとなります。シナリオはとてもよく出来ています。この人よく出るけど何か意味あるのか?と思いきや、当たり前ですが限られた時間のドラマで無駄はありません。非常に大きな意味と感動を呼ぶ人物が存在します。後半ある手紙が届きますが見てる側も「何の意味があるんだ??」とすごい不思議に思うでしょう。女弁護士も相変わらず「何これ、ポイ」って感じです。しかし主人公はそれを見て恐怖と衝撃が走ります。その真相が何なのかは徐々に明らかになりますが、なかなかよく出来たドラマだと思いますよ。女弁護士と母親が電話で会話するシーン、女弁護士は母親が何言ってるのかよくつかめない状況。そしてとてつもない結末となり、それでもその意味は分からない。しかしある場所でその言葉の意味がようやく分かり号泣します。見てる側も号泣必至です。母親の深過ぎる愛というものが強烈に描かれています。もうひと押しあれば満点あげたいですね。
パッセンジャーズ 2 飛行機事故で生き残った5人の乗客たちの心の傷を癒そうと事故の真相を追究し始めるセラピスト、アン・ハサウェイ主演の心理サスペンスです。終盤に驚愕の真実が明らかになるんですが、まあその部分だけがポイトって感じで、それ以外には特に淡々とたわいのない展開で特に引きこまれるようなものはない映画でした。
ストッパブル 4 大量の化学薬品を積んだ貨物列車が整備員のミスにより無人のまま走り出し凶器列車に変貌! ベテラン機関士デンゼル・ワシントンが新米車掌と決死の覚悟で暴走列車を阻止しようとする実話を元にしたパニックアクション映画です。シンプルな設定でありながら各人の会社の立場、上下関係、それによる歪、そして何より無謀過ぎる2人で暴走列車を阻止する行動にはハラハラドキドキ感は文句なしでいい出来になってます。2人の家族の絆もいい感じで描かれてると思いますよ。
名探偵コナン 戦慄の楽譜 3 ピアニストが主催する音楽アカデミーの出身者ばかりを狙う連続殺人事件です。劇場版コナンとしてはいたって普通の出来ですかね。ハズレでもなく当たりでもないって感じです。
カールじいさんの空飛ぶ家 3 最初は主人公子供でどんどん歳とっていって、これで空飛んでいったら時間足りるのか?って思いましたw 空飛んでいってシナリオはどんな展開だろうかと思いましたが、案外予想外の展開でその辺はなかなかうまく出来てますね。まあ全体的には普通の出来って感じです。空飛ぶ瞬間の映像美は無茶苦茶圧巻の美しさなので、あのシーンはぜひハイビジョンで見てもらいたいです。
YASHA 夜叉 3 吉田秋生原作の人気コミックをTVドラマ化です。遺伝子操作によって生まれた双子の兄弟の愛憎を描くサスペンスアクションで、伊藤英明が主人公の双子を1人2役とうまく描かれてます。ストーリー的には日本では珍しく遺伝子操作、バイオハザード、派手なアクションと新鮮さがあります。全体的には無難な展開って感じで標準の出来ですかね。
処刑人2 4 極悪人を処刑する処刑人の続編です。マフィアのボスを処刑し、ひっそり暮らしていた兄弟ですが、ある事件をきっかけに舞い戻ってくるという展開です。ストーリ的には前作同様の感覚なので、この手のアクションが好きなら十分楽しめるでしょう。今回、女性FBI、ひとり増える相棒がいい感じに味を出してますね。父親の存在も大きく、過去にあった出来事も分かる作りになってますよ。法で裁けない極悪人を殺すことが善なのか悪なのか答えはないんでしょうね。
コンフィデンス 3 天才詐欺師の話です。主人公が頭に銃を突きつけられてるシーンで始まり、過去の回想がメインという流れです。映画慣れした人ならこの演出でだいたいラストの展開は見えるでしょう。しかし終盤はまさに予想外のどんでん返しが待ってます。このあたりはうまくシナリオできてますね。ただ終盤は立て続けにいろんな事が起こって、何がどうなってるのか誰がどうなった?ってな感じでちっょと混乱しがちなのが残念。2回見たら把握できるかも。
ジャイアント 5 韓国サクセスストーリドラマです。最高視聴率40.1%を記録したのは納得いきます。ストーリの基本は復讐と愛の2本だてって感じですね。ある家族がある男の私欲のため不幸のどん底に落とされ、長男、次男が復讐のために生きていくのがベースです。不幸の始まりの事件はまだ長男も学生時代の時です。この事件で家族は全てバラバラになります。大人になって再会していくわけですが当然月日が経ちすぎて家族とは気づきません。この当たりの演出も絶妙です。次男はある女性と恋に落ち幸せを掴むところまでいきますが、視聴者には分かってるんですが、恋に落ちてはいけない事情があり、それが分かった時に二人はどう行動するのか? その後はどうするのか? この部分も素晴らしく愛が描かれた内容になってます。悪の根源である人物はドラマ見てる人間がドラマに入って「この手で殺してやる!」と誰もが思えるほど人間としてしてはいけない事、もちろん人殺しも含みますが、さまざまな外道とも言える行動をします。権力もあり、果たして力も何もない次男がどう対峙するのかも見どころです。長男は復讐のためいわば敵の懐に飛び込む方法を選びます。当然正体がバレれば殺されるのは当然で、このあたりの駆け引きも素晴らしいですね。舞台のメインは建設業界という馴染みがないものでやや心配しましたが、全くそんな事もなく、建設業界での戦いの駆け引きも素晴らしいです。久々の大当たりのドラマだと思いますよ。ラストのラストには忘れていたサプライズまで用意されてます。超お勧めです。
リトル・ランナー 2 14歳の主人公の母親が昏睡状態になり「奇跡でも起きない限り目覚めない」と医者から言われます。そしてなぜか主人公の選んだ奇跡はボストンマラソンで優勝するという、あまりにも無謀なものというシナリオです。内容的には宗教要素が結構強いですね。感動作に入るんでしょうけど私は特に泣きも感動もしませんでした。昏睡、奇跡、マラソンって確実に繋がりませんし思考が支離滅裂ですw 前半は14歳という年頃の結構な下ネタ満載なので付き合い始めたカップルなんかで見ると空気が凍るのでご注意をw
エクスペンダブルズ2 4 相変わらずの豪華キャストぶり。今回はシュワルツェネッガーがちょい役じゃないのが前作と違うところです。途中である俳優がスペシャルゲスト参戦しますが世代のせいか特にびっくりせずでしたが。今回シナリオ的にも単純なアクションではなく復讐というテーマでなかなか楽しめる内容になってますね。前作楽しめた人は文句なしで楽しめるでしょう。
ワンダフルライフ 4 反町隆史、長谷川京子主演の野球ドラマです。反町隆史はすごいプロ野球バッターなんですが性格に激難あり。そのため弱小少年野球監督へと。単なる少年野球ドラマで、よくある弱小チームが強くなるなんてパータンだろうなと安易な気持ちで見たら、いやはやどうしてヒューマンドラマとしてとてもよく出来てます。特に反町の人間として成長していく姿には誰もが人生というものを見直すきっかけになるほどの魅力があるドラマですよ。途中、そんなシリアスな展開が!っと予想しない展開があり、涙する事は間違いないでしょう。
RED/レッド 4 ブルース・ウィリス主演、アクション映画です。アクション映画としてはなかなか痛快で楽しめます。シナリオどうのこうのじゃなくて純粋なアクション映画って感じですね。主人公達はもう結構な歳ですが、なかなかがんばってますよ。
アジョシ 4 韓国バイオレンスアクション映画です。主人公は質屋で働く陰のある男。しかしなぜかやたら強いというセガールパターンです。近所の女の子にすごく親切でその家族が犯罪に巻き込まれ、その子を助けるために命をかけて戦うというシナリオです。なぜ近所の子にそこまでするのか? ラスト手前の主人公がしようとする行動はなぜなのか? そしてラストのたいした行動でもないのに見てる私が泣いてるのはなぜなのか? 多分見た人は同じように思うでしょう。これにはちゃんと理由があります。実は私、もう一度途中を見直して分かりました。主人公と妻が会話する回想シーンがあります。ぜひここでの会話の内容を覚えておいて下さい。全てがこの短い会話に凝縮されてますので。アクションはなかなかのものです。ラストの十数人と戦うシーンは圧巻です! 普通ならそれだけの敵が銃持ってる訳で倒せるはずないんですが、そこは映画ですw しかしこのシーンのアクションはスピート感、迫力と素晴らしい出来だと思いますね。シナリオ的に臓器売買が大きく絡むのでエグいシーンも出てきます。ラストの戦い開始時にもそのシーンが。映画館ではそのシーンで出て行ったおばちゃんもいるとか。その点問題なければかなり楽しめ、感動できる作品だと思いますよ。
アラン使道伝 3 韓国時代ドラマです。非現実的なドラマで男主人公は幽霊が見えて話が出来るという話です。ドラマ慣れした人ならこの設定で主人公が何者なのかといろいろ考えるでしょう。特技でそんな事は無理ですから何かあるはずですね。もうひとりの主人公は記憶をなくした女幽霊です。男の主人公は母親を探してます。序盤は正直たいして面白いとは思いませんでした。ただ母親が出てくるところから一気に話は展開を広げていきます。が、ここから中だるみでなかなか話が進まないのが一番痛いかな。ラストへの展開はどうなるのか見えなく、なかなかいい感じなので中だるみがもったいないドラマでしたね。
謎解きはディナーのあとで 4 櫻井翔, 北川景子主演、大ヒットミステリーの映画版です。ミステリーシナリオ構成はとてもよく出来ていて犯人はなっかなか当てられないでしょう。伝説の怪盗も話に出てきて、単なる架空の伝説なのか本当なのか?ここも大きなポイントです。ある愛の絆が事件の発端で、真相が分かった瞬間には感動が待ってます。最後の最後の謎解きも読めなかったですね。ミステリー好きにはお勧めの1本です。もったいないのは泥棒2人組があまりにコメディ役として演出したかったのか、非常に浮いてしまっていて現実感に欠けているのが映画バランスを崩してます。これがもったいない!
あなたへ 2 高倉健主演の感動作で評価も高いので見ました。うーむ、高倉健ファン向け? 特に世代が違う私には全く感動することなく特に映画としての魅力を感じないまま終わってしまいました。出演者はなかなか豪華ですが、どの出会いも内容が薄く、とりあえず有名人集めました的な印象しかありません。もっと1つに絞った方がいい作品になったと思います。長旅なので日本の美しい風景はいいですね。しかし妻の想いは何だったのかいまいち分かりづらいシナリオでした。
華麗なる遺産 〜燦爛人生〜 4 韓国大ヒットドラマ「華麗なる遺産」のリメイクです。何といってもこのドラマの魅力は主人公のチンテンです。ママ母のおかげで非常に苦しい境遇に追い込まれながらも前向きな性格と絶対にこんなやさしさ持った人っていないだろうっていう「やさしさ」、それが心に響くドラマです。ママ母の考えられないようなさまざまな罠。見てる人は怒りすら覚える憎たらしい性格ですね。それと主人公のやさしさのやとりとりがとてもうまくマッチしてます。不遇な主人公がある大金持ちのおばあちゃんと出会うことで一気にいろんな事が変化していき、なかなか先が気になる展開はいい感じですよ。
チェンジリング 4 アンジェリーナ・ジョリー主演、クリント・イーストウッド監督、実話ミステリー映画です。行方不明になった息子が帰ってきたら別人だった。そんなバカなという事が発生します。1920年代の腐敗した警察組織の実態が分かればその経緯がよく分かるようになってます。その中で必死に戦う母親の姿と愛がこの映画一番の見所だと思います。ラストの言葉にも母の愛の強さに胸に響くものがあります。女性にはぜひとも見てもらいたい映画ですね。しかしあんな警察が腐ってた時代があったなんて恐ろしいです。
ウォンテッド 4 アンジェリーナ・ジョリー主演暗殺軍団アクションです。さえない平凡なサラリーマンが暗殺軍団に巻き込まれていくアクション映画です。銃撃シーンやカーアクションでのかなりの迫力が見所ですね。シナリオもシンプルなものかと思いきや後半で予想もしない展開がありいいですね。吹き替え版の場合、DAIGOが台無しにしてくれてるのはいただけないですがw
少年H 2 水谷豊、伊藤蘭、主演の戦争映画です。戦争ものを見るたび、戦争と言う命を奪うだけの無意味な事をなぜ人間はするのだろう?と思ってしまいます。この映画は戦争によって被害を受ける町が舞台で戦争現場が舞台ではありません。いろんな立場から戦争時の悲惨さは描かれてると思います。やや淡々と進んでいく感じで、映画としての盛り上がりとかはないタイプです。
シティーホール 3 はちゃめちゃなお茶汲み公務員が繰り広げるコメディ韓国ドラマです。行政がメインの話なので公務員以外には分かりづらい部分はありますが特に問題ないと思います。はちゃめちゃぶりが売りの主人公ですが中盤は普通の流れになってしまってややトーンダウンしたのが残念。ずっとあの無茶苦茶なはちゃめちゃぶりで笑わせて欲しかったですね。終盤はまたはちゃめちゃぶりに戻り、特に最後の作戦は全く予想が出来ないすごい攻撃方法で「あっと驚く」のは間違いないです。中盤のややだるさが惜しいですが楽しい、特に女性には元気を与えてくれるドラマだと思います。
レミーのおいしいレストラン 3 ディズニー映画です。料理という題材をメインとした恋や生き方がテーマでしょうか。良くも悪くもなく無難な出来って感じです。子供向けと言うよりどちらかと言えば社会人なりたて以上が楽しめる内容でしょうか。しかしネズミに何でこんな料理の天才的才能があるのかは突っ込んではいけませんw 人間よりすごいってどういう事よw
ワイルド・スピード MEGA MAX 5 ハイスピードバトルカーアクションシリーズ第5弾です。シリーズものにありがちなトーンダウンが全くなく、逆にグレードアップって感じの圧巻のカーアクション映画に仕上がってます。人間関係の部分や兄弟愛などもあり、見ごたえバツグンで文句なしの出来ですね。ただ吹き替え版の場合、女性警官がしゃべった瞬間見てる人はずっこけると思いますw 誰がこんな棒読み許可したんだ!と呆然とするでしょう。犯人は武井咲ですがw そこだけ気をつけましょう。主人公のポール・ウォーカーが交通事故で亡くなったのは悔やまれますね。
アイ・スパイ 2 米国の最新型ステルス戦闘機を奪還するためエージェントとボクシングチャンピオンが組んで繰り広げるスパイアクションです。ボクシングチャンピオンが何で?なんて突っ込んではいけません。よくも悪くもエディ・マーフィのコメディなので、そのノリに乗れるかどうかでしょう。個人的にはやや微妙感が。シナリオ的には特にすごいところはありません。最後の誰がどうなんだ?ってところは結構ややこしくて分かりづらいです。
真夏の方程式 3 「容疑者Xの献身」と比べるとやや物足りない部分はありますがミステリーものとしては標準はクリアーしてるでしょう。最初に出てくる女性刺殺事件、そして時代は大きく先になり、ある旅館がメインとなって女性刺殺事件との関連は何なのか最初はさっぱり分かりませんが、徐々に真相が見えてくるあたりはなかなかのシナリオです。ただ子供との訳の分からないロケット飛ばしのシーンがやたら長かったりと無駄な演出もあり、違う部分に時間をさいて欲しかった点が見受けられましたね。真相はあれでよかったのかという疑問も残ります。大きなテーマはさまざまな親子愛です。
ボクヒ姉さん 4 韓国版「おしん」と言われるドラマです。主人公ボクヒは継母と異母弟3人で暮らしていました。しかしある日、継母が全財産を持って男と逃げ、幼いボクヒとボンナムは2人で生活してくという地獄に叩き落とされます。そして実の母との出会い、弟との別れ、さまざまな人間模様が描かれていくドラマです。ボクヒはかわいい訳でもなく美人でもないキャラです。しかしその前向きすぎる生き方には見てる者を虜にする魅力があります。ボクヒの生き様がこのドラマの最高の見所だと思いますね。長いドラマですが展開は飽きさせないよく出来た内容に仕上がってると思いますよ。
黄金の新婦 4 病気の息子のため結婚させようと母親がベトナムへ行き花嫁を探し結婚させるという出だしです。はっきり言って最初の数話見ただけだと別に魅力があるドラマでもなく挫折すると思います。私も普通なら挫折してたでしょう。ただ息子の病気が私と同じパニック障害だったので我慢して見続けてみました。挫折した人は人生大損をする事と思います。あるタイミングから、さまざまな人間関係と恋と愛と憎悪、人種への偏見、いろんな要素が入り乱れ、目が離せない展開になります。特に元彼女の性格の悪すぎる点が全ての人生に襲い掛かる災いの元になり、見てる側も怒りと憎しみすら覚えるでしょう。ヒューマンドラマとしてはとてもよく出来たドラマだと思いますね。特にラストでのある人物の変わりようを見た時は涙する事でしょう。人間はここまで変わることが出来るんだ!と思わせてくれます。ややベトナム娘の演技が浮いてる感がありますがw
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 2 ナルニア国物語の最終章です(多分)。ぶっちゃけとりあえず続編作りました感が強い内容です。今回は4兄弟のうち2人だけの冒険になります。冒険映画としても淡々と進むだけでシナリオの深さや人との絆とかは第1章に比べたら大きく落ちてしまいますね。よくあるシリーズごとにトーンダウンする典型って感じです。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション 3 X-MENの起源が分かる原点を描いた映画です。なるほどそういう事だったのか、人間関係も最初はそんな感じだったのか、と原点に関していろんな事が分かる映画でX-MENファンには必見でしょう。ただ映画としてみたら特に特徴や驚きがある訳ではなくファン向けって感じの内容ですね。
パーフェクト・リポート 4 テレビ局報道記者の落ちこぼれが集められた部署の話です。主演は松雪泰子。報道記者を題材にしたドラマは珍しいと思います。ただ内容は素晴らしくよく出来たヒューマン的なドラマです。過去の葛藤と後悔、仕事に対する思いと熱意、大切なものが何なのか? そんなテーマが凝縮されてますね。多分このドラマ知らない人もいるくらい出来がいいのに有名ではないドラマです。不遇にも裏番組が「行列のできる法律相談所」という人気バラエティだったためです。しかしヒューマンドラマとしての出来はなかなかのものですよ。
ドリームハイ 4 アイドルを目指す若者たちの夢、希望、挫折、裏切り、恋愛、親子愛を描いたサクセスストーリーです。大人気K-POPスターが出演してるのでアイドルものかと思いきや、なかなか奥深い心情を描いたシナリオで楽しめましたね。ペ・ヨンジュンが特別出演してて、なかなかの味を出してます。個人的にはラストの恋愛展開は「え?」と思いましたが。後、ドラマ最初のシーンがラストを描いてると思われますが、そこと最後繋がる演出がなかったのはちょっと残念です。
ストロベリーナイト 4 刑事物としてはなかなかよく出来た映画です。真相が見えそうでなかなか見えない部分は絶妙です。警察内の組織抗争もなかなかリアルに描かれてます。刑事物が好きなら問題ないでしょう。ただ個人的には竹内結子のとるあの行動は、人間として、女として常識では考えられないもので脚本に疑問を大きく感じました。あとラストは、え? 何してんの?ってやや動機不明な部分がw ドラマ見てない人には人間関係が分かりにくいかも。
ドラゴンボールZ 神と神 3 シャレにならない強さの破壊神ビルスとの戦いを描いた話です。オールキャストなので私は知らないキャラもいましたね。ドラゴンボールずっと見てる人には登場人物に喜べると思います。ギャクもありまさにドラゴンボールです。まあいつものパターンで、強くなったらその上の強さが存在してまた強くなるっていう永遠に続けようと思ったら続くマンネリの流れなので特に新鮮さはありませんね。
アメイジング・スパイダーマン 3 基本はスパイダーマンの出演者を入れ替えて少しシナリオさわったリメイクですね。前はあまりかわいくなかったヒロインが綺麗になったのはいいですがちょっとケバ過ぎるでしょw 主人公も見た目が弱々しいキャラがヒーローにってギャップがよかったのに、今回はちょっとかっこいい系でその点もマイナスですね。基本はリメイクなので新鮮さはないです。いろいろ変えてる部分はありますけどね。
ホット・ロック 2 ロバート・レッドフォード主演の泥棒映画です。評価高くて見ましたが私にはあまり向いてなかったようです。特にアクションがすごいとかシナリオがすごいとかなく、淡々とした感じでしたね。最後のセキュリティの厳しい(と言っても古い映画なので今のようなセキュリティはではなく本人確認とかそんなレベル)銀行からあるものを盗み出す展開で、あっと驚く方法でもあるのかと思いきや「何だそれw」っていう笑ってしまう方法でしたw あれ出来るなら世界中の人が全員億万長者になれますよw ラストも敵側?が驚くシーンは描かれていなかったのも物足りなかったです。
劇場版 名探偵コナン 絶海の探偵 4 イージス艦を舞台とした内容で、内容的にはスパイもので子供向けと言うより完全な本格大人向けという感じで今まで見たコナン映画版とやや異色感があります。内容的には文句なしのシナリオでクオリティは高いですね。さすが「相棒シリーズ」の脚本家が担当してるだけはあります。ただ最後の犯人は意外性を付加したいための無理矢理感があって、その手前で完結の方がしっくりきたような気がしました。後はいくら映画でもあり得ない演出はダメでしょw コナンがある指示をしてそれを使ったいつものサッカーボール攻撃をするんですが、1000万回やったって絶対に成功するはずがないあの攻撃は演出として無茶すぎだw
初夜と蓮根 2 ある意味平凡な4人家族。が、夕食の時に長女が仰天の質問を! 「父さんと母さんって、セックスしたことあるの?」。大きな秘密を持った夫婦とその周りの人間を描いたコミカルタッチのヒューマン映画です。ただ特に魅力があるシナリオでもなく、秘密自体が「そんな事あり得るの?」って感じがぬぐえません。タイトルの蓮根も意味不明でした。吉本興業の連中は大根役者ですし。
サトラレ 4 オダギリジョー、鶴田真由主演のヒューマンドラマです。設定が飛んでますw 心で思ってることが周りの人に分かってしまうという特異体質がサトラレです。そんなバカな設定がっていうのが当たり前のような世界のドラマです。サトラレであるがゆえにかなり不遇な環境を生まれた時から背負って生きることになります。サトラレの中には自分がサトラレと分かってしまい自殺する人もいます。心で思ってる破廉恥な事まで全部みんなにバレるんですから生きることが嫌になるでしょう。ドラマはヒューマンドラマとしてとてもよく出来た作品だと思います。何度も涙を流す事になるでしょう。母の愛、サトラレ自身の葛藤、恋、絶望、いろんな要素が含まれていてとてもいいドラマになってると思いますよ。
プラチナデータ 3 私も実現して欲しいんですがDNAを生まれた時に記録するという法案です。これすればほぼ確実に性犯罪はすぐ犯人が特定できると思います。まさにそれを実現する映画です。ところがある事件の犯人がなぜか主人公という結果に! DNAは嘘をつかない。一体真相は?ってな映画です。原作は東野圭吾、主演は二宮和也と豊川悦司。予想外にいろんな要素が絡んでくる映画になってると思います。ただどうも二宮和也がこの役にマッチしてないような感じがするんですよね。
塔の上のラプンツェル 3 CGは凄いですね。シナリオ的にはまあ普通・無難な内容って感じですかね。奇跡的な能力を持ったお姫様が悪人にずっと幽閉されていて、その子が世界に飛び出す内容です。3Dで見ると圧巻のシーンがあるようで3Dに最適な作品のようです。
医龍4 〜Team Medical Dragon〜 5 帰って来ました! 医龍! 初代は最高傑作でしたがシリーズごとによくあるややトーンダウン。久々の登場でどうかと思いましたが初代にはおよばないものの素晴らしい出来になってますね。岸部一徳の変人ぶりと髪の長い寒いギャグ担当医者が邪魔なのがマイナスですが、それ以外は文句なしでしょう。特に最終話は超難易度の高いオペで圧巻のスピード感と襲ってくる予想外のハプニングと、手に汗握るすごいものでした。最終話でキーになる人物はドラマ慣れしてれば「あの人物だろ」と予想できますが、分かってても現れた瞬間は「来たか!」と興奮ものです! スタッフロールが始まって終わりと思ってはいけません。まずこの時の映像はそれぞれの過去を思い出させてくれるなかなかの演出ですね。そしてよく見てれば気づくと思いますが「あれ? この名前??」とドラマに出ていない名前が表示されます。スタッフロール終わってからその真相が分かるんですが、ほんとにくい演出ですよ!
神様のカルテ 2 話題のベストセラー感動小説を櫻井翔と宮崎あおい主演で映画化したものです。医者としての生き方、妻の存在、上司と同僚との関係、同居している人たちとの関係といろいろポイントはある映画です。内容は悪くないテーマですが個人的にはスローな流れと、櫻井翔の喋りがどうもしっくりこなく、シナリオ的にはどちらかとリアル志向なので大きな展開がある訳ではなく純なヒューマンドラマって感じがしました。
ダブル・ミッション 3 ジャッキー・チェン主演のスパイ・アクション映画です。表と裏の顔を持つジャッキー・チェンが奮闘する内容です。スパイものというより子供たちとの奮闘の方が主かも知れませんね。そういう部分はヒューマン的な映画でもあり、スパイもののアクションとの融合って感じでしょうか。やはり歳かアクションにはさすがに昔の凄さはないですが。
階伯 ケベク 5 歴史時代劇韓国ドラマです。イ・サンの主人公、名家の主人公と出演者は豪勢ですね。ケベクの少年期と大人の時期と話は分かれます。少年期の最後では号泣必至の圧巻的な展開が待ってます。ドラマ慣れした人でもこの展開は全く想像できない悲しすぎるものでしょう。多分見ていて一体何が起こったのかさえ分からないほどの予想外の展開が待ってます。そしてフラッシュバックでその真相が明らかになればもう涙は止まらないほどの悲しみが襲ってきます。なかなかここまで号泣するシーンはないんじゃないでしょうか? 王、王の妃、守る側近、この人間関係がとてもよく描かれてますね。愛と憎悪、信頼と裏切り、その代償、身分を超え4人で誓った兄弟の絆、そのひずみ、歴史時代劇で描かれるものが凝縮されてます。大きなポイントになる人物はケベクが少年時代に恋をするウンゴでしょう。いろいろな出来事でウンゴが変化していくことで国の動きが大きく変わっていきます。ある意味このウンゴの変わり身が見てる側としてはもどかしくて「何でだ!」と叫びたくなる部分です。そしてラストの敵5万の軍とケベク率いるたった5千の軍による最終決戦。これも涙なしでは見ることができないものです。ラストに関しては正直ドラマとしては納得できないものですが、なかなかの名作ドラマだと思いますよ。案外アクションシーンが多いので女性は好み分かれるかも。
アンフェア the answer 4 ドラマ、前作は見てません。前作はあまり評判よくなかったので見なかったです。おかげで人間関係等、シナリオの分からない部分は出てきますが、映画としては楽しめました。殺人事件の容疑者が次に殺されるという前代未聞の予告連続殺人、そして主人公篠原涼子へ容疑が。前作の続きになると思われる警察内部の表に出てはいけないデータが入ったUSBメモリの争奪戦。警察の誰が悪なのか? なかなか楽しめる構成ですね。最後の展開はやや強引か?と思いますがw これで完結ですがあれで完結はちょっと消化不良なシナリオなのが無念。
ツナグ 4 死んだ人に一度だけ会わせる能力を持った主人公の話です。あり得ない設定ですがそれが違和感なく描かれてますね。メインの話としては3つの話です。個人的には女子高校生の話が一番強烈に涙を誘いました。性格が大きく違う2人の女子高校生の友情・嫉妬・恋、これらが凝縮されて描かれており、最後に伝言を聞いた時の真実が分かった時には涙なしでは見れません。この話はぜひとも見てもらいたいです。残りの2つはまあ平凡です。ラストに主人公のシナリオが描かれ両親の予想外の真実が明らかになります。何と言っても女子高校生の話だけは飛びぬけた出来ですね。自分だったらどうしたか考えて見てもらいたいです。
ロマンスタウン 3 家政婦が宝くじで大当たりする事で繰り広げられるロマンスコメディ韓国ドラマです。笑いも涙もありといい点もありますが、ややシナリオ的な楽しみは薄い感じですね。お金の怖さはほんと恐ろしいw 何と言ってもポイント高いのは主人公のソン・ユリが無茶苦茶かわいい点につきるでしょう!
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 4 シリーズ物ですがトーンダウンせず十分スパイものとして楽しめる内容です。大きな見所は前作の恋人に起こった事件が見えそうで見えない微妙な演出、そしてそれがシナリオにも絡んでくるあたりがいい感じです。真相は! あ、見てのお楽しみって事で。メインシナリオの方はまあ普通って感じです。緊急事態でゴースト・プロトコルという恐ろしいものが発動するあたりはなかなか緊迫しますが全体的には普通かなって感じです。難点はトム・クルーズがやはり歳相応のアクションになってるところですか。
名探偵コナン 14番目の標的 5 劇場版初期の作品ですが完成度は高いです。ただしコナンの人間関係を知らないと高評価とはならないのでご注意を。最大の魅力は毛利小五郎と別居してる妃英理の過去にあった関係者も口を閉ざす事件でしょう。詳しく書けませんがなぜ毛利小五郎があんな行動をしたのか? そのため不仲になったと思う蘭に新一が言う「事実でもそれがイコール真実とは限らねんじゃねーか?」という真相が読めないのが大きな魅力です。そしてラストで真実が判明する訳ですが、この辺のカメラワーク含めた演出は絶品ですね! しかし子供があんな事して注意だけで許されるのか?w メインのシナリオもそこそこよく出来てますが、やはり毛利小五郎シナリオが最高でしょう! メインシナリオで残念なのは多分大抵の人がちょうど真ん中あたりで犯人が分かってしまう点ですね。コナンシリーズにしては珍しいでしょう。個人的には毛利小五郎シナリオがメインと思ってるのでいいですがw
鍵泥棒のメソッド 2 堺雅人, 香川照之, 広末涼子主演の評価の高い映画だったので見ました。うーむ、何が面白いのか私にはよく分かりませんでした。まさか半沢直樹の出演者が出てるから話題になったとか? 内容は人生が入れ替わった二人の男と婚活中の女性が巻き起こすドタバタドラマです。かわいい広末涼子がもてない役してるのは違和感ありますねー シナリオも特に驚くような展開がある訳ではないので正直退屈でしたよ。最後は「そりゃそういう展開になるよな」って予想通りの結末でしたし。
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 4 とりあえず地獄の傀儡師が邪魔。犯罪を犯さず他人を使って犯罪を犯す犯罪芸術家みたいな奴ですが、これが映画として邪魔でしかないです。これなければ満点の映画ですよ。誰がどう考えても完璧に全員にアリバイが成立する中での連続殺人。ミステリー物の犯人なら大抵途中で当てられる自信がある私ですが全く犯人が分かりませんし、完全すぎるアリバイが成立しているので内部の人間ではない? しかしそれではつまらない。どうなってるんだ!とトリックが判明するまで全く犯人は当てられず。この辺の作りはすごいですよ。ひとつ違和感のあるヒントがあったんですがスルーした自分が悔しい! 犯人が判明した後も素晴らしい! 何と言っても見所は動機です。見てれば途中で犯人分からなくても動機はほぼ分かるんですが、その演出と悲しすぎる内容に涙してしまいました。お勧めです。最後も地獄の傀儡師が邪魔でしたがw
DOCTORS 最強の名医 5 スゴ腕外科医の沢村一樹が主人公のドラマです。大病院をよくしようと働きかける主人公と、いわば金のために働く周りの医者たちとのやりとりがとてもうまく表現されていて、見てて飽きさせない展開はなかなか素晴らしいです。はっきり言ってこんな素晴らしい医者しかいなかったら世界の医療界大きく変化してるでしょうw こんな素晴らしい医者は多分いないかもw 比嘉愛未もいい味出してますね。医療ドラマにはよく出ている美人女優ですがほんとマッチしてます。
7つの贈り物 2 ウィル・スミス主演の感動ヒューマンドラマです。ただそんなに感動しなかったですが。冒頭の電話のシーンでだいたいシナリオ展開は分かると思います。行おうとしていることは通常では出来ないようなすごい事なんですが命の尊さという観点から見ると、どうしても疑問点が残ってしまいます。この映画で泣いた人は多いようですが、私はやはり行動自体に疑問を持ってしまって泣けませんでした。
相棒シリーズ X DAY 4 相棒シリーズのスピンオフ映画です。スピンオフながら水谷豊もちょっと出てきますが。スピンオフなんであまり期待はしてませんでしたが、結構本格的な作りでシナリオ構成はドラマと同じくとてもよく出来たもので楽しめました。ある殺人事件の裏にはとてつもない日本全体を揺るがす恐るべしものが隠されているというなかなかの内容です。難は結局X DAYどうなったんねん!ってとこでしょうかw
ルパン三世 VS 名探偵コナン 4 ルパンとコナンが夢の共演! コラボという事でやや心配したものの、シナリオ的にはとてもよく考えられていてうまくコラボが成功しています。ルパンとコナンをよく知ってる人にとっては、なかなか考えられた意外な演出も後半にはあり、かなり楽しめると思いますよ。
オーシャンズ13 2 ゴージャスなキャスティングの3作目。人が多いだけに人間関係は主要人物以外はよく分からなくオマケみたいなものです。シナリオも特にたいしたことはなく、とりあえず3作目作っとくか的な内容で別に見所がある訳でもないです。
僕のSweet Devil 4 台湾のアイドル、ショウ・ルオと歌姫レイニー・ヤンが贈る大暴走ラブコメディです。まずきのこ頭のダサダサオトコがアイドルとは到底見えない演出に驚き! 前半はキャンパスドタバタ恋愛コメディです。そしてとうとう幸せが!と思いきや一気に展開が変わり、後半は全く別物と言っていい流れになっていきます。この辺のシナリオもうまくできてますね。切ない恋、そして愛と憎しみの裏表、特に後半はその部分がうまく描かれていると思います。笑って泣いてとほんと楽しませてくるドラマですよ。
リベンジ シーズン1 4 2012年全米大ヒットサスペンスドラマ! とりあえず主人公のエミリー・ヴァンキャンプがキュートなので、それだけでも見る価値あり! アマゾンのジャケットはキュートに見えませんが。ストーリーは周りの人間から裏切られ死んだ父の復讐のため、本当の恋も諦め自分の人生を全て復讐にかける娘の話です。復讐の裏に普通の生活をしたいという葛藤も見え隠れし、人間模様もかなり複雑に絡み合い、徐々に真相が明らかになっていく展開は見てて飽きさせません。復讐劇が好きな人にはお勧めのドラマです。
BRAVE HEARTS 海猿 3 パニック映画としての出来は十分。映像や迫力も日本映画にしてはとてもがんばってて緊迫感も伝わってきます。ただシリーズ物にありがちな、シナリオ展開的には過去作と変わらず先が読めてしまう点(ほんとそのままって感じ)と、何となく続編作りました的な、時間が長い割にはあまり起伏したシナリオでないのがやや残念。確かもめてこのシリーズはこれが最終作なんですね。
謎解きはディナーのあとで 4 櫻井翔、北川景子主演のサスペンスドラマです。ちょっと椎名桔平がうざくコミカルにもっていこうとする点が難点ですが、サスペンスものとしてのシナリオの出来はなかなかのものです。感動させられるシナリオも多く結構楽しめました。北川景子は刑事ですけど執事の櫻井翔の方が捜査能力がやたら高いのは突っ込んではいけない点ですw
名家 ミョンガ 4 韓国慶州に300年続いた名家の礎を築いた男のヒューマン時代劇です。実際の話を元にしてるようです。韓国ドラマにしては全16話と短めですが、しっかりと凝縮されたシナリオは素晴らしいです。こんな人のために生きる人物がいたとはある意味で驚きました。民を苦しめる富を持つ多くの人間と政治家。それを覆そうとする2つの大きな動き。悲しい愛の物語も含まれ、全く飽きさせない展開はすごいですね。澄んだ生き方をするには大変な弊害が立ちはだかり、その憎たらしい奴らとの戦いがまた見ものですよ。結構泣けるシーンもあります。
家政婦のミタ 3 大ヒットしたドラマです。松嶋菜々子が笑うことなく言われたら人殺しでも何でもするというすごい設定の家政婦役です。崩壊していく家族の元で働くことになり、いろんな事が起こっていきます。何でもするってとこから誰でも想像するであろうエロい事を要求もされ「松嶋菜々子の裸が見れる!?」なんて展開も。どうなるかは見てのお楽しみでw シナリオ的にはそこそこ考えられて作られてるとは思います。ところどころにちりばめられたギャグもいいセンスです。なぜ笑わないのか、その謎も徐々に判明していく訳ですが、ぶっちゃけちょっと設定に強引さを感じましたね。無茶苦茶すごいドラマだ!ってほどではないですが、見れは楽しめると思いますよ。
スチュアート・リトル 3 ファミリーコメディ映画です。小さな男の子がいる夫婦が養子を向かえるんですが、それがなぜかネズミです。しゃべるネズミにびっくりしない人間に超違和感。ネズミを養子にする時点であり得ないだろって感じの映画です。ただ最初はネズミを見てがっかりする子供との絆はうまく描かれていると思います。ネコの活躍もなかなか見ものですね。常識的に違和感ありまくりの映画ですが、それを無視すればファミリー映画としてはうまく作られている映画と思いますよ。
太陽の花嫁 5 韓国ドラマです。2話くらいまでは単なる恋愛系ドラマかと思い、いまいちと思ったんですが、主人公の女性が背負ってるものがあまりに重たいものだらけなのに、いつもすっごい輝いた笑顔でいるその前向きさに惹かれてとりあえず見続けました。しかしこれは恋愛ドラマではありません。どこまで人生の苦境が襲って来るんだ!っていうくらいの地獄が待ってます。あの素晴らしい笑顔が一気になくなるタイミングから登場人物全てに「これでもか!」というほど精神的ダメージが襲いまくり、憎悪と怒りと裏切りと復讐と苦しみが渦巻く先の読めない展開で見出すと止まらない魅力満載ですよ。
Piece 2 中山優馬、本田翼主演の恋ミステリードラマです。1話目で淡々と進むだけでいまいちかと思いきや1話目最後でハンカチを落とすシーンを見た瞬間、サスペンスもの慣れした人には「これがスイッチだ!」と思うはずです。まさにここから大きくストーリーが動き出します。高校時代のクラスメイトが亡くなった事を中心に恋とミステリーが展開していくって感じですかね。ただ大きく盛り上がっていくか!と思いきや、正直たいしてストーリーに驚くような展開がある訳ではなくちょっと拍子抜けって感じでした。
るろうに剣心 3 原作アニメは読んでません。シナリオ的には特にすごい展開がある訳ではなく普通です。原作知らないと分からない部分があるのか仮面の男の正体はあれでは映画のみ見た人には全く何者で主人公とどういう関係なのかさっぱり分からないのが残念です。アクションシーンはかなり力が入っていて非常に見ごたえのあるものに仕上がってます。単なるアイドル集めただけ映画ではないですね。
ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ 4 スピンオフ作品はハズレが多いですがこれは当たりです。シナリオが非常にうまく刑事ものとして作られてます。ラストも終わりかと思いきや、しっかり残された疑問を解明するというなかなか楽しめる内容でした。スピンオフなのに福山雅治が何回か登場するのも面白いですね。刑事もの好きなら楽しめると思いますよ。
羅生門 1 黒澤明監督映画史上日本の至宝と言われる作品なので知ってる人も多いでしょう。が、私には何が面白いのかさっぱり分かりませんでした。両親も一緒に見てましたが「なにこれ」と時間無駄にした重たい空気だけが残る嫌な時間でした。まずセリフの内容が半分近く聞き取れないので見るなら字幕付のソフトで絶対見て下さい。まあセリフ聞けなくてもだいたい見てれば分かりますが。内容は山の中で夫婦の奥さんが山賊?に強姦され、4人の証言がされるのですが、全員内容が違うというものです。だからどうした?って感じですが。チャンバラも子供の喧嘩みたいですし、笑い方やらリアルでなく、まるで舞台のような大げさなもので映画とは思えない作りです。なぜ世界で絶賛されているのか不思議です。テーマが何なのかさっぱり分かりません。
臨場 劇場版 5 私、このドラマは知らず映画のみ見ました。検視官の内野聖陽、松下由樹がメインの警察ドラマです。いきなり犯人まる分かりで逮捕? 何だこりゃ、ハズレ映画か?と思いました。ここからどう展開させるのかと。しかし内容には触れられませんが圧巻の展開が待ってます。多重に仕組まれた製作者のミスリードによってまず犯人は確実に当てることは無理でしょう。個人的には子供を持つ母親に強く勧めたい映画です。ラストのシーンでは嗚咽するほど私は泣きました。が、私より涙もろい母親は平然としてたのはなぜじゃろ? とりあえずシナリオは非常によく出来た映画ですよ。
アメリカン・ギャングスター 2 実話犯罪サスペンスです。1970年代のニューヨークを主な舞台に、麻薬ビジネスで暗黒街に台頭していくデンゼル・ワシントンと、誠実な警官として捜査するラッセル・クロウの戦いです。実話のためか、見ててハラハラドキドキするような展開がなく、何か淡々と進んでいく感が強いです。何となく惜しいって思える映画ですね。しかし当時の警察は腐りきってたというのがよく分かりましたw
ライアーゲーム -再生- 4 ファイナルで終わったかと思いきやまた登場ですw ヒロインが戸田恵梨香から多部未華子に変わってます。やや残念。シナリオとしては今までどおり、よく出来た先の読めない心理戦で楽しめます。その点ではシリーズファンなら問題なしです。ただ、細かい不満点も。船越英一郎の変な大げさすぎる宗教長ぶりはブチ壊しです。芦田愛菜と江角マキコは出てる意味がないw 芦田は単に流行りだから出しただけ? あと過去作のメンバーも数人出てきますが、これまた意味のない存在です。そんな細かい不満はありますが、シナリオはとてもよく出来てる映画だと思いますよ。完全と言っていいほど敗北の状態から一体どうする気なのか! ここが一番の見所ですね!
劇場版 名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー) 3 コナン映画はハズレか当たりのどちらかに分かれます。が、この映画はどちらにも当てはまらないレビュー泣かせの映画です。まず犯人は分かっている展開なので、コロンボみたいな流れか?と思ったらそうでもなく、ほぼ終盤まではハズレです。ただ小五郎のおっちゃんが何かに違和感を感じてるシーンがあり、コナンですらその意味は分かりません。そしてもうラストっていうところで一気に内容が変貌します! 小五郎の違和感、そして予想外の展開でかなりのヒートアップ間違いなし! ここまで途中で大きく評価が分かれる映画も珍しいです。
ハートブレイカー 4 ラストサマーの童顔巨乳美少女ジェニファー・ラヴ・ヒューイットとシガニー・ウィーバー主演のコメディ映画です。シガニー・ウィーバーのコメディっ貴重かも。結婚詐欺師の話で非常に笑わせてくれる、なかなかシンプルでありながら楽しめる出来になってる映画だと思いますよ。
ジョジョの奇妙な冒険 4 言わずと知れた大人気アニメテレビ化です。第一部・第二部までが描かれてますね。第三部まで入れて欲しかったんですが残念! 内容は言うまでもなくとてもシナリオがよく出来たアニメで楽しめます。第三部はスタンド能力がメインですが、第二部までは、心理戦的な駆け引きがとてもうまく考えられてて面白いです。絵が劇画調ではなく女性もターゲットにしたかったのか、やわらかい絵になってますね。まあただ敵はキモいゾンビとか第一部は特に大量に出てくるので女性にはあまり見てて気持ちのいいものではないと思います。あの辺はもっとソフトに描いた方がよかった気がします。男の私も気持ち悪かったですから。シナリオの作りはやはり素晴らしいのでそこが魅力ですね!
ダニー・ザ・ドッグ 3 ジェット・リーのアクション映画です。モーガン・フリーマンも出演し、製作にはリュック・ベッソンも入ってます。主人公は戦いのマシーンと化した悪強戦士です。感情のないような人間でなぜかピアノには反応するというポイントがあります。ある人達と出会い、大きく主人公の運命が変化をしていきます。格闘アクションとしてはなかなかよく出来てますね。シナリオ的にはまあ普通かなって感じです。しかし首輪の意味は最後まで分かりませんでしたw すっごい技術でも使って人間をコントロールしてる機械かと思いきや、製作者も特に何も考えてなかったようですw
ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 シーズン3 2 嘘を見抜くプロの科学者が主人公のサスペンス海外ドラマファイナルシーズンです。シーズン2のレビューで書いたんですが、シーズン2は中盤から急にネタ切れのようにトーンダウンしていまいち感が強かったです。そしてこのファイナルはそのまま継続した感が強く、全体的に何とか作った感が強いです。だから見てても全貌が理解しにくかったりとシナリオが丁寧に作られていない感じがしましたね。シーズン3で終わって正解でしょう。
ハナミズキ 3 主演、新垣結衣、生田斗真の恋愛映画です。恋愛ものとしてはまあ普通の出来って感じですか。学生時代にある恋愛、そして遠距離恋愛、新たな出会いというような典型的な展開です。ラストの方はちょっと以外な展開もあるんですが、まあ普通の作品って感じです。一青窈の曲はこの映画に合ってますね。
キャプテン 4 ドカベンとか水島新司野球作品は見たり読んだりよくしてました。ちばあきおの野球作品も有名ですが何か絵が地味で個性ないキャラって感じで今まで無関心だったんですが、たまたま見たんです。ところがこれまたよく出来た野球スポコンですね。見た目の個性は薄いですが、しっかり各選手には個性があり、チームの絆や野球に対する熱意と楽しさが非常にうまく描かれていると思います。スポコン好きならぜひどうぞ。
ジャケット 2 1992年と2007年の2つの時を往き来しながら自らの死の謎を探る青年と、その彼と恋に落ちる孤独な女性のロマンスを絡めたサスペンスものって感じでしょうか。なかなか異色な雰囲気の映画だと思います。題材的には面白いんですが、引き込まれるような魅力がないのがちょっと残念。
ワンピースフィルム ストロングワールド 3 いきなりドでかい凶暴な生物たちが登場して、ばらばらになったみんなが生物と戦うといった出だしです。ここら辺の構成を見てると何となく子供向けに作成したのかなと思うちょっと大人には面白さが伝わってこない構成です。ただ敵の大将はシャレにならないくらい強くて、こやつとの戦いがなかなか面白いですね。私は仲間との出会いとか知らないので、やはり最初から知ってる人が見ないとピンとこないかも知れません。ナミの映画はその辺知らなくても最高でしたけどね。
博士の愛した数式 1 寺尾聰、深津絵里主演。165万人が泣いた大ベストセラーで評価も高いので見ました。一体どこで泣くのか分かりません。80分しか記憶がもたない天才数学博士と家政婦とその10歳の息子がメインのヒューマンドラマです。とりあえず何がテーマなのか何を伝えたいのか製作者の意図は全く分からず何が面白いのか全然理解できません。数式とか出てきますが、理数系の私でもだからどうなん?って感じです。単に2時間無駄にしましたよ。評価高いのが不思議です。
SP 革命篇 5 テレビドラマの続きとなる最終章ファイナルです。スピード感のあるアクションと展開は前作を超えるかと思うほどの出来になってます。緊迫状態続きで見てる方が手に汗握りますね。日本の映画もここまで来たか!って感じです。舞台が国会議事堂という普通では考えられない場所で起こります。そのさまざまな戦いは見ごたえ満載ですよ! ただファイナルなのに最後どう見ても続くようにしか見えないのはなぜだ?w
SP 野望篇 4 テレビドラマの続きとなる最終章第一弾です。私はドラマ見てなかったので映画が初です。そのため人間関係や過去の出来事が分かりにくいのは当然ですが、それでもスピード感のあるアクションと展開にはなかなかすごい出来だと思わせる内容でした。主人公の岡田准一は相当アクション勉強したんでしょう。堤真一との関係が絶妙で、影でのその戦いがまた興味をそそりますね。これ見るなら必ずファイナルも見てください。
私を旅館に連れてって 4 観月ありさ主演高視聴率ドラマです。古くてアマゾンもサントラしか見つかりませんでした。主人公イベントコンパニオンは働くことが嫌いで怠惰生活を送り仕事の目的もリッチな男探し。そんなある日、数多くのホテルを手掛けた大金持ちの男と出会い人生が急展開します。浅野ゆう子の存在も謎めいた部分からの展開もいい感じです。ドタバタ人情コメディドラマって感じですかね。見てて飽きさせないシナリオ構成はなかなかよく出来てると思いますよ。ちなみに1話、イベント会場シーンで車から降りるコンパニオンのパンチラがあるのは秘密ですw
私がウォシャウスキー 3 キャスリン・ターナー主演、女性探偵アクション映画です。探偵アクションものとしては人間関係もいろいろ絡み合ってまあ普通に楽しめるって感じですかね。多分男より女性が見る方が楽しめると思います。ところどころ男が女のセクシー攻撃で簡単におちるようなシーンがあり、主人公と女の子が男はちょろいわって言う場面がよくあるので。まあ男って女の武器には弱いってよく分かる映画ですw ちょっと男が小バカにされてる感がありますけどw
96時間 5 リュック・ベッソンのタイムリミットアクション映画です。父の愛が炸裂! 見るまでは全然タイトルもキャストも知らないので期待せずに見ました。ところがアクション映画としてはトップクラスの出来です。この手の映画好きなら絶対に見とくべき必須の映画と思いますよ。ある意味海外旅行に行く女性に見て欲しいです。平和な日本では全く分からないでしょうが海外旅行先では旅行者を狙った犯罪、特に性犯罪がかなり現実世界でもあります。かっこいい男にやさしくされ、ついて行ったら麻薬付けから売春宿へ売られるなんてのが普通に起こるのが海外です。日本にいたら全く想像できないでしょうが、それが現実の恐ろしさです。この映画はそれを強烈に描かれている非常にためになる映画と思いますよ。しかし父さん、どんだけ強いんだw
スラムドッグ$ミリオネア 2 アカデミー賞最多8部門を受賞した超話題作です。私の経験上アカデミー賞とって面白かった映画はないのでその通りでした。インドのスラム街で育った主人公が「愛」と「希望」だけで生き、クイズ番組で大金持ちに?というクイズヒューマン映画ですかね。材料的にはいいんですが見ててそんなに魅力を感じないのが一番痛いです。特に天才でもない主人公がクイズを正解していくのにもちゃんと裏付けがあるんですが、ちょっとその辺の演出が弱くて、そこがすごいメインだと思うだけにもったいない構成だと思いました。純愛といえばそうですが別に感動するような内容ではなかったです。
あなたが寝てる間に 5 30分ドラマ全120話の長編韓国ジェットコースタードラマです。120話も続いたという事実ですごい内容なのは間違いないです。字幕ですがゲームも字幕はまずしない私がテレビドラマ字幕をハマって見てしまうほどすごい出来のドラマです。カップルの男が理由も分からず捨てられ、その男とある女性が出会い、昔の女を忘れられない事実を承知し結婚します。お腹に双子もいてすごい夫婦円満という出だしです。ところが前の女と偶然出会うことからドラマはジェットコースターのように急転直下、何が起こるか分からないすごすぎる壮絶な展開に見るのを止められなくなる素晴らしい圧巻の出来です。主人公には考えられない人生の苦痛が立て続けに起こり、メインの4人に実際なったら確実に精神的におかしくなるほど恐ろしい人生の苦痛のオンパレードです。中盤で起こる大きな出来事には号泣必至で、そこから数話は涙が止まらないでしょう。長編ですが、これはぜひとも見ておかないと人生損するほどの出来のドラマですよ!
DOG×POLICE 純白の絆 4 市原隼人、戸田恵梨香主演の警備犬コンビ映画です。警察犬でなく警備犬です。同じ警察でこんな組織になってるとは知りませんでした。それゆえの組織内のプライド対立もなかなかいい味出してます。テロはまあ別にたいしたシナリオってほどじゃないですが、映画としてはなかなか楽しめる出来になってると思いますよ。犯人の最後はしょぼいですがw 特に犬が好きな人は楽しめるでしょうね。
イ・サン 5 18世紀後半の朝鮮王朝第22代目王イ・サン。500年の朝鮮王朝史において最も波乱万丈で紆余曲折な人生を送った王のドラマです。1時間全77話の超大作です。イ・サンの父が何者かの陰謀でほぼ死刑とされる出だしです。この巨大な陰謀の首謀者を知った瞬間、誰もが凍りつく予想だにしないシナリオ展開は素晴らしい構成ですね。この死刑を決めた実の父(その時の王)も悪人のような印象がありますが、実は民の事を一番に思う素晴らしい王です。だからこそ余計にこの陰謀には見てて怒りを覚えます。いわば、この陰謀組織とイ・サンの立派な政治の戦いがメインのストーリーです。切ないロマンスもしっかりあります。かなりカワイイヒロインですw シナリオはほんとよく出来てますよ。最終間近で予想外の事態が発生して、正直ちょっとその後ラストまでの話はテンション下がったのがちょっと残念なくらいですね。挿入歌「約束」も最高です! この歌で泣いてしまうシーンもありましたね。
陰謀のセオリー 4 メル・ギブソンとジュリア・ロバーツ主演のサスペンス映画です。タクシードライバーのメル・ギブソンは陰謀について妄想をいだく変人って感じの役柄です。記憶もなぜか曖昧です。そしてその変人ぶりにはちゃんとした理由があり、徐々に全貌が明らかになっていくという展開のサスペンスですね。ラストもなかなかの展開で楽しめましたよ。
ONE PIECE エピソード オブ ルフィ 〜ハンドアイランドの冒険〜 3 ONE PIECE完全新作オリジナルストーリー映画です。ONE PIECEを最初から見てない者には登場人物が「エピソード オブ ナミ」より増えていて絆がさっぱり分からない部分が痛い。知ってる人向けって感じですか。ナミもえらく前見た映画よりチャラチャラしたエロ系キャラ風に描かれているのはどちらが本当なのか原作知らないので分からないですね。ルフィが冒険に出るきっかけになった部分が出てきますが、時間枠的な関係で短く、あれをメインにしてもいいのではと思う構成でした。全体的に子供向けに作った感が強い映画ですね。しかし海兵コビーは、少年期と比べたらどう考えても別人だろwって思える成長ぶりにはびっくりしますよ。
ドクターX 〜外科医・大門未知子〜 5 米倉涼子主演の医療ドラマです。天才的な腕を持つフリーの女外科医の話です。医療に関する内容よりも、米倉涼子の想定外すぎる「こんな社会人いないだろw」っていう自由奔放である意味好き勝手に仕事をする姿があまりにも面白くて最高です! 定時帰りは当然。大学病院という中でも教授や肩書きなんて関係なしっていう無茶ぶりがすごすぎます! そんな中、シナリオもなかなかよく出来ていて楽しめますね。8話で終わりなのがもったいないくらいです。
ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 シーズン2 4 嘘を見抜くプロの科学者が主人公のサスペンス海外ドラマ全22話です。シーズン1は見てなくてこれから見ました。嘘を見抜くというのが仕事として成立するのか?というのは置いておき、シナリオ構成はサスペンスとしてはなかなかの絶妙ぶりで、サスペンス好きにはとても楽しめるでしょう。特に中盤までは1時間に2つのシナリオが平行するパターンで「こりゃ、内容希薄になって中途半端なドラマになるか?」と思ったんですが、これが完全にしっかり構成されていてすごいです! 中盤から1時間1つのシナリオに変わりまあ問題なしですが、後半はちょっとネタ切れか前半のようにシナリオがすごい訳でなく平凡になるのがちょっと残念。
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 3 金田一少年の事件簿、出演者も総入れ替えですね。今回は山田涼介と川口春奈です。出来は普通って感じですか。ミステリとしてはそこそこ楽しめる構成だとは思います。犯人も「こうきたか!」ってな感じで楽しめます(ミステリ慣れた人なら犯人分かるでしょうけど)。ただ難点は日本テレビ開局60年特別番組ってのもあってか舞台が韓国でアジアトップアイドルも数人出てます。何かその辺のバランスが悪いというか、普通に日本で作った方がいい作品になったのでは?と思いましたね。しかし最後のトリックはそんな事したら絶対誰か気づくだろwってなトリックでかなり無理がw 最初の方のスケボシーンも時間の無駄で、シナリオに時間を使えって言いたかったです。確実にコナンの影響でしょ、あれ。
麒麟の翼 〜新参者〜 5 新参者映画版です。映画版の「赤い指」が非常によく出来ていたのでどうか?と思いましたが期待を裏切らない出来です。中井貴一が腹部を刺されたまま8分間も歩き続け翼のある麒麟像の下で力尽きる出だしです。すぐ犯人も分かり、またもや「赤い指」の出だしのようにつまらんパターンですw しかしもう「赤い指」で慣れてるのでそれで終わるはずはないのは明白ですね。どんどん真相が明らかになり、瀕死の状態で助けも救急車も呼ばず麒麟像まで行った理由は何なのか? ミステリーなので詳しく書けませんが最大のテーマは「家族愛」です。隠された真相が分かった時は泣かずにはいられないでしょう!
名探偵コナン 天国へのカウントダウン 4 名探偵コナン映画版です。映画版初期はいまいちなの多かったですが、この作品から質が上がったと言われるくらいの十分楽しめる出来になってます。灰原哀はもしかして?なんて演出もやってくれますね。黒の組織が絡んでる映画なのでコナンを知らない人が見たら分からない部分があるため、見るならコナンの流れをぜひ理解してから見て下さい。
クライマーズ・ハイ 4 85年8月群馬県に日航ジャンボ機が墜落した事件を元に、地元新聞社の社員が繰り広げる堤真一主演ヒューマンドラマです。社内の人間関係や出来事は想像を絶するもので、これが普通なら多分何人も会社辞めるだろうというほど恐ろしいものです。その部分が一番魅力ですが、かなり恐ろしさを感じますね。特にトップのセクハラはマジか?と今の時代では思えるほどです。ヒューマンドラマが好きな人はぜひどうぞ。1箇所分かりづらいところがあるので書いておきます。主人公の息子が最初に飛行機に乗るシーンがあり、事故で主人公が被害者一覧で子供の名前を悲しく見つめるシーンがあります。ここで誰もが主人公の子供が被害者だ!と思うと思いますが、これは演出がちょっとマズいだけで別人ですので。
ダークナイト 4 バットマンがとうとうバットマンを辞めるのか?ってな感じのストーリです。とりあえずジョーカーの最凶ぶりが恐ろしいほどのある意味売りの映画でしょう。別に特別強い訳ではないジョーカーですが、振えおののくほどの恐怖が伝わってくるのがすごいです。シナリオもなかなかうまく出来ていて、悲しく切ない真実はバットマンへと伝わるのか?とか見てて飽きさせない流れで、バットマン好きなら必須の映画でしょう。
クイック&デッド 4 復讐のためシャロン・ストーンが命と賞金をかけた早撃ちトーナメントに参加するという西部劇です。ジーン・ハックマン、レオナルド・デカプリオ、ラッセル・クロウと豪華なキャストです。非常にシンプルなシナリオでありながら、シャロン・ストーンのかっこよさも光り、テンポのいい展開でなかなか楽しめる内容の西部劇ですよ。
カイジ2 人生奪回ゲーム 4 前作楽しめた人なら楽しめるでしょう。前提として前作見てないと分からない部分があるので見てないなら前作からどうぞ。今回はゲームが基本パチンコという非常にシンプルなもの1つという内容で、それがとてもうまく考えられているのでなかなか楽しめます。吉高由里子の存在もシナリオの大きなポイントでいい感じです。主人公のうろたえ方がマジなのか芝居なのか?というところがちょっと滑稽ですね。正解はどちらなのかは見てのお楽しみって事で。
サイダーハウス・ルール 2 主人公どこかで見たことあると思ったらスパイダーマンのトビー・マグワイアでした。孤児院生まれの青年が、さまざまな経験を通して成長する姿を描いた感動作という内容です。が、特に感動するような内容ではなく、やや単調なヒューマンドラマですかね。ある娘が妊娠し、その事実はかなり衝撃ですが。孤児院に生まれる赤ちゃんを捨てにくる親、そして養子にするため来る人達、その時の子供の心情、その辺はこの時代の悲しさを象徴してます。
崖の上のポニョ 3 5歳の少年と金魚みたいなポニョが出会い、繰り広げられるストーリです。メインテーマは何でしょう? 母と子? 少年の恋? 正直テーマがいまいちピンと来ない映画なんですが、不思議な魅力があって何となく見てしまう映画ですね。
ディープ・エンド・オブ・オーシャン 3 ヒューマン映画です。3歳の息子が消息不明になり、9年後に再会するという展開です。父親、母親、本人、兄妹、それぞれの気持ちと葛藤が入り乱れる展開で、9年という歳月はとてつもなく家族にとって大きな障壁であると痛感させられる映画です。テーマ的にはいいですが、シナリオ的には見ていて、やや物足りない感はありますね。
沈黙の報復 3 スティーヴン・セガール沈黙シリーズ。カンフー銃撃アクションは相変わらずのド派手さ。ただ過去の名作のような緻密に考えられたシナリオとはかなり遠い、単に暴れまくりって感が強い出来です。特に本編の罪とはあまり関係の遠い奴らまで殺しまくるのは単なる殺人鬼で確実に死刑になってもおかしくない狂気ぶりです。ある意味セガールが悪に見えてしまう珍しい作品ではないでしょうか。
ジェネラル・ルージュの凱旋 4 テレビドラマでもあった奴の映画版ですかね。ドラマとはキャストは全く違っててシナリオも当然約2時間へと凝縮されています。救命救急医療ものですが、医療という点より他のさまざまな観点がメインのサスペンスシナリオって感じです。見ていて飽きさせない流れはいい感じです。ちょっとしたギャグも効いていて楽しめる映画です。
アイアンマン2 2 前作はなかなか楽しめる内容でしたが、今作はとりあえず続編作った感がかなり強いです。シナリオも別に平凡で何を売りにしたいのかが分からない映画ですね。何かグダグダって感じで正直シリーズ物は続編ほどつまらなくなっていくの典型です。新キャラ女性の魅惑的な美しさと強すぎる点くらいしか印象に残ってません。
ターミネーター4 4 ターミネーターシリーズでありながらやや独立した感のある作品になってます。ジョン・コナー、カイル・リースと馴染みのキャラが出てくるんですが謎の男が登場します。この男が一体何者なのか? この部分が今回この映画の一番面白くてポイントになる部分だと思いますね。シナリオの展開も飽きさせないもので見てて面白いのは間違いありません。恒例のシュワちゃんが出てくるかは見てからのお楽しみって事でw これで完結かな?
バイオハザードIV アフターライフ 2 映画バイオは3でトーンダウンしましたが、この作品も特に見てて面白いっていうような展開も何もないって感じの、仕方なく続編作りました感が強いですね。シリーズずっと見てる人は見てしまうかもしれませんが正直たいして面白くもなんともありません。一緒に逃げる仲間が死んでも見てて悲しくもなんともない感情移入できない作りは残念な出来です。
ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 4 かなり古い映画で主人公がマイケル・ダグラスだとはレビュー書くまで気付きませんでした。冒険小説ベストセラー女流作家が、いきなりはちゃめちゃ秘宝探しの大冒険に巻き込まれるといった、よくあるパターンの映画です。しかし見てて目が離せない展開はとてもよく出来ていて、かなり楽しめる作品に仕上がってると思いますよ。
マレーナ 1 ユーザーレビュー高くて見てみました。第二次世界大戦下の少年の切ない恋心を描いた青春ドラマです。見所はモニカ・ベルッチの美貌とセクシーボディです。それ以外見当たりません。モニカは美しすぎるためか町中の男のエロい目で見られ、女共からは異様にに嫌われていて、そのモニカに少年が恋をする訳です。が、内容的には下ネタ連続で男の私でも見てて途中で嫌になるものでした。女性で絶賛してる人がいますが私には全く理解できません。シナリオもほんと下ネタだけしか記憶に残らず見所はほんとありませんでした。私が変なのか? てかあの弁護士はなぜ捕まらないのか意味不明だ。
ソルト 4 アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイアクションです。果たして主人公は味方なのか?敵なのか?まさかの三重スパイなのか?と終盤まで全く主人公が味方か敵か分からないシナリオ展開は素晴らしいです。終盤まで見てる側に分からないスパイものもなかなかないんじゃないでしょうか。アンジェリーナのアクションも光ってますね! スパイアクション好きなら必見ですよ!
アフタースクール 4 「やられた!」って思う人続出でしょう! 日本のサスペンス映画です。サスペンスの展開当てに自信ある人ほど見て欲しいですね。私も1000本以上映画は見てますし、サスペンスドラマも相当見てるので大抵展開・犯人は分かります。しかしこの映画は全く終盤の展開がド肝を抜く仰天展開過ぎてマジで「やられた!」って思いましたよ。若干登場人物の関係が複雑になってきて途中分かりづらいのが難点ですが、サスペンス好きにはぜひ勧めたい映画です。
ベスト・キッド 3 ジャッキ・チェンのバージョンです。元祖版のリメイクで、人種の差やアレンジを加えています。ただ元祖を超えることは出来てませんね。ジャッキーがいじめっ子をこらしめるシーンなんかは、ある意味大人が子供をいじめてる様な感じがしてしまいました。トレーニングも最初の訳が分からないトレーニングに関して本人に意味を何日も説明しないのは効率悪いだけで、あれは意味不明な脚本でしたね。それ以外は本当に無難な普通の出来だと思います。
岳 -ガク- 4 山岳救助ボランティアの話です。山がどれだけ過酷で死がすぐそこにあるのかがよく分かる映画だと思います。小栗旬と長澤まさみという事でアイドル的な映画かと思いきや、かなり本格的映画です。小栗旬の能天気っぷりがしっくりこない出だしですが、過去の事実が分かるところくらいから一気にストーリーは怒涛の流れが続き、山の恐怖に飲み込まれます。人間関係も徐々に繋がりが見えてくるあたりなかなかですね。山登りする人は安易な気持ちで登るとどうなるか痛感できると思います。
ONE PIECE エピソード オブ ナミ 航海士の涙と仲間の絆 5 人気アニメですね。私は見たことなくてこれが初のONE PIECEです。いきなり見て人間関係とか分かるかなと心配しましたが、その辺はある程度初心者にも配慮した構成です。しっかしシナリオがすごすぎてびっくりです。なぜ人気あるのかよーく分かりました。ここまでシナリオがうまく考えられているとは驚きですね。とりあえず号泣必至ですから涙を拭くものは用意してから見てください。本当に激感動しますよ! 特に母親になる人には見て欲しいですね。
私は貝になりたい 2 中居正広、仲間由紀恵、主演の戦犯死刑囚の悲劇映画です。中盤まではなかなかいい感じで進んで行くんですが、途中から明らかに分かり易すぎる演出で、ラストの展開がほぼ分かってしまいます。しかも多分見る人全てが「何で?」と意味不明のラストで大きくトーンダウンしてしまう展開ですね。本当に戦後がこんな風だったのかもしれませんが、そうだとしたらあまりにも戦争の罪は大きすぎるとしか言いようがないでしょう。タイトルの意味が全く不明でしたが映画を見終わってようやく意味が分かりました。
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら 3 弱小野球部を甲子園へ行かせようとするマネージャー前田敦子が主人公のスポーツものです。よくある題材ですがマネージャーがそのため読む本が経営本「マネジメント」というとんでもない設定です。その部分より、前田敦子にマネージャーを託したマネージャー、そして監督・選手、その人間の繋がりと感情のぶつかり合いがうまく描かれていると思います。正直ベタな設定ですが途中、感動で泣いてしまいました。青春映画としてはシンプルながら楽しめましたね。
さまよう刃 2 最愛の娘を少年達に強姦され殺された父親、寺尾聰が復讐するといった感じの内容です。少年法により殺人を犯しても極刑はない、なら自らの手で!っていう設定はいいです。そしてその少年を守るため、父親を逮捕しなければならない刑事、竹野内豊の葛藤もいいと思います。ただ内容がかなり重たいテーマで、しかもテンポがスローすぎるのでややイライラ感が。何点か説明がなく意味が分からない部分もありますし、最後の父親の行動も正直納得できるものではなく疑問符が残るラストでした。
太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男- 3 太平洋戦争サイパンでの戦いを描いた実話です。戦争物としては無難な出来だと思います。まあ日本敗戦映画は日本人として見ててつらい部分は多々出てきますが。竹野内豊の日本兵魂、井上真央の勝気な性格、いい感じですが、何と言っても唐沢寿明が異色の味を出してるとこでしょう。出てきた時は風貌に多分びっくりすると思います。生きるべきか、死に戦で戦うべきか、そんな心情もうまく伝わってくる映画ですね。戦争物を見るといかに戦争が愚かな行為なのか痛感させられます。
サマーウォーズ 4 気弱な理系高校生少年がひょんなことから片田舎大家族と夏休みを過ごすことになり、ネット仮想空間が原因の世界崩壊危機に立ち向かう、家族の絆を軸にしたアニメです。今の時代では少なくなった大家族の生活がいい味出してますね。ネットの仮想空間が出てくるのでインターネットとか詳しくない人が見ても面白くないでしょう。分かる人で細かいことにこだわらないなら楽しめると思います。ただヒロインは学校でも大人気のヒロインって設定ですが、そんなにかわいくないのが個人的には残念でしたが。
THE LAST MESSAGE 海猿 5 シリーズ物はだんだんトーンダウンするジンクスを大きく破る出来ですね。巨大天然ガスプラントで事故が発生し火災が発生、取り残される主人公や施設の設計者が数人。そこに台風が来て外部から近づけないため助けを送り込むことは不可能な状態。取り残された人だけで絶体絶命の窮地から脱出するしかない緊迫感がよく伝わってきます。この施設は韓国・ロシアも出資している超莫大な1500億円という費用をかけた国家規模施設です。その施設を守ろうとする側、反対に取り残された数人を助けようとする側。その戦いもありきたりですがいい味出してます。1500億円と数人の命を比べろと言われたらあなたは何て答えますか? 映像の迫力もかなりの出来でハラハラドキドキ感はバツグンですよ。
トイ・ストーリー3 4 CGアニメーションとしては表情とか素晴らしくよく表現出来てますね。シリーズ物はだんだんトーンダウンするんですが、これはシリーズ最高峰と言ってもいい出来です。おもちゃの持ち主が大学生になって、遊ばれなくなったおもちゃの運命は?ってな内容です。シナリオ展開もなかなかうまく考えられていていい感じで子供から大人まで楽しめる出来ですよ。最初の無駄な演出とメキシカンの訳分からない演出が邪魔だったので9点あげたかったんですが8点です。ラストはシリーズ全部見てた人なら必ず泣いてしまうでしょう。切なすぎる!
暗殺者 4 暗殺者であるシルベスター・スタローンとアントニオ・バンデラスの闘いを描いたサスペンスアクションです。この2人にジュリアン・ムーアが絡み、展開的にも飽きさせない作りです。バンデラスのちょっと狂気じみた演技は恐ろしくて、そこが映画のいいスパイスになってます。ラストの展開もちょっと予想しないものでなかなか考えてますねー
GANTZ PERFECT ANSWER 2 これを見れは前作GANTZで分からなかった事が全て解決!とはいかないですね。結局星人って何だったのかが描かれていないのが一番の問題だと思います。内容的には前作と同じような展開から、いろんな部分で派生した展開と予想外の展開になっていくので前作より見ごたえはあるでしょう。しかし結局、GANTZは誰が作って、星人とは何だったんだ? それが描かれていないのはよく分かりません。「そっちが先に仕掛けてきた」ってのも結局説明なしで、見てる側からすると意味不明すぎのまま終わってしまいました。
GANTZ 1 死んだ人(死んでもリアル世界には存在する)がGANTZのパワー?で星人と戦うというSF物でしょうか。テーマがはっきりしません。SF感が一番強いですけど大したことないですし、友情? 恋愛? どれも中途半端にもほど遠くてテーマではないと思います。戦いのシーンはなかなか邦画にしては力入れてて迫力もあり、そこが一番印象に残りましたね。二宮和也も松山ケンイチもがんばってます。GANTZに表示される日本語が変なのは見てる側としては迷惑なだけで演出の意図がまるで分からなく邪魔でした。この1本見ただけでは何も分からない映画ですのでご注意を。
未来日記 -ANOTHER:WORLD- 2 スマホの未来日記というものに本当に未来が表示されるという摩訶不思議な設定。執拗に主人公岡田将生への執着愛を見せる剛力彩芽、そしてそのスマホを持ってる人間達で殺し合い勝者は何でも願いが叶う。まあまだここまでは設定的に許容範囲か。で、死ぬ(というかスマホを壊される)と体がクリスタルみたいになって弾け飛ぶという超非現実現象でリアルなのか?と意味不明ドラマとして数話続きます。多分数話で見るのを辞める人がいるでしょう。私もそうするところでした。ところが中盤にとんでもない予想だにしない衝撃の事実が判明して「なるほど!」と全貌が明らかになります! なぜあれほど剛力彩芽は主人公に執着愛を見せてたのか! 全てが一瞬で解明します。この展開はすごいです。この勢いで突き進めばなかなかのドラマだったんですが、結局その勢いはあまり続かず何となく平凡なまとめ方で終わっちゃいましたね。
ハンチョウ 〜警視庁安積班〜 シリーズ5 3 このシリーズは初見です。4人のチームが作られるんですが、これには大きな隠れた目的があるという点はまあミステリアスです。ただその展開は流れ的に読みやすいものですごいものではありません。チームワークの大切さを熱演するハンチョウですが、ちょっと小学生の仲良しこよし的なチープさを演出に感じてしまいました。刑事物としてはまあ無難な出来ですかね。若い2人が軽すぎて刑事に見えないのもややマイナス。1話だけ涙なしでは見れない、いい話があったので、どの話もあれくらいのクオリティが欲しかったですね。
ボックス! 3 ボクシング青春スポーツ映画です。やんちゃなボクシング部天才ボクサー市原隼人、幼なじみの気弱な優等生高良健吾もボクシング部へ入ることに。そしてライバルの天才ボクサーが絡み話は進んでいきます。シナリオ的には特に特徴あるわけではないですが、見ててなかなか燃える映画になってます。もう少しマネージャーの存在を大きく表現して欲しかったですね。男は楽しめると思いますが、女性向きじゃない気も。
Wの悲劇 3 推理小説名作ドラマ化です。懐かしの薬師丸ひろ子映画バージョンはすっかり内容忘れましたが、今作はCM女王とも言うべき武井咲が主人公です。いやぁ美人ですね。サスペンスとしてはまあ無難な仕上がりって感じでしょうか。個人的にはそんなに悪くない出来のドラマだと思ってます。犯人も「そうなの!」って予想外の展開でしたし。しかし人気なかったのか8回で放送終了だったのは残念。
Answer - 警視庁検証捜査官 4 冤罪等の問題を防ぐため事件を再検証する「検証捜査係」のドラマです。元々捜査報告書の誤字脱字を直すくらいしか仕事をしてなかった係ですが、主人公観月ありさが入ってくることで大きく変化します。捜査の終わった事件を再捜査する訳ですから、される側にとってはうとましい存在な訳です。刑事物としてはそういう部分で異色な部分があり新鮮です。シナリオもなかなかよく出来ていて無難に楽しめるドラマでした。
八日目の蝉 4 不倫相手の赤子を誘拐し4年間育てた女、赤子の母親、誘拐犯に育てられた女、この3人の女性達の苦悩と母の愛を描いたヒューマンドラマです。シナリオとしてはシンプルでありながら、なぜか自然と、ところどころで涙が出てしまう愛というものに対する表現がうまく出てます。メインテーマは「母の子に対する愛」でしょう。だから女性向けの映画かも知れません。母親になる人にはぜひとも見ておいて欲しいと思う映画です。
トゥモロー・ワールド 3 出生率がゼロになり子供が生まれなくなった未来を舞台にしたアクションです。アクション的な出来としては楽しめる内容になってると思います。しかし肝心のシナリオ部分があまりに不十分すぎです。出生率がゼロになったのはなぜか? 最後の○は一体どういう意味がある存在なのか? 大事な部分がほったらかしでストーリはさっぱり分からない結末でした。アクションだけ楽しみたい人には楽しめるかも。
そんな彼なら捨てちゃえば? 3 豪華キャストで贈る恋愛ものです。女性側から見た立場が多いので女性向けに作られた映画でしょう。内容的には、夫婦、恋人、浮気、不倫、離婚とよくある可も不可もなくなくとまあ平凡な内容ですね。日常的な恋愛を映画にしたって感じですごいサプライズがある訳でもありません。キャストが豪華なのがいいです。特に個人的に好きなジェニファー・アニストンが出てるのはよかった。
阪急電車 片道15分の奇跡 4 片道15分の関西ローカル線“阪急電車”を舞台にしたヒューマンドラマです。ヒューマンドラマ好きならかなりお勧め、逆に好きでないなら見ても退屈なだけでしょう。電車で出会う人なんて二度と会わないか、偶然会っても特に接するなんて事はないですよね。それがある事で悩みを抱えた人と人との絆が繋がっていく素晴らしい構成の映画です。メインは8人。ぶっちゃけ2時間で8人は中途半端な内容だろうなと思ったんですが、絶妙にまとまっているのが素晴らしい! オバタリアンはほんとムカつく! オバタリアンが見たらどう思うのか興味津々ですw オバタリアンの結末は・・・ ぜひ見て下さい。
スイミング・プール 2 ジャンルは何でしょう? ミステリー? ミステリー作家が社長の勧めで彼の別荘へ。そこに社長の娘がやってきます。作家は仕事を、娘はいろんな男とエッチをの流れが変化なく続きます。R15指定なので胸はモロ見え、エッチシーンもかなり刺激的。その点は評価できるかw シナリオは後半動きがあるんですが、結局何がどうだったのかが分からない結末です。エロ目的くらいしかあまり魅力のない映画でした。
相棒 -劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 5 ドラマでも人気の相棒、映画2作目です。警視庁内お偉さん方々人質篭城事件が勃発し、案外あっさり事件解決ってな展開で「へっ?」と思うのですが、当然そんな単純にこのシリーズが終わる訳がありません。そこから徐々に判明していく事実と、誰かを想うがあまりの決死の覚悟と行動、それが分かった時には自然と涙してる事でしょう。さすが!と言える脚本です。ドラマ見てないと人間関係が分からないので、見てない人はドラマ全部見てからどうぞ!
K-20 怪人二十面相・伝 4 華族制度により貧富が二極化する帝都。サーカス曲芸師の金城武、明智小五郎の仲村トオル、その婚約者の松たか子、そして怪人二十面相が繰り広げるアクション・エンタテインメントです。日本の映画にしてはなかなか迫力のある仕上がりになってます。最大のポイントは怪人二十面相が誰なのか?というところでしょう。この点もうまく作られていて見事に騙されましたよ。
ラッキーナンバー7 4 ブルース・ウィリス、ルーシー・リュー、モーガン・フリーマンなど豪華な俳優が贈るアクションサスペンスです。かなり運が悪いせいである若者がマフィアに酷い目に合わされるというのがメインのシナリオです。そこにブルース・ウィリスが殺し屋として絡んできます。詳しくは書けませんがシナリオの展開は驚くほどの出来で、サスペンスに慣れている人でも結末はまず読めないすごいものでしたよ! サスペンス物好きならぜひどうぞ!
第9地区 1 難民として地球に住みだした異星人と地球人のSF?映画です。エビ異星人が結構グロい。シナリオ的にも「何で?」と思うところが山済みで穴だらけ。ある地球人の変化がメインで進んでいきますが、ありきたりというか無理矢理というか特に楽しいと思える要素がないに等しいです。結局最後もそれでいいの?みたいな結末で残念でした。
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 4 とうとうシリーズ完結編です。CGのすごさは相変わらずでアクションとしての迫力はすごいです。過去2作は単純にアクションを楽しむ娯楽的映画でしたが、今作はシナリオもよく作られていて楽しめました。月面着陸をあんなふうに絡めてくるとは驚きですね。いつも邪魔だった母親役も今作は普通になった感じかな。しかしあんな本、息子に勧める母親絶対いないぞ!
名探偵コナン 沈黙の15分 4 はずれの多い劇場版コナンですが、これは当たりですね。東京での大規模事件で始まり、スキー場へと舞台を移してシナリオが展開していきます。劇場版にしては登場人物が少ないんですけど、犯人はなかなか予想できず、過去の出来事が絡み合ったシナリオもよくできてて楽しめました。
SPACE BATTLESHIP ヤマト 4 30分アニメ物とさらば宇宙戦艦ヤマトをミックスした実写版です。木村拓哉ファン向けかとシナリオが心配されましたが、無難にまとまっててヤマト好きだった人には楽しめるでしょう。豪勢な顔ぶれ俳優ぞろいです。なぜか原作酒びたり医師おっさん役が高島礼子だったり、森雪は確かレーダー担当だったと思いますが、森雪役黒木メイサはブラックタイガー戦闘員だったりと原作から変わってる部分はありますね。一番の違いはある程度予想してましたがガミラス人があんな風になってる点ですね。
ブラス! 4 鉱山閉鎖に揺れ動く小さな街を舞台に繰り広げられるヒューマンドラマです。街では男達のブラスバンドグループがあるんですが、炭鉱閉鎖で失業する事を考え抜けていこうとする人達も。しかしそこにある女性が参加することにより大きく変化が。ところがさまざまな大人の事情が絡み、どんどん人々は絆を壊していきます。一番大切なものは何なのか? そんなシンプルな問いが登場人物全ての人に問われていくような展開。そして最後の予想外の宣言。ヒューマンドラマとしてはとてもいい作品です。ユアン・マクレガー、スゲー若いw
処刑人 4 二人の兄弟が法で裁けぬ悪人を処刑していくというバイオレンス・アクションです。デスノートに近いものがあるかな。二人が怪しいと疑うFBI捜査官の捜査能力と潜在意識、二人との駆け引きもなかなかです。カメラワークを使った演出もかなり凝っていて映画としての見せ方もうまいですね。ラストの展開も「そうくるか!」というデスノートと、どう違うかは見てのお楽しみです。
ストロベリーナイト 4 主人公、竹内結子の高校時代に強姦されるというシーンから始まる衝撃的な出だしの刑事ドラマです。その事件による母との確執、個性ある刑事達のやり取り(武田鉄矢は悪役すぎるけどw)、竹内結子はチーム主任ですから、女の部下となる男の葛藤、何よりシナリオの作りがとてもいいものに仕上がっているのが楽しめました。竹内結子、私は好きな女優ですがファンなら必須のドラマですよ。
ラッキーセブン 3 小さな探偵事務所にひょんなことから働くことになった松本潤、格闘アクションもがんばってる探偵ドラマです。シナリオ的には驚くような展開がある訳でもなく、ややコメディタッチ風に作られた感じですね。嵐の松本潤ファンには楽しめるかな。そうでない人には平凡な探偵ドラマって感じです。
マインドハンター 4 7人のFBI訓練生が最終試験を行なう無人島で連続殺人事件が発生、互いに疑心暗鬼になり追い詰められていく訓練生たちの姿をスリリングに描くミステリー・サイコ・スリラーです。まあ「そして誰もいなくなった」と思ってもらったら分かりやすいかと。ちょっとグロかったりしますが許容範囲かな。犯人を当てるのはまず無理でしょう。突っ込めば甘い設定部分もありますが、予想外の展開もあり、こういうタイプの映画が好きなら、なかなか楽しめると思いますよ。
聖なる怪物たち 4 医者ドラマですが、趣旨は全然他のものとは違います。ある身元不明の妊婦が出産し、母親は手術中に死んでしまいます。しかしこの事実には恐ろしいほどの人間の欲と憎悪と歪んだ愛が絡んでいて、徐々にその全貌が見えてくる構成はなかなか先が気になって楽しめました。主人公は曲がらない医者としての素晴らしい正義感を持っていて、その気持ちが真相を明らかにしていきます。私は楽しんだんですが視聴率が悪かったのは不思議です。
イルマーレ 4 元は韓国映画だと思います。キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックの純愛物語です。2人の間にはなぜか2年間という時間の差がある非現実的な設定ですが、見ていてなかなか面白い出来になっていますね。タイムマシン役のポストを利用して手紙だけでやりとりするのですが、うまく作られています。ラスト付近の微妙なタイム差がある時代をうまく演出したとこにはやられました! 純愛物が好きならぜひ!
ジュノ 2 かわいいエレン・ペイジが出てるので見ました。話はあちらがおさかんな女子高生が16歳で妊娠し、どうするのかってなストーリです。その事実を知った親の反応やいろんな面で、まさに日本と別世界文化と思わせてくれる感覚があります。ストーリは平凡でまあエレン・ペイジファンなら見る価値はあるくらいですかね。
ロード・オブ・ウォー 3 実在武器商人の証言を基に作られた映画です。ニコラス・ケイジが武器の密輸商人役で表の顔と裏の顔を使い分け金を儲けていくさまを描いています。その金の力でモデル?の妻を射止め幸せな生活。しかし何かあると必要に嗅ぎ追ってくる警察。主人公の弟も絡み日本では体験できない武器商人という実態の恐ろしさが体感できます。ラストの展開は本当だとした何と恐ろしい事実なんだろうと思ってしまいますね。
キサラギ 4 邦画、シーンは1つの部屋のみ、登場人物は基本5人だけ、小栗旬が出てる。この時点で小栗旬ファン用のくだらない映画と思いました。内容は売れないアイドルの一周忌にネットで知り合った5人がオフ会をするというもの。序盤はアイドルオタク会話演出炸裂で「これが100分以上続くのか? 見るのやめて別の映画見るか」とやっぱり思いました。しかしこれがずっと続くなら製作者はアホすぎるので我慢してもう少し見ました。すると、とんでもない映画でした! ある人のある発言が一気に映画の方向性を変え、完全なミステリーサスペンス変貌します! しかもシーンは1つの部屋でキャラは5人のみ。大抵のサスペンスものの先を読める私ですが「やっぱりそうきたか・・・ な、何ぃぃぃ!」という展開が何度も続き全く展開が読めない素晴らしい脚本です。そして最後の最後、悲しすぎる展開に涙することでしょう。一番最後は正直かなり余計だと思いますがw
キンキー・ブーツ 3 伝統ある家業の靴工場を継ぐことになった主人公。しかし実は倒産寸前。主人公は一発逆転の再起を狙うという実話に基づいた感動のハートフルコメディです。父の思い、息子の思い、そして恋と現実の苦悩。なかなか味のある映画に仕上がってると思いますよ。
バタフライ・エフェクト 3 「君を救うため、ぼくは何度でも過去に戻る」というかっこいい歌い文句です。前半は記憶がなくなる少年の話で何だかいまいち意図が分からず退屈です。そしてある出来事から愛する人を助けるため過去へのタイムトラベル?が始まり、ようやく本領発揮ってとこでしょうか。過去を変えることへのさまざまな影響がうまく描かれていると思います。そして衝撃的なラストの決断! 悲しすぎて泣かずにはいられないでしょう。愛に勝るものはない!
おっぱいバレー 1 新任女性教師の綾瀬はるかが男子バレー部に「試合に勝ったらおっぱい見せる」と約束する青春スポーツ映画です。まずそんな約束する時点でク○映画と予想できます。「映画だから」なんていい訳は通じません。なぜならこれは実話だからです。そんな約束する先生なんて元風俗嬢かすごいアホかのどっちかでしょう。確実に職を失うことになるくらい分かるはず。それでも見てしまうのはスポーツものはラスト、奇跡的に勝利する=綾瀬はるかのおっぱいが見れる!という願望だけでしょうw 内容はほんとひねりも何もなく、その願望だけのために見る映画です。ラストは・・・ まあ単に時間を無駄にした久々の映画でした。しかしなぜか評価は高く私と同等の意見の人はごくまれにしかいません。こんな映画で楽しめる人はすっごい幸せだと思います。綾瀬はるかはいろんな役をこなす女優だと思いますが残念ながら先生役だけは全く合ってないので今後はしない方がいいと思いました。
カンフー・ダンク! 4 少林サッカーのバスケ版です。登場人物も結構かぶってます。カンフーの達人がバスケ選手として有名になり、捨てた親を探すってな感じです。シナリオが意外にしっかりしています。説明不足でちょっと分からない点が2つあるのが残念。音楽もノリノリでバスケシーンもかなりの迫力でいい感じです。最終試合は少林サッカーみたいなド派手さはないですが、試合最後の展開は誰もが想像できない展開(あり得ないけどw)で地獄から天国って感じでよかったですね。
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! 3 序盤から中盤はそこそこ面白さは出てるかと思います。引越しやらでゴチャゴチャし過ぎですがw ただ後半になるともうとりあえず色々詰め込んどけ的な荒いシナリオなのが残念です。全体的にいらないシーンが時々あり、ああいう部分をカットすれば120分で十分収まる内容だと思いました。
インセプション 3 レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙の豪華キャストで相手の夢の中に入り込み、アイデアを盗み出す一流産業スパイが主人公の話です。コンセプトはとてもいいです。そして夫婦と子供への愛という大きなテーマが裏側に潜んでいていい題材なのは間違いないです。しかし、まず詳しく書けませんが階層の深さ、そして夢に入るいろいろな決まりごとなどが非常にややこしくなってしまい、見ていて理解するのが困難になってきていい題材がもったいないって思える映画でした。結局ラストはどう判断したらいいのだろう?
天空の城ラピュタ 4 伝説の島ラピュタと謎の鉱石「飛行石」をめぐる物語です。宮崎駿らしさがよく出ている作品ですね。人と人との絆がうまく描かれています。ラピュタ島と地球との関係がもっと奥深く描かれていればよりいい感じになったのではと思います。
ゲット スマート 4 007シリーズをパロディにしたアクションコメディです。大爆笑ってほどではないですがコメディとしてはなかなか楽しめます。展開がかなりベタでほとんどラストまでの展開が読めてしまいますが、まあコメディなのでいいとしましょうw 女優アン・ハサウェイがかなり綺麗ですよ!
ノウイング 3 ニコラス・ケイジ主演のパニックサスペンスです。50年前のタイムカプセルに収められていた一枚の紙が、その後に起きた大惨事を正確に予知していたことに気づき、これから起こる惨事の回避するという、まさに未来予言か?と非現実的な展開ですが、うまく作られていると思います。まあ後半からはそういう展開かと人によって評価は分かれるでしょうが。最後は切ないですね。
スナッチ 3 86カラットの大粒ダイヤを奪い合う、悪党達の抗争ドラマですかね。ブラッド・ピットの民族が何言ってるのか分からないところや、意外にコメディタッチに仕上がってて笑えます。特に犬はなかなか重要な役割でこれまた笑えます。ギャングものにコメディ足したような異色な作品です。
インシテミル 7日間のデス・ゲーム 2 超高額時給バイトに集まってきた人達の密室殺人ミステリって感じですか。豪華キャストがゴージャスでかなり期待して見ましたが、何とも強引・無茶過ぎる展開でたいして面白みはないです。このバイトが開催されるのは初回ではなく前回までは死人が出てる訳で普通に考えたその家族が殺人事件で訴訟起こしてるでしょうから2回目以降が開催されるはずかないという矛盾がありすぎです。ミステリーに慣れた人ならすぐ集まった中にいる黒幕?にも気付くでしょうし、シナリオ的には残念な作品ですね。豪華キャストの意味なしです。
ジウ 警視庁特殊犯捜査係 2 対照的なヒロインが警察官として活躍する刑事者ドラマです。黒木メイサが役に合わなさすぎなのか、あまりにへたっぴな演技でテンションダウンです。その点が最大の弱点でしょう。シナリオは連続犯罪事件の首謀者ジウを追い詰めていき、その裏に隠された事実が判明していくという、まあありふれた内容ですが、正直ちょっと幼稚っぽい思想感であまり見所はないですね。最後のあれは続くって事?
孤高のメス 5 医師の真摯な姿を通して現代医療の問題を投げかけるヒューマンドラマです。時間軸の構成、特にその間に息子が母に対する気持ちが大きく変化していく部分は全く描かれていないのに痛烈に見てる側に伝わってくるのは素晴らしい作りです。そしてメインの時間軸でのシナリオがまた素晴らしくよく出来ています。号泣覚悟で見て下さい。1ヶ所大ギャグが仕込まれているのもやるな!って感じです。見ておかないと人生損する作品のひとつでしょう。
ワイルド・スピードMAX 4 このシリーズ好きな人なら特に問題なく楽しめるでしょう。カーアクションもさすがと言えるの迫力ぶりです。シナリオ的には特にひねりがある訳ではないですがシリーズファンならぜひどうぞ。
ゴールデンスランバー 3 ある日突然、首相暗殺の濡れ衣を着せられ追いつめられていく男が、逃亡を繰り広げる逃亡映画です。そこそこがんばってますが、構成が甘いというか何かしっかり練りこまれていない矛盾を感じるような点を感じますね。特に車のシーンは絶対現実では起こりえない現象だけに笑ってしまいます。事件のガギを握るのはビートルズの名曲といってもほとんど意味なし。というか黒幕は???
ザ・シューター 極大射程 4 アクションもなかなかで、シナリオも非常によく出来ていて序盤のあの展開は想像も出来ない展開で驚かされました。特に有名にならなかった映画ですがアクション映画としてはかなり楽しめるものだと思いますよ。
カシコギ 3 韓国大ヒット感動物語。白血病の息子という設定で最後は必死の治療も実らず死んでしまうパターンの感動ものかと思いきや、大きく展開が予想外なのはいいですね。ただラストのまとめ方はあまりに中途半端な感がかなり残念でした。タイトル名が意味不明と思いましたが、カシコギとは淡水魚の一種で、どういう魚なのかは物語を見てもらえれば分かるでしょう。
トランスフォーマー リベンジ 4 前作楽しめた人なら楽しめるでしょう。CGの凄さは前作以上! シナリオはまあ普通って感じでしょうか。相変わらず混戦になるとどれが味方で敵か分からないのは工夫してほしかったです。とりあえず母親の存在がうざいのは前作同様で何とかしてもらいたいものです。
フローズン 2 スキー場で3人の若者が地上15メートルのリフトに取り残され、リフトが動くのは1週間後というパニックスリラー映画。設定はなかなか面白く、どんなアイデアを生かしながら脱出するのかと思いきや、そういう展開ではありません。結構エグイのでグロだめな人はちょっとつらいかも。つーかスキー場にあんないっぱい○がいる時点で普通の営業の時はどんだけ危険だらけのスキー場なんだ!と大きな矛盾を感じるでしょう。その設定の無茶すぎが一番引きました。最後もそこで終わり?っていう中途半端な終わり方でスキー場の管理責任とか追及するような展開がないのも意図が分かりません。何にせよ3人が不正してリフトに乗ったんだから自業自得ですが、あんな事になるとは恐ろし過ぎです。見た人は二度とスキー場には行かないと思いますw
BOSS 2nd SEASON 4 こういう刑事ものはシナリオが命ですが前作同様なかなか予想しない展開だったりと考えられたシナリオで楽しめました。ただ前作よりコメディタッチに走りすぎてすごい余計な演出が多く正直邪魔でしたね。シナリオは楽しめますが最終話はちょっとレベルダウンな内容で残念でしたが。吉瀬美智子がいなくなったのもマイナスですね。
ザ・クイズショウ 2009 4 クイズで解答者の過去(主に犯罪)を暴露していくという珍しいタイプのドラマです。最初は犯罪を暴いていくのがテーマと思ったんですが、司会者(桜井翔)の裏側と解答者とのフラッシュバック、何よりディレクター(横山裕)が何を目的で番組をしているのか分からない流れが続きます。1話から6話はそんな展開です。7,8話は趣向が少し変わりますが謎は見えません。そして9,10話で衝撃的展開になるわけですが、この怒涛の展開はもう何が何でもすぐ10話目を見たくなるようなすごさです。想像を超える展開でラストのあのシーンは涙なしでは見れない、あまりに悲しく切なすぎる真実が分かります。前半では考えられないテーマがこのドラマのテーマですね。簡単に言うと若い頃の恋が最大のテーマです。怒涛の9,10話はほんと圧巻ですよ! 8話の最後も想像できるんですがちょっと感動してしまいますね。
犬を飼うということ 〜スカイと我が家の180日〜 3 お金のない家族が犬を拾ってくることで巻き起こるホームドラマです。まあ特に特徴もなく普通のホームドラマって感じです。犬好きならより楽しめるでしょう。しかしお金ないなら家族計画はちゃんとした方がいいと思うんですが・・・ 最後の展開も普通に分かる展開で平凡な感じですね。
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル 3 霊能力者バトルロイヤルという事で手品じみたことを長時間見せられるハズレかと思ったんですが、確かにその部分はつまらないです。が、途中からの村の恋人が大きく絡んでくる辺りからなかなかシナリオはうまく考えられており、予想外に楽しめました。あの悲しすぎる事件と現実はほんと悲しすぎです。しかし相変わらず警察の2人は役に立たないですねw つーか矢部警部補って妖怪だったのかw
ランボー 最後の戦場 4 シリーズ最終作です。シリーズ物はだんだんトーンダウンしますがこれはなかなかいい仕上がりの映画だと思います。内戦の続くミャンマーへ行こうとする慈善団から船を出してくれと頼まれるのが始まりです。しかしそこは恐るべく軍事政権でランボーは慈善団の女性に帰れと言います。「男は首を切られ、女は死ぬまでレ○プされる」と説明するとおり日本人には正直目を避けたくなるような光景が飛び込んできますので惨殺シーンとか苦手な人はやばいです。アクション映画としてはまさにランボーで楽しめると思いますよ。最後は誰が生き残ったのかよく分かりませんでしたが・・・ 最後のスタッフロールは最後に何かあるのか?と長い時間見続けても何もありませんでした。ちょっとがっかり。
イーグル・アイ 4 訳が分からず2人の人間が大きな陰謀に巻き込まれていくアクションです。双子の兄の死が大きく関わっていると思われるんですがなかなか全貌が見えてこないサスペンス的な構成はいいですね。特に謎の女が味方なのか敵なのか、そして冒頭の攻撃はどう絡んでくるのかと見ごたえは結構あり楽しめると思いますよ。
幸せのレシピ 3 キャサリン・ゼタ=ジョーンズはやっぱり綺麗ですね。テーマ的には、料理・恋愛・母と娘と贅沢に3つ入れてる訳ですがバランスが悪いです。どれかをメインにして進めていくならいい感じになったと思うんですが、3つともをメインのように扱おうとしてるので映画時間内では無理があり、結局全て中途半端になっちゃった感じがしますね。
地球が静止する日 2 テーマはいいですね。私も感じてる人間のエゴにより地球が破壊されていく現実。それを別の星?から地球を守るため人間を抹殺するためやっくるキアヌ・リーヴス。設定はいいんですが出だしの展開はかなり期待できますが、その後は急降下な感じでキアヌ・リーヴス自体の気持ちの変化もひとりの地球人を見ただけで、他に登場する人間を基本にすればそうはならないだろ!とつっこみたくなるような展開です。国が変われば考え方も違うのに他の国の人間は全然観察もしてないしシナリオ的には魅力がない映画でした。
幸せのちから 3 実話映画化です。ホームレスになったウィル・スミスが小さい息子と生きていくため必死にがんばるといった展開です。実話が元なので特にすごい展開がある訳でもなく淡々と進んでいくって感じでしょうか。ルッビックキューブを揃えるのが人生成功の秘訣みたいな本当に実話?と思ってしまうような展開が数箇所あるのはちょっと?が付きますね。
ソウ ザ・ファイナル 2 グロさは健在。とりあえずFBIと警察?の複数人いて弱すぎるのはアホすぎて笑えます。いくら何でもあの弱さはないでしょ。敵そんな強いわけじゃないし。税金払う気がなくなるw 展開は相変わらず平凡すぎて驚きはなしです。最後の展開はそうきたかと思うくらいで別に驚きはないですね。てか残り2人は誰??? 多分完結でしょう。やはりこのシリーズは「1」だけで完結させるべきでしたね。
ソウ6 2 グロだめな人には相変わらずきついです。犯人は分かってる訳でそこにどんでん返しも何もなく最後にちょっと展開が変わるってくらいで何となくだれてきてる作品になってきましたね。
ソウ5 2 グロさはなかなかエグいのでダメな人にはきついか。シナリオ的にはもう「1」のような驚きはなく、というか何の捻りもないような単なるとりあえず続編作ったよ的な感じですね。5人のゲームでみんな助かる方法はあるっていうのはなかなかいい設定ですが絶対1ゲーム目で気付く人なんかいないでしょw
交渉人 THE MOVIE 3 交渉人と付いてますが内容は旅客機ハイジャックアクションですね。見ていて映画としての流れは悪くないんですが、おかしな部分がシナリオ的に数点あるので正直シナリオ的にはレベルは低いです。そして最後の最後はどっちなの?っていう見てる側に判断を任せる私の嫌いなパターンなのは残念。
ナイト&デイ 5 トム・クルーズとキャメロン・ディアスのスパイアクションです。主人公が善なのか悪なのか、それがなかなか読めないシナリオ展開が素晴らしいですね。アクション映画としての出来も文句なしでアクション好きならぜひとも見てもらいたい1本です。
エクスペンダブルズ 4 とりあえず出演者が豪華すぎ! シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガーとまあ実現不可能といっていい豪華キャストです。それだけでもう十分ですがアクション映画としての出来もなかなかで迫力満点です。アクション好きなら必須でしょう!
名探偵コナン 天空の難破船 4 映画版コナンはいつもハズレで痛い目あってるのですが、これは評判よかったので見ました。評判どおりドラマレベルで楽しめる内容でしたよ。
2012 4 自然災害パニック映画としては迫力ありますね。CGのすごさはハンパないです。設定なんかに無理があるような点も見受けられますがパニック映画としては十分でしょう。
デカワンコ 3 刑事ものですが推理とかそんなものは全然なしです。主人公が犬並みの臭覚って設定がもう無茶苦茶w 刑事ものが好きで見ると大ハズレです。太陽にほえろをパロディー仕立てにしたコメディーと思って下さい。
ごくせん THE MOVIE 4 ドラマの集大成って感じなので過去作品全て見てると登場人物の関係上かなり楽しめるでしょう。相変わらずの展開なのになぜか楽しめてしまうのは不思議な魅力です。
LADY 〜最後の犯罪プロファイル〜 4 プロファイリングという日本では馴染みのない捜査方法を描いたドラマです。北川景子がいい感じですよ。ファンなら必見か?
プリズン・ブレイク ファイナル・シーズン 5 とうとう完結です! よくシリーズ進むとトーンダウンするものですがこれは非常にうまくシナリオも考えられていてとても楽しめましたね。
美しい隣人 2 うーむ、逆恨みによる女性の恐ろしさがかなり怖いですが、特に展開がすごい訳でもなくシナリオはたいしたことないです。私、檀れいのファンなんで見続けられましたがそうでなければ途中で止めてたかも。あの男の無関心行動もかなり腹が立ちますし、ラストがあまりに意味不明で消化不足です。
相棒 season9 5 もう説明は要らない人気シリーズ刑事ものドラマです。
最上の命医 4 主人公が有名でもない俳優なのでどうだろ?って心配しましたが医者系ドラマとしてはなかなかよく出来たドラマでした。あの二人の関係がどうなるのか描かれていなかったのは残念でしたね。
デス・レース 3 刑務所内でカーレースして殺人でもOKというブッ飛んだ設定の映画です。まあ映画として見ればいいんですがあまりに現実離れしててちょっと違和感ありです。レースシーンは迫力あってアイテムやらマリオカートのような楽しさはありますよ。
告発 〜国選弁護人 3 いい回もあればハズレの回もあって微妙なドラマです。ハズレの回がなれけばなかなかのドラマだと思いました。しかし田村正和のセリフがすごく聞き取りにくいのは何とかして欲しかった。
ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ 4 ライアーゲームもとうとう完結! テレビで見てた人は当然見るべきですね。相変わらずの心理戦は楽しませてくれます。ラストはちょっと拍子抜けって感じはしますが。
ゼロの焦点 4 昭和30年代の日本を舞台に結婚間もない夫の失踪から連続殺人事件に巻き込まれていく若妻が衝撃の真実に直面していくさまを描いたミステリーです。根底には戦争に負けた日本人の苦悩と明かせない過去、そして過去を捨てて新たな未来を作りたいという願いから起こる悲しい悲劇です。後半のあのシーンはその全てが凝縮され起こす行動、そしてある物が目に入る事で泣かずにはいられないでしょう。登場人物は少なく犯人の性別は分かるので犯人はすぐに分かるでしょうが、その根底の苦悩がこの映画の見どころだと思います。
ハンコック 3 ウィル・スミスが超人的パワーを持つヒーロー物です。ヒーローと言っても酒好き・何でも破壊するしとヒーローとは言えない嫌われ者ヒーローで序盤は駄作か?と思いましたが、ある男との出会いで大きくシナリオは展開し、なぜそんなパワーがあるのかが徐々に分かっていく流れはいいですね。単なるヒーロー物と言うよりヒューマン的な部分が強い作品だと思います。
ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 3 シリーズ第2作目。当然前作見てないと楽しめないので見るなら前作見てからどうぞ。映画的には前作の方が面白かったです。シナリオ的にも何か納得できない点があるのが残念。特に○○○○の出てくるタイミングは意味不明。あのせいでたくさんの人が死んだ訳で脚本の意図が見えませんでした。
トランスポーター3 アンリミテッド 4 カーアクション・格闘アクション、なかなかのクオリティーでアクション映画としてはかなり楽しめます。シナリオは別にどうでもいいからアクション映画が見たい!という人には最高に楽しめるでしょう。シリーズで一番いい出来かも。
レッドクリフ Part II 4 長編大作の後編です。前作楽しめた人は当然見ないと話として完結しないので必須でしょう。映画の作り的にも前作同様なので心理的駆け引きや戦略駆け引きなんかは面白いです。後半のあのシーンはなかなか泣かせてくれます。最後の曹操の扱いは正直納得いきませんでしたが。一番可哀想なのは使者として曹操の元に送られたあのおっさんですね。あれはひどい!
フルハウス 4 韓流ドラマにしては珍しくコメディです。ソン・ヘギョがきれかわいいですね。パターン的にはよくある恋愛コメディですがなかなか笑わせてくれます。最初の親友の行動はどう考えても納得いきませんが。もうあれは死刑でいいでしょ。そんな親友にもやさしいソン・ヘギョは女神かw 展開は同じようなことの繰り返しですがまあ笑えるのでいいかな。最後はあまりにそっけないありふれた展開なのはちょっと残念でしたが。
ユー・ガット・メール 4 メルトモ男女の恋物語です。しかし設定が奇跡的あり得ないところが非現実的ですが、まあそれにこだわらなければ恋愛物語としてはなかなか楽しめる内容と展開だと思いますね。特にストーリーの流れは非常にいい感じです。人間には裏表があるんだなぁと痛感しますね。
容疑者Xの献身 4 天才物理学者 VS 天才数学者です。天才と天才の犯罪推理対決はなかなか見ものですよ。何を意味するのか分からない犯人の行動。それが最後の衝撃的真相につながっていくところは凄いですね。どれほどミステリーに慣れた人でも事件の真相を途中で見破るのは超困難としかいいようのない展開のシナリオでびっくりです。ミステリー好きならぜひとも見てください。
閉ざされた森 4 戦場訓練に行ったレンジャー隊がなぜか仲間同時で撃ち合うという「どうなってんの?」っていう事件が起こり、それを尋問するために元レンジャー隊のジョン・トラヴォルタが呼ばれて真相を調べるため生存者に尋問するという内容です。なかなかミステリアスな展開は飽きさせません。難点は事件発生シーンが暗闇で大嵐のため誰が誰かいまいち関係が分からなくなる点と、話自体がある意味複雑で理解するには1回見ただけでは無理だろってなとこですか。ミステリー慣れた人には多分黒幕はあっさり分かると思います。ところがそれで終わりでないとこがこの映画の凄いところです。最後の全く予想すら出来ない怒涛の展開はすごい衝撃だと思いますよ。しかし全体はやっぱり理解できなかったけどw
新参者 赤い指 5 新参者ドラマの時間的に前の話となる2時間ドラマです。私は新参者ドラマ見てなかったのですがなぜかこれは見てしまいました。いきなり犯人は誰かは分かり(犯行シーンは映らないが)、あたふた隠蔽しようと家族が奮闘という出だし。思いっきりハズレかと思いました。そんな思いつきで素人が隠蔽しようがあっさり警察が真相見つけて解決ってくだらない流れ?って。しかぁーし、とんでもない! 想像をはるかに超える終盤の真相展開は涙が止まらないほどの衝撃が襲ってくることをお約束します! ミステリーに慣れて大抵の展開は予想できる私ですが、この作品はもう次元が違います! ミステリー好きなら必須のドラマです!
フリーター、家を買う。 4 タイトル見て「そりゃ無理だろ! ローン組めないし」なんて思いましたね。まあそれはさておきドラマの内容はやる気のない今を象徴するかの大卒若者が就職したのに3ヶ月で辞めてしまい、フリーターになるって流れです。人間関係の確執、父と息子、嫁姑なんかはなかなかうまく演出されていると思います。人間誰しも「俺だけ、私だけ何でこんな不幸な目に?」って思ったりしますよね。自分だけ苦しまないといけないなんて不公平だ!って。そんな思いが強い人ほどこのドラマを見てもらいたいです。何もなく普通に暮らしているように見える登場人物全てと言ってもいいくらいそういう苦しみと困難をかかえ、それに向き合って生きていく当たり前の事実を痛感させられます。みんな同じなんだって。最後はちょっと予想と違う展開で「あれ?」って思いましたがw
ザ・スナイパー 3 悪役モーガン・フリーマンにはすっごい違和感を感じますね。シンプルな展開でありながら犯罪者と元警官の戦いはスリリングです。そこに父と息子の親子愛をほんのちょっと足したって感じですか。しかしあの男は可哀想過ぎる! いくら揺れて誤射しても絶対当たるはずないしw あこは演出としてちょっとチープでしたね。最終的に女FBIの意図が理解できなかったのは私だけ?
相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 3 人気テレビドラマ相棒のスピンオフ映画です。最初の設定が無理矢理だなぁなんて思ってしまいますが、まあスピンオフ作品にしてはそこそこの出来かと思います。私、大抵の犯罪ものは犯人当てられるんですが今作品は意外な犯人で当てられませんでした。このシリーズってよく警察内部のいわば腐敗した部分や税金の無駄使いしまくり表現が出てきますが、これって本当なのだろうか?ってとこに一番興味持ってしまいましたw あんな無駄なもんに税金払ってるのかと思うと何か腹が立ちますよ。フィクションだと信じたいところです。
医龍 Team Medical Dragon3 4 過去作品同様、手術で予期せぬトラブル発生しまくり!は健在ですw まあさすがにシリーズものにありがちな、ちょっとマンネリ化が見えてきて若干物足りないかなと思います。それをカバーしてるのは定番のあの音楽でしょう! 今回は敵対役ともいえるカテーテル医師が登場しますが、敵対役ということでラストの展開はドラマ慣れた人ならすぐ分かるでしょうが、そこまでの経緯がちょっと薄い気がしましたね。さすがに「3」で打ち止めかな。
トイ・ストーリー2 4 前作もよかったですが今作もよく出来てます。あのシーンで泣かない人はもう人間失格でしょう。マジ泣きしました。ちょっと余計な演出?って思うようなところがややあったのは残念ですが、全体としては子供から大人まで楽しめる内容になってると思いますね。
トイ・ストーリー 4 子供向けに思えるディズニーCG映画ですが、万人に見てもらいたい良作です。シンプルなテーマは「物を大切に」ってとこにあると思うんですけど、それだけでは表現できないテーマが伝わってくるのがいいですね。私は2回見ましたがバズ・ライトイヤーがある事に気付いて呆然とするシーンでは2回共に泣いてしまいました。ほんといい映画ですよ!
医龍 Team Medical Dragon 2 5 前作から登場人物が結構増えてますね。シナリオ的には前作同様、手術中にマジかよ!っていう予想だにしない事が立て続けに起こって、それをチームで解決していくスピーディーな展開は衰えませんね。増えた登場人物のシナリオ部分がちょっと弱いかなと思ったりもしますが前作同様なかなか楽しめるドラマですよ。内田有紀のミステリアスな存在も味があっていいです。
カイジ 人生逆転ゲーム 3 心理戦ゲーム、デスノートやライアーゲームタイプの映画です。特に主人公が藤原竜也で友情出演として松山ケンイチが出てるのでデスノートを意識してるのでしょう。まあ内容突っ込んだら相当はちゃめちゃですねー それ殺人じゃん!とか普通の世界と思って見てはいけません。心理戦という部分では面白い部分ではあるんですが、さすがに2時間で3つのゲームを表現するのは無理があったように思えます。あと藤原竜也の演技が力入れ過ぎ! そこまで力入れたらえらい浮いてちょっと違和感ありましたね。天海祐希もあれで大金貸すなんて普通じゃあり得ない展開でかなり無理が・・・ 最後の金は結局どうやって??? 説明なしかよw
余命1ヶ月の花嫁 2 日本中が涙した感動の実話映画化です。内容も展開もラストもタイトル見れば分かるという映画です。最初に字幕で「明日が来ることは奇跡です」、これがいいですね。実話が元ですからドラマティックな展開や予想外の展開は当然ありません。そういう意味では映画としての単調さがどうしても出てしまってるところが仕方ないところですね。見たら泣くのは確実でしょう。映画としていいかと言われるとちょっと困りますが。
ルーキーズ −卒業− 3 ドラマは非常にいい出来でした。が、こちらは最初から作る予定だったのでしょうか? 何となくドラマがヒットしたから映画も作っちゃえ的な感想です。じっくり練りこまれて作られていないっていうのがドラマ版に比べたら確実に伝わってきます。特に天才新人はまだ分からなくもないですが、もうひとりの新人は一体この映画でどういう役割を持たせたかったのか作り手の意図さえ分かりませんでした。それと○○○での試合が一切情報すら出ないまま卒業ってどういうことなのか意味不明です。
スピリット 3 ジェット・リーのカンフーアクションものと思いきや、なかなかヒューマニックな部分が強い映画です。私のある時期の上司が「人は変われない」なんてほざいてましたが私は「人は変われるんです」と反論したことがあります。「人は変われない」って思ってる人は絶対にこの映画を見て欲しいですね。アクションよりその部分が一番監督もテーマとしたかった部分じゃないかと思います。中村獅童もなかなかいい人間役してますよ。私生活は私の中では竹内結子を泣かした極悪人ですがw
バイオハザード3 3 これはマッドマックス サンダーストームか?と思わせるような内容でゲームのバイオハザードとはかなり無関係な作りですね。というかいつの間にそんな技使えたんだwとちょっとびっくり。生存者もどんどん死んでいきますが、多く出てくるキャラに感情移入するような構成にもなっていないので悲しみも特に感じず構成の作りには難ありです。というか、おっさん、噛まれたら仲間にちゃんと自己申告しろよと言いたい。
バンテージ・ポイント 4 大統領がテロ攻撃されるサスペンスアクションです。聞いたことないタイトルでしたがなかなか楽しめましたよ。まず嫌というほど時間が戻ります。これはいろんな角度から起こってる事を理解させるためのものですが、しつこいぞ!と思いつつも「え、あれってそういうことだったのか!」と見る視点が変わると正反対に描画されているシーンが出てきたり非常に全貌が徐々に分かってくるという点ではなかなかですね。こういうタイプが好きならぜひどうぞ。海外ドラマLOSTファンには特にうれしい1本ですw
ナイトミュージアム 3 コメディー映画です。何も考えずに見るのが一番! 特にシナリオがこってるとか展開がすごいとかは何もないので見て楽しむってのが一番です。ちょっと子供向けっぽいというか、大人がじっくり楽しめるって感じではないですね。一番のテーマは親子愛でしょうが、そんなにたいした展開でもなかったです。
アイリス 3 韓国ドラマなのでよくある涙物恋愛物語かと思いきやアクションスパイドラマです。案外いい感じでシナリオは進んでいきますが後半に行くにつれてだんだん無理矢理っぽくシナリオをまとめて尻つぼみな感じはしますね。定期的に入る恋愛熱々演出も時間が長くて単に邪魔であれは蛇足でした。一番残念なのは誰もが思うでしょうラストの展開です。数分前から「もしやあのパターン? いやいやそれはアホな監督以外しないだろう」と思いつつも思いっきりそのパターンでただ呆然ですよ。次のシーズンが作られるようなのでどう続けるのかは興味あるところです。後半に行くにつれて無理な展開や何で?って思うところがところどころ出てきますが、こういうタイプが好きな人はまあ楽しめると思いますよ。
ディパーテッド 3 「インファナル・アフェア」をレオナルド・ディカプリオとマット・デイモン出演でハリウッドリメイク化したものです。ベースは同じですが、ディカプリオの正体を知ってる人間が2人いる部分が大きな違いで、そこがラストの展開に大きく影響を及ぼします。元の映画は大好きな作品なのですが、こちらは何とも有名俳優に頼りすぎなのか細かな演出面等では劣化してるとしか言いようがありませんね。ラストもオリジナル知ってる人にとっては「そうなの」みたいな展開でちょっと残念。見るなら確実にオリジナルをお勧めします。
アバター 4 CGグラフィックの質は相当なものですね。エイリアン系でよくあるのはエイリアンが住むとこ探して地球を見つけて皆殺しにして自分達が住もうとし、地球人がそれに対抗して地球を守るってパターンですよね。しかしこれは全くの逆です。地球人が自分達の利益のためにエイリアンを皆殺しにして侵略してやろうっていうパターンです。だから見れば見るほど何て人間は自分勝手でエゴイズムなんだと痛感させられます。今も普通に牛肉を食べて卵を食べてという生活も他の生き物を人間は自分達のために殺してる訳です。そういう人間としての汚さがよーく見えてくる映画です。あなたはどちらの種族を応援するでしょうか? 設定が逆って以外は別にたいしたストーリーがある訳でもないです。特に兄の死となぜ車椅子なのかは全然無意味に思えるんですが・・・
ラッシュアワー3 2 ジャッキー・チェンとクリス・タッカーのコメディアクションです。日本からは真田広之と工藤夕貴も出演。今までのシリーズとコンセプトは変わってないですが、とりあえず3作目作っとくか的なシナリオにしてもアクションにしてもやっつけ仕事っぽく感じる安っぽさを感じました。よくあるシリーズ物で進むほどつまらなくなるの典型パターンか。工藤夕貴がなんとも老けましたね〜
セックス・アンド・ザ・シティ・ザ・ムービー 4 多分シナリオ的にはこの前に30分ドラマとかあるんでしょうね。これを初めて見たので人間関係やら理解するのに最初戸惑いました。それでも理解は問題なく出来ますし、4人の女性達によるドタバタ恋愛・夫婦物語、そして友情がいい感じで描かれてますし、最後もうまくまとめられてて構成的にもいいんじゃないでしょうか? 女性が見れば確実に楽しめる内容だと思いますよ! タイトルからエロい内容なのか!と想像してしまいますが全然そんなことはありませんのでご安心を(?)
ライアーゲーム シーズン2 4 面白さ的には前作同様って感じです。しかし繰り広げられるゲームのルールが前作のようにシンプルではないので理解するのが大変なため、肝心の精神的な駆け引きが理解しづらい点が残念です。ゲーム終わった後も結局私には理解できなかったし・・・ 最後は映画に続けるため何となく中途半端な終わり方でしたね。
ライアーゲーム 5 超バカ正直の戸田恵梨香と天才詐欺師、松田翔太が金を奪い合うゲームに参加するドラマです。何と言ってもこんなバカ正直な人間はいないだろ!って設定がいいですね。金を奪い合うゲームですからいわばいかに相手を騙すかがポイント。バカ正直な人間が勝ち残れるの?っていう疑問がことごとく打ち砕かれるのがまたいい。精神的な駆け引きがドラマの大半をしめ、それがハラハラドキドキで一番の魅力と面白さでもあります。心理戦が好きな人なら確実にハマる面白さですよ。
フレンズ 5 マンハッタンで暮らす男女6人が繰り広げるドタバタ恋愛ギャグコメディです。とりあえず見てて笑い転げるほどの面白さが満載で楽しめるドラマですよ。1話30分ですがトータルはとんでもない量なので全て見るのが大変なのが難点かw たまに有名な俳優が登場して「おっ!」っとびっくりするところもいいですね! 日本とは国柄がこんなにも違うのか!と考えさせられる部分もあります。コメディ好きなら絶対に見ておかないと損するくらい面白いですよ! 笑いすぎにご注意をw
沈黙の追撃 3 沈黙シリーズにしてはめずらしくリアリティーのないマインドコントロールが出てくるので異色な出来になってます。まあそれ以外は今までと変わらずのアクションですが。序盤は組織的に誰がどの組織で敵なの味方なの?みたいにかなり理解するのが難しいほどキャラが出てきてこんがらがります。あと殺すシーンはかなりバイオレンス描画です。やっぱりリアリティーのないマインドコントロールはスティーヴン・セガールにはしっくりきませんね。
WHO AM I ? 4 ジャッキー・チェンのアクション映画です。ヒロイン?が日本人ってのはちょっと驚き。ケイン・コスギも出演してますがあまりのちょい役に笑いますw ジャッキーが人気あった頃のパワーを感じさせる出来ですね。アクションもカンフーもなかなかの出来ですよ! 普通に見てて楽しめるアクション娯楽映画って感じですか。アフリカのシーンはせめて原住民のセリフの字幕出してくれないと何言ってるのかさっぱりでちょっと無駄な気がしましたが・・・
医龍 〜Team Medical Dragon〜 5 開始早々すけこまし医者の話?と思いましたが、とりあえず素晴らしい出来のドラマです! 天才外科医が大学病院で繰り広げるドラマですが、見てて引き込まれていく絶妙なシナリオには感服です。だいたい医療ドラマは手術中に予期せぬことが起こって「どうする?」と見てる人をハラハラさせる訳ですが、その予期せぬことが予想を超えていてすごい! まれにみる傑作ドラマでしょう! 2話目は号泣必至です。しかし本当に大学病院がこんなんだったら怖くて絶対行かん!
名探偵コナン 漆黒の追跡者 4 コナンのテレビは面白いんですけど映画は正直たいしたものがないのが感想です。しかしこれはテレビ同様なかなか楽しめましたね。よくある2時間サスペンス劇場とか、テレビのコナンとかでも私はほとんど犯人は途中で当てられます。が、この映画はみごとにやられましたよ。コナンの正体が黒の組織にバレるところなんか「マジかよ!!!」とずっと見てる人には驚きだと思います。まあそのオチは見てからのお楽しみってことで。黒の組織が大きく絡んでるのでコナン自体を知らない人は見てもいまいち分からないでしょうからお勧めしません。コナンに詳しい人はぜひどうぞ!
エデンの東 5 韓国長編ヒューマンドラマです。メインテーマは愛で特に家族愛です。自分の命よりも家族の幸せを大切にするというのが当たり前なのが心に突き刺さります。ドラマの展開も非常に素晴らしく、ぐいぐい引き込まれていく内容はすごいですよ。2つの家族がメインですがひとつは貧困で家族愛満載、もうひとつは超金持ちで冷血無比というありがちなパターンですが、序盤の看護婦が行うある行為がとてつもない運命の激流を呼びます。その真実がいつ明るみになるのか!となかなか引っ張るところなんかはうまく計算されてますね。深すぎる家族愛がメインテーマですが、愛と憎しみは隣り合わせと言うとおりまさにその言葉通り後半は怒涛の壮絶な運命のねじれ具合が起こりまくります。少年期から青年期に変わるタイミングで一気に登場人物が増えてよく分からなくなったりしますが、ヒューマンドラマ好きなら必見のドラマですよ。
スパイダーマン 3 3 シリーズ完結編です。完結ということでいろいろと詰め込んだためどうもアクションシーン以外全てが中途半端な出来になってますね。主要人物の心の動きがあまりに安易というか無理矢理というか。特にフリーカメラマンがあれくらいで人を殺したいと思うのは無理矢理すぎでしょ。どう完結するのか見たい人には見る価値はあるくらいかな。あの黒いのは一体何だったんだ? シリーズの中では一番駄作でした。
ファンタスティック・フォー:銀河の危機 4 基本的には前作と流れは変わらないので前作楽しめたなら十分楽しめるでしょう。シナリオ的には銀河の危機(というか地球の危機)と設定が大きいのでシンプルではありますが、なかなかいろいろ入り乱れてて楽しめました。予想してなかったあのキャラも出てきますし。しかしあの軍のおっさんは嫌な奴ですけどちょっとあれはかわいそうだったw
24 -TWENTY FOUR- シーズン7 4 トーンダウンせずに相変わらずのサスペンス的面白さはなかなかですね。予想外の人が登場したりと思いっきり強引ではありますが楽しめます。さすがにこれだけ続けてると設定や展開に強引さが出てきてしまいますが、それでも十分楽しめる内容ですよ。最後はちょっと唐突でここで終わりかよ!って感じでしたが、まあまだ続くって意味なんでしょうw
ハッピーフライト 4 ジャンボジェット機を飛ばすのにいかに多くの人が携わっていて、細かい作業が裏ではされているのかよく伝わる映画ですね。前半はコメディタッチ、後半はシリアスタッチとなかなか構成的にもうまくまとまってて楽しめますよ。綾瀬はるかのおバカっぷりも光ってますw CA目指してる人は必見でしょう。あとカツラを愛用してる人も必見ですw
プラダを着た悪魔 4 さえない女性が超人気ファッション業界に就職して悪魔のような上司の下でがんばっていくサクセスストーリーって感じです。さえなくてスマートじゃない設定に主人公がなってますが最初から明らかに超イケてる女性に見えるのが設定的に無理があるかも。展開的には終盤まではなかなか楽しめます。が、最後の展開は正直拍子抜けですね。私が一番指摘したいのはあの浮気(時間軸的には浮気じゃない?)で一気に冷めちゃいました。所詮ただのスケベ女だったんだって残念無念。つーか何であんなことできるのか不思議。そういう部分以外はなかなか楽しめますよ。
メイフィールドの怪人たち 3 トム・ハンクス主演のコメディ映画です。隣に越してきた正体不明の隣人を町人達で調べようとするドタバタ喜劇って感じです。コメディとしての面白さはまあまあありますが、映画としての面白さといえばこんなもん?ってくらいですね。古い映画なのにスターウォーズのレイア姫がえらいおばちゃんになってるのはスターウォーズファンにはショックかもw
シャンハイナイト 4 展開もスピーディーでカンフーアクションも相変わらずでコメディーもあり見てて無難に楽しめる出来になってます。新キャラの妹がなかなかかわいくていいですよ。シナリオにコナン・ドイルやチャップリンや切り裂きジャックが登場するとこなんかも面白いですね。ジャッキーはさすがにおっちゃんに見えるけど。
ビッグ・フィッシュ 3 ホラ話ばかりする父親と喧嘩して不和になった息子とのヒューマンドラマです。半分くらいまでは父親の妄想の非現実離れした映像が続くだけで、へたするとここで見るのをやめる人がいるんじゃないかと思うほどつまらなく感じます。しかし父親の不倫相手と思われる女性に息子が会いに行くあたりから一気にヒューマン性が増しますよ。父親が言った2種類しかいないと言うところはまさに純愛を表現した衝撃のイベントですね。そしてラストはなぜか理由が分からないのに涙が流れてしまいます。前半のつまらなさは我慢して見て下さい。
ウォーリー 3 700年間ひとりぼっちで働いてきたゴミ処理ロボットのウォーリー物語。序盤はセリフもなく延々とゴミ処理するウォーリーの描画だけで「これって映画として成り立つのか?」と不安が。少し進むとテーマは機械によって便利な生活と自然一杯の世界と、どっちがいいの?的な感じと分かります。がしかし結局そのテーマも釈然とせず中途半端な感は強いですね。ロボットの恋物語として見た方がいいかも。しかしウォーリーだけずっと生き延びた理由が全く説明ないのはどうかと。あと一緒に出てくる虫はゴ○太郎? 食事しながら見る人もいるんだから登場させるのは正直不快でした。
24 TWENTY FOUR リデンプション 4 シーズン6とシーズン7の間を描いた単品映画って感じですか。大きく繋がりはないので単体でも楽しめるでしょうがシーズン見てきた人ならより楽しめるのは言うでもないかと。相変わらず超強いジャックは健在ですw シリーズのファンなら確実に見て下さい。
マリと子犬の物語 3 新潟県中越地震の実話を映画化したものです。犬好きには必見の映画ですね。人間と犬の命をどちらか選べといわれたらあなたならどうしますか? 実際にそんな状況になったとしたら人間を選ぶのが普通でしょうが犬の命は人間より劣るのか?と考えてしまう映画です。母の力は偉大すぎるっていうのをこの映画見たら実感すると思いますよ。
カーズ 4 その才能から自分勝手な性格のレーサーが、あることから田舎町に迷い込み繰り広げられる人生ドラマです。ちなみに登場するのはみんな車ですw しかしCGのクオリティーはとんでもないレベルになったもんですね。シナリオはとてもよくて万人にお勧めしたい映画です。よくある地位や名誉や栄光より大切なものって何だろう?というテーマがうまく表現されています。昔にぎやかだった田舎町がさびれていく光景は思わず涙してしまいました。
シークレット ウインドウ 3 ジョニー・デップ演じる小説家がある男に盗作しただろ!としつこく追い回されるサスペンスです。映画に慣れた人なら序盤で全貌が見えてしまうちょっと残念な構成ですね。序盤はなかなかサスペンスとして楽しめるんですが、クライマックス辺りはかなりトーンダウンです。特にラストは「これでいいのか?」というシナリオで何とも締りがない終わり方でした。
ナイト・オブ・ザ・スカイ 3 戦闘機ものが好きなら興奮間違いなしでしょう。CGを極力排除した実機による飛行シーンは圧巻ですごいです! シナリオは・・・ うーむ、序盤これはちょっと分かりにくいけどなかなかのシナリオか?っと思うんですが、何とも無理矢理まとめた感が強すぎますね。悪人達の最後は全てかなり強引な適当ぶりですし、あの悪人は結局??? 映像を楽しむ映画です!
恋空 3 気のせいかこの映画のメインテーマは私のホームページに書いてある第3の話「愛してるから別れよう・・・」に全くもってそっくりなんですが私のシナリオを盗作したのかw メインテーマは非常によくて涙必至です。まあ私には見てて100%結末が見えてましたがw しかし今の高校生はこれが普通なの?って私なんかは恐怖すら覚えますね。高校生が授業さぼって校内でエッチしたり・・・ 犬かよ! 動物で唯一人間だけが持っている理性は何処へ? そういう部分は見てて全く楽しめない内容でした。メインテーマは非常にいいだけに、ちょっとアンバランスを感じてしまう映画です。あと最近の映画には珍しくレ○プシーン(しかも被害者はガッキーという無茶苦茶な設定。事務所断れよ)があるのでカップルでは見ないように。
16ブロック 4 わずか16ブロック先の裁判所に証人を送り届けるだけの簡単な仕事のはずが、とんでもない事態に巻き込まれる刑事ブルース・ウィリスを描いたサスペンスアクション映画です。無茶苦茶さえないブルース・ウィリスのがんばる姿に必死で応援したくなるハラハラドキドキ感が絶妙でかなりいい感じですよ。刑事ひとりだけで立ち向かっていく姿はなかなかかっこよくて応援してしまいます。人は簡単に変わることなんて出来ないさって思ってる人にはぜひとも見てもらいたい秀作です。最後の方のあのシーンは絶対この展開だろ!と分かっていても決まった瞬間「よっしゃー!」と感激の雄たけびを上げることでしょう!
ボーン・アルティメイタム 4 シリーズ3部作完結編です。このシリーズが好きなら間違いなく見るべき作品ですね。ハラハラドキドキ感は音楽効果もあってなかなかのものですよ。アクション的にもサスペンス的にも王道ですがまとまってましたね。
硫黄島からの手紙 4 圧倒的不利な日本兵とアメリカ兵の硫黄島での戦いを描いた戦争映画です。戦争映画を見るたび思うのはなぜ国はこんなバカなことをするんだろうという事です。尊い命が無駄に失われていくやるせなさをいつも痛感します。この映画もその部分を非常に生々しく描かれた作品です。何のために戦うのか疑問を抱くものや国のため命を捨てるもの、なかなか人間模様もうまく現されていると思います。特にあの犬のシーンは怒りと悲しみが爆発するでしょう。自決のシーンは恐ろしく壮絶です。難を言えば嵐の二宮が子供のいる夫役にしては若く見えすぎかな。
ミリオンダラー・ベイビー 4 ラスト30分くらいまではまさにロッキーを思わすような感じです。無名の若くない女ボクサーをクリント・イーストウッドが育てていくって感じで。しかしラスト30分は思いっきり内容が変わり涙なしでは見れない残酷な現実を見ることになります。ヒューマンドラマとしてはなかなかいい感じですよ。しかしあの腐りきった家族は見てるだけでムカつきますよ! 目の前にいたら殴り倒してる事でしょう。
クラッシュ 3 人種差別をテーマにしたシナリオが並行していくつか話が流れていきます。そして最後には全てが繋がっていくってな感じのヒューマンドラマです。日本では実感できない人種差別が痛烈に伝わってくるのはやはり日本人だからなのか? テーマが重いですからそういうのがダメな人は全然楽しめないでしょう。黒人の女の子がすっごいかわいいです。そして透明のマントが繰り出す衝撃のシナリオ! ここはとてもよかったけど、それ以外はまあ普通かな。
トランスポーター2 4 単純明快に楽しめるアクション映画です。前作が楽しめた人には何も考えずに楽しめるでしょう。カーチェイスやカンフーアクションもグレードアップしてますし。その分、見せる手法に走り過ぎてシナリオ的な部分は前作よりダウンって感じですかね。悪役の女がかなりいい味出してますよw
トランスポーター 4 とりあえず何も考えずに楽しめるアクション映画です。プロの運び屋が災難に巻き込まれていき、かなりブッ飛んだカーアクションや格闘やら楽しみますよ。しかし主人公はこんなに強くていいのかwってくらいに強い! あり得ねー! しかしヒロインがあまりかわいくないのがちょっと・・・
オール・アバウト・マイ・マザー 2 移植コーディネーターの母と息子が出てきて映画が始まるので大抵の人は「ラストは息子が死の病気になって母が自らを犠牲にして助ける感動作だな」と思うでしょう。世界の女たちが涙した感動作らしいので。ところがどっこい全く違います! うーむ、なんと説明していいのかもよく分からない映画ですw メモ帳には感動したけど本当に感動作? 女性が見ると全く違うのかも?
ガタカ 3 遺伝子の優劣においてのみ人間の価値を決められてしまう未来を舞台にしたSFドラマです。SFといいつつあまりSF感はありませんが。ヒューマンドラマ的な感が強いですね。めずらしく遺伝子操作されずに普通の子作りで生まれた劣性遺伝子を持つ兄イーサン・ホークが夢のためにエリートに偽装するという内容です。終盤の医師とエリートの行動は映画としては動機が語られていなく見る側で考える必要があります。そういうのが好きならぜひ!
死ぬまでにしたい10のこと 2 23歳の結婚している女性が余命2ヵ月と宣告され、残りの人生をどう生きるかっていうよくあるパターンです。家族にたくさんのメッセージを残したり、そういう部分はいいんですが、死ぬまでにしたいことに夫以外の男とエッチするという不倫が入ってるのが致命的に映画を壊してます。女も実は浮気がしたいってことなのか? そういう考えが存在するってだけでがっくりな映画です。しかもちゃんと夫は愛してるし、夫は全く気付かないって事は世の中こんな事が日常茶飯事なのかとさえ思ってしまいました。夫にバレたら家庭が壊れるとか心に傷をつけるとか思わなかったのでしょうか? 不倫相手にも自分を好きにさせといて自分は死ぬわけだから相当辛い思いをさせるってことすら分からない身勝手女映画? それ以外はそこそこいいだけに残念な映画です。
守護神 4 日本の「海猿」を見たことある人ならほぼ同じような映画と思ってもらったら分かりやすいと思います。伝説のレスキュースイマーのケビン・コスナーが才能ある若者を育てるって感じの内容です。話の流れ的には王道なので読みやすい流れではありますね。無難な仕上がりって感じでしょうか。最後はプチ感動。とりあえず海って怖い!
素晴しき哉、人生! 4 1954年のかなり昔の映画です。家族や周りの人間を大切にするあまり自分を犠牲にしてしまう人生を送る兄の主人公。そしてムカつく悪人のおかげで最悪な事態へと追い込まれ、もう自殺しかないと決意をする。果たして奇跡は起こるのか?っていう感じのヒューマンドラマです。人生にとって大切なものは何だろう? 金や名誉より大切な物はあるんじゃないの?なんてありきたりのテーマかもしれませんが最後は必ず号泣する事間違いありません。これで泣かなきゃ人間やめるしかないでしょ! ぜひ感動してください。
ミスト 1 町を包む霧の中に何かが!っていうトレマーズのような感じがして序盤は期待! が、神信者の変なおばはんが出てくるとまず怒り爆発です。私は神を信じない人間ですがあやつは信じる人間でも張り倒してしまうでしょう。内容的にはトレマーズっぽいんですが映画としては比べるほどもない内容です。主人公も「ここを出るな」と言ってたのに今度は「出ていく」とか、なんというか生きるための芯がぶれまくってる感じです。映像もかなりグロいので苦手な人は見ない方がいいでしょう。最後の展開はもう呆れますよ。ああする意味がまずないですし、とんでもない結末を作るために無理矢理そうしたって感が強すぎて拍子抜けです。後味が悪い映画が好きなユーザーは絶対に見るべきですが。
ギルバート・グレイプ 2 ジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオという豪華な顔ぶれ(かなり若いけど)ディカプリオが知的障害をもつ弟、デップはその兄、そして姉妹とすごくふとってしまった母親の家族をベースとした映画です。不倫なんて絶対に許さない私なのでいきなり兄が不倫してることでテンションダウン。兄の心の葛藤という表現はなかなかいい作品だとは思いますが、いいところはそれくらいか。
スモーク 3 下町に生きる3人の男を中心としたヒューマンドラマです。起承転結みたいな起伏がある訳でなく本当に町の中の生活を描きながら人間の心を映し出しているって感じの映画ですね。若い人が見ても面白くないかもしれませんが人生後半になって見たら心に響く映画かも知れません。
愛という名の疑惑 4 リチャード・ギア主演のサスペンス映画です。序盤はちょっと退屈な流れですが中盤から一気に流れるようなサスペンス展開でいいですよ。映画に慣れた人ならある程度見た時点で大筋は分かってしまうと思いますが、それでも楽しめましたね。とりあえず美人には気をつけろって事ですかw しかしユマ・サーマンってキルビルではそんなに思いませんでしたがなかなか魅力的です。
ナショナル・トレジャー 4 冒険家アクションアドベンチャー映画ですね。インディージョーンズみたいな感じかな。最初の数分みて「これって駄作か?」と思ってしまったんですがあるイベントが発生してからはまさに冒険家アクションアドベンチャー映画の流れで楽しめました。中だるみもなくテンポよく進んでいくのでこういうタイプの映画が好きなら楽しめると思いますよ。すごいいい訳でもなく悪い訳でもないって感じです。
マイ・ライフ 4 ガンを告知され余命僅かの父親が産まれてくる子供のためにビデオを残すという感動ものとしてはパターン的なシナリオといえばシナリオですね。家族の絆というものの大切さをうまく表現されている映画と思います。号泣必至ですのでタオルを用意して見ましょう。特に親と仲が悪い関係のままずっと過ごしてきた人には絶対に見てもらいたいですね。
アイアンマン 3 なんか前半は主人公の女癖が悪い話でヒーローには全く思えずなんだかなぁと思いましたが、主人公が心を入れ替えてからは(女癖は相変わらず)ようやくヒーローものっぽくなってこういうタイプの映画が好きなら楽しめるでしょう。スーツ装着とかロボットアクション的なシーンはなかなかリアル感があっていいですよ。シナリオ的にはよくある単純でちょっとひねりはありますが登場人物の顔を見ていれば簡単に想像できる展開なのでアクションを純粋に楽しむ映画ですね。
少林少女 2 この映画の狙ったところは多分少林サッカーなんでしょうね。少林サッカーの登場人物も出ていてサッカーの話しているのでつながりがあるといえばある感じ。が、残念ながら少林サッカーのような映画だと思って見たらとんでもなく後悔します。サッカーの代わりにマイナーなラクロスという設定ですがスポーツ映画と思いきや格闘ものも取り入れたためシナリオ的なものはひどい。この映画は確実に柴咲コウファン向けの映画であってそれ以上の価値はありません。
ボーン・コレクター 3 体の自由がきかない寝たきり元刑事デンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリー警官が残虐事件を追うサスペンスです。デンゼル・ワシントンが少ない情報から的確に事件の詳細を見抜いていくあたりは頭脳戦としてなかなか面白いですが、あれだけの情報でそこまで分かるか?ってな疑問は出てしまいますねー あれくらいの刑事をたくさん育てたら犯人はすぐつかまっていい世の中になるでしょう。現場にジョリーひとりしかいつも入らないのは正直納得いきません。犯人まだいて殺されたら責任とれるのかよって感じです。で、サスペンスとしての肝である犯人は「き、君?」ってな感じで何か動機も無理矢理っぽくてちょっと残念。
犬と私の10の約束 3 10の約束というのがすごくいいですね。その内容を聞くだけで泣いてしまいます。犬を飼う人は10の約束は絶対に守って欲しいものです。かわいいから飼ったという身勝手な飼い主が最近多いので。人間より寿命の短い犬の話ですから展開は誰でも読めるでしょうがそれでも泣いてしまいますね。ただ映画としてはそんなにいい作りではないかと。特に中途半端で唐突な恋愛話が邪魔に感じました。いきなり手つないで恋に落ちるなよwって感じで。多分恋と犬のどちらが大事なのっていう比較に使いたかったのだと思いますが、もっともっと犬との絆をメインにした方がよかったと思います。星進が引っ越した後に飼われてた家ばどこだったんだ? 犬が逃げ出したシーンです。犬逃げたのに謝りにも来ないし主人公も責めるシーンもないし・・・ あれは謎だ・・・ 映画の構成として省略しすぎでしょ。
クローズZERO 2 不良学生の喧嘩バイオレンス映画ですか。高校にヤクザが押し入ってくるって先生何やってんだよw つーかこの学校先生いるのか? 一回も映った記憶がないんですけど。この映画はどういうテーマなのでしょうかよく分かりません。見てる限り喧嘩はかっこいいんだぜ!みたいな助長するような映画にしか見えませんね。友情とか絆もたいしたことないですし小栗旬のファン向け映画と考えるのが一番なのか? 山田孝之のジャーマンスープレックスとDDTはやるな!って思いましたw ドロップキックは練習不足だな。こんな高校が本当にないのを祈るばかりです。
おくりびと 3 納棺師という馴染みのない仕事をテーマとした映画です。序盤はかなりコミカルで笑いますよ。特に面接のシーンは爆笑です。あんな面接だったら不況も吹き飛ぶでしょうw 死をテーマとしているので涙は必須です。最初の仕事だったかちょっとエグいので食事中には絶対見ない事をお勧めしますね。シナリオ的には映画に慣れた人ならラストの展開は簡単に読めてしまうのが残念。しかもその時の心情の変化が全然描かれていないですし、大きな謎も何の説明もないまま終わってしまうのはなぜ? つーか最後あれで終わり? もっくんが広末涼子の胸をまさぐるシーンでうらやましい!と思ったのは私だけじゃないはずだぁ!
レッドクリフ Part 1 4 三国志のお話です。昔にマンガを読んでとても好きだった三国志の映画という事でうれしいですね。戦いの中での人の人との絆と勝つためにはどう戦うべきなのかという戦略の駆け引きというのがうまく表現されてます。三国志が好きな人は必見ですよ。気になったのは大群の兵士たちはエキストラなのか表情とかがあまりにもプロの仕事でなく素人芝居でトーンダウンしてしまう点が残念。ジョン・ウー監督はあれでなぜOK出したのだ? それとラブシーンはいらないでしょ。映画にラブシーンは不要だと私は思っているのであれはかなり余計でした。戦いのシーンでは血がドバドバ飛び散るので生々しいです。とりあえず続編が楽しみですよ。
ROOKIES (ルーキーズ) 5 テレビドラマ全11話のやつです。不良たちの野球学園ドラマですね。いきなり部室をラブホ代わりにしてたり普通に煙草吸ってたりと無茶苦茶な設定でこんなのいいのか?なんて思いますが、友情や野球に対する純粋な気持ちがすごくよく表現されていますね。もちろん感動もあり涙必須です。こんな生徒のために尽くす先生なんて絶対いねーよ!っていう設定が見てて一番感動します。こんな先生いてくれたらなぁなんて誰もが思うでしょうがそこはドラマですw まずいません。ヒットしたドラマなので見た人は多いでしょうが見てない人はぜひとも見て下さい。お勧めですよ!
シルミド 4 北朝鮮のトップを暗殺するために訓練される犯罪者の訓練兵達の話です。実話を基にしてる映画ですがもちろん全てが本当の事実ではないでしょうけど国家という恐ろしいものには恐怖すら覚えます。最後の方は泣かずにはいられないある意味感動作品って感じもしますね。最初の方の訓練シーンが長くてあまり意味がないのでもっと人間模様を描いてくれれば非常にいい作品になったかも。
チーム・バチスタの栄光 3 非常に難しい心臓手術で患者が死ぬ。これは事故なのか殺人なのかというサスペンス映画です。竹内結子と阿部寛の対照的な人間像がなかなか面白いですね。二人の医師を呼んで犯人が分かったと説明する謎解きのシーンは非常に衝撃的でした。なるほど! あの違和感はそういうことだったのか!って。しかし最終的な動機は「なんじゃそりゃ」というかなりお粗末なもので台無しに。サスペンスといっても必死で見ようが犯人は絶対に分かりませんよ、あれじゃ。
ブロークン・アロー 4 ジョン・ウー監督ハリウッド第2作目のアクション映画です。アクション映画として見ていて単純に面白くて楽しめます。ジョン・トラヴォルタのぶっ飛んだ悪役ぶりもいいですね。公園監視員のサマンサ・マシスが主人公のクリスチャン・スレイターに負けないほどの異様な強さにはびっくりしますよ。
スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲 2 役者たちの何とも言えない陳腐な演技が笑いますね。シナリオもはちゃめちゃというか悪人は何が目的だったのかもいまいち理解しにくくて残念。まあアイドル映画として見るのが目的って感じですかね。浅香唯ファン向け映画って感じです。ファンでない人にはあまり楽しめないかと。
ファイナル・デッドコースター 3 ファイナル・デスティネーション3と言った方が分かりやすいか。なんで毎回名前変えるのか不思議だ。内容的な構成は1,2とほぼ同じと思ってもらったらいいでしょう。ただつながり的なものはないに等しいのでシリーズファンにはちょっと残念かも。今までと大きく違うのは死に方の描画がかなりエグい事です。こういう映画にグロさはいらないと思うだけに残念。何といっても見どころはヒロインでしょう! ダイハード4.0では全然思わなかったのですがこの作品ではすごいキレカワイイ女の子で超最高です! 結局最後はどうなったんだ?
デッドコースター 3 サスペンスホラー、ファイナル・デスティネーション2と言えば分かりやすいか。冒頭の事故シーンはかなり迫力あって圧巻です。内容的な構成は前作とほぼ同じって感じですね。前作の登場人物も出てくるので前作見てからの方が楽しめると思います。前作楽しめた人にはお勧めです。
ジャンパー 3 戦闘アクションシーンなんかは瞬間移動をからめ、なかなか迫力あっていいです。が、瞬間移動を利用して銀行から大金盗むのは主人公がやるべき行動じゃないでしょ。悪役がするなら分かりますが主人公がするという描画で映画としての品格を疑いますね。X-MENとかでもそんな描画ないですから。またヒロインが数年ぶりに会った主人公といきなり海外旅行OKしてねんごろになるなんてどんだけ尻軽女なんだ! こんな映画作るから世の中の風紀が乱れるんですよ。シナリオ的にも特によく考えられている訳でもなくアクションシーンだけが楽しめるくらいかと。
トランスフォーマー 4 ロボットの変身するシーンはすごいですね! CG技術の傑作じゃないでしょうか。ストーリーは宇宙人が地球を侵略するというようなパターン的にはよくあるものですが、アクションシーンが非常に迫力あって見てて楽しいです。時々出てくる笑いのシーンも味付けなってて面白いですよ。難点はロボの戦闘シーンがごちゃごちゃになって敵か味方かいまいちよく分からなかった点とキューブの存在価値がかなり重要なんだという感が全然伝わってこない点ですかね。それととってつけたような恋愛シナリオはいらなかったんじゃない?
L change the WorLd 3 デスノートのスピンオフ作品ですね。シナリオ面が正直時間かけずにとりあえず作ったなって感が非常に強い気がします。特に悪玉が人間関係やら位置づけやらさっぱり分からないですし、「K」のいきさつが全く説明されないのはかなり残念です。数学天才もどんなすごい役にたつのかと思いきや拍子抜け。そういう部分をもっと詰めて作ればよりいい作品になったかも。デスノート映画を見てからでないと分からないシーンは多いので単品では見ないように。しかしなんで南原がFBI? 合わなさすぎ! 最後のシーンはデスノート映画しか見てない人には全く分からないでしょう。見るなら原作全て読んでからがいいかと。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 4 始まった瞬間は続編は怪獣映画に変わったのかとびっくりしましたw 前作同様に人と人とのつながりや思いやる心と愛、そういうものがとてもうまく描かれている映画です。今の時代では考えられないような近所の人達による助け合いなんて見るといつの時代から今のような世の中に変わってしまったんだろうと残念に思います。世の中が便利になった結果、心というものがおろそかになっているんだなと痛感させられる映画です。前作見てないと人間関係は分からないでしょうから必ず見てからこちらもどうぞ。
Mr.インクレディブル 4 アニメだから子供向けか?と思いきやとんでもない! 誰が見ても十分楽しい娯楽映画ですね。ベースは家族愛なんでしょうがそんなに大それたものではなく、とりあえず見てて楽しいっていう非常にシンプルなアクション的映画だと思います。しかしアニメ映像もここまでリアルな世界になったんですねー
ダイ・ハード4.0 5 1は大好きでDVDも買いました。2,3はちょっと普通になったって感じで今作はどうだろと心配したんですがいやはやパワーは復活です! アクション映画としての出来に関しては文句のつけようはないでしょう。文句をつけるなら「ブルース・ウィリス、お前は不死身かw」ってくらいですかね。今回はサイバーテロという今までとは違った内容でなのでコンピュータにかかわる仕事をしてる人ならすっごく楽しめると思います。とりあえずアクション好きなら必見の映画ですよ。しかし本当にあんな簡単に世の中って混乱してしまうのかちょっと怖い。
奇跡のシンフォニー 5 養護施設の子供が親を探そうとする音楽をベースにしたヒューマンドラマです。序盤を見ればラストまでの展開はほぼ想像できると思いますが、それでも生きる力強さを非常に素晴らしく描かれている映画ですね。主演のフレディ・ハイモアの生き生きとした表情がまた素晴らしいです。大人から子供までたくさんの人に見てもらいたい完成度の高い映画ですね。音楽に触れてる人にはぜひ見てもらいたいです。音楽というものの素晴らしさを実感できると思いますよ。お勧めです! ロビン・ウィリアムズの帽子がちょっとかっちょ悪いんですけどw
ブラッド・ダイヤモンド 4 ディカプリオの悪人ぶりがなかなかいいですね。しかし本当にアフリカではこんな事があったのかすごい心配と恐怖を覚える事でしょう。戦争というものがまざまざと残虐に表現されているのでそういう部分はかなり衝撃のある映画です。アクションシーンも迫力ありますし、国も考え方も違う人と人との交錯する心の変化というものもうまく現せてる映画ではないでしょうか。豊かな国があれば貧困な国もあるという現実をこの映画を見れば痛感するでしょう。ダイヤモンドという巨額の金になるものが引き起こす出来ごとにいろいろと考えさせられる映画だと思います。最後は涙を流すと思いますよ。
犯人に告ぐ 3 幼児誘拐殺人事件を題材にした刑事ドラマって感じですか。冒頭の身代金引き渡しシーンはなかなか緊迫したものがありますね。ただサスペンスみたいに犯人が誰なんだ?というような展開は全然なく驚くような衝撃はないのでちょっと残念。メインは警察内の管轄争いや見栄・プライド争いといったところがメインなような気がします。本当にあんな汚い連中が警察官として働いているなら何であんな奴らに税金払わないといけないんだって思ってしまいますよ。映画の演出として非常に残念なのは素人でも分かる「敵に背中を見せるな」っていう当たり前の事がシナリオ展開のためとはいえ普通に使われているのにはがっくりしました。結局やっぱりなって展開でなおさらがっくしでしたよ。
最高の人生の見つけ方 3 2人の老人が死ぬまでにしたい事を紙に書いてそれを実行していくというヒューマンドラマです。人との出会いで大きく人生というものは変化するんだなと実感させられる映画ですね。それは歳がいくつになっても変わらないんでしょう。最初のシーンで「こういう展開か」と思わせて実は最後で「なるほどな」っていう演出はなかなかいい感じでした。ヒューマン的な面がメインの映画なのでそういうのが好きな人なら感動できると思います。まあしかしこの内容が成立するためにはとんでもない超大金持ちか、その友達にならないと絶対に成立しない訳で私みたいなお金ない人間にはちょっとくやしい思いがしてしまいますよ。
ユナイテッド93 3 世界を震撼させたアメリカ9.11テロを描いたノンフィクション映画ですね。テロをする人間の気持ちはどうあがいても理解できないですが、その行為のおかげでどれだけの人の人生が破壊されてしまうのかを痛感できると思います。実際にも大混乱が起こったのは間違いないでしょうし、映画でも大混乱で管制塔やら軍隊やらてんやわんやで大混乱になりパニック状態というのがよく伝わります。ただ映画としては出てくる登場人物の関係がよく理解できず、実際の現場と同じように何が起こってるのかさっぱり分からないというのが本音ですね。ノンフィクションですから当然意外な犯人や大どんでん返しもない訳でドキュメンタリーを見るという気持ちならいいでしょうが映画を楽しむという意味で見ても楽しめないと思います。あのテロで亡くなった方々にはご冥福をお祈りたいです。
相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン 4 人気テレビドラマが映画に! 好きなドラマなので見てみました。なかなかいいじゃないですか! ただドラマ見てない人は人間関係のインパクトが分からないからお勧めはできないかも。テレビの主要人物がかなり登場するのでその関係が分からないとつらいでしょう。冒頭の戦車は何? 何で中盤で犯人が分かるんだ? とかそういう作りはさすがと言いたいですね。ベースになる誰かのために自分の人生を役立てるというなかなか普通の人にはできない行動が大きなテーマです。そして政府という裏がどす黒い世界を痛烈に表してるのではないでしょうか? 本当の政治がこうでないことを祈るばかりですが・・・ 最後には大きな感動で涙必至です。残念なのはチェスですねー 正直日本には馴染みがあまりないので他のものにして欲しかったです。つっこめばいろいろ疑問点もあるんですがドラマファンならぜひ!
僕の彼女はサイボーグ 4 なかなか素敵な映画です。綾瀬はるかファンは必見か。タイトルから彼女がサイボーグだけど主人公が最終的にはサイボーグを本気で好きになってしまうってなあらすじがまず想像できますよね。基本的にはそのパターンですがそれだけでは終わらないのがこの映画のすごいところだと思います。そのパターンで終わりかと思ったらまだ続きがあります。多分大抵の人がその続きを見て何がどうなってるの?って不思議な感覚に襲われることでしょう。そして全貌を理解した頃には最初の主人公が思い出したように語るシーンがここにつながるのかと正直演出のお洒落さを感じましたね。主人公が故郷を見に行くシーンは素敵な音楽が流れ心洗われるような清々しい気持ちにさせられました。無差別殺傷事件を起こそうとする犯人がなんでわざわざイタリアンレストランなんか選んだのかかなり意味不明。あとあんな変な大学の先生なんていないだろ!っていうあの演出も意味不明でしたが。
天使のくれた時間 4 特撮も何もなければシナリオ命っていうパターンの映画です。しかしそれこそが映画の原点でしょう。人生で一番大切なものは富や名声ではなくてもっともっと素晴らしいものがあるんだという事をうまく現せている映画だと思います。ヒロインのティア・レオーニの演技が非常にいいですね。ニコラス・ケイジより光って見えました。大切なものを失いかけている今の時代の人達に見てもらいたい映画です。
ポセイドン 3 かなり昔のジーンハックマン主演「ポセイドンアドベンチャー」のリメイクですね。そのままでなくかなり人間関係はアレンジされています。簡単に言うとポセイドン・アドベンチャー+アルマゲドンか。CGはかなりのすごさでパニック映画としての迫力はなかなかのものがありますよ。が、人間模様が正直ないに等しいので単なる映像パニック映画になってしまってる感が強すぎますね。その点では前作の方が見ごたえがありました。しかしなんで子供も大人も水中であんな長い時間息止められるんだw 外人は肺の仕組みが違うのか? 私なんか10秒くらいで限界ですよ。気になる点がひとつ。序盤で2人死ぬより1人だけ死んだ方がましなんだって1人殺すシーンがありますが、いくら映画でもあれはだめでしょ。映画は子供も見てるんですよ。命の尊さを軽視するような脚本には残念でした。
フライトプラン 3 飛行機に乗ったら寝てる間に娘が消えていた! 誘拐か? しかし誰も娘を見た人はいない。母親の狂言? なんていう出だしで密室の飛行機内で何が思ってるのだ? というサスペンスものとてしはなかなか楽しませてくれますよ。しかしかなり無理も。内容にはふれるとまずいので書きませんがやっぱり普通に考えても無理な設定だろ?って感はちょっと強いかな。しかしいくら母親の愛情がすごいものだというものを描きたいといってもあれだけ周りの人間に迷惑かける自己虫ぶりはだめでしょ。
ゲド戦記 2 序盤でいきなり○が刺されて何じゃ? つーかマジで意味分かんないんだけど・・・ なんとなくテーマ的にナウシカのような自然と人間の共存って感じで進むので期待! が、あまりそれらしき展開がなかなか出てこないけどなぜに? ん? もしかしてこの映画って単に2人の魔法使いvs魔法使いっていうだけの話で終わってるような気がするんですけど。あの剣、抜ける抜けないの意味も全然ないしとすっごい拍子抜けに進んでいく映画でした。で、テーマは何だったの?
日本沈没 3 なかなか迫力ある映像で日本もちゃんとした特撮作れるんだと実感させられました。内容は日本版ディープインパクトって感じでしょうか? もしかしてパクり? シナリオ的には無理がある展開もありますがまあまあですかね。ただ2人がいきなり唐突に恋愛感情になっていて訳分かりませんでしたが。はしょりすぎだろ! あとは草〓剛の演技力が物足りないのがなんとも。周りの脇役俳優の方がよっぽど演技が光ってます。
どろろ 3 大昔に読んだ手塚治虫マンガの実写化ですね。もうすっかり読んだのは昔で内容忘れてましたが、見ていくうちに思い出してきました。さすがに手塚治虫作品! 親子愛というものがいい感じで描かれていると思います。残念なのは登場する妖怪があまりにも陳腐な事です。まるで小学生の夏休みの工作みたいに笑ってしまいそうなくらいチャチくていいシナリオが台無しです。柴咲コウもミスキャスティングですね。どろろを演じるにはちょっと違和感がありました。
キングダム/見えざる敵 3 テロと戦うFBIの話しですが国と国との複雑さがよく分かる映画です。そういう意味では日本人には見てもらいたいと思いますね。サウジ人の顔がよく似ててこんがらがるのは仕方ないか。銃撃戦や車のシーンなんかは非常に迫力のあるリアルなものに仕上がっています。テロの背景に何があるのかとかそういうメッセージを読み取ることの出来る映画です。最後の2人のコメントには重く考えさせられるものがありますね。
X-MEN ファイナル ディシジョン 3 これで完結でしょうか? 最後見るとそうでもないような・・・ 前作見てないとまず面白さ半減なので必ず見てから見ましょう。まあ見てた私も時間空いたせいでジーンの回想描画が物足りませんでした。あそこはもっときっちりと構成を考えて欲しかったですね。内容的にはなんか普通のアクションになってしまったかなぁって感じです。何にしてもこの映画の最大のポイントはスコットの存在でしょう(笑)
SAW4 ソウ4 3 エグいゴア表現は最初だけでそこからはあまりなくて一安心。でも最初はエグいけど。今までのシリーズで一番つまらないです。犯人もそんなに意外ではなく一番の難点は時間の観点が非常に分かりにくい事です。見終わってから整理してもやっぱり理解できないくらいよく分かりません。結局何がどうだったのか分からず、かなり残念。今までのシリーズは見てからでないとまず内容さっぱりだと思うので見るなら前作まで全部見てからにしましょう。結局、何がどうだったんだぁ〜!
ザスーラ 3 世の中こんな中の悪い兄弟がいるのか?という設定にまず驚きです。変なゲームしたら宇宙にいってゴールしないと戻れなくていろんな危機が発生します。ただそういう演出が子供向けって感じで大人が見てハラハラドキドキするかは微妙です。特にお姉さんの存在は完全なオマケでいらなかったのでは?と思いました。宇宙飛行士の展開はちょっと感動してよかったかな。
アイ・アム・レジェンド 3 CM見た感じではどんな映画かはよく分かりませんでしたよね。誰もいない町中でゴルフしてたり。序盤すぐにその意味は分かります。ガンの新薬で人類が滅亡してひとりと犬一匹だけ生き残ってる世界ってな感じです。しかしそこからどんな展開が?と思いましたが序盤から定期的に音で驚かせる初歩的なホラー表現が出てくるのでホラー?と思いきやまさに○○ビ映画ではありませんか! そのジャンルとしては別にたいした展開でもなく無理矢理な展開もありちょっと残念。特に最後の展開はそんな必要あるの?っていう超無理矢理で動機もしょぼくちょっと残念でしたよ。
ソウ3 SAWV 3 やはり「1」が素晴らしい出来だっただけにそれにはおよばないですね。もちろんシナリオ的には十分考えられていて楽しめますよ。1と2は見てからでないと面白さも半減すると思います。とりあえず今回はかなりエグいゴア表現ですのでダメな人は見ない方がいいかも。特に私みたいに食事しながら見るのは厳禁ですw 映画見終わった後は豚肉が嫌いになること間違いなし! 結構突っ込みどころがあるのはさすがに無理が出てきたか?
君に読む物語 4 一目惚れで恋がうまくいくってパターン、映画では多いですね〜 実際にはそんなうまくいかないものなんですけど(俺だけ?) 映画慣れしてる人は最初の数分で全体の構想が分かると思います。○○症がベースにある映画だと。ヒロインが非常にきれかわいい娘でいいです! 内容はよくあるパターンといえばパターンですが貧乏な男と高貴な娘の恋物語ですかね。親に反対されて引き離されるみたいな。王道ですがうまくシナリオは組み立てられているのでよかったです。十分感動もできます。最後の奇跡は悲しくも美しい奇跡でした。一番好きなのは娘が愛する男のためにずっと操を守ってた事です。今時こんな娘いないよなぁ〜 いたら即結婚する。
GOAL! ゴール! 4 サッカーでアメリカンドリームをってな感じの映画です。サッカー知らない私も楽しめる、まあいわば王道の展開ですかね。見てて自然に応援したくなる魅力がありますよ。しかしあんな簡単に恋が実るなんておいおいって感じですが。
Kanon カノン 4 私はドリキャスで始めて体験して真琴の話で号泣して大好きになりアニメ版も全24話見てみました。ゲームでは別々の話しをひとつにまとめるのは難しいのではと思いましたが非常にうまくまとまってますね。感動号泣必至です。絵に抵抗なければぜひ見て下さい。
28DAYS(デイズ) 3 酒やドラッグの中毒者を教育するための治療センター?が舞台というあまりないタイプの映画ですね。サンドラ・ブロックが徐々に人間として成長していく様子がユーモラスとちょっとした感動でうまく描かれていると思います。最後の展開はもうひとひねり欲しかったかな。
24 -TWENTY FOUR- シーズン6 4 最初の頃のパワーはないですがテロサスペンス物としては十分に楽しめますね。最後はちょっとがっくしですが。見出すと止まらない中毒度も相変わらずです。副大統領が憎たらしく見えますが、そこがまたいいんでしょうね。適任です! そろそろネタ切れって感じですけどまだ続きでるのかな?
ファインディング・ニモ 3 魚のお父さんが子供を助けるために大冒険するCGアニメです。しかしCGの技術はすごいものですね! こんなに美しくてリアルな世界が描けるとは正直驚きですよ。ストーリーは定番的な笑いあり感動ありって感じの内容でファミリー向けというかやや子供向けって感じがしました。シナリオはちょっと単調でどんでん返しも別にないのでそういう部分ではちょっと退屈かも。最初の大きな出来事がいまいちどうなったのかよく分からなかったのが残念でした。まあこういう映画を見てる時はなぜか魚を応援して人間が憎たらしく見えるのは不思議ですね〜
TAXI NY 4 これって○○○○だったんですね。最後で分かりましたよ。コメディー要素が強いのでコメディー映画が好きなら絶対に楽しめますよ。カーアクションもかなりスピード感と迫力があるのでいい感じです。犯人の女どもは超綺麗でセクシー! 警部補もキュートで最高! しかし胸開けすぎだろ! そんな警部補いないって! 主人公の警官はいくらなんでも運転能力がありえないくらい下手すぎて面白い。もうひとりの主人公がかわいかったら最高だったかな。
ゴッドファーザー 4 360の同タイトルゲームを遊んで面白かったのでDVD借りに行って見ました! とりあえず長い! 3時間近くありますね。銃撃戦ドンパチっていうのはあんまりなく、どちらかというと登場人物の心理的な駆け引きや裏切り、復讐に燃える怒り、家族の絆ってのをうまく表現しているギャング映画だと思います。難点は最初の結婚式シーンで登場人物があまりに多すぎて理解しにくいのがつらかった。ロバート・デュバルは若いですね〜 しかし最後の最後まで主人公がアル・パチーノだったとはあまりに若くて気づきませんでしたよ。マイケルの奥さんは胸がスゲー綺麗! サイコー!
二重スパイ 3 北朝鮮と韓国の関係を描くタイプの映画です。工作員としての生き方の最後をどう選ぶのかというあたりはまあまあいいかと思うんですけど、前半はどちがどっちで誰がそっちなの?っていまいちよく分かりにくい展開でしたね。ロマンスという点でもあまり盛り上がっていくというよりもいきなりって感が強いので残念。最後はやっぱ予想通りそうですか・・・
コラテラル 4 トム・クルーズが悪役というキャスティングにかなり違和感を感じますね。別に変って訳じゃないですけどやっぱり悪人には見えないのがキャスティングミスかと。プロの殺し屋とタクシーの運転手の男がほとんどメインで登場する訳ですがシナリオとしてはそれなりに楽しめる内容だと思います。刑事役がショボ役だったのがあまりに可哀想。最後の展開も、そりゃないだろってな感じでちょっとびっくりです。プロの殺し屋よりタクシーの運転手の方が○の腕が上ってオイオイ! あと後半の方に出てくる警官も素人にやられるってどんな警官やねん!
それでもボクはやってない 2 この映画は何を訴えたいのか全くもって分からない映画です。まともに見ればいかに警察がろくでもない、いいかげんな仕事しかしてなく、検事?も気分次第で起訴にしたり不起訴にしたりと、国の警察制度は無茶苦茶いいかげんという思いしか伝わらない映画で、何でそんな奴らに税金払わないといけないんだ!と怒りがこみ上げるだけの映画です。再現ビデオで「スパッツはいてるから本当に触って」ってお前は変態女かよ! 主人公も裁判で取調べした警察や駅員が嘘言ってるのに何にも言わないなんてそりゃ犯人にされるって。つーか取り調べの調書が正しく書かれてないのにサインするなよ! そりゃ私が犯人ですって言ってるようなものだろ。日本人って自分の意思を伝えられないイエスマンですが、まさにそれを実証する映画ですね。
デンジャラス・ビューティー2 3 サンドラ・ブロック主演のコメディーですね。深い笑いではなくて軽い笑いなのでそういうのがOKなら楽しめると思います。シナリオはあってないようなオマケみたいなものなので軽い笑いを楽しむ映画です。前作ではサンドラ・ブロックも美しかったですけどさすがに今作は歳が歳だけにそろそろつらい? 多分続編はないでしょう(笑) しかしデスノートってオイッ!
ペイチェック 消された記憶 4 主人公は機密の仕事をしているのか仕事が終われば記憶を消すという生活。記憶を消してウン十億(ウン百億だったか?)を受け取ろうとするがその封筒にはガラクタが19個だけ。しかもそれはお金と交換して自分が自分に送ったものと分かる。なぜにそんな大金を捨ててガラクタを送ったのか? 渡される時は20個と言われるが19個しかない・・・ とまあ設定的にはかなり異色のSFサスペンスですね。こういうタイプってあんまり見た事ないので素直に楽しめましたよ。未来を変えられるのはそう自分だけなのだ! 残念なのはヒロインがユマ・サーマンってとこか。もっとかわいくて綺麗な女優になぜしなかったのだぁ!
エイリアン VS プレデター 3 コラボ作品なので不安はあったんですけど普通に仕上がってますね。残念なのは序盤でどかっと人間が死んでいくので感情移入する間もなく「あっそ」みたいに盛り上がりが感じられません。エイリアン2なんかはそういうところが素晴らしかっただけに残念です。あとグロ系が苦手な人は見ない方がいいかも。つーか、おまいらわざわざ地球で成人式するなぁ〜!
デスノート 4 前半と後半(the Last name)を一緒にレビューします。原作マンガは読んでるので知らない人が分かりやすいかどうかは若干原作を知らないとつらいかなってところはありますが、原作同様非常に手に汗握る面白い心理戦はそのままです。原作とは結構設定が変わっている箇所がありますが、すんなり違和感なく構成されていて問題なしです。原作を圧縮しているので最後はLとキラの一騎打ちになることは予想してたので、どうなるのか非常に楽しみでした。その部分も予想外な展開でよかったと思います。最後は涙を流すほどの感動が・・・ 残念なのは高田清美の存在が中途半端なのと死神のCGがちゃちすぎて笑いそうになるところですかね。
アンダーワールド 4 女版ブレイドって感じですかね。内容的には結構似てます。こっちはドラキュラ対狼人間というシナリオで裏切りやら人間関係もちゃんとあって楽しめます。ブレイド好きな人ならこちらも楽しめると思います。
トリック 劇場版2 3 独特のトリックワールドは健在ですね。いろいろとつっこみたくなるところはありますがシリーズファンなら楽しめると思います。今回の警察2人組みは単なるおまけで残念。あれなら、いない方がよかったのでは? しかし手が伸びるなんてあれば一体何なんだ? あれもトリックか! それとも超常現象か!
ポセイドンアドベンチャー 4 金のかかる特撮とかなくてもこれだけ素晴らしい映画が作れるって見本ですよ。人が死に直面してどう行動するか、自分を守るべきか、他人を守るべきか、人と人の心の駆け引きがうまく表現されていますね。やはり名作です。まだ見ていない人はぜひ見て下さい。この時のパメラ・スー・マーティンがすっごい綺麗かわいいで最高! ドレスを脱ぐんだみたいに言われるシーンでは超ドキドキしましたよ。が、「そんなもんはいてたのかよ」ってちょっと残念でしたが。ジーン・ハックマンが羨ましい〜 つーかハックマン若すぎ!
あずみ2 3 前作に比べるといろんな面でトーンダウンしたかなぁと思う感じですね。前作のように仲間達に思い入れができるような演出ではないので新しい仲間が死んでもあまり衝撃と悲しみがわきませんでした。前作のオダギリみたいなキャラがいなかったのもインパクトが薄かったかなぁ〜 最後も何かそれでいいの?ってなシナリオだったので。高島礼子はちょっと気合入りすぎ!
手紙 4 犯罪者の家族を主人公にしたあまりないタイプの映画です。社会の差別に葛藤しながら生きていく主人公、そして手紙を書き続ける犯罪者主人公の兄との家族愛、それが素晴らしく感動的に描かれています。号泣間違いなしの感動作品です。ぜひいろんな人に見てもらいたいです。
キューティーハニー 1 懐かしのアニメ、キューティーハニーの実写版です。どひゃー、何じゃこの映画は! 確かにキューティーハニーには間違いないんですけどあまりにも映画としては酷すぎる。しかも佐藤江梨子演じるハニーがバカキャラ化してるし。正直いいところがないと言っていいのでは。佐藤江梨子ファンならまだしも、そうでない人は見るのはやめた方がいいです。
ALWAYS 三丁目の夕日 4 昔の時代、当然ですが今みたいに携帯電話やパソコンやゲーム機みたいな便利なものはなかったんですね。しかしその分、人の心がとても大きく温かく生き生きしていて素敵だったんだと痛感させられ感動する映画です。今の時代、便利になった分、人の心はどんどん汚れていってるのではないでしょうか。あんな時代に生まれた方が幸せだったのかなぁと思ってしまいます。
佐賀のがばいばあちゃん 2 うーむテーマがいまいちよく分からなかったなぁ〜 淡々と田舎生活を眺めているだけって感じが強いし。あの陳腐な親子愛と親族愛がテーマだとしたらかなりしょぼい映画ですよ。
40歳の童貞男 3 40歳童貞男のコメディ物語です。コメディとしてはまあまあ面白いんですがいかせん全編が怒涛の下ネタ炸裂なので純粋な女性なんかは見ない方がいいと思いますよ。私みたいな純粋な男にはちょっときつかったかな。主人公は私と同じで純粋なんですが周りの男3人がひどい! 女性の方がこの映画見て世の中こんな男ばっかりだと思わない事を祈ります。
バイオハザード2 アポカリプス 3 前作はなかなかスリルある展開といい感じのシナリオで楽しめましたが、今作はシナリオ的な面ではかなりダウンしてる感じがします。あいつが実はあいつだったというシーンは結構衝撃でしたけど見所はそれくらいかも。アクションとしてはまあ見ててそれなりに楽しめるかなって感じくらいですかね。
ひぐらしのなく頃に 2 アニメ全26話の奴です。萌えキャラ爆発のほのぼのな面と超恐ろしくおぞましい面とのギャップがいいですね。4話目まではなかなか入り込めたんですが5話目でいきなり時間軸が最初に戻って「なんじゃこりゃ」ってなりました。何回も時間軸が戻り最後まで見ても結局何がなんだったのかさっぱり分からないまま終わってしまいましたよ。まとめがなさすぎなのがひどい。
ボーン・スプレマシー 3 うーむ、前作はなかなか楽しめましたが今作はどうも楽しいって感じがあまりしませんでした。恋人なんかとってつけた存在で感情移入もへったくれもありませんし、シナリオは先が普通に読めてしまう単純な展開で残念です。カーチェイスはなかなか迫力ありましたけど。
スケバン刑事(1987) 4 アイドル物っぽいので興味なくずっと見る事はなかったのですが、なぜか見てしまいました。意外といっちゃ失礼ですけどアイドル物っていう感じよりなかなか本格的な映画で楽しめましたよ。まあかなり古い映画なのでしょぼい演出とか、シナリオもやや陳腐なところはあるんですが、なぜか楽しめる映画でした。しかし私の好きな浅香唯がオトボケキャラで、しかも何か若い頃はかわいく思えないのが残念。
バットマン ビギンズ 4 バットマン誕生の秘密がこれを見れば分かります! ヒーローもの、アクションものとしても見ごたえはありますし、シナリオもしっかりしています。今までのバットマンよりこれが一番面白いかも。しかし渡辺謙は何か弱いちょい役でしたねー
RONIN 4 際立つのは何といってもカーチェイスの迫力ですね! 非常に見ごたえのあるものなのでカーチェイスもの好きならぜひともどうぞ。デ・ニーロとジャン・レノの共演も豪華といえば豪華か。ストーリーは誰かが悪党を集めてアタッシュケースを盗んでこいという命令の元に動くアクション系な感じです。しかしアタッシュケースの中身は教えてくれません。シナリオ的にもまあまあってとこですかね。ちょっと敵関係がややこしくてどいつがどうなのか1回見ただけでは理解出来なかったのが残念。
フラガール 3 炭坑の町にハワイアンセンターを作るという実話を元にした感動作品です。時代がこんなにちがったんだなぁとしみじみ思いました。話はまあ単純ですが感動はしますよ。若干物足りない感がありましたが。蒼井優ファンは絶対必見ですね。蒼井優の腰フリフリダンスなんてもう見れないかも。実は私もファンなんです。
花田少年史 幽霊と秘密のトンネル 4 幽霊と話ができるようになった少年が主人公で、コミカルな面を持つ家族愛をメインにした感動物って感じです。非常に純粋に親子の愛が描かれているので、そういう話が好きなら必見です。特にこれから親になる人ならぜひとも見てもらいたいですね。
ブレイド 4 ヴァンパイアとの戦いを描いた痛快アクション映画です。ウェズリー・スナイプスがかなり強いです。多分こいつはバケモノです。シナリオもまあそこそこって感じでアクションとしては見てて楽しめると思いますよ!
ピンクパンサー 4 昔のピンクパンサーは忘れてしまいましたが、これはこれで面白いですね! コメディー好きならぜひ見て下さい。ジャン・レノのバカ踊りなんて一生見られないと思いますよ。
トレマーズ2 3 前作同様に謎の怪物を倒すという展開ですが、前半はあっさりどんどん倒していって「おいおい、頭脳対決もへったくれもないじゃん」と思ってましたが、そこは中盤から大きく変化して前回同様の展開へと変わっていきます。前作よりどっちかというとコメディーっぽいタッチが多いです。ヒロイン、グラマーだけどちとおばちゃんなのが痛い。
香港国際警察/NEW POLICE STORY 4 ジャッキーさすがにおっさんになりましたね。しかし相変わらずカンフーアクション全開です。若手もなかなかいい味出してます。日本のある俳優にそっくりだけど・・・ シナリオ的に楽しめるので、こういう映画好きならぜひ見て下さい。かなり犯人が憎たらしいので、そこがまたジャッキーを応援してしまうんですよね。もうちょっとヒロインがかわいかったら最高だったかな。
インソムニア 3 夜なのに明るい田舎町で起こる殺人事件を解決していくサスペンスですかね。なかなか前半はいい感じに盛り上がるんですが、犯人が登場するあたりくらいから何か勢いがなくなり、盛り下がっていくような感じがしてしまいました。展開的には単純なので何か物足りないって感じです。
ティアーズ・オブ・ザ・サン 4 いかに戦争がおぞましいものなのかをいい感じで表現してますね。ブルース・ウィルスも光ってます(頭じゃないよ)。シナリオがそこそこよく出来ていて、その部分でも楽しめます。勇気ある戦士達に涙することでしょう。しかしあんな戦士達本当にいるだろうか?
メリーに首ったけ 4 青春恋愛コメディーって感じですかね。なかなか笑えますよ! コメディー好きならお勧めです。まあ結構下ネタなので若いカップルや付き合い始めのカップルでは見ない方がいいです。空気が多分凍りますので。
時をかける少女 4 昔の実写版はすっかり年月が過ぎて忘れてしまいました。でもその方が楽しめましたけどね。ああいう展開だったんだとは見ててなかなか衝撃的でよかったですよ。物語はスピーディーな展開で流れていき、主人公の味のある個性が楽しませてくれます。一度はぜひ見て欲しいアニメ映画ですね。
シュレック2 4 前作も楽しかったですけど今作もなかなか楽しめます。家族で見るには最適な内容だと思いますね。ちょっと魔女のミュージカルっぽいのが邪魔なのと猫の変わり身の早さには残念でしたが。まだ続きますよ!
沈黙の聖戦 3 セガール、いつも通りバカ強い! ちょっとスローアクションの演出が過剰じゃないのと思うところが多々あり。特に敵の体から血が飛び散る場面なんてスローで見たくないっつーの! まあシナリオもそこそこでアクション好きなら楽しめると思います。めずらしく?セガールのラブシーンあり。しかし呪いってオイ・・・
明日の記憶 4 若年性アルツハイマーを題材にした映画です。体育会系の家族もほって仕事バリバリするやり手サラリーマン渡辺謙が、病気によって大きく人生を変えていく描写はさすが渡辺謙すごいぜ!って感じがしますね。とりあえず泣き所は序盤から連続して出てくるので泣きたい人にはお勧めです。
この胸いっぱいの愛を 4 タイムスリップを題材とした映画ですが、意外な展開に驚きと悲しみで涙するシーンが何回か出てきます。感動物が好きならぜひ見てください。
LIMIT OF LOVE 海猿 4 潜水士になった主人公が沈没寸前の大型フェリー船の救助に向かうアドベンチャー映画って感じですね。サスペンスタッチで人間模様も面白く前作同様楽しめますよ。
海猿 4 人命救助のエキスパート潜水士を目指す海上保安官達の友情や恋愛(かなり体育会系)を描いた青春物って感じです。潜水士という仕事がいかに過酷で恐ろしいものなのかを痛感させられます。
男たちの大和 4 戦争の恐ろしさと悲しさといかに尊い命が奪われていくのかを描いています。涙を流すシーンが随所にあります。泣きたい人にはお勧めの映画ですね。
ローレライ 3 リアルな潜水艦ものかと思いきや、ありえねー秘密兵器が登場というSFチックな仕上がりですね。シナリオ的にはまあまあだと思います。
子ぎつねヘレン 3 動物好きな人には感動の作品です。少年の純粋な愛をみる事ができます。子ぎつねかわいいですよ。シナリオ的にはちょっと淡々と進んでいく感じなので動物好きでない人は見ない方がいいですよ。
亡国のイージス 4 日本映画にしてはめずらしいテロものですね。海外ではよくある映画ですが内容的にはまさに同じタイプという感じです。アクションやらは海外みたいにド派手さはないですが、最初のどんでん返しもなかなかで楽しめました。2時間少しでは短かったのかちょっと人間関係が説明不足なところがやや残念でした。
SHINOBI 2 甲賀忍法帖を大胆にアレンジした実写版ですが、そのアレンジが何とも中途半端でありゃまって感じです。小四郎なんでそっちに? 主人公二人の技原作と違うジャン、豹馬お前目見えるのか? つーか技出してないし、天膳そんな死に方かよ、最後はそんな展開かよ、って感じで原作よりつまらなくなっています。忍法の戦いのシーンはそこそこ迫力ありましたけどね。原作知らない人は映画より漫画のバジリスク読んだ方が絶対に面白いです。
ダ・ヴィンチ・コード 2 うーむ、キリスト教に詳しくなければ全然楽しめないんじゃないでしょうか。サスペンスとしては普通かも知れませんが、あまりに宗教が絡みすぎて知らない人間にはどれがどうなのかさっぱり分かりません。詳しい人なら楽しめるのかな。
君に捧げる初恋 4 韓国映画にしてはちょっとお下品なタイプの学園物って感じです。初恋の人のために純潔を守る男、が、しかし相手は・・・ 途中からは一気に感動モードに入ります。でも真実の愛が分かる私には半分くらい見て最後の展開分かってしまいましたよ。
ロミオ・マスト・ダイ 4 ジェットリー強すぎ! でぶちゃんキャラがいい味出しています。シナリオ的にはまあ普通というか何となく無理があるというか・・・ カンフーシーンはなかなか楽しめますよ。
インファナル・アフェアU 4 前作の時代的に前の話になります。前作の謎が解き明かされるのかと思いきやそうでもなく単体で見ても問題ありません。最初は登場人物が多くてよく分からないのが難点か。前作のよさには負けてしまうかな。
私の頭の中の消しゴム 4 韓国映画は純粋なストーリーが普通なのにいきなり不倫からのストーリーでちょっと残念。が、後は純粋な恋愛ですね。しかしその2人に悪夢のような出来事が起こります。愛する事の尊さを感じとれる映画だと思います。泣きますよ。
真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 3 北斗の拳を見た人なら思いっきり重複してる内容なのであまり感動はないかも。内容はサウザーとケンシロウの戦うあたりです。新しいのはシュウがなぜ目が見えなくなったのかとラオウにレイナとソウガって兄妹の部下が追加されたくらい? ラオウ伝 殉愛の章ってラオウたいして戦わないし、殉愛って何を指してるのかもよく分かりませんでした。すごい違和感は声優の声が合わなさ過ぎ!
容疑者 室井慎次 3 室井が逮捕されるって何で? っていう発想はいいですが内容はまあこんなもんかって感じですね。室井の過去の彼女話にはポロッときますが室井の寡黙すぎる映像が間を悪くしてるシーンが多々あります。
交渉人 真下正義 2 ユースケ・サンタマリアが主人公で大丈夫なの? という不安が見事に当たります。正直鉄道のおっちゃんの方が主人公に見えてしまうくらい霞んでいます。それに交渉人でなくてもあれくらい普通の警官でも出来る仕事と思うんですが・・・
24 -TWENTY FOUR- シーズン5 4 死を偽装したジャックがまたまたアメリカへ! 見出すと止まらない興奮はまだまだ衰えませんね! このシリーズ見てる人はぜひ見て下さい。究極の敵がジャックに襲い掛かる、その結末は?
デイジー 3 序盤は少女向け初恋物語?と思うほど学生向けっぽい純情恋物語って感じがするんですが、銃声するところからは非常に大人向け愛の物語って感じに変わります。ラスト間近では号泣するでしょう! その時の歌もかなり最高です!
あずみ 4 原作は知らないのですが、かなり楽しめました。最初の使命は愛する友を殺すことって「おいおい!」とつっこみたくもなりますが、まあそんな事は考えずに刺客達の強さ、そして上には上がいるんだと痛感する刺客たちの悲しいさだめ、復讐すればまた復讐される繰り返しの中での葛藤、とてもよく出来た映画と思います。しかしオダギリジョー個性出しすぎだっつーの。
クリムゾンリバー2 2 敵の動きがスゲー、早い、強い、ジャンプ力尋常じゃねー! ってとこは見所でした。が、それ以外は特にいい部分ありません。宗教的な話でいまいちよく分かりませんでしたしちょっとグロい。シナリオは前作の方が上ですね。
のぞみウィッチィズ 3 原作はマンガと思います。原作知らないですけど楽しめましたよ。青春映画としてはなかなかじゃないですか。重みのあるセリフも素敵ですし、何といっても藤谷美紀がカワイイ! 今の方がかわいいですけどね! 青春映画なのでちょっとエッチなシーンも多いです。
サイン 3 メル・ギブソンおっちゃんになりましたねー 「宇宙人なんて絶対にいないんだ」と信念を持ってる人は見ても面白くないかもしれません。サスペンスっぽいですけど案外静かに流れていくヒューマン映画って感じがしました。
チャーリーとチョコレート工場 3 前半盛り上がり後半は感動って感じのファミリー向け映画って感じです。中盤がなんかミュージカルっぽいシーンで私は退屈してしまいました。つっこめば色々と変なとこがありますが家族で見るにはいいかも。
タッチ 4 実写版タッチです。原作ファンでもそうでない人でも楽しめ、そして感動できる作りに仕上がってますね。ただ原作を知らないとちょっと分かりづらいかも知れませんが。原作知ってる私も「ん? これ誰だ?」って人がいました。南ちゃんみたいな子いないかな? いないだろうなぁ〜
TUBE 4 韓国映画で地下鉄を舞台にしたテロと阻止しようとする刑事の戦いを描いたアクションです。テーマ的にはありきたりですが、テロ犯人の動機がとても国家の恐ろしさを表していて、アクション的にも見ごたえのある映画です。最後に奇跡を願ったのは私だけではないでしょう。
トゥルー・クライム 3 クリント・イーストウッド主演のサスペンス?です。死刑囚事件の真相をあばくというものです。なかなかシナリオは面白いですよ。が、どーしても納得いかない点が。まず記者が数時間調査しただけで死刑囚は無罪と分かるなんて警察の長い調査はなんだったんだという不信感。そして最大は主人公の不倫に関する周りの対応。相手の主人はそれを知ってても普通に不倫相手に仕事を依頼するわ、上司は俺もあの嫁さん狙ってたんだなんて言ってるわとアメリカでは不倫や浮気は日常茶判事なのか? 知らぬ間に日本もそうなのか? と嫌な気分になりましたよ。
ボーン・アイデンティティー 4 マッド・デイモン強ぇぇ! ジャンルはサスペンス・アクションってとこでしょうか。記憶喪失の男が自分の素性を調べていくが、なぜか命を狙われている。ってな設定です。そこそこ楽しめましたよ。
ウォーターワールド 3 ケヴィン・コスナー主演のアクションです。内容的にはマッドマックス2,3みたいな内容です。海に沈んだ世界で生き残った人々が力が支配する中で生きていくってな感じです。ちょっと盛り上がりには欠けるかなぁという感じがするのが残念。
ディック&ジェーン 4 久々のコメディ映画を観ました。なかなか大笑いさせてもらいましたよ。序盤と中盤にややだるい場所がありますが楽しめました。
戦国自衛隊1549 3 古い方の戦国自衛隊は面白かったですね。しかし新しい方はシナリオも変わってしまいちょっと中途半端な感を受けてしまいますね。
グリマーマン 4 スティーヴン・セガール主演アクション映画です。シナリオ的にもまあまあいい感じじゃないでしょうか。しかしあいつが悪者になった過程がかなりショボくてやや残念。
バックドラフト 4 古い映画で見るの2回目ですが、なぜか1回目にレビュー載せてませんでした。うむむ、こんないい映画を載せ忘れていたなんて何たる失態! 人間模様やサスペンス、そして火の恐ろしさを非常にうまく表現している映画です。見てない人はぜひどうぞ!
ファイヤーウォール 4 ハリソン・フォード主演サスペンスアクションです。CGやら特撮なくても面白い映画は作れるんですねー セキュリティーやハッキングに関連しているのでそういう技術者は興味持つのではないでしょうか? TWENTY FOUR Season3以降見てる人は別の意味で楽しめますよ!
ミッションインポッシブル3 4 シリーズ3作目ですが、なかなかどうして勢いは落ちませんねー スパイアクションとしては十分楽しめる映画です。Xbox360持ってる人はLiveに繋いだら予告編がダウンロードできますよ。
リーグ・オブ・レジェンド 4 ヴァンパイア、透明人間、ジキルとハイド、ネモ船長、トム・ソーヤーなどなどが超人連盟みたいなのを作り、悪と戦う。とまあよくある感じのヒーロー物ですね。出てくるキャラをよく知っているとかなり楽しめるんじゃないでしょうか? 知らない私も楽しんでしまいましたよ。
コレクター 3 猟奇殺人サイコサスペンス。かなり古いですけどようやく見ました。が、別にたいした事ない映画でしたね。
シティ・オブ・エンジェル 2 天使が愛する人のために人間へと・・・ という発想はいいんですけど、愛する過程があまりにもヘボすぎ! 愛をなめてんのかと! しかも最後はそれかよ! ってまあメグ・ライアンファンなら見る価値はあるかも知れませんが、そうでなければ外れかな。
ヒート 3 刑事と悪と戦いを重厚なストーリーで描いた映画です。ロバート・デ・ニーロの悪役ぶりが怖いですね。
奪還 アルカトラズ 4 スティーヴン・セガールのよくあるアクション映画です。その中でもなかなかよく出来てる方じゃないでしょうか? 楽しめますよ。
ファイナル・デスティネーション 4 未来予知能力で助かった人達が謎の死を・・・ というなかなかハマるホラーです。オカルトチックなホラーが好きならお勧めです。
タイムマシン 2 最初の展開はいいんですよ。恋人が殺され、その過去を変えるためにタイムマシンで過去に戻る。しかしそれでも死んでしまう。ってとこまではいいんですよ。が、1回チャレンジしただけなのに「いくらやっても過去は変えられないんだ」ってな展開になってからは、あれよあれよと全く別の映画みたいになります。「SF物と思ったら怪物退治話かよ!」って感じです。しかもなんか全然しっくりこないし、さっぱりよく話も分かりません。最後の演出は好きなんですけどね。いいのは最初と最後だけって思って下さい。
サウンド・オブ・サンダー 2 タイムトラベルを金儲けに利用するとこうなるんだぜって感じの映画です。しかしあの出来事があこまで世界を変えたのか詳しい説明はなく映画としてもB級的な作りですが「これはC級か」と思ってしまうような演出と展開はいただけません。しかも最後は「これで終わり?」ってがっくしきました。
サウンド・オブ・サイレンス 3 マイケルダグラス主演のサスペンスです。特にここがすごいってとこはありませんが退屈することもなく見れます。複雑なサスペンスではないのがちょっと残念かな。
バグズ・ライフ 3 アリとバッタと弱肉強食を描いたアニメです。子供向けって感はありますが大人が見てもまあまあじゃないでしょうか。前半で退屈な部分もありますが後半は案外盛り上がって楽しめました。
Mr.&Mrs. スミス 4 アンジェリーナ・ジョリーいいですねー やっぱセクシーでキュートだ! 話は中盤先まではありきたりな展開でややいまいちだったんですけど、そこからのドンパチ始まる演出と興奮は前半を盛り返す展開でよかったです。まあしかし罪もない同業者を殺しまくるのはいかがなものかと。冷静に分析すると無茶苦茶なストーリーだな。
スパイダー 4 ワシントン市警最高の頭脳アレックスと大胆にも彼に対して完全犯罪を仕掛けるサイコパスの対決を描いたサスペンス。序盤で犯人が顔を出して本当にサスペンス?と思いましたがなかなかどうして最後のどんでん返しな展開はいい感じでしたね。しかしあのパスワードだけは納得いかないんですよねー
スパイキッズ3 2 1と2はそれなりに楽しめたのですが、これはいいところが見当たらないくらいレベルダウンしています。このシリーズのファン以外は見るのはお勧めしません。
ソウ SAW 4 ホラーサスペンスミステリーです。結構スプラッターなのでそういうのが苦手な人は見ない方がいいです。ぎりぎり私は見れる許容範囲でしたがその日の夢に出てきて怖い思いをしました。度肝抜かれるラストの衝撃は半端じゃありません。ネタバレする人は死罪に等しいくらいに絶対に人にはしゃべっちゃいけませんよ。それまでのシナリオも非常によく出来ていて引き込まれます。これがスプラッター系じゃなければ万人にお勧めしますが、スプラッターでないと内容的には意味ないし・・・
アンブレイカブル 2 ブルース・ウィリス主演のリアル系映画ですが非現実的な要素があり、どうもそれがうまく融合していない感が強いです。これならX-MENとか完全に非現実的な映画にした方がよかったのでは? 最後はちょっとびっくりさせられましたけどね。
世界の中心で、愛をさけぶ 4 長澤まさみの亜紀ちゃん役がすごくいいですね。純粋な生き方がすごく魅力的です。映画としては過去の話がメインなので何となく柴咲コウがおまけに見えてしまい、ストーリーとしての比重バランスが悪く感じられます。純愛のように見えて私的には全く純愛ではない話しですね。広瀬亜紀への愛と藤村律子への愛・・・愛が2つ存在する時点で「おいおい」って感じですが深く考えずに見るには感動できるいい映画と思います。無菌室のあのシーンは号泣でしょう。
60セカンズ 3 カーアクションはなかなか派手で車好きの人にはお勧めかも知れません。が、シナリオが正直しょぼいですねー 見るならシナリオには期待しないで見ましょう。
LOST 3 飛行機が無人島に墜落して生き延びようとする人々を描いた話しです。とりあえず長い! 最初の2話くらいはなかなかいい感じですけどそこからちょっと退屈な展開が続きます。で、後半やや盛り返しますが最後の終わり方はあまりにもひどい! 人間関係や愛情、裏切り等そこそこは楽しめます。
オールイン 4 こちらも韓国ドラマです。他の純愛をメインテーマとしたドラマとやや違い、マフィアやギャンブルなどが大きく絡む展開が非常に大きいドラマに仕上がってます。でもそれがうまくマッチしてていい感じな出来だと思います。
美しき日々 4 韓国ドラマです。ドラマなんで映画レビューに入れるのは変かも知れませんがご了承を。韓国のドラマは長いです。これも全24話と長いです。しかし長さを感じさせない非常によく出来たストーリーとお互いの人間関係や恋愛感情と非常に素晴らしいものだと思います。最後の展開はちょっと拍子抜けでしたがお勧めです。
着信アリ 2 フッキー好きなんでホラーは嫌いなんですけど見ました。未来の自分から携帯に電話がかかってくるっていうミステリアスなストーリーは前半なかなかいい感じに進んでいきます。ところが後半になると監督が変わったのかと思うくらいに陳腐な展開へと・・・ 最後も非常に中途半端で「おいおい」って感じでした。
ステルス 3 戦闘シーンは迫力満点! この映画の魅力はこれに尽きるか! 1機、最新の無人機ステルスが出てきます。無人というところからだいたいストーリーが想像できてしまうのがちょっと残念。あとストーリーがしょぼいです。シナリオだけなら5点くらいしかあげれません。特に納得いかないのは何の罪もない人々が殺し合うのはいかがなものかと思いました。あと男が尻軽男すぎ!
黄泉がえり 3 悪くはないんですがターゲットになる人達が数グループに分かれているのでややストーリーが分散した感があります。もっとメインを決めてその話を深く描いて欲しかったかな。正直某有名な映画のパクリってのが一番テンションダウンでした。よみがえる理屈もあやふやなのは仕方ないか。最後も感動には欠けるかな。歌手の存在は一体なんだったんだろう?
ファンタスティック・フォー 4 X-MENやスパイダーマン的なアメコミ物ですね。宇宙に行ってなぜか特殊な能力を持ってしまった4人の物語です。X-MENやスパイダーマンが好きならまさにその流れのストーリーなので楽しめると思いますよ。
24 -TWENTY FOUR- シーズン4 4 season3でちょっと強引な展開でseaon4はどうなるんだろ?と心配しましたが見事にいい意味で期待を裏切り、いい出来になりました。少し普通のアクションサスペンスっぽくなってますね。しかしシナリオは吸い込まれていくものがあるので素晴らしいです。ただ展開が読める部分が多いのでちょっと残念だった。最後も予想通りの展開でやや残念。キャストが今までで知ってるのがジャックとクロエだけというのも新鮮であり大きな意味を持ってるんですよね。
ミスティック・リバー 3 かなり重厚なヒューマニック映画です。派手なアクション等は全くなくダークな心理展開がメインになるので、そういうのが嫌いな人は見ない方がいいでしょう。しかし結末はどうなってるんだ? と疑問を投げかけるしかありません。詳しく書くとネタバレになるので書きませんが愛すべき人を守るためなら何をしてもいいんだというような意思が非常に不快感を残してしまいます。それ以外は案外引き込まれる話なんですけどね。
24 -TWENTY FOUR- シーズン3 4 1,2と比べるとトーンダウン感がします。前半の衝撃的な展開が起こるところまではなかなか楽しめるのですが、そこからが非常に強引な展開とやや無理矢理にまとめようとした感があり、いろんな面で中途半端な結末をむかえてしまいます。4に期待かな。
シカゴ 3 レニー・ゼルウィガーとキャサリン・ゼタジョーンズがセクシーですね。基本はミュージカルです。気楽な気持ちで観るとまあまあ面白いのですが、真剣に見るとあまりにも裁判がいいかげんすぎてやばいです。世の中、金と嘘があれば人殺しも無罪放免なんだぜ! ってなノリが正直許せないですね。
アイランド 4 規律正しい生活と異性にも触れない規則、管理された生活を普通と思い生活している人々、はじめは「ここ、どこ?」「一体、誰?」という疑問がずっと続きます。そして徐々にその真実が解かれるたびにこの映画へと吸い込まれていきます。なかなか楽しめました。
CUBE 2 いきなりのスプラッターな演出でちょっと気分が悪くなりました。すごく映画として斬新なのはいいんですが、結局いろんな点が解明されないまま終わるのはかなりいただけません。
ラストサマー2 3 うーむ、犯人が分かってしまっている点で前作のようなハラハラ感というのがなくなり残念です。ひとひねりありますがそれも読めてしまいますし・・・ で、ラストはまた「ほへっ?」って感じです。
ラストサマー 4 なかなかよく出来たホラーですね。誰が犯人なのかなかなか分からないまま進んでいく展開はハラハラしますよ。ラストは「ほへっ?」って感じですけど。
マッハ! 4 特撮なしでのすごいカンフーアクションは素晴らしいです! もうそれだけで興奮しますよ。カンフーもの好きならお勧めです。
ミニミニ大作戦 4 新しい方の奴です。いい泥棒と悪い泥棒の戦いって感じでしょうか。盗みのアイデア、テクニックもなかなか面白く、小さい車のカーアクションも迫力があっていいですねー 観ていてとても楽しめる映画です。
宇宙戦争 3 なんか中途半端なんですよね。敵もとてつもなく強く、そしてとてつもなく弱い。親子愛は何がどうって訳でもなく・・・ とりあえず最強なのは大阪人ということで(これもよく分からんが)
スターウォーズ エピソード3 4 前作よりはシナリオ面で向上したかなと思いますね。なぜアナキンがダースベーダーへと変わっていくのかというところがちょっと強引ではありますが納得できるかな。
スターウォーズ エピソード2 3 いやぁ、映像が綺麗ですねー、金かかってますねー ただシナリオがちょっといまいちな気がします。のめり込むような展開がないんで。
ホステージ 3 とりあえず片方の犯人達が最終的におまけみたいでかなり残念でした。最初の方ではすっごい大物か?と思わせといてあれではちょっとね。娘と仲が悪いブルースウィリスもお互いの仲は結局よく分からないまま。悪くはない映画ですが良くもないってとこですか。個人的にはミシェルホーンがかわいかったのが一番のいい点だったりして。
少林サッカー 4 あり得ないシュートやらなんやらの映像は圧巻で「すっげー」って思わせてくれます。サッカー物ですがメインはコメディですね。なかなかシンプルですがきっちりとしたシナリオもいい感じです。そして想像を絶するラストの試合・・・いやぁ、楽しめました。
ターミナル 3 基本はキャストアウェイですね。キャストアウェイは無人島に誰もいないところでの話しだったので私的にはいまいちでしたが、ターミナルはいろんな人との交流があるのでその点が大きく違います。ややコメディタッチです。
シュレック 4 笑えます! ちょっと感動もします! ストーリーはよくあるパターンで先も分かってしまいがちですが、それでも見てて楽しい映画なので美女と野獣系が好きな人にはお勧めです。
戦場のピアニスト 3 戦争の恐ろしさを痛感できます。やや単調な流れが淡々と続くのがちょっとつらいかな。
猟奇的な彼女 3 ストーリー的には、なかなかよく出来たラブストーリーだと思うんですけど最初のシーンで気分が悪くなってそれが映画終わっても続いてたせいであまり楽しめませんでした。食事中には決して見ないで下さい。
僕の彼女を紹介します 4 ラブコメですね。恋に落ちる過程がやや薄いのが残念ですが恋愛物としてはなかなかいいですよ。タイトルの意味が分かった瞬間には涙が止まらないでしょう。大切なものをなくして哀しみに苦しんでる人にはぜひ見てもらいたいです。あとX-JAPANファンにもお勧め。
火山高 4 はちゃめちゃ学園格闘映画です。ありえねー!って動きばっかりしてくれる生徒や先生達には笑ってしまいそうなくらい衝撃です。こういうタイプのマンガが好きだった人にはお勧めします。
LOVERS 3 映像美はやっぱり綺麗ですね。でも英雄には負けるかな。ストーリーは戦争物なのか恋愛物なのかかなり中途半端なのがもったいないです。その辺を詰めればかなり良かったと思うんですけど、ちょっともったいない。
24 -TWENTY FOUR- シーズン2 5 シーズン1からの続きとなりますが、パワーは全く衰えていません。こちらも激お勧め! しかし謎がひとつ残ったままだけどシーズン3で分かるのかな?
24 -TWENTY FOUR- シーズン1 5 す、すばらしい! サスペンスとしては超一級品です。見ないと損しますよ。が、かなり長いので相当の覚悟は必要ですが。先を深読みしようがまず当たることはありません。かなりサンペンス慣れした私も脱帽です。激お勧め!
アイ,ロボット 4 ロボットが人間生活に浸透しまくってる世界で起こる人間とロボットの戦い。人間に危害を加えないよう作られたロボットがなぜ? なんてことは深く考えずに観れば楽しめます。
スパイダーマン 3 とりあえず見終わって思ったのは「このヒロインは単なる男好き?」という感想だけが残りました。てゆうか普通スパイターマンの正体に気づくだろ! ヒロインはばかすぎるのか?
スパイダーマン2 4 うーむ、爽快感あふれるヒーロー物を期待して観るとかなり期待はずれになりますね。どっちかというとシリアスヒューマンタイプかな。
フォーンブース 4 ほとんどが電話ボックスでのシーンという風変わりな映画です。内容的にはサスペンス風ですがなかなかよくできてるんじゃないでしょうか。最後の最後もひねりがあっていいですよ。
踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 3 前作の構成に非常によく似た作りになってますが、観てて面白さでは前作を超える作品にはなってなかったです。
交渉人 4 ド派手な演出とかはないですけど交渉人どうしの駆け引きとかがかなりいい感じで、ストーリーに引き込まれていってしまいます。なかなかのお勧めじゃないでしょうか。黒幕がちょっとしょぼいのが残念。
デイ・アフター・トゥモロー 2 自然の力で地球が破壊されるのをどう防ぐかというよくあるパターンです。恋愛、親と子の絆、夫婦愛、友情とパターン的には全て含まれてるんですけど全部が中途半端でいまいちでした。特撮はすっごいんですけどね。
アイデンティティ 3 偶然モーテルに集まった人がひとりずつ殺されていくホラーサスペンスです。よく見てると犯人は案外簡単に分かってしまうと思います。犯人とかより驚く展開があるのでその辺がいい感じですね。もっと犯人を分かりにくい演出にしてくれればよかったんですけど。
デッドオアアライブ 2 ヤクザものです。R指定なので結構えぐいです。最初の5分はぶっとびまくって間はまあ普通のヤクザもの、が、ラスト5分くらいから何だか雲行きが怪しくなります。そ、そして、衝撃のラストへ! あっと驚くというよりあまりの衝撃で多分放心状態になるでしょう。それから3日間くらいは笑いが止まらないので注意しましょう。なにせこの映画はラストのためだけにあると言っても過言でないかも?
キル・ビル Vol2 3 Vol1の血がドバッと飛びまくる続編とは思えないほど普通の映画になってしまいましたね。Vol1のノリで見るとかなり肩透かしをくらう可能性大です。サブタイトルのラブストーリーもなんだか無理矢理というか無駄というか・・・
ラストサムライ 4 しぶいですねー サムライ魂がしぶいです。サムライ好きにはお勧めの映画です。
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 2 これはもう単なる戦争アクション映画ですね。マトリックス3でも思いましたが続編としての意味があんまりない気がします。大好きだった人間模様もないに等しいですし、意味不明な部分がかなり多くラストの展開もさっぱり理解できませんでした。ひとつ分かったのはこの映画の主人公はサムなんだなってことかな。
ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 4 前作とは違って戦争アクション映画って感じに変わりましたね。といっても人間模様もちゃんとあって楽しめます。時間が長いのがちょっとつらい・・・
マトリックス レボリューション 3 続編として見たらちょっとがっくしするかも。結局何が何だかよく分からなかった・・・ 単なる1本のアクションとして見れば戦闘シーンはかなり迫力あるのでそこそこ楽しめるかも。
フレディーvsジェイソン 3 まあ、普通のホラーって感じですか。両方の作品をちゃんと見てる人はより盛り上がるでしょう。
キル・ビル 4 正直評価の難しい映画です。ストーリー的に見るならなかなか楽しめます。最後の「えっ、そうなん」と思わせるところもいい感じ。が、なんと言っても描画が激過激! 腕や足や首が斬られて飛びまくり! それに絶えられる人なら楽しめますよ。
インファナル・アフェア 4 男の生きざまがうつくしく、そして哀しく描かれています。いかに映画で大切なのが金をかけた特撮ではなくてシナリオなのかを思い知らされる映画です。
S.W.A.T 3 大抵の映画では脇役であるSWATが主役の映画です。しかし内容的にはありきたりな展開でそんなに目新しくはありませんね。
ブラック・ダイヤモンド 2 うーむ、ジェットリーが出てる映画としては、正直はずれかな・・・
ジョニー・イングリッシュ 4 かなり笑えます! 久々にコメディー映画見たので楽しめました。笑いたい人はぜひどうぞ!!!
トゥームレイダース2 3 前作同様にアクション映画としてはまあまあです。しかしあの相手役は別にいなくてもよかったような・・・
X-MEN2 3 前作よりかなりシリアスタッチな内容になってます。最後の終わり方を見る限りまだ続編はあるでしょうね。
ワイルド・スピードX2 4 スピード感とカーアクションは一級品ですね。カーアクション好きならお勧めです。
バリスティック 3 ルーシー・リューが敵なのか味方なのか、なかなか分からないのがいいですね。あの子供を使って運んだブツはなんだか恐ろしいぞ・・・ ジャンルはサスペンスアクションになるのかな。
パイレーツ・オブ・カリビアン 3 ちょっとコメディタイプな海賊物です。ガイコツどもが怖いです。あんな奴らには襲われたくない。海賊好きならどうぞ!
ザ・コア 3 地球を絶滅する危機を救うというアルマゲドン系の映画です。そういう系のスタンタードな展開で目新しさは特にありません。
英雄 〜ヒーロー〜 4 す、素晴らしい! 映像美といいアクションの美しさ(お前ら人間じゃないな)といい一級品の出来じゃないでしょうか。しかしあれだけのアクションは相当な練習しないと無理じゃないかなと思います。
ハルク 1 作り物丸分かりのハルクにはちょっとがっかり。ストーリーも中途半端でちゃんと完結してなくてスキッとしませんでした。ハルクのとんでもない強さにはびびります。あとはヒロインが魅力的なのが救いかな。
青の炎 3 あややの存在価値があまり見出せなかったです。いなくても映画として成り立つくらいの役割だったような感じが残念でした。タイトルの意味も結局分からなかったし、警察は大事なとこ見抜けないお間抜けだし、いろいろ残念なとこがありました。
チャーリーズエンジェル フルスロットル 4 いやぁ、楽しめますね。バイクの銃撃シーンがすごいです! デミ・ムーアがかなりおばちゃんに見えますが、それは我慢しましょう(笑)でも強い。
マトリックス リローデッド 4 特撮とかは「1」と比べると上をいってます。特に高速道路のシーンはわざわざ映画用に高速道路を作っただけあってすごいです。でも映画内容としては負けてますね。ストーリーもややこしいし・・・トリニティーがかなり老けたような気がするのは私だけ?
ターミネーター3 2 うーむ、エイリアンシリーズのような感じですね。「1,2」と盛り上がったんですけど「3」でトーンダウンするという感じです。続編はあるようなストーリでしたがエイリアン4のようにさらにトーンダウンする気が・・・
ロード・トゥ・パーディション 3 ギャングの一味という役柄を演じるトム・ハンクス、今までとは違う役柄だけどもうまくマッチしてました。ストーリー的にはやや単調ぎみなのがちょっと残念ですが言葉で現れない父と息子の絆はよかったです。
ジョンQ−最後の決断− 4 アイ・アム・サムに続き、またまた感動する良作に出会いました。今回は父親と息子の愛です。最初のシーンが何だったのかとずっと気になってたのが、ある瞬間に「これか!」と思わせるところなんかはいいですね。みなさんも観て泣いてください。
アイ・アム・サム 4 久々に映画で感動しました。父親と娘の愛が素晴らしく表現されています。娘がまたかわいい! 凶悪な事件が多発している今の時代こそ、たくさんの人にこういう映画を見てもらい「愛」という大切なものを知ってもらいたいです。
ウインドトーカーズ 4 暗号を守るためなら仲間でも殺せ! という戦場で出された命令がテーマです。最初はその命令が遠まわしに下されるので見てる側には伝わりにくいですが・・・ とりあえず2回は泣きますよ。戦場のシーンも臨場感があっていい感じです。ちょっと戦場のシーンが長いような気もしますが。あと敵が日本兵なのでちょっと複雑な気持ちになります。
トータルフィアーズ 4 今まで戦争が起きるか起きないかという題材はよくありましたが、この映画は実際に原爆が都市部で爆発するという衝撃的な映画です。最後の主人公の疑問は私にも分からなかったのですが・・・
アメリ 1 うーむ、独特な雰囲気のある映画ですね〜 メインは内気なかわいいアメリの恋愛話ですが意外にエロチックな映画です。
ハリー・ポッターと秘密の部屋 3  
リターナー 4 す、素晴らしい! 杏ファン必見です! ファンでなくても超お勧めしちゃいます! 内容は「ターミネーター」+「ET」+「マトリックス」って感じです。とりあえずだまされたと思って見てください。まじお勧め映画です!
トリプルX 4 アクション映画としてはいいですよ。特に雪崩のシーンは迫力満点で圧巻です。
マイノリティ・レポート 3 トム・クルーズとスピルバーグのタッグ作品。アクションというよりサスペンス映画ですね。出来としてはまあまあかなって感じです。
コラテラルダメージ 3 シュワちゃんのアクションです。すっごいアクションとかはないですけど最後の方の展開はなかなかいい感じです。
ユージュアル・サスペクツ 3 本当の黒幕は誰なのか? その結末までがいい感じで進んでいきます。しかしちゃんとセリフを聞いていれば途中で分かると思いますけどね。私は分かっちゃいました。
ロード・オブ・ザ・リング 4 RPGゲームの原点と言われる原作、RPGを知っていればより楽しめるでしょう。大掛かりな特撮とかはありませんがストーリーとしてはやはり秀作でしょう。まあ長いので覚悟が必要ですが。かなり感動する部分とむちゃくちゃびっくりする部分がありますよ。
スパイ・ゲーム 3 捕らわれたブラッド・ピットを見捨てようとする国、それに対して極秘に助けようとするロバート・レッドフォード、なかなか味のある映画です。過去と現在がいったりきたりするので気をゆるめないように観てください。しかしロバート・レッドフォード、歳とったなぁ。
キス・オブ・ザ・ドラゴン 3 さすがはかっちょいい! カンフーはまさに本物ですね。ちょっと北斗の拳みたいなところがまた面白かった。ストーリー的にもシンプルですけどいいんじゃないですか。
千と千尋の神隠し 2 うーむ、何がいいのか分からない。テーマは何? 愛? 子供のしつけ? 私的には全然売れてる原因が分かりませんでした。誰か教えて〜
ハリー・ポッターと賢者の石 4 子供向けかと思ったらそうでもありません。大人でも楽しめます。人間関係が最後の方はややこしくて結局よく分かりませんでした。しかし途中に出てくるスポーツはルールがよく分からん。
ソードフィッシュ 4 トラボルタの悪役ぶりがいいですね。ちょっと太りすぎか? しかし最後の最後は読めなくてすっごく悔しかった! まさかそういう展開とは!
エネミー・ライン 4 アクションとしてはかなりお勧めの1本です。主人公が逃げていく緊張感がもろに伝わってきます。最初のミサイルに追いかけられるシーンはかなりの圧巻です! ストーリー的には特に複雑ではありません。
アクシデンタル・スパイ 3 ジャッキーのいつもの、アクション、カンフー、笑いと満載です。ビビアン・スーがなかなかいい!
タイタンズを忘れない 4 黒人差別のよくあるパターンの題材ですがいい作品に仕上がってると思います。実話だと言うのがまた感動を呼んでしまうんですよね。
トレーニング デイ 2 デンゼルワシントンが悪役っていうのが見るまでは違和感ありましたが、実際に見ると自然に見えてしまうんですね。やっぱり才能でしょう。映画としては最後のまとめをもう少し考えて欲しかったと思います。あれっこれで終わり?って感じだったので。
スコア 4 ロバートデニーロの作品には、はずれがないと思わしてくれる映画です。金庫破りの天才デニーロが引退最後の大仕事の結末はいかに!!! って結末途中で読めちゃいますけどね。
アウトブレイブ 3 細菌兵器の恐ろしさがまざまざと伝わってきます。軍事機密を守るために人を犠牲にするかどうかという題材はいろいろありますがほんとうに人の命より機密を選択するような根性の腐った軍人が本当の世界ではいないことを祈りたいです。
ブリジットジョーンズの日記 4 結婚適齢期を過ぎた人は必見!!! てことはないですけど面白いですよ。実は私、レニーのファンだったりします。うーむ、あんなかわいい女性が独身なんて不思議だ。って映画だからか。
スパイキッズ 4 子供たちがメインでどうかなと心配しましたが、スパイものとしても十分な作りで楽しめました。なかなか面白いですよ。最後に出てくるチョイキャラにはびっくりしましたが。あのお姉ちゃんはしっかりしてて、かわいくていいなぁ(私はロリコンではありません)
キャッツ&ドッグス 3 犬猫好きにはお勧めします。でも好きじゃない人が見たらあんまり面白くないかも。コメディータッチで面白いんですけどね。
キッド 4 ブルース・ウィリス主演です。アクションではありません。前半コメディー、後半で感動するっていうパターンです。自分の少年時代と出会ったら一体どんな感じなのでしょう? 展開的にはオーソドックスですがいい映画です。
トゥームレイダー 4 アクションとしてはまあまあかな。盛り上がるところはすっごいアクションいいんですけど、そうでないところの差がちょっと気になりました。しかしララ強すぎ(笑)
A.I 3 前半はまあなかなか感動、終盤は私的にはなかなか感動、が、しかし、中盤があまりにも駄作で非常にもったいない。母親なら感動必至です。
スターリングラード 4 こういう映画を見ると戦争の恐ろしさとむごさをまざまざと感じしてしまいます。一発でしとめる狙撃者の緊迫感がいい感じで伝わってきますね。ハムナプトラ2にも出てた女優さん、いやぁ、いいですね。人間模様はちょっといまいちだったが・・・
隣のヒットマン 4 わはは! 笑います! 面白いです! ブルースウィルス出てるからアクションと思ったらだめですよ。かなりコメディです
ハムナプトラ2 4 素直に楽しめます。アクション映画として文句なしに楽しめますね。女優は二人とも私の好みです(関係ないか)
DENGEKI電撃 4 沈黙シリーズはだんだんトーンダウンしていったような気がしましたけど、この作品はいい感じで仕上がっていてアクション映画として楽しめます。
JSA 2 ぐはっ、「シュリ」はかなり私のお勧め作品だったのですが、こちらは「あれっこんなもん?」っていう印象です。同じくらいの感動があるかと期待しすぎて見たのも原因でしょうがいまいちでした。残念。
パール・ハーバー 4 戦闘シーンの映像は圧巻です! ぜひとも見てあの迫力を味わってもらいたいです。ストーリーもまずまずで映画としてはかなりの出来でしょう。約3時間と長いのと日本人として見るとゼロ戦が撃ち落された時にちょっと悲しいのが難点かな。
キャスト・アウェイ 1 むー、ある意味たんたんと進み、ストーリー展開を楽しみにして見るとショックを受けるでしょう。あの1個の荷物はどういう意味だったのでしょうか?
クリムゾン リバー 3 最後の方まではなかなかなんですけど、最後がちょっと分かりにくくて残念です。
タイムコップ 3 ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の方です。
タイムコップ ネクスト1〜4 3 息子がいるお父さんは最終話必見です! でも最後だけ見ても感動はうすいでしょうから全部見ましょう。シリーズものなのではまる話もあればいまいちなのもあります。
ペイ・フォワード 4 いい話ですね。善意っていう今の時代では大切にされなくなったものがこんなに素敵なものなんだって思わせてくれます。感動します。
ザ・ハッカー 3 コンピューター関連の仕事をしている人にはまあ楽しめるかも。全然知らない人にはちょっと分かりにくいかな。しかし小数点って怖いんだ。
プルーフ・オブ・ライフ 3  
バトル・ロワイアル 3 うーむ、結局監督は何が言いたかったのだろう? 残酷シーンはかなり残酷です。国会でも問題になった作品ですが教育にいい映画だとは私は思えませんでした。
バーティカル・リミット 4 いきなりの緊迫シーン! すごいです! この映画の迫力感はかなりのものがありますよ。お勧めです!
シックス・デイ 4 シュワちゃん、やっぱりいい! ストーリー、迫力共に楽しめる娯楽作品です。
八日目 3  
13デイズ 4 素晴らしいです。この映画はどういうジャンルになるのかは分かりません。サスペンス? 戦争? ヒューマン? そんなことはどうでもよくなる緊迫感がありますよ。
ファルコンダウン 3 誰が悪くて誰がいい者なのかが楽しいですね。迫力は十分ですけどストーリーはやや単調かも。
アート・オブ・ウォー 4 こういう設定の映画は過去にもいろいろありましたが、これもいい出来です。
追撃者 3 久々にスタローンのアクションを見ました。いやぁ、わるっぽい主人公がなかなか似合ってますよ。ストーリーがもう少しひねりがあればね。
ダンサー・イン・ザ・ダーク 3 悲しすぎるストーリーに泣かずにはいられないでしょう。でもミュージカルが嫌いな人は見ないほうがいいと思います。
ホワット・ライズ・ビニース 2 こ、怖い、というかでかい音響効果でびびらせるという演出がちょっと子供だましかな。うーむ、ハリソン・フォードちょっともったいない。
海の上のピアニスト 4 ピアノの世界に少しでもふれたことがある人にはぜひとも見てもらいたいですね。
スペースカウボーイ 4 かっこいいじゃないですか! 歳をとった宇宙飛行士達がかっこいいですよ!
ポネット 2 むむむ、主人公の女の子は本当に幼いのだろうか? 表情とか演技は大人顔負けです。ほのぼのとした展開がやや単調かも。
ホワイトアウト 4 久々に邦画では見てて楽しめる映画ですね。アクション好きな人はどうぞ。
シャンハイ・ヌーン 3 久々にジャッキー・チェンの映画見ました。相棒の役者も味を出していてまあ楽しめるとは思います。でもストーリーとしての深さがないのが残念です。
エンド・オブ・ザ・ワールド 4 核爆弾という恐ろしさと人間(一部)の愚かさ、それが痛いほど表現されている映画です。ラスト手前のシーンでは泣かずにはいられません。
TAXi2 4 ワッハッハ、いやぁ、愉快痛快と何も考えずに笑って楽しめますよ。しかし最後の方の格闘シーンはちょっとやばいのでは・・・下着丸見えなんですけど。
救命士 1 どわぁ、ニコラス・ケイジのアクションがいろいろ見れると思ったらこれは思いっきりヒューマンドラマだ! しかもなんだか見てる側に訴えたいことが私は分からなかった・・・
X-MEN 3 もっともっとド派手なのを期待してたのでちょっと残念。しっかし、ウルバリンのもみあげはなんとかならなかったのかなぁ〜かっこ悪いと思うんだけど・・・
エリン・ブロンコビッチ 3 ジュリア・ロバーツがとってもかわいいですね。あの胸はやっぱりブラのパワーなのかな? ちょっと身勝手で自己中心的である主人公が1つのものに生きがいを見つけ必死になっている姿はいいものですね。
英雄の条件 3 最初の戦争という恐ろしい描写から一転してヒューマニックな展開へ進んでいき「戦争」というものの恐怖とおろかさがにじみ出ている作品ではないでしょうか。
グリーンマイル 4 3時間と長編、ビデオだと2本組。しかし長さを感じさせない内容であきさせません。いつのまにやらクライマックスへと進んでいます。感動という点では十分に感動できる作品ですね。
グラディエーター 4 うおお! ぐさっ、ぶしゅっ、ていう表現がなんとも生々しいですよ。ストーリーは復讐がメインですけどなかなかよく出来ていると思います。でもあの子供はかわいそすぎだ。
ペイバック 3 メルギブソンがいわゆる悪人を演じているのがなんとなく違和感があります。しっかしマフィア相手にあこまでできる人間ってほんとうにいたらすごすぎるでしょうね。最後はちょっと拍子抜けかな。
スリー・キングス 3 ド派手さはないですけど楽しめるんではないでしょうか。単純な戦争映画ではなくて民族の兼ね合いが濃く表現されていると思います。
ミッション・トゥ・マーズ 3 映像的にはよくできてますね。ほんとうに宇宙で撮影してるような気までします。私としては感動の展開が中盤にあるのが残念でなりません。やはり最後にそういう展開をもってきてほしかったです。最後はロマンチストか現実派かによって評価は分かれるでしょう。
U-571 4 スリル感はかなりあって楽しめます。前半の衝撃的な展開がずっと目がはなせません。ストーリー的には複雑なものはないのでお手軽に楽しめます。
パーフェクトストーム 3 演出面ではかなりいいです。ストーリーもうまくまとまってますがやっぱり最後の展開が残念で非常にもったいないですね。実話を元にしてるから仕方ないのかな。
シュリ 4 ううむ、すばらしい! 感動の度合いでは一級品だと思います。出だしはちょっと分かりにくかったですけど、どんどんと引き込まれていく魅力があります。でも最後は悲しすぎるんじゃありませんか?
マーシャルロー 2 ブルース・ウィルスとデンゼル・ワシントンが出演! ということで期待して観たら、な〜んと全然面白くありません。ファンの人なら観てもいいかもしれませんが内容には期待しないほうがいいですよ。
スターウォーズ エピソード1 4 映画としての画像表現力はさすがって感じですね。序盤はいまいち盛り上がりませんが中盤前からはぐっと引き込む魅力をもっていますね。早く続きを観たいです。
エントラップメント 4 ショーンコネリー、歳ですけどアクションがんばっています。相手役の女優は結構セクシー美人でいいですよ。最後の展開はいい感じですね。しかし「複雑な事情」って一体何だったんでしょうか? とっても気になります。
ライフ・イズ・ビューティフル 3 父親の子供を思う気持ちがうまく表現されてるんではないでしょうか。まあまあ感動できる作品だと思います。子役の子供はすごくかわいいですよ。
オースティンパワーズ 3 ちょっとおげれつなコメディーです。間違っても付き合い始めの恋人同士で見るのはやめましょう。多分とても気まずい空気に包まれることでしょう。
マトリックス 4 評判どおりのできです。アクションシーン、カンフーシーンどれをとっても1級品ではないでしょうか。映像技術もかなりのものです。敵との戦いのシーンは手に汗握るほどの白熱です!ストーリーがちょっとややこしいのが難点。
マイ・フレンド・メモリー 4 サイモンバーチとなんとなく似ていますね。話の展開はサイモンバーチの方が上だと思いますけど泣き度合いではこちらが上です。
隣人は静かに笑う 3 サスペンスです。話的にはなかなか面白いのですが私としては最後の結末は納得がいきません。みなさんはどう思いますか?
サイモンバーチ 4 久しぶりに感動できる映画に出会えました。感動して泣きたいならぜひ見て下さい。
6デイズ7ナイツ 4 ハリソンフォードもう年だからド派手なアクションはないですけど楽しめます。
シックスセンス 4 最後の展開は今だかつてなかった展開なのでびっくりするでしょうね。ただ極端に言ってしまえばこの映画の売りはそこだけっていう感じはします。
ジャッカル 4 なかなかアクション映画としては楽しめます。
大いなる遺産 2 うーむ、この作品がいいたい事が何なのか伝わってきませんでした。
スネークアイズ 3 ちょっと最後のつめがあまいような気がします。最初はいい感じですよ。
X-FILE ザ・ムービー 4 観てて楽しめますね。でもストーリーは私には理解できません。
ラッシュアワー 3 ちょっと期待しすぎていまいちでした。
L.A.コンフィデンシャル 3 有名どころは出てませんがストーリーはいい感じです。
アルマゲドン 4 なかなかの秀作です。が、最初の方がちょっとダルいです。あの部分はもっと省略して短くしてほしかったです。最後の展開は予想通りに進みますが私としてはちょっと納得いきませんでした。
リーサルウェポン4 4 シリーズ物ってだんだんトーンダウンするものですけど、これは違います。アクションもカンフーもお笑いも楽しめます。
ブレイブハート 4 いいです、泣きます、メル・ギブソン最高です!
ディープインパクト 4 最後のキャプテンのセリフがすっごくいいです!
ピースメーカー 4 アクション好きにはお勧めです
スクリーム2 3 パート1と同様犯人は当たりません
コップランド 3 スタローンのアクションがない映画なんですよ
タイタニック 3 期待してましたが残念ながら真実の愛は表現できてませんでしたね。時間も長すぎます。ただ、音楽はサイコーです。
イングリッシュペイシェント 1 アカデミーとってるのってイマイチなのが多い気が・・・
スクリーム 4 ホラーです、この映画で犯人当てられたらすごいですよ
レオン 3 最後が納得いかぁーん!
マネキン 4 これいいですよ、音楽もサイコー、カップルでどうぞ
もののけ姫 3 うーん、期待しすぎていまいち
ショーシャンクの空に 4  
リング 2 これはむちゃむちゃ怖いです。見たことを後悔するでしょう。ストーリーはよくできてますね。
らせん 3  
ゲーム 4 なかなかよくできてます。しかし納得いかないとこがちらほら・・・
ザ・エージェント 4 女優が最高にキュート!
コン・エアー 4  
フェイスオフ 5 トラボルタの映画ではこれがサイコーでしょう!
エイリアン4 2  
クリムゾンタイト 4  
ステラ 5 むっちゃ、泣きます。母親になるなら必ず見ましょう
エアフォースワン 5  
ルーカス 〜初恋メモリー〜 4 私のお勧め映画です。一度見てみて下さい。
キャントバイミーラブ 4 うーん、いいですね。が、最後の曲があってなぁい!
エイリアン2 5 SF物ではこれに勝てる作品はないです
ダイハード 5 アクション物ではこれに勝てる作品はないです
仮面の情事 4 サスペンス物ではかなりいいんじゃないですか