戻る

関西地方 3エリア 関西VHFコンテスト規約

JARL関西地方本部では,2020年関西VHFコンテストを次のとおり開催します。

日   時  5月 9日(土) 2100

           10日(日) 1200

参加資格 @ 管内局=近畿総合通信局管内で運用のアマチュア局 

         例)JA3RL,JA3YRL/3,JA1YRL/3

          A 管外局=前記以外の日本国内のアマチュア局

     (ご注意) 8J または 8N で始まる局の参加は歓迎するが,提出ログはチェックログ

として扱う。

使用周波数帯 28MHz帯以上の各アマチュア帯

             28430MHz帯の使用周波数については,JARLの規約に準じる。

                 また,1200MHz帯以上は総務省告示の使用区別による。                                                                  

┌──────┬──────────────┐

│周波数帯          使用周波数           

├──────┼──────────────┤                                

│28MHz     │CW   28.050 〜   28.080

            AM/SSB  28.600 〜   28.850

            │FM     29.200 〜   29.300                               

│50MHz     │CW   50.250 〜   50.300                               

            AM/SSB  50.300 〜   51.000                               

            │FM   51.000 〜   52.000                               

│144MHz   │CW    144.050 〜  144.090                               

            AM/SSB  144.250    144.500                               

            │FM    144.750 〜  145.600                               

│430MHz   │CW   430.050 〜  430.090                               

            AM/SSB 430.250    430.700                               

            │FM    432.100 〜  434.000                               

└──────┴──────────────┘                              

呼び出し   電話:CQ JA3コンテスト 

        電信:CQ JA3TEST 

交信相手局  管内局:日本国内の局

       管外局:管内局に限る

コンテストナンバー

       管内局:RS(T)+ 市,郡または区ナンバー

       管外局:RS(T)+都県または北海道の地域のナンバー

 

得  点 1交信1点 ただし同一バンドでの重複交信は1交信を除き電波型式が異なっても得点としない。

マルチプライヤー

       管内局:管内の異なる市郡区および管外の異なる都県・北海道の地域

       管外局:管内の異なる市郡区

総得点  シングルバンド:(当該バンドの得点の和)×(当該バンドで得たマルチの和)

           マルチバンド:(各バンドの得点の和)×(各バンドで得たマルチの和)


 

参加部門・種目

               必ず該当のコードをサマリーシートに記入すること。

   電信部門

┌────────────────┬─────────┐

│     種      目                  コード    

│                   ├────┬────┤

                                │管内の局│管外の局│

├────────────────┼────┼────┤

│シングルオペ マルチバンド     KCM     CM     

│シングルオペ  28MHzバンド      KC28    C28    

│シングルオペ   50MHzバンド     │KC50    C50    

│シングルオペ  144MHzバンド     │KC144   C144   

│シングルオペ  430MHzバンド     │KC430   C430   

│シングルオペ 1200MHzバンド     │KC1200  C1200  

│シングルオペ 2400MHzバンド      KC2400  C2400  

│シングルオペ 5.6GHz以上マルチバンド │KC5600  C5600  

マルチオペ マルチバンド      │KCC     CC     

└────────────────┴────┴────┘

   電信電話部門

┌────────────────┬─────────┐

│      種      目           │   コード    │

│                   ├────┬────┤

                                │管内の局│管外の局│

├────────────────┼────┼────┤

│シングルオペ マルチバンド      KFM     FM     

│シングルオペ  28MHzバンド      KF28    F28    

│シングルオペ   50MHzバンド      KF50    F50    

│シングルオペ  144MHzバンド      KF144   F144   

│シングルオペ  430MHzバンド      KF430   F430   

│シングルオペ 1200MHzバンド      KF1200  F1200  

│シングルオペ 2400MHzバンド      KF2400  F2400  

│シングルオペ 5.6GHz以上マルチバンド │KF5600  F5600  

マルチオペ マルチバンド       KFC     FC     

└────────────────┴────┴────┘

 ※ 電話のみの参加は「電信電話部門」に含む。

禁止事項 

   @ クロスバンドによる交信

    A コンテスト中の運用地点変更

   B シングルオペの2波以上の同時発射

   C マルチオペの同一バンド内における2波以上の電波の同時発射 

   D マルチオペの複数地点からの運用 

   E レピータによる交信

      F シングルオペが複数のコールサインで書類を提出すること

      G マルチオペとして参加した人が,同一地点において他の局で参加すること。

        したがって,そのマルチオペ局の得点とすることも書類提出もできない。

書類提出 

@  参加局は,両部門を通じて1つの種目のみに提出すること。

A  電子メールによる提出を推奨する。電子ログは,JARL制定のもの

    またはこれに準じる形式で本文に記入し,ja3test@jarl.com に送ること。

    「件名」は,「(あなたの)callsign」とする。FD,MO,SD などの

    メディアでの提出は無効とする。電子ログ提出時のお願いと注意事項は,

    http://www.eonet.ne.jp/~ja3-test/を参照ください。

B  郵送による提出は,JARL制定のサマリー・ログシートまたは

    これと同形式のものを使用し,

     569-1032 高槻市宮之川原 2-3-10 上村方

       JARL 関西地方本部コンテスト委員会

                   宛てに送付すること。

C   提出期限 (電子メール,郵送ともに)610

 

賞     各部門,各種目ごとに参加局数に応じて,上位の局に賞状,それに含まれない,

     その種目の上位30%に含まれる各府県(ただし,管外の局は各エリア)の最高得点局に賞状を贈る。

審 査 JARLコンテスト規約に準じる。

注意事項 @ コンテスト結果送付希望局は,SASE(返信用封筒=長形3号=に自分の住所・氏名を記入し

           84円切手を貼る)を同封のこと。

      A サマリーは記入する個所が多いので記入もれがないようにする。

       宣誓に対する日付,署名,捺印(サイン)もお忘れなく。

      B 移動局の場合は,移動先を必ず記入

         C 社団局・マルチオペは書面の場合はオペレータの資格・コールサイン(氏名)を意見欄に記入。

            電子ログ提出時はマルチオペリストの欄に記入。

     D 電子ログによくある間違いとして、送受信レポートにRS(T)だけが書かれていたり、

            RS(T)が抜けている。

      E オリジナルログの提出を求める場合がある。

クレーム JNで結果発表後20日以内に連盟本部に準じた書面で,上記書類提出先まで

         「関西VHFコンテスト・クレーム」と明記のこと。

− 以上 −