歯列矯正・床矯正

当院では床矯正と従来のワイヤーによる矯正を組み合わせて行っています。

床矯正”床矯正”は聞きなれない言葉かもしれませんが、入れ歯のような装置を使う方法でヨーロッパでよく行われています。
取り外しが可能なので食事の時、病気の時、歌を歌うときなど自由に外せます。でも逆にある程度の時間入れてもらわなければ治らないという欠点もありますが。


床矯正は歯を抜かないことを大前提としています
歯並びが悪いのは顎の大きさと歯の大きさが合わない場合が多いのですが、床矯正は未発育な顎を本来の大きさに戻して(拡大して)歯の移動を行います。
歯を抜いて矯正を行うと口の機能は低下します。その結果顔の骨の発育が抑制され口元が貧相な顔貌になってしまうことがあります。何しろ皆さん、大事な歯をなるべくなら抜かないで矯正をしたくありませんか?
早い時期に始めることで費用も期間も少なく
床矯正はお母さんがおかしいなと感じた時が治療のタイミングです。
早期に治療をすれば費用も期間も少なくてすみます。一つの装置ですむ簡単な症例なら10万円位で治せます。難しい症例でも20〜30万円が目安です。
具体的には下の前歯が生えてきた頃から犬歯が生えるまでの10歳半から11歳ぐらいまでが理想です。もちろんそれ以降でも大丈夫です。
正しい歯並びになるには矯正治療だけではなく機能療法も大事
歯並びが悪くなったのには原因があります。正しく口が機能していれば、顎は正しい大きさに成長し、正しく口が機能していれば、歯は自然と正しい位置に並びます。
矯正装置だけに頼るのではなく機能療法(咀嚼訓練、食事の環境、悪習癖の除去)を行って歯並びを治しましょう。
噛む能力を高めて美人に、いい男になりましょう!
矯正治療の目的は歯並びだけではありません。歯を正しく機能させて”良い顔”に育成することも大事です。
顔を下方向ではなく前方向に発育させると立体感のあるかっこいい顔になります。
また口をいつも開けていると口の周囲の筋肉(口輪筋)が弱くなり唇の形が悪くなります。これも口を閉じるようにし、口輪筋の訓練、咀嚼訓練を行うことで魅力のある口元に変化します。

※岩田歯科医院は床矯正研究会会員です。
  詳しくはコチラ ⇒

CopyRight 2009 Iwata Dental Clinic co,ltd.