コード進行編
いろいろな曲が数多くありますが、実はコード進行が良く似た曲が大半 です。
Keyやテンポが違うので同じ進行には聴こえませんが、『度数』でコード進行を読み取る事が出来ると
コレと一緒やん!って曲がたくさんある事に気付きます。

『ダ イアトニックコード 3和音

T-Y-U-X(イチ、ロク、ニ、ゴ) や  U-X (ツー、ファイブ)という言葉を聞いた事があるかもしれませんが
これは、そのKeyのコードの進行を意味します。

3和音は1,3,5度で成り立ちます。
コードCで言うと(ド,ミ,ソ) 2,4度(レ,ファ)を飛ばして(間の音一つ飛ばして)音が重なっています。

コレをKey=Cのメジャースケール(ドレミファソラシド)で順番に音を重ねてコードを作ると

C(ドミソ) Dm(レファラ) Em(ミソ シ) F(ファラド) G(ソシレ) Am(ラドミ) Bm(♭5)(シレファ)

とコードが七つ出来ます。


※どのメジャースケールからコードを作っても、必ず

度数
読み方
Key=Cの場合
T
一度メジャー C
Um
二度マイナー
Dm
Vm
三度マイナー
Em
W
四度メジャー
F
X
五度メジャー
G
Ym
六度マイナー
Am
Zm(♭5)
七度マイナーフラットファイブ Bm(♭5)

という順番になります。(↑丸暗記です。)

T、W、Xはメジャー  U、V、Yはマイ ナー  Z はマイナーフラットファイブ


どのKeyからでもダイアトニックコードがすぐに弾けるようになっておく方がいいでしょう。
コードで覚えるのではなく、ルートからの距離で覚えます。

まず、T、W、Xのメジャーコードの場所を覚 え
Tの1F下は Zm(♭5)  2F上は Um
Wの1F下は Vm
Xの2F上は Ym


『T-Y-U-X』  はそのKeyの一度メジャー、六度マイナー、二度マイナー、五度 メジャー
『U-X』 はそのKey の二度マイナー、五度メジャーとなります。


『ダ イアトニックコード 4和音』

3和音と同じ考え方でKey =Cのメジャースケールで順番に音を重ねてコードを作ると

CM7(ドミソシ) Dm7(レファラド)  Em7(ミソ シレ) FM7(ファラドミ)
G7(ソシレファ) Am7(ラドミソ) Bm7(♭5)(シレ ファラ)

となります。


度数 読み方
Key=Cの場合
TM7
一度メジャーセブンス
CM7
Um7
二度マイナーセブンス
Dm7
Vm7
三度マイナーセブンス
Em7
WM7
四度メジャーセブンス
FM7
X7
五度セブンス
G7
Ym7
六度マイナーセブンス
Am7
Zm7(♭5)
七度マイナーセブンスフラットファイブ
Bm7(♭5)

※Xは3和音では五度メジャーと言いました が、4和音では五度セブンスと言います。
  (メジャーセブンスと言うと違うコードになってしまいます。)


例)Key=Fの場合
Fのメジャースケールは 『F G A B♭ C D E (
ファ  ソ ラ シ♭ ド レ ミ )』
に順に上記のようにコードをつけていくと

TM7=FM7  Um7=Gm7  Vm7=Am7  WM7= BbM7
X7=C7  Ym7=Dm7  Zm7(♭5)=Em7(♭5)


つまり、そのKeyのメジャースケールの音の並びに
上記のコード(丸暗記です)を当てはめると簡単にダイアトニックコードが出来ます。



『よ くあるコード進行』

『T-Ym- Um- X』
略して 『イチ、ロク、ニ、ゴ』と言いますが、本来はロクマイナー、ニマイナー等、表記します。

まず、Key=Cで3和音で当てはめてみると

C Am Dm G

となります。

『T
-Ym-Um-X』と表記してありますが、7thやテンションを入れても構 いません。
(テンションの話は後に。)
7thを入れると

CM7 Am7 Dm7 G7 (TM7 Ym7 Um7 X7)


3和音よりも響きが豊かになります。
お洒落なサウンドにする時は7thを入れる方が良いでしょう。
(クールなサウンドにする時は、さらにテンションを入れます。)

※逆に
『TM7-Y m7-Um7-X7』と指定されてる場合は4和音にして下さい。
(テンションは入れても良いです。)


『T
-Vm-W-X(イチ、サン、ヨン、ゴ)』

Key=G だと
3和音 G Bm C D
4和音 GM7 Bm7 CM7 D7


『Vm
-Ym-Um-X(サンロクニゴ)』

Key=F だと
3和音 F Dm Gm C
4和音 FM7 Dm7 Gm7 C7


『W
-Vm-Um-T(ヨンサンニイチ)』

Key=A だと
3和音 D C♯m Bm A
4和音 
DM7 C♯m7 Bm7 AM7

他にもたくさんありますが、コード進行を度数で覚え
どのKeyにもすぐに当てはめれるようになる事が大事です。



例)『Stand By Me』のコード進行 (Key=A)

|A(T)
|A(T)
|F♯m(Ym)
|F♯m(Ym)
|D(W)
|E(X)
|A(T) |A(T)
と、コード横の度数が分かっていると
Key=Cに当てはめた場合

|C(T) |C(T) |Am(Ym)
|Am(Ym)
|F(W)
|G(X)
|C(T) |C(T)
となります。


『BLUES 進行』

ロックンロールやブルースで使われる進行で す。
3コード(進行)とも言われます。

|T7    |T7 (W7) |T7    |T7
|W7   |W7 |T7 |T7
|X7 |W7 |T7 |X7 (T7)

注意しなければいけないのはすべて7thコードだという事。
上記の理論には反していますが、黒人の文化は♭7thコードが深く根付いています。

この進行も度数で覚えておき、どのKeyを言われてもすぐに弾ける事が大事です。

ブルースセッションなんかで、『2小節目は上がって。』と言われる事があります。
ようは2小節目は『T7ではなくW7弾いて下さい。』という事です。



『テ ンション』

テンションとは緊張という意味で、コードにテンションを入れると緊張感 のあるサウンドが得られます。
テンションも上記のダイアトニックコードと同じ考え方で成り立ちます。

テンションも一音飛ばしで積み重なり
4和音(1,3,5,7度)  テンション(9,11,13度)
となります。

9度=2度  11度=4度  13度=6度

と、『7を引いた度数』と覚えたりもします。

※4和音の1,3,5,7度の間の2,4,6度がテンションとなります。


以上を当てはめると

度数
key=Cのダイアトニックコード
テンションとなる音
テンション(度数)
アボイド
TM7 CM7(ド、ミ、ソ、シ)  レ、ファ、ラ 9,11,13度
11度
Um7
Dm7(レ、ファ、ラ、ド)
ミ、ソ、シ 9,11,13度
13度
Vm7
Em7(ミ、ソ、シ、 レ) 
ファ、ラ、ド ♭9,11,♭13度
♭9度
WM7
FM7(ファ、ラ、ド、ミ)
ソ、シ、レ 9,♯11,13度

X7
G7(ソ、シ、レ、ファ)
ラ、ド、ミ
9,11,13度
11度
Ym7
Am7(ラ、ド、ミ、ソ)
シ、レ、ファ
9,11,♭13度
♭13度
Zm7(♭5)
Bm7(♭5)(シ、レ、ファ、ラ)
ド、ミ、ソ
♭9,11,♭13度
♭9度


※アボイドとは、コードにぶつかる音なんで、あまり出さない方が良い音。
曲によってはあえて出す場合もあります。
(僕はIM7から順に、7引いた度数 『4,6,2,なし,4,6,2』 と覚えるように言われました。)

上記は丸暗記になります。
メジャーコードとマイナーコードにわけると覚えやすいかも。

テンションを入れる場合はそのコード進行の度数を把握し、上記から当てはめていきます。


例)
『CM7-Am7-Dm7-G7 (TM7-Ym7- Um7- X7)』

TM7には 9,13度が当てはめれます。
Ym7には 9,11度
Um7には 9,11度
X7には 9,13度

すべてを使う必要はないので

CM7(9)-Am7(11)-Dm7(9)-G7(13)

とする事が出来ます。(もちろんテンション2つとも入れてもいいですよ)





戻 る