豊剣会事務局から   
伏見青少年活動センター(28年6月27日)
           従来ほぼ隔週で実施してきた伏見青少年活動センターの稽古日を10月から施設が確保出来る限り毎日曜日に
           広げたいと考えています。(28年9月から前倒しで実施します)
           30歳までの対象年齢の方は積極的に利用してください。また対象年齢以上の方もどうぞご利用ください。

豊剣会総会議決事項   平成28年4月3日
           
           ①平成28年4月3日の豊剣会総会において役員改選を行いました。
           会長    木村幸比古(留任)
           副会長   林泰行(留任)
           事務局長 野々村耕二(留任)
           監事    佐藤廣厚(留任)
                  山本真也(新任)
           長年副会長を務めていただきました竹崎南海男先生は年齢と体調不良のため退任
           伴いまして当分の間、副会長は一人、また監事を二人の体制で運営します。
           ②新年度より入会金を¥5000-に改正いたします(学生以下は¥2000-に据え置き)

稽古参加のマナーについて    平成28年4月1日
           豊剣会の稽古は会員の事情を尊重して、稽古会場への出入りは自由ということが原則です。
           とはいうものの、稽古開始時間に決まって5分程度遅れて参加する会員がいます。
           これは一般社会人のマナーとしていかがなものでしょうか?
           稽古開始前には準備を整えて待つなどという初歩的な決めごとは、成熟した豊剣会としてはしたくありません。
           仕事優先、家事優先などの原則を踏まえつつ会員諸氏の良識に期待いたします。

豊剣会内部での個人情報の取り扱いについて(27年4月14日)
           従来、ネット上で豊剣会会員の名簿は外部に対してはパスワードでブロックをしてまいりました。
           ところが最近会員内部から個人情報の好ましくない利用が発生いたしました。
           そこで改めて会員同士での個人情報の取り扱いについて再考いたしました。
           今後ネット上での会員名簿の性別、年齢、職業、住所、電話番号の公開は役員・世話役を除いて中止いたします。
           また、従来の豊剣会の活動の中で知り得た会員同士の個人情報は、本人の了解なく外部並びに他の会員に知らせない
           ということを不文律として遵守してください。
           決して、従来の会員同士の親睦に水を差すようなお願いではありません。
           現在の会員数は84名です。

2015年新年会、会長賞 妹尾敬子

豊剣会六段、七段の先生方へ(26年10月1日)
           豊剣会事務局は現在全剣連及び京剣連主催の各催しに関して、それぞれの機関から寄せられた通知はホームページや
           その他の方法で周知いたしております。
           原則として各催しへの六段以上の先生方の参加は当然のものと考えておりますが、不参加のみをお知らせをいただく方法には
           いささかの不安がありました。よって、今後ともご参加の際はその旨をお知らせくださいますようお願いいたします。
           事務局へご参加の意思表示のない場合は参加のないものと判断いたします。
           例年の主な行事は以下の通りです。
           全剣連関係  五月 京都大会演武会・八段審査 七月 地区講習会・六、七段昇段審査 十月 全日本居合道大会 等々
           京剣連関係  居合道講習会 審判講習会、伝達講習会、京都居合道大会 他
           豊剣会関係  納会 強化稽古会 新年会 など
           その他 社会人居合道講習会 京都社会人居合道大会 など

京都クラブの道場使用について(2014/5月)
           道場の管理及び指導の責任者が不在のため2014年7月より隔週土曜日午前中の稽古を中止いたします。
           尚、毎週土曜日午後は従来通りです。

平成26年4月6日の豊剣会総会において役員改選を行いました。

           会長    木村幸比古(留任)
           副会長   林泰行(留任)
           副会長   竹崎南海男(留任)
           事務局長 野々村耕二(留任)
           監事    佐藤廣厚(留任)

京丹後支部稽古   2014/3
           皆様周知の通り、原則として毎月最終日曜日に京丹後支部の稽古の応援に野々村が出向いています。
           これまでに何人もの会員に参加していただいていますが、まだまだご一緒していない方がいらっしゃいます。
           魅力的な環境の下で稽古に励んでいる支部の会員とも親しくしていただけますように、なるべく多くの方に
           お出かけいただくようにお誘いいたします。
           毎回2~3人程度に限らせていただきますが、従来お声掛けが出来ていない皆さまからの自発的な参加の
           希望をお待ちいたします。

2014新年会において 会長賞 角田勝夫

新しい稽古場所(小、中、高生対象ー30歳以下無料)
           山科地域や地下鉄東西線沿線に若年の会員が増えてきました。
           従来の伏見青少年活動センターに加えて山科青少年活動センターの利用を可能な範囲で実施いたします。
           公共交通機関としては、JR、京阪、地下鉄の山科駅から徒歩10分、地下鉄東野駅から徒歩8分の場所です。
           駐車スペースが4台分あります、運が良ければですね。
           3か月続けてみましたが当初のもくろみの会員の参加がありません。この場所での稽古を見合わせます。(2013年11月)

京都クラブ道場の使用について、以下に掲げる会員に当面の使用を許可します。(H25、4/1)
           今年度の使用料¥2,000-を事務局松井まで
          下記以外に使用の希望のある方は改めて事務局に申請してください。
          (個人情報保護のためカタカナ表記をお許しください)
          サトウ、ナカノ、ヤマモト真、ヒサジマ、ヤマモト隆、ツノダ、マツイ、ヨシモト、イシダ、エンドウ義、エンドウ航、センダ、セオ、オキノ
          ヤマグチ鉄、オヌマ、コンゴウ、コバヤシ優、タバタ、オノザト、ヤマダ夏、ヤマダ祐、アンドウ光、マツヤマ、ヤマモト拓 ニシムラ、
          以上     指導者 木村会長、林副会長、野々村、小笹

新しい稽古場所
           角田さんが車の運転をしなくなりましたので自宅から徒歩で通える稽古場所を見つけられました。
           狭い場所ですが、設備も環境も申し分ありません。
           次年度(H25年4月)から定期的に確保出来る見通しですので予定が立つようになれば会員に公開します。
           事務局小笹さんに手続きなどのお世話をいただきます。

2013新年会
           会長賞 妹尾史郎 会長特別賞 山本秀嗣

会長通達(2012/10)
           当会の、最近の昇段審査の受審者の技量が不足しています。会員の増加が技量の低下につながる事は許されません。
           指導的立場にある人は、特に昇段審査を控えた会員の指導を、十分に時間的余裕を持って当たるようにお願いいたします。

三ノ宮道場の位置付け(24,4,15)
           三ノ宮道場は、従来豊剣会会員の地の利や時間の都合を基に、木村会長に稽古を見ていただいておりました。
           今後は、豊剣会として会長の直接指導が必要と認める会員を優先して受け入れていただきます。
           原則としては三段以上で昇段を控えた会員が対象となりますが、必ずしもその限りではありません。
           三ノ宮道場での稽古を希望する会員は事務局(担当松井)までお申し込みください。会長の判断を仰ぎます。
           
平成24年4月1日の豊剣会総会において役員改選を行いました。

           会長    木村幸比古(留任)
           副会長   林泰行(留任)
           副会長   竹崎南海男(留任)
           事務局長 野々村耕二(留任)
           監事    佐藤廣厚(留任)

稽古場所使用料金の公平化についてのお願い(2012.1.30 役員会承認)
           今年3月をもって、長らく使用させて頂いておりました府立震災記念館・丹後道場が老朽化のため使用できなくなります。
           (4月以後は他の有料施設?を使用の予定)
           従来、丹後道場を含めて豊剣会は三箇所の道場を無料にてお借りしており、その道場では会員に還元の意味で稽古場所使用料を無料
           としてきました。
           しかしこのことは、有料にて開催してきた稽古場所で稽古する会員との間に不公平を生むこととなり改善が必要と考えておりました。
           この度の丹後道場の移転をを契機に、次年度から他の無料にて開放しておりました二施設での稽古を有料化して他の施設との平準
           化を計り、差益を豊剣会の活動資金に繰り入れたいと存じます。(青少年活動センターは1月より有料化を実施)
           会員各氏のご理解とご協力をお願いいたします。
           尚、青少年活動センターにおける稽古については、13歳から30歳までの会員は無料とします。
           
豊剣会会員の中で、日本語の書面の読めない人、日本語を書けない人は事務局に届けておいてください。(2011.10.15)
           特に昇段審査の筆記試験時に英語などで表記の用紙を申請する必要があります。(このお知らせが読めたら大丈夫ですけど…)

豊剣会役員会通達ー四段、五段受審を控えた会員へー(2011.9.27)
           豊剣会会員で京都府剣道連盟居合道部の昇段審査において、四段位及び五段位を受審しようとする者は、京都府剣道連盟の主催する
           講習会や大会に参加しなければならない。(不参加に合理的理由のある場合を除いて)
           これは将来指導者の立場となる段位を取得しようとする者の心得としては当然のことであり、要件を満たさない者への受審申し込み書は
           発行しない。
           更に六段、七段受審を控えた会員においては、上記に勝る自戒の認識を要することは言うまでもないことである。
           この通達は従来暗黙の了解事項であったものをこの度明文化しただけのことであり、直ちに施行する。

伏見青少年活動センターの稽古(2011.9.19)
           2011年10月16日の稽古より小笹助教補に世話をしてもらいます。
           今年の稽古予定は10/16・10/30・11/6・11/20・12/18いずれも13:00~16:00です
           豊剣会の青少年を中心に、多くの会員が有効に利用してください。

居合道地区講習会(福岡2011・7・9)全剣連発ーネット販売による刀剣の購入の危険性と刀剣の取り扱いについてー
           最近、日本刀と称して鋼に刃を付けただけの美術刀剣に似せた物が流通しているそうです。
           それには教育委員会発行の登録証は勿論ついて無く、安価で販売されているようです。特に実物を見ることなく取引の成立する
           ネット販売での流通の可能性が高く、全日本剣道連盟の会員諸氏に強く注意を促したいとのことでした。
           また、各人が従来から所有の刀剣についても、その取扱いには十分に注意を払われるべきで、目的の場所への往復以外での所持は
           極力控えるようにという指示がありました。

特別に担当指導者が要請する場合を除いて、青少年活動センターでの真剣の使用は禁止します。(2011・5)

全剣連、京剣連共に剣道、居合道、杖道の称号・段位審査規則の一部が改正されました。以下の通りです。
           平成23年4月1日より実施です。(緑色表示は京剣連の規定)
   
  旧(受審資格)第16条                                    新(受審資格)第16条
  1 初段 一級受有(後60日を経過した)者で、中学校二年生以上の者      1 初段 一級受有(後60日を経過した)者で、満13歳以上の者
  8 八段 七段受有後10年以上修行し、年齢46歳以上の者             8 八段 七段受有後10年以上修行し、かつ年齢46歳以上の者



居合道二級・三級審査実施について京都府剣道連盟よりの通達を受けて、
           豊剣会として以下のように対応いたします(2010/7)

         1、京都府剣道連盟の一級審査を受審する前段階として、三級審査及び二級審査を実施します
         2、三級審査合格者をもって京都府剣道連盟の会員として仮登録をします
         3、当会会長が発行する二級審査合格証を受けた人を、京都府剣道連盟の実施する一級審査の受験の資格者とします
         4、実施要綱 
           ①審査内容 3級は全剣連居合の前後の礼法と一本目から四本目まで、2級は同じく五本目から十二本目まで
           ②審査日時 3級は該当者の存在により毎月第一日曜日、2級は京剣連の一級審査の約1か月前
           ③審査員 原則として 錬士以上二人を含む五段以上受有者三名
           ④審査費用 各級合格をもって¥1,000-とする

まち道場の写真をどうぞ

平成22年度の京剣連への登録を済ませました。剣連への登録をしない方々を除く60名です。

平成二十二年四月三日の豊剣会総会で新しい役員が以下の通り決まりました。
           
           会長    木村幸比古(留任)
           副会長   林泰行(留任)
           副会長   竹崎南海男(留任)
           事務局長 野々村耕二(留任)
           監事    佐藤廣厚(新任)

四月三日の豊剣会総会で、会則の一部修正が決まりました。
     
     修正前  第八条  (役員の選出) 
           役員は会員の中から総会において選出する。
     修正後  第八条 (会長及び役員の選出)
           ① 会長は会員の中から総会において選出する。
           ② 役員は会長が会員の中から任命し、総会で承認を得る。



新年度にあたりホームページのパスワードを変更いたしました。
           メールでお知らせいたしましたが、届いてない方はお手数ですが事務局までお問い合わせ願います。
           090 8366 2984

ホームページのトップページのリンク項目の後ろにのボタンの付いたページは一か月以内に更新があります。

まち道場に登録(22.2.4)青少活動センターの利用
           京都市が募集するまち道場に豊剣会として応募いたしました。
           小中高校生を対象に、冊子で武道関係の活動をする団体を紹介する企画ということです。ー3月号から掲載ー
           その体験希望者の受け入れ道場として、伏見他青少活動センターを用意します。
           日曜日の午後を確保したいと考えていますので当会の13歳から30歳までの会員は積極的に利用して下さい。
           
事務局からお詫びと訂正(21.8)
           当ホームページに永らく「役員のページ」と題して紹介していた内容は、豊剣会会則で規定されている「役員」とは
           異なります。会員諸氏に誤解を与えたことをおわびいたします。
           つきましては、従来の「役員のページ」を「指導者と世話役のページ」と改めて表示いたしますのでご承知ください。
           また、会則は常に開けてもらいやすいように、トップページにも入口を設けました。(従来はこのページの下の方)
           ときどきはチェックしておいて下さい。

今年度の全日本居合道大会の参加要項に、他の居合道団体に加盟する者を禁止する条項が明記されています。
           従来の暗黙の了解事項を明文化したものとして、また各地の地方大会もこれに準ずるものとして、豊剣会員は一層の
           順守を心がけてください。

〈掲示板と重複〉豊剣会として日曜日午前の稽古場所を模索しておりましたが今回、
           吉祥院地域体育館(075-691-1271)の抽選に参加して8月の分が確保出来ました。
          以後継続して抽選には参加してゆきたいと考えていますが何分にも公共施設のため定期的な確保という点では
          いささか心もとない状況です。以後確保でき次第稽古予定のページに載せますので多くの方のご利用をお願いします。(21.7)

会員数が増えてきた関係で、各種費用を集める機会が多く、入金が錯綜します。
      更に受け取る側(事務局)も複数になりました。
       領収書の発行をとの意見も有りますが、道場での受け渡しの場合が多いので複数件重なると、
       時間が足りません。
      そこで、今後会員諸氏は入金いただく場合に、メモまたは封筒に名前・日付・金額・**費などを
      添付していただくことをお願い致します。
      またそれぞれの払い込みについては各自で管理してください。皆さまの会費です。

今年度より京剣連の会費に関する規程が改正されました。(22.3)
     旧規程  会員が二年間、会費を滞納した時は、退会とみなす。
           再度入会する時は再入会金¥10000-と年会費¥3000-を納入
     新規程  (1)会員が二年間以上、会費を滞納した時は、退会とみなす。
              その間、他都道府県に登録のない場合は旧規定に同じ。
            (2)他都道府県に登録のある場合は入会金¥2000-と年会費¥3000-を納入。

21/2月22日(日)京剣連居合道講習会
           今年の講習会は、参加者同士が模擬試合を判定する新しい試みが行われました。
           審判の難しさに加えて、各業前の着眼点を意識しながらの演武は今後の稽古に生かされる
           ものと思います。
           一方、この講習会で豊剣会の困った一面が明らかになりました。
           それはこの講習会において参加の申し込みをしながら欠席した人が7名(内5名は代理の会
           員が出席)もいたことです。これは、京剣連に対しても大変失礼な結果といわざるをえません。
           事務局としては、豊剣会内外に対してこの責任を痛感いたします。
           従来は参加者の数を増やすことに腐心していた為にアバウトに会員諸氏を募っていた面も有り
           ましたが今後は会員の方々に対してのあいまいな態度を改め、対外的な催しに関する厳正な
           出欠を実現していくことといたします。

           具体的には、今後は出席の申し込みをしておきながらキャンセルされた方の事後の対外的な催し
           (昇段、講習会、居合道大会など)への出場の斡旋を拒否することがあります。
           *但し欠場に合理的理由のある場合を除く
           会員諸氏はこのことをご承知の上、今後の出欠の申し込みを慎重にしていただきますようにお願い致します。


(20.12)今年の豊剣会会長賞は 山本真也(滋賀大会・大阪大会)・安藤義和(京都大会・京都社会人大会・大阪大会)
           の両剣士に決定しました。
           会長特別賞は81歳で六段昇段を果たされた櫛田嘉三剣士です。

平成20年11月14日、櫛田嘉三氏が六段位に昇段されました。
          これを機会に2009年より当会の辻本五一(H25,3退会)、櫛田嘉三、中谷保豊剣会名誉会員
          として遇することといたします。
          会員諸氏は三名の先生に対し、以前にも増して敬愛の念をもって接してください。

済寧館道場(本部道場)に関して
          今年の年初以来使用制限の傾向にあった済寧館道場が、皇宮警察の意向により全面的に
          使用禁止となりました。
          長年の当局のご厚意に感謝してこの決定をお受けしたいと思います。
          役員会の見解として、済寧館道場は旧来豊剣会本部道場と位置づけられておりましたが、
          現在の会員数から考えまして、今後本部道場を固定することは不可能かつ不必要であると考えます。
          現在、各会員が稽古する道場を大切に考え、稽古に励まれることを望みます。

居合道試合・審判運営要領の一部修正の通知 (財)全日本剣道連盟発

08/8/25 従来、各催しにお手伝いを頂いている小笹登美子さんを助教補に任命することが
          役員会で決定しました。今後新入会員のお世話など益々活躍していただきたいと願います。

豊剣会会長木村幸比古先生の八段昇段祝賀会に、各団体の諸先生方はじめ会員の方々
       及び各大学から学生の方々多数のご来駕を頂きましたことを厚く御礼申し上げます。
       お陰をもちまして華やかで和やかな会を催すことができました。
       私共はこのことを励みとして、明日よりまた居合道の稽古に精進致したいと存じます。
       今後とも変わらぬご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。
       また、豊剣会会員の皆様のご協力に感謝いたしますと共に、皆様と一緒に稽古出来ます
       ことを誇りに思います。(
2008・8・18) -祝賀会発起人ー

八回無双直伝英信流山内派居合研究会(山内豊健先生京都招聘八十周年記念大会)
         のお知らせ。
         開催日時 平成20年11月1日 午後1:30~5:00
         所 武徳殿   


08/5/30 事務の仕事の量が増えてまいりました。
          松井氏より手伝いの申し出をいただき、ありがたくお願いしたいと思います。
          また、吉本氏もお時間をいただける環境にいらっしゃるので、そちらへもお願いしたいと存じます。
          この度役員会の了解を得ましたのでお知らせいたします。

居合道部門総会議事録より/2008.1.6
        ☆居合道役員 は全員が再任となりました。
        ☆「銃砲刀剣類所持に関する法律」に関して、真剣についての登録証の所持は勿論のこと、
        真剣を携行する目的を証明するために、京剣連の会員証も合わせて携行してください。
         また、真剣、模擬等を問わず、公共の場所で刀を抜くことは禁止します。

新任助教/2007.12.31
      小林由之五段が1月1日をもって助教に就任されます。主に久御山道場を担当してもらいます。

今年の豊剣会々長賞が決定しました/2007.12.31
      今年の受賞者は加納繁五段です。高知大会の三位入賞と、久御山道場の開設が表彰の理由です。
      その他に各催しごとにお手伝いを頂いた小笹登美子二段豊剣会ポスターとチラシの製作に貢献
      していただいた吉本喜一初段に会長特別賞が贈られます。

12/20  新入会員のページをパスワード付リンク(従来のと同じ)にしました。

新しい豊剣会の旗ができました(11月吉日)
      従来の豊剣会旗に使っていた「土佐柏」の紋は山内家のそれとは違うという
      ご指摘を受けて、この度「山内家土佐柏」の紋をあしらったものに、作り変えました。


豊剣会員
      07年9月30日現在会員は、平成4年生まれから大正15年生まれまでの
      60名になりました。内女性会員は10名です。
      今また、入会希望の方が数名おいでになります。


8月24日 ホームページを一部整理しました。
      ①役員紹介と会員紹介のページを分けました。
      ②新入会員のページと会員名簿を会員紹介のページにまとめました。


6月28日 京都府剣道連盟居合道部通達
      京都府剣道連盟に所属する五段以下の居合道部員は、胸のゼッケンに
      所属会名を表示することとする。

5/17  豊剣会会則を載せました

5/10  新道場開設
      京都市内中心部に、京都クラブ道場が開設されます。
      京都クラブの方々の道場ですが、今のところスペースに余裕がありますので
      豊剣会員の稽古にも利用させていただきます。
      佐藤助教補にお世話いただきます。
      稽古日は毎週土曜日13:30~16:30

2007,4/16  旧洛刀会から五名の方々が移籍されました。

2006・10/29 居合道委員会からのお知らせ