カシオペア
home
寝台特急「カシオペア」は、上野−札幌間の約1200kmを走る列車です。
全車両A寝台で客室は2人用(一部3人用もあり)・全室トイレ、洗面台を完備しています。
詳しい情報はえきねっとの寝台特急カシオペア
 
カシオペア切符
いつもひとりで寝台列車には乗車していたのですが、今の足の状態では車椅子での移動しか無理なため、ひとりで行くこともできず、諦めていたのですが、彼女がGLAYファンということもあって函館に行く際に上野から札幌まで「カシオペア」を利用しました。

通常のチケットはなかなか取れないですが、車椅子対応のカシオペアコンパートは障害者手帳と車椅子常用なら取りやすいので車椅子に乗っている方はJRに相談してみるといいですよ。(チケットが通常のものとちがいますが)
 
上野駅入線 15:35
 
EF510
上野駅に入線する時間に上野駅13番ホームで「カシオペア」の到着を待つことにしました。構内放送でまもなく「カシオペア」がホームに入ってくるというアナウンスがありました。
15時35分に銀色に輝くアルミボディのカシオペア号が上野駅13番ホームに入ってきました。ちなみに上野駅13番ホームは終点なのでバックで入線してきます。

上野駅を発車するのが16時20分なので時間は十分ありますので撮影等するといいと思います。

取りえず今回乗車する4号車カシオペアコンパート部屋に荷物を置いて、彼女と先頭まで行って機関車と一緒に撮影してきました。
4号車カシオペアコンパートは車椅子対応とあってけっこう広く、広めのトイレと洗面が部屋にあるし、これは快適に列車の旅を楽しめそうです。

発車するまでの時間がなんとも言えない気持ちの高鳴りとそわそわしている自分が小学生の頃にタイムスリップしたような気持ちにさせてくれます。
今からこの列車で札幌まで行けるのかと思うと嬉しくて仕方がないです。
 
上野駅発車 16:20
 
カシオペアコンパート
そろそろ発車時間です。車内放送でまもなく発車いたしますというアナウンスが流れました。
列車はゆっくりと走り出しました。ポイントを複数抜ける音が上野駅から発車したんだなぁと感じ、徐々にスピードを上げていきます。なんかブルートレインとはまた違った乗り心地でソフトに感じられました。
さすが日本一のデラックスな寝台列車の「カシオペア」です。

彼女がシャワー券を購入してくると食堂車にいくともう次の朝しか空いてないとのこと、あー忘れてた。上野駅に入ってきた時点ですぐ購入しておかないとダメだったと後悔。皆さんもシャワーを浴びるならすぐに食堂車でシャワー券を購入しに行くことです。

発車してまもなく食堂車のウェイトレスさんがウェルカムドリンクを持ってきてくださいました。彼女と私はオレンジジュースを選びました(複数のドリンクを入れて持って来てました)。明日の朝のモーニングはどうされますかといわれましたが、今回は移乗が困難なため、ホットレモンティーとオレンジジュース、サンドウィッチを朝7時30分に持ってきていただけるように予約しておきました。
(ホットレモンティー等はサービスチケットをいただけるので無料です)。
そのあと車掌さんが検礼に来てくださいました。食堂車への移乗のこともこのときにお伝えしておきました。

ダイニングカー
夕方に発車するので外はまだ明るく車窓を眺めるのには最高です。金曜日とあって大宮駅に停車すると、学生や会社帰りに人たちがけっこういました。「カシオペア」の中にいる私たちとホームにいる人たちとはなんかちがった空間にいるような気になります。

今回夕食は3号車のダイニングカーでカシオペア懐石御膳を17時15分から予約してあったので、大宮駅を出てすこししたら車掌さん二人が食堂車に連れて行ってくれました。ありがとうございました。ほんと助かりました。
早めに連れて行ってもらったおかげで誰もいない食堂車を撮影できよかったです。

カシオペア懐石御膳は正直あんまり期待はしていなかったのですが、味・量ともかなり満足のいく内容で気に入りました。また今度乗車した際は食べたいなぁと思うほどでした。今回は味ご飯はマツタケでした。私も彼女も満足。美味しかった。
カシオペア懐石御膳
食べている途中、宇都宮駅に止まりましたが、ダイニングカーは高い位置にあるため、ホームの人とは顔も合わさず安心です。あっという間に1時間が過ぎてしまい。車掌さんたちに部屋まで連れて帰ってもらいました。

外は段々暗くなって郡山駅に着いたころには外は暗くなっていました。
2段ベットの上段ベットが邪魔なので折りたたみ、寝るまでは下のベットで、今日あったこととか色んな話で盛り上がってしまいました。

彼女は全車両廻ってくるとカメラを持って写真撮影とグッズを見に出かけてくれました。私が行けない分撮影してくれるみたいです。ありがたいです。お土産ものに「カシオペア」のヘッドマークのストラップ、コースターを購入してきてました。
 
盛岡駅 23:16到着
 
楽しいことはすぐ時間が経ってしまうものですね。福島駅を越え、仙台、一ノ関、盛岡とあっという間に23時を越えてしました。寝るものもったいない気はしますが、朝7時30分にサンドウィッチを届けていただくので寝ることにしました。なんかすぐに寝ることができました。
 
テル
朝、森駅あたりで目が覚めました。
少し肌寒い感じで北海道に来たのだなぁと思いました。外は曇りでした。車窓からは、海が見え、晴れていたらさぞかし綺麗なんだなぁと思いながら景色を眺めてました。

登別あたりから雨足が強まり、今日はやっぱり雨なのかとがっかりしていたら、彼女が雨をやますとテルテル坊主を持ち出して、願っていました。その甲斐あって天気はすこし回復してくれました?w。

途中、牧場に馬がいるのが見えました。競走馬なのかなぁ?

食堂車のウェイトレスさんが昨日頼んでおいたホットレモンティーとオレンジジュース、サンドウィッチを持ってきていただきました。サンドウィッチは北海道らしくポテトサラダのようなサンドとあとはとんかつ、たまごサンドが入っていましたよ。おいしかったです。

「カシオペア」の列車の旅もそろそろ終わりを向かえようとしています。なんかあっという間に到着してしまったようなぁ。車内放送でまもなく終着駅の札幌です。いつでも降りれるように支度を整え、部屋にまたくるからとつぶやきながら列車を降りました。
 
札幌にてDD51
札幌駅到着 9:32

札幌駅に降りるととやはり関東とはちがい少し寒いです。

先頭のDD51で、記念撮影をしました。またいつか乗車できたらいいねぇと二人で話しながらあとにしました。

今回の「カシオペア」では車掌さんお二人にはお世話になりました。そして彼女には感謝しています。ありがとう。
 
top