あおもり
home
寝台急行『あおもり』は大阪−青森を結び区間を走る臨時寝台急行列車です。
 
当日大阪駅にて
 
あおもりの切符
【大阪駅】にキャンセルで取れたチケットを取りに行くので、乗車する前の2時間前に【大阪駅】に行った。交換を済ませ、【大阪駅】10番ホームに向かった。10番ホームには盆休みということで、かなりの人がホームにいました。どうも『ちくま』の自由席の位置に並んでいる模様です。まず20:17発の『日本海3号』が10番ホームに入ってきました。田舎に帰る人、旅行に行く人と結構沢山の人が乗車していました。お父さんが娘さんを見送る姿を見かけた。こういうのも長距離列車ならではです。『日本海3号』が出発して、まもなく『あおもり』が20:34に入線です。車両は『きたぐに』に使用している583系電車寝台です。ヘッドマークは『急行』もしくは『臨時』がつきます。行き先方向幕は『急行』『臨時』としかつきません。

私の寝床は4号車のA寝台下段です。583のA寝台は初めてなのでどんな感じかなぁと見てみるとブルトレのA寝台とまったく同じレイアウトです。ベットの幅は『583』の方が広いです。ブルトレは2人席BOXなのに対してこちらは4人席BOXなので広いです。乗った感想はというと、なかなか広く満足できる空間です。列車の発車時間まではあと数分あります。「まもなく寝台急行『あおもり』発車いたします。」という構内放送で、扉は閉まり、これから列車の旅のはじまりです。
 
電光掲示板
大阪駅 20:39発

車掌の笛の合図ととも発車です。『あおもり』はゆっくりと【大阪駅】を滑りだしていきます。これから16時間の列車の旅の始まりです。この瞬間がなんとも言えないほどよいのです。列車好きにはたまらない瞬間でしょう。車内放送では、「お待たせをいたしました。今日もJR線をご利用いただきありがとございます。急行『あおもり』【青森】行きです。列車は前から10号車、9号車の順で、一番後ろは1号車です。1号車から3号車までは3段式のB寝台、4号車は2段式のA寝台、5号車はサロンカー、6号車から10号車までは3段式のB寝台です。寝台内では禁煙です。」という放送、まもなく車掌さんが切符の拝見にやってきました。車掌さんに「ベットをたたみに来るのですか?」という質問すると、「【羽後本荘】からベットをたたみにくる人が乗り込んでくる。」と言ってました。希望者だけということですが、やっぱり折りたたむシーンがあるのだぁ。一つ楽しみができました。

川を越えるとすぐ【新大阪】に到着です。数人乗車してきましたが、A寝台はガラガラ、きっとどこかで乗ってくるのでしょう。【新大阪】を出ると【京都】なのですが、途中、【茨木駅】で約20分の停車です。普通は【新大阪〜京都】は約20分ぐらいなのですが、約50分もかかってしまうのも臨時列車の宿命ではないでしょうか?ダイヤの調整が大変なのでしょうね。

ここで『583』の乗り心地ですが、ブルトレよりは数段乗り心地がよいですね。車内は走行音とかも静かですし、ゆっくり走っているというのもあるけど、満足満足。まだ走り出してまもないのでなんとも言えないのですが(笑

この車両は誰も乗っていない!
【京都】に到着です。やはりここで乗ってきました。車内を探索にいくと、3段寝台のB寝台はけっこう詰まっていました。しかし7、8号車はガラガラというより誰も乗車していません。団体がキャンセルをしたのかなぁ?よくわかりませんが。左の写真がガラガラのB寝台です。

【京都】を過ぎると次は【敦賀】です。【敦賀】に着く前に車内放送で「今日の車内放送は明日の【鶴岡】までしません。」ということです。車内の電気も少し落とされ、もう早く寝なさいと催促されているようでした。5号車のサロンカーですが、ここは自由に使えるのでお酒を飲む人、本を読む人などがいっぱいいました。B寝台はなんせ狭いので、皆さん、こちらにやってくるのでしょう。なんと言ってもこのサロンカーはグリーン車なのですから

湖西線の【敦賀】近くの場所で電源が入れ替わるので列車内の電気が一時消えました。すぐもとにもどりましたが、知らない人はびっくりしていただろうなぁ

まもなく【敦賀】です。列車は【敦賀駅】に到着、ホームには人っ子一人いませんでした。と思っていたらおばちゃんがA寝台に乗車してきました。次の【福井】でもA寝台に二人乗車してきました。これでA寝台も詰まったみたいですね。眠くなってきましたが、【金沢駅】で約20分の停車なのでそこまで起きておくことにします。

金沢駅00:19

一面の田んぼ
【金沢】に到着しました。私の席の上段に誰か乗って来たみたいです。こなかったらいいのにと思っていたので少しショックでした。これだけはなんともなりませんからね。20分停車のため、【金沢駅】に降りて飲み物を買う人、列車を撮影している人がいました。

さて【鶴岡】まで寝ることにします。おやすみなさい。

6:37朝に放送が入りました。「皆さん様、おはようございます。8月×日(月曜日)。ただいまの時間6時37分まわったところです。列車は時刻通り運転をしております。」という放送が...。

カーテンを開け外を見ると日本海の綺麗な景色が広がっていました。あいにくの曇り空でしたが(笑。トンネルを越えると今度は一面たんぼがひろがり、まるで緑のじゅうたんをひいたようにも見えました。

列車は【羽後本荘駅】に到着です。私の向かいの席のおばあちゃんが、さよならと声をかけて降りて行きました。ここでベットをたたむ乗務員が乗車してきました。出発後、車内放送で1号車よりベットをたたみに参ります。ご希望も方は乗務員までお伝えくださいということだぁ。寝台列車でベットをたたむということは、現在ではこの『あおもり』でしか見る事ができません。私の乗車しているA寝台のベットもたたんでいただきました。下の写真がその模様です。

A寝台にて折りたたんでいるところ
【秋田駅】で6分停車なので、お弁当を買いにホームに降りました。(車内販売はないので、ここで買っておかないとたいへんです)ちょうど近くにワゴンで売りに来ていました。あきたこまち弁当という幕の内弁当を買いました。量もそこそこあって満足でしたが、お米が美味しくなく、これ?ほんとうに“あきたこまち”なのかぁと疑問でした。

大館駅11:23

ここ【大館】は小学生の頃、『日本海』に乗車した時、降りた駅なのでなんか懐かしいです。【大館】は、駅弁の鶏めしが有名なところです。【大館駅】に行った際にはぜひ食べてみてください。【大館駅】で花輪線の『キハ』が見れると楽しみにしていたのですが、他の列車に被せられ見ることができませんでした。残念

【青森】まであと1時間程度で到着です。16時間もあっという間だったような感じがします。ブルトレばかり乗っていたので電車型の『583』系はいまいち好きになれなかったですが、今回乗車してみて、少し好きになりました。

まもなく【青森駅】に到着です。車内放送で、「長らくご乗車いただきありがとうございました。まもなく【青森】に到着です。」という放送が流れました。
 
青森駅に到着
青森駅12:52到着

列車は【青森駅】5番ホームに到着しました。列車で知り合った人々にさよならを言って【青森駅】に降りました。寝台急行『あおもり』は毎年盆休みしか運行しないのが残念です。

『583』がこれからも走りづつけることを祈りつつ列車をあとにしました。
 
 
top