google-site-verification: googlef389b9723f107264.html

我が家の水槽では貝殻がいつでも豊富に供給されていますので,ヤドカリたちは,宿替えではなく,まるで"着替え"のように貝殻を入れ替えます.ヤドカリたちの着ている貝殻について紹介します.

リュウキュウムシロガイ.jpg

リュウキュウムシロガイ

名前の通り沖縄産のムシロガイです。模様は様々なバリエーションがあります。ムシロガイの仲間のなかでも、ホンヤドカリには特にお気に入りです。

インドアラレガイ.jpg

インドアラレガイ

名前のとおり外国産の貝殻です。写真のものは、入り口のところが少し欠けています。真っ白で、複雑な模様があってなかなか綺麗です。サイズ的にもヤドカリには人気です。

アカトクサバイ.jpg

アカトクサバイ
外国産のトクサバイで、赤い模様がとても綺麗です。トクサバイ同様、ヤドカリは好んで利用します。トクサバイより少し小さいので、小型のヤドカリ向きです。

タマゴタニシマイマイ.JPG

タマゴタニシマイマイ

外国産のカタツムリの貝殻です。パステルカラーの色合いがとてもすてきです。当然ですが、ふつう日本の海にはこんな貝殻に入ったヤドカリはいないと思います。カタツムリの仲間の貝殻はとても奇麗なのが多いのですが、一般的にどれも軽いためか、ヤドカリにとっては優先順位が低くなるようです。この個体は、しばらくすると他の貝殻に移ってしまいました。

シロトミガイ.JPG

シロトミガイ

正式和名は「トミガイ」だそうですが、日本の海岸で色んな貝に穴をあけているツメタガイと同じ仲間です。国産の貝ではありません。磁器みたいに真っ白でつるつるしています。かなり丈夫な貝殻です。大きさの割に重いので、背負って歩くのにはかなり力がいるようです。我が家のヤドカリは結構好んで利用しています。

オニホネガイ.JPG

オニホネガイ

ホネガイの仲間は素人目にはなかなか区別がつきません。しかし、これはオニホネガイとして入手した記憶があるのでそうだろうと思います。オニホネガイはホネガイに比べて棘が短くて少ないのが特徴です。片方が長く伸びていてバランスが悪そうですが、ヤドカリは結構好んで入ります。ホネガイの仲間は波にさらわれにくいように棘が発達したという仮説を聞いたことがあります。ヤドカリが好むのも同じ理由でしょうか。

サオトメイトヒキマイマイ.JPG

サオトメイトヒキマイマイ

外国産のカタツムリです。色がきれいなので、オカヤドカリ用の貝殻としてあちこちで売られていて、結構簡単に手に入ります。我が家にも大小何個かあります。この写真のものは少し色が薄いように思います。ただ、大きな貝殻が結構多く、小型のホンヤドカリに適した小さいのは手に入れるのに結構探しました。カタツムリの割には殻が丈夫なので、ヤドカリは結構気に入って入ります。

レッドオニオン.JPG

レッドオニオン

カノコガイで、レッドオニオンという名前の貝です。たしかに、タマネギみたいな形をしています。もともと熱帯魚の水槽の苔掃除用に飼っていた貝なのですが、死んでしまったあとの貝殻をヤドカリの水槽に入れました。淡水の貝なので、普通の海ではヤドカリがこんな貝殻に入ることはないと思います。貝自体は結構長生きします

クチグロタマガイ.JPG

クチグロタマガイ

タマガイの仲間でよく手に入る貝殻のうちでは、比較的地味な色をしています。殻全体は薄い色ですが、入り口近くが濃くなっているので、クチグロなのでしょうか。同じタマガイの仲間のゴマフダマやマサメダマに比べると小さめの貝殻が多くて、ホンヤドカリには丁度よい大きさです。

ゾウゲバイ.JPG

ゾウゲバイ

日本でよく食用にしているバイ貝に比べると、殻が厚くて丈夫な貝です。色もこちらのほうが派手にみえます。質感が象牙のようだというのが名前の由来でしょうか。食用にもなるという話を聞いたことがあります。ヤドカリ用としては大小さまざまなサイズが比較的手に入りやすい貝です。形も標準的で十分な重さがあるので、我が家のヤドカリには人気の貝の一つです。

タケノコマイマイ.JPG

タケノコマイマイ

外国産のカタツムリです。この貝は茶色と白の縞模様と細長い形が奇麗で、口のところが唇状に出っ張っているのが特徴のようです。我が家には比較的大きなものが2個あります。

チダシアマオブネ.JPG

チダシアマオブネ

アマオブネガイは磯へ行くと普通によくみかける貝です。ヤドカリも時々入っているのを見かけます。磯では白黒の模様のを見かけることが多いのですが、他にもこの写真のように色合いに様々なバリエーションがあるようです。「海人の乗る小舟」という意味の名前だそうです。巻きが平面的になっているので、ヤドカリからは敬遠されやすいとのことですが、我が家の水槽では、ヘビーローテーションで使われている貝の一つです。

オオイトカケ.JPG

オオイトカケ

イトカケ類の中で最も有名な奇麗な貝です。色と形のバランスが絶妙です。我が家ではなぜか「ドリル貝」と呼ばれています。殻が結構薄くて透き通っていますので、中に入っているヤドカリの体が透けて見えます。かなり軽い貝殻です。

セトモノガイ.JPG

セトモノガイ

なんだかダイレクトな名前のついている貝です。光沢のある滑らかな貝殻で、瀬戸物のような質感です。ウニやヒトデなどに寄生している貝だそうです。国産です。殻の入り口は小さいのに重くて丈夫な貝です。ヤドカリはあまり好まないかと思いましたが、結構気に入って利用してくれました。

ヒメツブリ.JPG

ヒメツブリ

ちょっとホネガイに似ていますが、棘が小さくて少ないことと縞模様がついているところが違います。広い意味でホネガイの仲間です。写真の貝殻は、長く伸びた柄のところが途中で折れて短くなっています。もう少し長いのが普通のようです。オニホネガイと同様、我が家の水槽の中ではヤドカリに人気の貝のひとつです。

シマアラレボラ.JPG

シマアラレボラ

白黒の縞模様がきれいな貝殻です。ベニアラレボラと同じで、ちょっと平べったい形をしていますが、丈夫な貝殻ですので、ホンヤドカリは気に入って結構利用してくれます。

イガタマキビ.JPG

イガタマキビ

フィリピン産の貝らしいです。名前が似ていますが日本の海岸にたくさんいるタマキビとは違う種類です。確かに全然似ていませんよね。ヤドカリ用に割と安い値段であちこちで売っているのを目にします。ヤドカリにとってこういう円錐形の貝殻は、歩きにくかったり倒れたときに起き上がりにくかったりするようです。写真のようなポースで転がっているところを時々目にします。丈夫なので、わりとヤドカリは好んで入ってくれます。

イチゴナツモモ.JPG

イチゴナツモモ

我が家の水槽の中ではヤドカリに一番人気の貝の一つです。ホンヤドカリは、海にいたときはほとんどがイシダタミに入っていました。イチゴナツモモは、イシダタミと同じニシキウズガイ科の外国産の貝です。形が良く似ているから好きなのでしょうか。元々は、貝の入り口の部分に突起があって狭くなっているのですが、そこをけずってやると好んで利用してくれます。イチゴみたいでとてもかわいい貝です。

ベニアラレボラ.JPG

ベニアラレボラ

沖縄産の貝らしいです。本州では採れないとか。1 cmぐらいの小さい貝ですので、子供のヤドカリ専用です。写真では分かりにくいのですが、どれくらい小さいかは、下の段のサザエの写真と、写っている石の粒を基準に比べてもらうと雰囲気が分かると思います。ちょっと信じられないくらいの派手な色使いですが、別に染色しているわけではなくて、もともとこんな色合いです。

コブムシロ.JPG

コブムシロ

これも沖縄産の貝らしいです。小さい貝なので、子供のヤドカリ専用です。色合いは、濃いのから薄いのまで様々です。この写真のものは、比較的色が薄いほうだと思います。

イボヨフバイ.JPG

イボヨフバイ

ムシロガイの仲間で、少し大きめのヤドカリが好んで入る貝です。「フロッグシェル」という名前でディスプレイ用に大量に売られていたりします。海では少し色がついているようなのですが、手に入るものはほとんどが真っ白になっています。

ネジガイ.jpg

ネジガイ
オオイトカケと同じ仲間の貝です。細長いので、たしかにネジのように見えます。イソギンチャクに寄生する貝で、このあたりにもいます。小さいので、子供のヤドカリ専用です。殻が薄く取り扱い注意です。ヤドカリが好む形をしているので、よく利用してくれます。

コンペイトウガイ.jpg

コンペイトウガイ
水中に入ることをを嫌うので有名なタマキビの仲間です。突起の具合がコンペイトウのように見えます。色、突起、大きさは様々です。この写真のように小さいものの方が濃い色をしています。

アワムシロガイ.jpg

アワムシロガイ
グラデーションの色彩がとても綺麗なムシロガイです。小さい貝ですが、ムシロガイなのでヤドカリにはお気に入りです。

ムラサキツノマタガイモドキ.JPG

ムラサキツノマタガイモドキ

日本の、わりと南の方に分布する貝だそうで、和歌山でも採れることがあるそうです。写真の貝殻は結構すり減っているのですが、調べてみると、どうやらムラサキツノマタガイモドキのようです。大きさの割には肉厚の貝殻です。ヤドカリは結構利用しますが、ちょっと重たそうに引きずっています。

クチムラサキサンゴヤドリ.JPG

クチムラサキサンゴヤドリ

サンゴを食べる貝で、分布は本州中部以南だそうです。ヤドカリには人気の貝殻です。重くて丈夫だからではないかと思います。この写真では奇麗な紫色をしていますが、名前の通り、内側が紫色で、外側はもっと白っぽいのが普通のようです。これは、少し磨いてあるのかもしれません。

ベニシリダカ.JPG

ベニシリダカ

少し色落ちしていますが、ベニシリダカだと思います。かなり以前に和歌山県潮岬の海岸で拾ったものです。分布は紀伊半島以南ということです。ニシキウズガイ科の貝はきれいなものが多いので、ヤドカリたちにも結構愛用してもらっています。

コゲイロナガニシ.jpg

コゲイロナガニシ
普通の食用のナガニシはかなり大きい貝ですが、このナガニシは小さい貝なので、大きさがちょうど良いらしく、水槽のヤドカリも普通に利用してくれます。肉厚の貝殻で突起もあるので、ヤドカリにはお気に入りの貝の一つです。

クチベニツノマタガイモドキ.jpg

クチベニツノマタガイモドキ
外国産のツノマタガイモドキです。この写真ではわかりませんが、貝の内側に色がついています。小さい貝殻で、大きさの割に入り口が小さいのですが、丈夫なので、ヤドカリには人気があります。

ダデゴロモ.jpg

ダテゴロモ
コロモガイの仲間で、なかなか派手な貝殻です。コロモガイの仲間はどれもヤドカリには比較的人気がありません。ダテゴロモは、大きさはヤドカリにはちょうど良いようで、まずまず利用してくれます。

ゴマフダマ.JPG

ゴマフダマ

タマガイの仲間で、動物の毛皮みたいな斑点がついています。ゴマフアザラシみたいにも見えます。他のタマガイの類と同様、この貝もわが家のヤドカリ達にはとてもお気に入りです。

マサメダマ.JPG

マサメダマ

これもタマガイの仲間で、木の柾目のような縞模様があります。写真の貝殻のは少し色が薄いようです。同じ様な形をしているのですが、ゴマフダマとは違い、こちらのほうは何故か、我が家のヤドカリたちはあまり利用してくれません。

リュウキュウカタベ.JPG

リュウキュウカタベ

平べったい円柱状の貝殻です。これは、沖縄産の貝殻らしいです。図鑑などの写真では棘が出ているものが多いのですが、このように平坦な形の貝殻もあるようです。全体の形は妙ですが、居心地は悪くないらしく、ヤドカリにはお気に入りです。

キンシバイ

キンシバイ

漢字では錦糸貝と書きます。細い糸が巻き付いたような模様がきれいです。和歌山では漁業の際に結構とれるとのことですが、毒があって食べられない貝なので、あまり手に入りません。大きめの貝で、大型のヤドカリ専用です。

キイヨフバイ.jpg

キイヨフバイ

名前のとおり、和歌山、紀伊水道でよくとれるムシロガイ・ヨフバイの仲間です。大型で、殻の厚めの貝殻です。

クリイロムシロガイ.jpg

クリイロムシロガイ

キイヨフバイと同様、かなり大型のムシロガイです。厚い丈夫な貝殻ですが、キイヨフバイよりも入り口が小さめですのでキイヨフバイに比べるとヤドカリにはやや人気が薄いです。

ヘナタリ.JPG

ヘナタリ

磯ではよく見かける貝です。長いのですが、入り口が小さいので、小型のヤドカリ専用です。入り口のところが割れているものが多く、完全な形のは見たことがないですが、ヤドカリは気にせずに使ってくれています。

オビシメムシロ.JPG

オビシメムシロ

ムシロガイの仲間はどれもヤドカリは結構気に入って入ってくれます。これは、模様がとても可愛い貝ですが、少し軽いのが難点らしく、比較的使用頻度が低くなっています。

タマヨウバイ.JPG

ヒメヨフバイ

ムシロガイの仲間は種類がたくさんありすぎで、私には区別するのが難しいものが結構あります。これはヒメヨフバイという名前のようです。比較的小さめのヨウバイです。沖縄産です。

キビムシロ.JPG

キビムシロ

これもムシロガイの仲間ですが、名前がはっきりしません。これとそっくりな貝をキビムシロという名前で売っているいる店を見ましたので、おそらくこの名前だろうと思います。ムシロガイの仲間はいずれも小型のホンヤドカリには人気です。

イソニナ.JPG

イソニナ

大きさと形がちょうど良いらしく、我が家の水槽ではかなり頻繁に使われています。少々すり減っていますが、もともと、海にいるときも、こういう色合いの貝のようです。

オキナワハナムシロ.JPG

オキナワハナムシロ
今までのところ、我が家の水槽でヤドカリの使用頻度No. 1の貝殻です。少し傷んでいるので、名前が長いことわからなかったのですが、どうやらこの名前の貝のようです。

マキミゾアマオブネ.JPG

マキミゾアマオブネ

アマオブネガイの仲間です。縦筋が細かく入っています。アマオブネガイの仲間は貝の巻き方向が垂直なので、ヤドカリには少し人気が低いようです。

リュウグウボタル.JPG

リュウグウボタル

ホタル貝の仲間の貝は、入り口の横幅の割に縦が狭いので、ヤドカリにはあまり好まれませんが、サイズが合えば一応、使ってくれることもあります。リュウグウボタルは、ホタル貝の中では比較的良くみかける貝です。

トゲムシロガイ.JPG

トゲムシロガイ

ムシロガイの仲間は色々ありますが、どの種類も小さいめのヤドカリに人気です。このトゲムシロガイは、沖縄産のムシロガイの1種だそうです。

キヌヨフバイ.JPG

キヌヨフバイ

ムシロガイの仲間では比較的ポピュラーな貝で、わりと良く手に入ります。これも沖縄産らしいです。ホンヤドカリには丁度良いらしく、水槽に複数個いれておくと、これに入ったヤドカリだらけになるので、一度にあまりたくさん入れないようにしています。

オトメガンセキ.JPG

オトメガンセキ

かなり厚手で丈夫そうな貝殻です。重そうなのですが、ヤドカリはあまり気にならないようです。全体的に三角形をしているので、仰向けに倒れたときの立て直しに苦労していました。

ガンセキボラ.JPG

ガンセキボラ
たくさんの突起が出ていてたいそうな貝殻です。大きさの割に入り口が小さいので、背中側からみるとヤドカリはあまり見えません。よく見ると、足と触覚があるので、入っているのがわかります。歩きにくそうですが、ヤドカリはどちらかというと軽くて薄い貝殻よりはこのような重くて丈夫な貝殻のほうを好むようです。

オリイレヨフバイ.JPG

オリイレヨフバイ

これもイボヨフバイと同様、少し大きめのヤドカリ向きです。「オリイレ」というのは巻きの一番上がへこんでいるからついている名前です。これも、あまりきれいな貝殻は手に入りません。写真のものも少し補修してあります。イボヨフバイに比べるとヤドカリには人気がやや劣るようです。

チョウセンサザエ.JPG

チョウセンサザエ

サザエの仲間です。かなり大きい貝が多く、よくペットショップで売っているオカヤドカリが入っていたりする貝殻の一つです。普通のホンヤドカリには大きすぎるのですが、水槽で長く飼育していると、環境が良いのか、やたらと大きくなる個体があって、そういう個体が利用しています。

リュウテンサザエ.JPG

リュウテンサザエ

これもサザエの仲間で、かなり大きい貝殻です。貝殻にとても細かな模様があるのと、表面が滑らかなのが特徴です。写真のヤドカリは、現在食事中です。

キマダライガレイシ.JPG

キマダライガレイシ

入り口の割に大きい貝殻ですので、後ろから見るとヤドカリは足の先しか見えていません。この貝は入り口のところに突起が出ていて狭くなっているのでそのままではヤドカリは入れません。入り口の突起を削って広げてやると、このように利用してくれるようになります。分布は紀伊半島以南ということです。黄色地に黒の斑点といい、多数の突起といい、とても派手な貝です。写真のものは少し汚れています。

トクサバイ.JPG

トクサバイ

日本の太平洋岸で、普通に見られる貝とのことです。複雑な構造で、黒い筋が一本入っているのが特徴です。丈夫な貝殻で、ホンヤドカリには大きさも丁度良いらしく、結構気に入って利用してくれます。

クチキレガイ.JPG

クチキレガイ

国産の貝です。漢字で書くと口切貝です。写真では写っていませんが、貝殻の入り口のところに切れ込みがあるように見えるので、この名がついたとか。殻がかなり薄くてもろいので、取り扱い注意です。クチキレガイにもいくつか種類があって、それぞれ模様が少し違うようです。小さい貝なので、子供のヤドカリ専用です。

キングチホラダマシ.JPG

キングチホラダマシ

オカヤドカリの飼育でよく使われるようですが、ホンヤドカリには少し大きめです。ソフトクリームみたいな色と形がかわいい貝殻です。丈夫な貝殻ですので、ヤドカリは結構気に入って長居してくれます。

キリガイダマシ.JPG

キリガイダマシ

土産物屋などで良く見かける貝です。調べてみるとフィリピン産など、ということで、外国から輸入されているらしいです。入り口の大きさに比べてとにかく長くて重いので、中に入ったヤドカリは移動するのがとても大変そうです。あまり長居してくれませんでした。

ナガニシ.JPG

ナガニシ

食用の貝ですので、結構簡単に手に入ります。我が家にも何個かあります。中身を食べたのはかなり昔なので味ははっきりとは覚えていませんが、たしか美味しかったような....食用ということで大きい貝殻が多く、ホンヤドカリに適したのはあまり手に入りません。これは手持ちのうちで一番小さい貝殻です。左右に長く出っ張っているので、狭い所を通るときなどは邪魔になりそうな気がします。

ミヤコボラ.JPG

ミヤコボラ

これも食用の貝です。我が家には、大小様々な大きさのものがたくさんころがっています。食用ですので、結構大きめの貝が多く、ヤドカリのうちで大きめの個体が良く利用しています。ミヤコボラにも色んな種類があるようですが私には区別がつきません。この貝にヤドカリが入ると、かなり「ごつい」感じになってしまい、「かわいい」とか「きれい」とかいう感じではないです。

 

ショクコウラ.JPG

ショクコウラ
漢字では「蜀紅螺」と書きます。蜀紅というのは中国由来の美しい織物の名前だそうです。確かに殻の紋様が織物みたいです。ショクコウラにも色々種類があります。普通のショウコウラはもっともっと大きくなる貝です。これはショウコウラの稚貝か、それともヒメショクコウラでしょうか。この種の貝は入り口が広く奥のほうが急速に狭くなっています。そのためか、この貝殻を選ぶヤドカリも、サイズが結構まちまちです。

ダンペイキサゴ.JPG

ダンペイキサゴ

食用の貝です。漢字では団平喜佐古と書きます。名前の由来は知りませんが、なんだか着物の柄みたいです。この写真のものは、料理して食べたあとの貝殻を洗って使っています。キサゴ貝の仲間の貝殻は、海にいた時にヤドカリが結構入っていた貝なので、入れてやると、ヤドカリは好んで利用してくれます。

エビスガイ.JPG

エビスガイ

ヤドカリが海からやってきたときにもともと入っていた貝殻です。このあたりでは、普通にみられる貝殻です。結構きれいな貝殻ではありますが、やはり水槽の他のヤドカリの貝殻に比べると地味な色合いです。

イシダタミ.JPG

イシダタミ

海からやってきたヤドカリの多くはこのイシダタミの貝殻に入っています。イシダタミにも色んな色合いのものがありますが。これはわりと珍しい色合いです。

ツブリボラ.JPG

ツブリボラ

分類学的にはホラガイの仲間だそうですが、形がずいぶん違います。紀伊半島以南に分布しているそうです。ヒメツブリと良く似ていますが、トゲがありません。わが家にあるのはかなり大きいものなので、この貝殻を使うヤドカリは限られています。

ヤツシロガイ.JPG

ヤツシロガイ

国産のかなり大きい貝です。普通のホンヤドカリには大きすぎるので、普段は使いません。この写真で入っているヤドカリは、コブヨコバサミです。

ヒナヅル.JPG

ヒナヅル

ヤツシロガイと同じ仲間の貝だそうです。紀伊半島以南に分布しています。なかなかかわいい貝殻なのですが、ホンヤドカリには少し大きいようです。この写真では、コブヨコバサミが入っています。

バイ.JPG

バイ

食用としてはおなじみのの貝です。日本料理でよく使われるので大小さまざまなものが手に入ります。この写真のヤドカリはコブヨコバサミですが、小さい貝殻はホンヤドカリも利用します。生きているときは厚い皮をかぶっていますが、磨くと、白に褐色の斑のあるきれいな貝殻になります。この写真のものは磨いていないので少し色がついています。