google-site-verification: googlef389b9723f107264.html

ヤドカリ ウコンフィリピンマイマイ

2011.12.10 Saturday New_Icon_bl_02.png

貝殻の巻く向きはほとんどの貝殻で同じ方向に決まっていて、ヤドカリの腹の向きも同じ向きに曲がっています。海の貝には逆巻きのものは少ないのですが、陸貝とか淡水の貝には結構逆巻きのものがいます。写真はウコンフィリピンマイマイで、試しに水槽に入れてみました。さっそくヤドカリが物色していましたが、やはり気に入らなかったようで、結局、どのヤドカリも入ってくれませんでした。

逆巻き

ヤドカリ 稚魚

2011.10.30 Sunday

水槽の中にとても小さいハゼが一匹だけいます。9月に磯から持ってきたときは気がつかなかったのですが、どうやら取ってきたエビの中に紛れ込んでいたようです。あまりに小さいのでそういう特別な種類かと思いましたが、餌を食べて少しずつ大きくなってきているようですので、どうやら稚魚のようです。

混獲

ヤドカリ

2011.9.23 Friday

今年の夏は、夏の間に急に成長したコトヒキがおおあばれして、水槽の中の生き物をほとんど駆逐してしまいました。ヤドカリもいなくなってしまったのですが、この休日を利用して浜の宮の磯へ行ってたくさん連れてきました。写真は連れてきたばかりのヤドカリです。すぐに宿替えをした気の早いのもいます。

総入れ替え

ヤドカリ 乾燥ワカメ

2011.6.5 Sunday

1ヶ月前につれてきたウニは元気にしています。ムラサキウニのほうはかなり大食漢なので、水槽に入れた海草は、あっというまに食べられてしまいました。そこで餌として乾燥ワカメを投入しています。そのまま水槽に入れると勝手にもとに戻ります。どうやっているのかわかりませんが、このように体の下に集めて独り占め状態にしてから、何日かかけてゆっくり食べます。

ふえるわかめ

ヤドカリ ギンポ

2011.5.4 Wednesday

連休を利用して、雑賀崎の磯まで行ってきました。こちらは、いつも行く浜の宮の磯とは違った生き物がみつかります。今回は、ヤドカリの他に、ヒザラガイ、カサゴの稚魚、ウニなど、たくさん連れてきました。写真はイソギンポで、うちの水槽では新顔です。

雑賀崎

ヤドカリ メインテナンス

2011.4.16 Saturday

最近、水槽の写真をお見せできない状態が続いていました。それというのも、いくら掃除をしても1週間ぐらいでガラス面が苔に覆われてしまうのです。原因がどうも底砂にあるようなので、全部入れ替えてしまいました。ヤドカリは元気ですが、これでやっと、写真をとってもきれいに見えるようになりました。ただ、ヤドカリは体中に苔がついたままです。

底砂の入れ替え

ヤドカリ 大掃除

2011.2.6 Sunday

水槽の水が富栄養化して、そろそろ限界になってきたので、大そうじをしました。大そうじ、というのは年末にやるものですが、水槽の場合は不定期で、水が痛んできたら、ということにしています。濾過装置を全部洗ってフィルターを交換。同時に底砂も全部洗って水を全部変えます。我が家の生き物はみんな丈夫なので、それでも平気です。写真は掃除直後のものですが、さすがに、岩についた苔まで磨いたりはしません。あと、底砂も完全にきれいにするのは無理なようです。岩の表面についた白い点は溶けきれなかった人工海水の素です。1日ほどたつときれいになくなります。

大そうじ

ヤドカリ 水槽

2011.1.10 Monday

ヤドカリの飼育も5年目に入りました。寒い時期はヤドカリはあまり活動しません。同居しているボラ、ハゼ、コトヒキ、テッポウエビも、わりと動きが鈍くなっています。貝については、毎年冬になるとイシダタミはいなくなりますが、スガイとカリカネエガイは元気にしています。最近はヤドカリのお気に入りでheavy rotationの貝のほとんどがすりへってしまったので、不本意ながらペイントシェル化して再生したものを水槽に投入しています。ペイントシェル化しても、やはりヤドカリには人気のようです。結果として、背負っている貝殻が金銀だったり、紅白だったり、何というか、ちょっとお正月っぽいです。

正月のヤドカリ

ページの先頭へ