google-site-verification: googlef389b9723f107264.html

ヤドカリ 貝殻 コトヒキ

2009.12.13 Sunday

毎年のことですが、寒くなってくると、生き物、特に巻貝の活動性が鈍ってくるためか、水槽の中が茶色くなってきます。ガラス面もかなり苔がついてきたので、今日、掃除をしました。掃除は、プラスチック製のヘラで苔をはがしてとります。ガラス面はこのようにきれいになりましたが、砂はどうしようもなくて、黒っぽいままです。

年末大そうじ

ヤドカリ 貝殻 コトヒキ

2009.9.27 Sunday

浜の宮の磯ではタイドプールによく魚が泳いでいます。多いのはハゼの仲間ですが、それ以外にも何種類かいるようです。コトヒキはよく見かけるので、以前から飼育してみようと思っていました。先日、コトヒキを2匹つかまえてきました。まだ小さいのですが、たくさん餌を食べながら、元気に泳いでいます。

コトヒキ

ヤドカリ 貝殻 ワタリガニ

2009.8.29 Saturday

本日、磯へ行ってワタリガニをつかまえてきました。まだ子供のようです。足が青いのでタイワンガザミでしょうか。浜の宮の磯ではワタリガニをわりとよく見かけます。お腹がすいていたのか、ヤドカリの餌を独り占めです。

ワタリガニ

ヤドカリ 貝殻 カサゴ

2009.8.3 Monday

ヤドカリは脱皮して大きくなります。水槽の中にも、抜け殻がよく転がっています。脱皮しているところを実際にみたことはありません。写真は丁度脱皮が終わった後のようで、かなり長い間、その場所でじっとしていました。脱皮をする時期はある程度決まっているようで、このあと、連続して3匹が脱皮しました。

脱皮

ヤドカリ 貝殻 カサゴ

2009.7.9 Thursday

5月末のことですが、潮溜まりにカサゴがいたので拾ってきました。これまでのヤドカリ水槽に入れるに入れるには少々大きい個体ですので、60 cm水槽に引っ越ししました。カサゴは、生き餌を食べるのですが、硬い貝殻に入っているヤドカリはさすがに食べることができないらしく、現在も仲良く共存しています。

カサゴ

ヤドカリ 貝殻 ヨコバサミ

2009.5.24 Sunday

ホンヤドカリを中心として飼っているアクアリウムですが、意図せずに別の種類のヤドカリが入り込んでいることがあります。写真のヤドカリはたぶんヨコバサミの類だと思うのですが正確な名前はわかりません。和歌山市の磯には他にも何種類かのヤドカリが共存していますので、時々こんなふうに別種がまぎれこんできます。写真のヤドカリは水槽にやってきてから少し変わった貝殻を選んで引っ越ししました。ヤドカリも種類によって好みの貝殻が違うようです。

ヨコバサミ

ヤドカリ 貝殻 キャンディー

2009.5.5  Tuesday   

貝殻が汚れてきたので、空き貝殻の手入れをしました。汚れているのはもちろんですが、ヤドカリが引きずって歩くので、どうしてもすり減って傷がついてしまっています。漂白剤で洗って汚れを落としたあと、表面を車用の透明塗料でコーティングします。写真は塗装した後で乾かしているところですが、まるでお店でキャンディを売っているところみたいです。

Candy ?

ヤドカリ 貝殻 ヤドカリタワー

2009.4.23  Thursday   

飼い主が、「ヤドカリタワー」を買ってきました。ヤドカリが登れるようになった金網です。今まで入れていた岩の代わりに水槽に入れたのですが、ヤドカリ達にはこちらのほうが都合が良いらしく、かなり好評です。私としては、岩のほうが見た目がよかったかな、という感じです。

ヤドカリタワー

ヤドカリ 貝殻 ケヤリムシ

2009.3.20  Friday   

今、水槽の中にケヤリムシが一匹入っています。ケヤリムシはゴカイの仲間で、水をきれいにする働きで有名です。この水槽でも、今までは常に少し白っぽく濁っていた水が、数日で完全に透明になってしまいました。

ケヤリムシの威力

ヤドカリ 貝殻 ワレカラ

2009.3.7  Saturday   

先日、磯へ行ってワレカラがいっぱいついた海藻をひろってきました。ワレカラにも色々種類があります。これが何ワレカラなのか私にはわからないのですが、形といい、仕草といい、愛嬌があるので、子供たちには人気のTank Mateです。ただ、我が家の水槽の中では隠れ場所が少なくて食べられてしまうのか、これまで長期の飼育はできていません。

ワレカラ

ヤドカリ 貝殻 タケノコマイマイ

2009.2.7  Saturday   

ヤドカリの水槽では上部フィルター底面から落差を持って水が水面に落下して気泡が発生するようにしてプロテインスキマーの代わりにしています。この直下でヤドカリがしばらくじっとしていると、殻の中に気泡がたまって浮かんでしまうことがあります。写真の貝殻はタケノコマイマイですが、他にもサオトメイトヒキマイマイが浮いているのを見たことがあります。カタツムリの殻は軽いので浮きやすいようです。

オヨギヤドカリ

ヤドカリ 貝殻 ナガニシ

2009.1.24  Saturday   

水槽の中で最大の個体がナガニシに入っていました。長さがとんでもないことを別にすれば、たしかに丈夫で、体の入るところも形がちょうど良さそうです。でも、歩いている姿をみると、どうみても横幅がありすぎです。岩の間など狭いところを通るときはどうするのでしょうか?

ナガニシ

ヤドカリ 貝殻 ダンペイキサゴ

2009.1.04  Sunday   

洋風の貝殻(実際に外国産が多い)に入っていることが多い我が家のヤドカリですが、現在,1匹だけ純和風の貝殻に入っています。その名も団平喜佐古(ダンペイキサゴ)。名前の由来は知りませんが、なんだか着物の柄みたいです。ちなみに、食用の貝です。これは、料理して食べたあとの貝殻を洗って使っています。

純和風ヤドカリ

ページの先頭へ