パワーステアリングフルード交換                                              
   
Power Steering Fluid パワステフルード   パワステオイル
エンジン部品

 ・オートマチックフルード
 ・パワステアリングフルード
 ・エンジンオイル
 ・オイルフィルター
 ・タイミングベルト
 ・Vベルト
 ・スパークプラグ
 

その他部品

 ・タイヤ
 ・ブレーキ(ディスクパッド)
 ・ブレーキローター
 ・ブレーキフルード
 ・バッテリー


お勧めのケミカル

 ・RECS wako's
 ・エコカープラス wako's

 

 

 

 

 

 




パワステフルード 交換時期

パワステフルードはメーカーの整備書では交換はうたっていません
量のチェックと補給を指示しています

パワーステアリングの油圧経路には無負荷でも10kg/cu前後の圧力がり、作動時にはそれ以上に高圧となる
駐車時には据え切り、切り替えしが繰り返されるなどパワステフルードには高負担のかかります

パワーステフルードはかなりの高温となり、量も少ないため確実に劣化してきます
パワステフルードが劣化してもステアリングが重くなるなどの症状がありません
パワステフルードは高温になりやすくオイルシールが痛め、オイル漏れの原因にもなります

このため、定期的な交換をしたほうがいいでしょう

50,000km 毎での交換をお勧めします

 

パワステフルード 交換方法

  循環吸引方式
リザーブタンクから交換する方法
主流の「上抜き交換タイプ」
リザーブタンクのをPSFを給油口から排出吸引→新油注油の繰り返し
 (例)バケツの汚れた水の1/3を捨てて、1/3綺麗な水を入れかき混ぜる
       汚れた水の1/3を捨てて、1/3綺麗な水を入れかき混ぜる
       汚れた水の1/3を捨てて、1/3綺麗な水を入れかき混ぜる
       
汚れたPSFを薄めていく方法です
 作業者の技術力が無くても出来る(スキル差がない)

 (給油量はアッパーラインまで、きちんと注入して、エンジンを始動してパワステポンプを駆動させ、
 ステアリングを据え切り状態まで左右交互に目一杯切る作業を3〜4回行います、
 これにより新しいフルードの循環がします

、エンジンを止め、再度同じ作業をします、5〜6回の作業を繰り返すとほぼ完了です)

*交換効率は圧送交換方式より劣ります

 圧送交換方式
PSFのリターンホースから旧油を排出交換する方法
エンジンをかけてPSFのリターンホースから自動的に排出させ
リザーブタンクのをPSFを給油口から新油を注入します

 作業者の技術力が必要です(エンジンをかけ作業をするのでフルードが飛散することも有ります)

*ATF同様に交換効率は最高です(作業できない車もあります)
 
 

 左の比較写真を見る限り、交換はしたいものです
 色だけではなく、PSFの粘度の低下により油膜が維持できなくなりさまざまな、
 トラブルが引き起こされます

 左の写真は新油と50,000km走行のATFの比較写真です 
 

*PSFはパワステフルード(正式にはパワーステアリングフルード)

 

 

 

Copyright(C) 2011HEIWA JIDOUSYA Co.,Ltd All right reserved