スパークプラグ交換                                              
   Spark  Pulug
エンジン部品

 ・オートマチックフルード
 ・パワステアリングフルード
 ・エンジンオイル
 ・オイルフィルター
 ・タイミングベルト
 ・Vベルト
 ・スパークプラグ
 

その他部品

 ・タイヤ
 ・ブレーキ(ディスクパッド)
 ・ブレーキローター
 ・ブレーキフルード
 ・バッテリー


お勧めのケミカル

 ・RECS wako's
 ・エコカープラス wako's

 

 

 

 

 

 



スパークプラグの意義

エンジンの三大要素 良い燃料(混合気) 良い圧縮 良い火花

その一つ良い火花を作るのがスパークプラグの働きです

スパークプラグ役割は圧縮されたガソリンと空気の混合気に放電火花によって点火することで、
高圧縮の環境下でも確実に火花を飛ばす性能が要求されます

スパークプラグは 高圧・高熱の過酷な環境で点火作業を続けています
消耗してくると、加速や燃費が悪くなったりコイルやコードなどの部品に負担がかかります
早めの点検、交換がいいでしょう

スパークプラグは燃焼によって発生した熱によって電極が高温になり、電極に付着したカーボン(スス)を燃やす自己清浄作用を持ち合わせています。
 
スパークプラグの寿命と交換時期

20,000km〜30,000Km (一般プラグの交換目安)

スパークプラグの交換時期
は特に有りません、使用状況により交換時期は違ってきます
20,000Kmくらいを目安とすればいいでしょう
40,000〜50,000Kmでハッキリと不具合が出始めることでは、ありません
あくまで点検→交換が基本です、距離を目安に交換すればいいでしょう
 

良好

良好

極の角がとれ、
丸みを帯びてくると、
火花が飛びにくくなり、
走行中失火等を起こし
エンジン性能を発揮
することができません
プラグ発火部に付着した
カーボンを伝わって
電気がリークし、
失火を起こし、
エンジン不調や
始動が不良なります
プラグに付着した
燃えカスが過熱され、
異常燃焼を起こし
プラグの電極溶解を招き
ピストンの溶解をおこす
原因にもなります


100,000Km (白金プラグ・イリジウムプラグ)

白金プラグやイリジウムプラグはギャップ点検不要で10万キロごとの交換時期がをうたっていますが
時には、オイル下がりやオイル上がりでスパークプラグにオイルの燃焼カスがこびりついて
点火不良になる場合もあります

オイル消費する車は白金プラグ・イリジウムプラグといえどもスパークプラグの点検も必要です

 

スパークプラグで解かるエンジンの健康状態
   
空燃比の濃いすぎ 燃料噴射装置の、センサー類の不具合
点火系不良 ハイテンションコード、コイル等の不具合
運転条件の不具合 長時間のアイドリングや長い時間の低速運転
  くすぶり

 

正常 500度
プラグ温度
800度

 

焼けすぎ 
空燃比の薄すぎ O2センサーの不良等
冷却水、エンジンオイルの不足 水、オイルの不足による冷却不足
ノッキングの発生 エアフロセンサー等の不良
左写真 矢印の茶色く汚れた部分
圧縮漏れと間違われていますが、ガス漏れでは有りません

コロナ放電
による汚れです プラグの性能には影響は有りません
この汚れは高電圧により、空間に漂う油粒子が絶縁体表面に
吸着したもので

 

 

Copyright(C) 2011HEIWA JIDOUSYA Co.,Ltd All right reserved