エンジンオイル交換                                              
   Motor oil  Engine oil
エンジン部品

 ・オートマチックフルード
 ・パワステアリングフルード
 ・エンジンオイル
 ・オイルフィルター
 ・タイミングベルト
 ・Vベルト
 ・スパークプラグ
 

その他部品

 ・タイヤ
 ・ブレーキ(ディスクパッド)
 ・ブレーキローター
 ・ブレーキフルード
 ・バッテリー


お勧めのケミカル

 ・RECS wako's
 ・エコカープラス wako's

 

 

 

 

 

 




エンジンオイル

エンジンオイルは油脂類の中で一番過酷な条件で使用されています
燃焼室での高温、燃焼ガスとの化学反応(酸化など)をおこし劣化します
 
トヨタHPより  ガソリン車(ターボ車除く) 15,000km、 または1年/7,500km、または6ヶ月シビアコンディション時の場合
 *あくまでも目安です。早めの交換をおすすめします
 *使用状況により劣化状態は変わります。エンジンオイルは使わなくても自然に劣化します
日産HPより
 5,000km走行ごと または6か月ごと
 

6ヶ月 または 5,000km 毎での交換をお勧めします

メーカー推奨の交換サイクルとは、あくまでも一般的な使用条件を前提にしたデータです
使用条件に応じて交換サイクルを早める必要があるのです
トヨタは「シビアコンディション時の場合」と注意書きがされています

実際にどれくらい交換サイクルを早めるべきかは、メーカーから特別に指示がない場合は
各自で判断する必要があります。ハードな走行をする方は、エンジンを酷使しているという
自覚があると思いますから、意識的に早めの交換を心掛けているのではないでしょうか

「チョイ乗り」が多い、街乗り中心の走行をされる方は、エンジンオイルの劣化を意識はしないと思いますが、
油温が十分に上がらないチョイ乗りこそが、実はオイルにとって過酷な状況なのです

また年間の走行距離が極端に少ない場合も注意が必要です
年間の走行距離が2000km未満というような方でオイル交換をされない方がいますが
6ヶ月ごとに交換が必要です
最低でも1年を目安に交換することをお奨めします
 

エンジンオイル選択方法
 
SAE粘度
 オイルの粘度を表す番号で、この番号によって、使用条件に最適な粘度のオイルを選びます

近年、省エネ化により低粘度のオイルが出ています、粘度の選択はトラブルの原因にもなります
エンジンに適合した粘度のオイルを選択してください
 

エンジンオイル早期交換賛否両論

 エンジンオイルの交換は早ければ早いに越した事はないです
 早すぎは無駄 遅すぎは危険
 
メーカー指定の15,000km/1年は 疑問を持つ方も多いかと思われます

  左 写真はオイル交換を怠ったエンジン内部 クリックすると大きな写真が見えます
  新車5年目の車でしたが、管理不良でクレームにはならず自己費用での修理となりました
 


 

 

 

Copyright(C) 2011HEIWA JIDOUSYA Co.,Ltd All right reserved