ブレーキ・ディスクローター交換                                              
   Disc brake rotor   ディスクローター(ブレーキローター)
エンジン部品

 ・オートマチックフルード
 ・パワステアリングフルード
 ・エンジンオイル
 ・オイルフィルター
 ・タイミングベルト
 ・Vベルト
 ・スパークプラグ
 

その他部品

 ・タイヤ
 ・ブレーキ(ディスクパッド)
 ・ブレーキローター
 ・ブレーキフルード
 ・バッテリー


お勧めのケミカル
 
 ・RECS wako's
 ・エコカープラス wako's

 

 

 

 

 

 



ブレーキローター(ディスクローター)の故障
脈動
ブレーキング時にブレーキペタルが上下して足に伝わる
ブレーキローターの偏磨耗や熱変形により、ブレーキング時にブレーキキャリパーのピストンが
押し戻されることによりブレーキペダルが戻される現象
ブレーキローターの研磨や交換が必要
ジャダー
ブレーキング時に発生する振動(車体の振動)
スポーツ走行などでブレーキローターが長時間熱にさらされた場合などに発生しやすい
高熱にさらされて熱変形し元通りに戻らず、変形したままの状態になってしまうことが主な原因
ブレーキローターの研磨や交換が必要
ひび割れ
ブレーキローターにひび割れが発生することがある
直ちに制動力に影響するものではないが、割れてしまう事もあるので
早めの交換が望ましい。
鉄製ローターでは降雨時や洗車時に水がかかると表面に錆が発生する
錆が発生した状態でブレーキをかけると錆により制動ショックや異音が発生することもある
これらは一過性の現象に過ぎないので、数回ブレーキをかけると解消する
数ヶ月間動かさずに置いた場合は錆が深く、制動力が落ちる場合もある
錆に熱が加わり黒錆に変化すると、表面が硬化して制動力が極端に落ちる
ブレーキローターの研磨や交換が必要
 
油分・石鹸成分の付着
ブレーキローターに油分や石鹸成分が付着すると制動力が著しく低下する
数回強めにブレーキをかけて、付着した油分や石鹸成分を焼き切ると制動力が回復する
ブレーキローター(ディスクローター)交換時期

ブレーキローターは使用に伴って磨耗するので、定期的に交換や研磨が必要である
日本車では一度も交換しないケースも多い
欧州車のなかにはパッド交換2回に1回程度の交換サイクルを要求するものもある

日本車の場合は上章のブレーキローターの故障の場合には、交換か研磨すればいいでしょう
理想をいえば、2万キロ〜5万キロで一度、ブレーキロターの研磨をすればいいでしょう

ブレーキローターは鋳物でできており、高温でひずみます。冷えても、元に戻りきらずひずみが残ります
写真の様に研磨途中で削れている所と削れていない所があります、これがひずみです
 
左右写真はブレーキローターを0.3mm研磨した状態

左の写真はローター内側
右の写真はローター外側
黒い部分が研磨されていない部分
白い部分が研磨された部分です

歪んでいました、これでは効きも良くないです

 
ブレーキロター交換Vs研磨 賛否両論

ブレーキローターの研磨には限度があり、深い傷や錆、大きい減り、ひび割れなどは
ブレーキローターの交換がいいでしょう

ブレーキローターの黒錆はローター表面が硬くなりブレーキ制動力が極端に落ちるため研磨が必要です
ひずみや減りの少ないブレーキローターは研磨がいい
一度ひずんだ鋳鉄(ブレーキローター)は再度の歪は小さいので研磨がいい  

 

 

Copyright(C) 2011HEIWA JIDOUSYA Co.,Ltd All right reserved