NdisWrapper on Debian Sarge

index

BUFFALO の無線LANカード WLI-CB-G54 は、Linux 用のドライバが供給されていません。そこで、Windows用のドライバを Linux 上で使えるようにする NdisWrapper を使いました。
マシン( Panasonic Let's Note CF-A1 )の状態は以下の通りです。

CPU=Celeron366MHz
Main RAM=64M
Vidio Memory=2.5M
HDD=6.0G

Debian Sarge のインストール

今回ディストリビューションは、Debian のテスト版(Sarge)を選びました。
ただしインストーラは、Sarge のものではなく、Sid のものを使います。
http://ftp.jp.debian.org/debian/dists/sid/main/installer-i386/current/images/floppy/から asian-root.img boot.img net-drivers.img をダウンロードしインストール用フロッピーを作成します。

# fdformat /dev/fd0u1440
# cat asian-root.img > /dev/fd0
# fdformat /dev/fd0u1440
# cat boot.img > /dev/fd0
# fdformat /dev/fd0u1440
# cat net-drivers.img > /dev/fd0

boot.img から FDD に入れていきインストーラに従います。途中、「安定版」「テスト版」「開発版」の選択では「テスト版」を選び、Sarge をインストールします。

再起動後の base-config では、 tasksel のエントユーザ「Linux Standard Base」とハードウェアサポート「ノートパソコン」にチェックをいれ、各ソフトをインストールします。

kernel upgrade

デフォルトのカーネルは 2.4.26 です。kernel-2.6.6 にし、NdisWrapper の make を通すため kernel-headers も入れます。

# apt-get install kernel-image-2.6.6-1-686
# apt-get install kernel-headers-2.6.6-1-686

kernel-2.6.6 で起動すると、なぜか LANカード(BUFFALO PCMCIA LPC2-T)が「eth1」に割り当てられ、「eth0」は「IEEE-1394 IPv4 over 1394 Ethernet (fw-host0)」となっています。謎です。起動時、「eth0」を探して時間を喰うので、「/etc/network/interfaces」の「eth0」の設定をコメントアウトし、「eth1」の設定をしました。


----------/etc/netwark/interfaces------------------------------------

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).

# This entry denotes the loopback (127.0.0.1) interface.
auto lo
iface lo inet loopback

# This is a list of hotpluggable network interfaces.
# They will be activated automatically by the hotplug subsystem.
#mapping hotplug  ←コメントアウト
#       script grep ←コメントアウト
#       map eth0 ←コメントアウト

# This entry was created during the Debian installation
#iface eth0 inet dhcp ←コメントアウト

auto eth1 ←LPC2-T用設定追加
iface eth1 inet dhcp ←LPCT-2用設定追加

--------------------------------------------------------------------

x-whidow-system & japanese environment

「/etc/apt/sources.list」の apt-line を整備します。

----------/etc/apt/sources.list------------------------------------------------

# Debian Package
deb ftp://ftp.jp.debian.org/debian sarge main contrib non-free
deb ftp://ftp.jp.debian.org/debian-non-US sarge/non-US main contrib non-free
deb ftp://ftp.jp.debian.org/debian-jp sarge-jp main contrib non-free
deb ftp://ftp.jp.debian.org/debian sarge-proposed-updates main contrib non-free
# Debian Security Package
deb http://security.debian.org/ sarge/updates main contrib non-free

# for mutt-j 1.5.x (mutt-j用apt-line)
deb http://www001.upp.so-net.ne.jp/mab-jp mutt15/
#deb-src http://www001.upp.so-net.ne.jp/mab-jp mutt15/
# for MPlayer (mplayer用apt-line)
deb ftp://ftp.nerim.net/debian-marillat/ testing main

-------------------------------------------------------------------------------

「 apt-get update 」「 apt-get dist-upgrade 」した後、「 dpkg-reconfigure locales 」し、以下を選択。

[*]en_US ISO-8859-1
[*]en_US.ISO-8859-15 ISO-8859-15
[*]en_US.UTF-8 UTF-8
[*]ja_JP.EUC-JP EUC-JP
[*]ja_JP.UTF-8 UTF-8

Location 選択画面で、"ja_JP.EUC-JP"を選択。

XFree86-4.3 をインストール

#apt-get install x-window-system
「xdm」で起動したくないので「/etc/init.d/xdm」を「/etc/init.d/xdm-original」にリネーム。

window manager は blackbox にしました。軽い!(^^)

# atp-get install blackbox

日本語環境用パッケージの追加

# apt-get install kon2
# apt-get install vim
# apt-get install canna
# apt-get install jvim-canna
# apt-get install jed-canna
# apt-get install kinput2-canna
# apt-get install jless
# apt-get install lv
# apt-get install tcsh-kanji
# apt-get install ja-trans
# apt-get install manpages-ja
# apt-get install doc-debian-ja
# apt-get install doc-linux-ja-text
# apt-get install egg
(emacs21はeggの依存関係でインストールされます)
# apt-get install language-env

ユーザ環境で「 set-language-env 」を実行し、各種設定ファイルをつくります。

egg などを使うためには、canna インストール時、「遠隔のホストからかんなサーバに接続しますか?」と聞かれたら[はい]を選択します。

TrueType Font

Debian のフォントマネージャ defoma を使って、TrueType フォントを追加します。
defoma を利用するためには以下のアプリケーションが必要ですので、apt を使ってインストールします。

defoma
libttf2
libft-perl
x-ttcidfont-conf
psfontmgr
dfontmgr

etc/X11/XF86Config-4の設定でFilesセクションに以下を追加します。

Section "Files"
     FontPath        "/var/lib/defoma/x-ttcidfont-conf.d/dirs/CID"
     FontPath        "/var/lib/defoma/x-ttcidfont-conf.d/dirs/TrueType"
EndSection

Modulesセクションも一部、変更を加えます。

Section  "Modules"
# Load   "freetype"  ←コメントアウトする
Load    "xtt"        ←追加する

/etc/X11/fs/configを開き catalogue に追加します。

catalogue = /var/lib/defoma/x-ttcidfont-conf.d/dirs/TrueType/,/usr/lib/X11/fonts/misc/,------

kochi の non-free版をインストールします。

# apt-get install ttf-kochi-gothic-naga10 ttf-kochi-mincho-naga10

以上で kochi が使えます。debianのパッケージからフォントをインストールした場合、defomaが設定をやってくれます。

市販の True Type フォントをインストール

まずディレクトリを掘って、フォントをおきます。(例は richo )

# mkdir /usr/share/fonts/truetype/richo
# cp richo-gothic.ttc /usr/share/fonts/truetype/richo/
# cp richo-mincho.ttc /usr/share/fonts/truetype/richo/

hints ファイルを作成します。

# cd /etc/defoma/hints
# defoma-hints truetype /usr/share/fonts/truetype/richo/richo-gothic.ttc > richo-gothic.hints
# defoma-hints truetype /usr/share/fonts/truetype/richo/richo-mincho.ttc > richo-mincho.hints

レジストします。

# defoma-font -vt register-all richo-gothic.hints
# defoma-font -vt register-all richo-mincho.hints
( /var/lib/defoma/x -ttcidfont-conf.d/dirs/TrueType以下に、自動でfont配置やfonts.dirが設定されます)

アンレジストする場合は、以下のようにします。

#defoma-font -vt unregister-all richo-gothic.hints
#defoma-font -vt unregister-all richo-mincho.hints

以上で、商用フォントも利用できます。

alsa on kernel

kernel-2.6.6 は、alsa を組み込んでいるので、alsa-base パッケージを入れるだけで、音を鳴らすことができます。

# apt-get install alsa-base
しかし、私のマシンでは、少し設定を手書きで追加しないと鳴りません。
alsaconf を実行して(しなくても?)作成される「/etc/modprobe.d/sound」に手を加え「update-modules」してやります。
----------/etc/modprobe.d/sound----------

alias snd-card-0 snd-nm256
alias sound-slot-0 snd-nm256
options snd device_mode=0660
options snd-nm256 force_ac97=1   ←追加
# update-modules

ユーザで音がなるようになっているか「/etc/group」を確認します。

----------/etc/group----------

audio:x:29:hal

初期設定は、全音ミュートされているので、適当な mixer を使ってで音量を調整します。

# amixer set Master 100% unmute
# amixer set PCM 60% unmute
# amixer set CD 60% unmute

alsamixer を使って音量を調整するには起動後、横矢印キーで移動、縦矢印キーで音量調整し、m キーで Item のオン・オフ、Esc キーで終了です。

NdisWrapper

WLI-CB-G54 のチップは、Broadcom ですから、NdisWrapper を使って、動作させることができます。
ドライバ wdrv_392.exe を BUFFALO のサイト http://buffalo.melcoinc.co.jp/download/driver/lan/wdrv.html からダウンロード、展開し、適当なディレクトリ(例は /usr/local/wdrv )に、bcmwl5.sys netcbg54.inf をコピーします。

# lha x wdrv_392.exe
# mkdir /usr/local/wdrv
# cp bcmwl5.sys netcbg54.inf /usr/local/wdrv

sourceforge ( http://sourceforge.net/projects/ndiswrapper/" ) から NdisWrapper のソースをもってきて、展開、make, make install します。

# tar zxfv ndiswrapper-0.8-rc2.tar.gz
# cd ndiswrapper-0.8-rc2
# make
# make install

/lib/modules/2.6.6-1-686/misc に ndiswrapper.ko があるか確認します。
無線LANカードの認識は以下の手順で行います。

# ndiswrapper -i /usr/local/wdrv/netcbg54.inf
# modprobe ndiswrapper
# ndiswrapper -m
# ndiswrapper -l
Installed ndis drivers:
netcbg54 present

dmesg で確認します。

ndiswrapper version 0.8-rc2 loaded
ndiswrapper adding bcmwl5.sys
PCI: Enabling device 0000:01:00.0 (0000 -> 0002)
PCI: Setting latency timer of device 0000:01:00.0 to 64
wlan0: ndiswrapper ethernet device 00:07:40:9e:f2:b5 using driver bcmwl15.sys

/etc/network/interfaces に無線LANの設定を追加します。インターフェースのエイリアスはwlan0です。

----------/etc/network/interfaces----------

iface wlan0 inet dhcp
auto wlan0

インターフェースを活性化(実際にLANに接続する)させます。

# ifup wlan0
これで接続されます。
うまくいかなかった場合、「 iwconfig 」を使って、ESSID や WEP キーの設定をしてみてください。
(例はESSIDが"lab_unwire",WEPキーが"wepky"のアクセスポイントに接続する場合です)
iwconfig wlan0 essid lab_unwire key s:wepky

最後に「 ifup wlan0 」をお忘れなく。


halt@zeus.eonet.ne.jp
Last modified: Thu Jul 8 20:42:40 JST 2004