海筏(うみいかだ)

徒然紀行










大津絵の涅槃図

 

白沙村荘橋本関雪(1883~1945)
記念館に展示(京都市左京区) 


大津絵の涅槃図




京都 白沙村荘橋本関雪記念館

白沙村荘橋本関雪記念館(京都市左京区)

白沙村荘は日本画家 橋本関雪が自身の制作を行うアトリエとして造営した邸宅。

およそ1万平方メートルの敷地に 大正~昭和初期に建築された居宅 画室 茶室

持仏堂などの建造物が散在 国の名勝に指定されている池泉回遊式庭園は7千

平方メートルに及び平安から鎌倉にかけての石像美術品が庭のあちこちに配置

され 竹藪には多くの羅漢さんが安置されている。



白沙村荘内橋本関雪記念館 入り口





白沙村荘内橋本関雪記念館




白沙村荘内橋本関雪記念館 庭園
 





花馬酔木の咲く白沙村荘庭園




画家 橋本関雪の画室
大作を描くときはこの建物を使ったらしい




憩寂庵(けいじゃくあん)

広間を備えた茶室 邸内は馬酔木の香りが漂う





四阿(あずまや) 茅葺き

      


庭園には馬酔木の花が満開
2019・3.14 撮影



観音さまが彫られた灯篭

庭園には平安~鎌倉期の石造美術品が
数多く飾られている




この灯篭にも観音様が彫られている
 




竹やぶに十六羅漢



竹やぶに十六羅漢
 




藪の羅漢 の看板がある




 
大石には文字が彫られているが判読できない





  GalleryA  GalleryB  GalleryC   デジカメ俳句  四季俳句 



春