遺言で何ができるの? 「遺言相続」 〜前田行政書士事務所〜
神戸市北区で会社設立、起業は専門の行政書士。定款の作成、電子定款、公証役場の認証、相談から起業後のサポート、経理記帳まで専門の女性行政書士が対応します。
兵庫県神戸市全域(中央区・東灘区・灘区・西区・須磨区・垂水区)・神戸市北区・三田市・西宮市・宝塚市・芦屋市・篠山市・小野市を中心に大阪・奈良・京都まで対応しています。

HOME > 遺言・相続 > 遺言書の種類 > 遺言で何ができるの

前田行政書士事務所へのメール

〒651−1301兵庫県神戸市北区藤原台北町
5−3−2−1103
電話 078−201−1908

 
■ トップページ

遺言で何ができるの?

自分の財産を思い通りに処分したいときに書くのが遺言書です。
よく仕えてくれた長男夫婦に自宅をあげたい。
血縁ではないが、お世話になった知人に少しでも感謝の気持ちとして財産を残したい。

もし、遺言書がなかった場合、財産はどのよに処分されるのでしょう?
法律で定める相続人に対して、民法に定められた法定相続分に従って財産は分割されます。

法定相続の比率は確かに合理性があり平等ですが、人の暮らしは多様です。
現実にそくした財産の処分、相続をのぞむなら遺言書は必要です。

遺言で できること

自分が他界したあと、生活が心配な人に配慮したい

相続権が無い人に財産を遺したい

財産をあげたくない人がいる

家業、家系を維持したい

骨肉の争いを未然に防ぎたい

葬儀方法や遺言執行者に希望がある

寄付など、遺産を思い通り処分したい

メールでのお問合せ

前田行政書士事務所へのメール

お問い合わせフォームからのご相談は常時受付け
しています。
◆ 二回目からは有料メ−ル相談 2,000円(税別)
(正式な依頼になった場合には料金に充当させていただきます。)

                            お気軽に遺言書相続専門の行政書士ご相談ください。

お電話でのお問合せ

前田行政書士

行政書士 前田香寿

神戸市北区藤原台北町
5-3-2-1103
< 所 属 >
兵庫県行政書士会 神戸支部
登録番号 第04300960号

行政書士 前田香寿事務所

   電話 078-201-1908

◆ 面談相談 5,000円(税別)にてサポ−トいたします。

受付 (月〜金曜)AM9時 〜 PM5時
    (土日祝休)事前にご予約のある場合は休日も
     対応いたします。



■ 遺言相続トップ
■ 相続人とは
■ 相続分について
■ 遺言の種類
 ◇ 遺言が必要な時
 ◇ 遺言で何ができるの?
■ 自筆証書遺言の書き方
■ 公証人って誰?
■ 遺産分割協議書
          について
■ 料金案内 (遺言相続)
■ リンク
             
             
■ お問合せ窓口  
■ 事務所概要   
■ プロフィール  
■ ブログ     
■ 行政書士について
■ 料金表 (総合) 
             
             
■ その他の業務 
 ◇会社設立・記帳代行  
 ◇交通事故       
 ◇自動車登録      
 ◇成年後見サポート   
 ◇輝く女性紹介     
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
   行政書士には職務上、秘密を漏らしてはいけないという義務があります。安心してご問合せ、ご相談ください。    

Copyright© 2009前田行政書士事務所all rights reserved.  powered bynakata office