法人化のメリットとデメリット 「会社設立」 〜前田行政書士事務所〜
神戸市北区で会社設立、起業は専門の行政書士。定款の作成、電子定款、公証役場の認証、相談から起業後のサポート、経理記帳まで専門の女性行政書士が対応します。
兵庫県神戸市全域(中央区・東灘区・灘区・西区・須磨区・垂水区)・神戸市北区・三田市・西宮市・宝塚市・芦屋市・篠山市・小野市を中心に大阪・奈良・京都まで対応しています。

HOME > 会社設立 > 法人化のメリットとデメリット

前田行政書士事務所へのメール

〒651−1301兵庫県神戸市北区藤原台北町
5−3−2−1103
電話 078−201−1908

 
■ トップページ

法人化のメリットとデメリット

起業をするにしても、「個人事業」からはじめる?それとも「会社」を作って売り出す?
そこで、「個人事業」と「会社」のメリット・デメリットを比較してみました。
いま、個人事業をされている方も「法人成り」を考えておられるのなら、どうしますか?

法人化のメリット

◆メリット1 決算期が自由に決められます

個人事業では1月1日〜12月31日と決算期が決まっていて、 自由に変えられませんが、
法人の場合、定款により事業の忙しい時期や税務署の忙しい時期をはずすたり、自由に
決算期を決めることができます。
決算にはやはり時間がかかるもの!忙しい時期や、年末などははずしたいですよね。

◆メリット2 個人事業で行うよりも社会的な信用がちがってきます

登記しているので、取引先は会社の概要についていつでも調べる事ができ、相手先は、
それによって判断してきます。そのほか、財産管理が整備されていることが原則になる
ので、金融機関や投資家にも明確な判断をしてもらえるので、借り入れの申し込みをす
る時も有利になることもあります。
広告や求人をするときにも効果が違いますよ。

◆メリット3 債務責任が有限

個人事業の債務責任は、全て事業主(無限責任)がしますが、株式会社の場合の債務責任
は、個人が無限に負う必要がありません。株主や社員に出資額以上の責任は及びません。

◆メリット4 税務上で有利な設定も可能

収入によっては、税務上で有利な設定が可能です。
「給与」で収入をうけとることにより、事業主でありながら、「給与所得控除」が受け
られますし、家族を従業員とすることにより、報酬を分散し、税負担を抑えることも
可能になります。

◆メリット5 青色欠損金を7年間控除できる

青色申告をしていれば、赤字がでた場合でも7年間はその赤字を翌期に繰越すことが
できます。個人事業の場合は、3年間です。
また、減価償却費の計上も、個人では毎年ですが、法人の場合は 任意でできます。

◆メリット6 事業が継続する

個人事業では、事業は事業主に依存します。つまり、事業主が死亡すれば、事業は終了
してしまいます。また、遺産分割などで、事業として継続できなくなることもあります
が、法人にしておけば、解散しない限り事業は継続するので、継続的な成長が可能です。
事業承継も、役員の変更のみでで社長の交代が可能です。             

法人化のデメリット

◇デメリット1 開業費用と手間がかかる

個人事業の場合、開業の手続きは「開業届」を税務署に出すだけでできますし、
登記をしないので費用がかかりませんが、会社をつくるには、設立の登記が必要なため
定款の認証費用、登録免許税あわせて最低でも20万円以上が必要です。
そして、資本金も当然に必要です。
定款を作成したり、登記の申請書類の作成など手間がかかり、手続きがややこしいです。
ここに時間をかけるのは、もったいない!!

◇デメリット2 会社の維持に費用と手間がかかる

個人事業の場合、赤字なら所得税、住民税、事業税はかかりませんが、法人は、何も活
動をしていなくても、赤字でも法人住民税等の均等割(約7万円)が最低かかってきます。
また、株式会社なら、定期的な役員変更の登記が義務づけられているので、そのたびに
登録免許税等の費用が発生します。
会計も、個人事業であれば、白色申告として複式簿記でない簡易な会計帳簿が認められ
ていますが、法人の場合は、必ず複式簿記で会計を行う必要があります。

◇デメリット3 社会保険料の負担が増える

社会保険は、個人事業の場合従業員が5人未満であれば任意での加入ですが、法人化す
れば原則社長1人でも社会保険に強制的に加入しなければならないことになっています。

メールでのお問合せ

前田行政書士事務所へのメール

お問い合わせフォームからのご相談は常時受付け
しています。
◆ 二回目からは有料メ−ル相談 2,000円(税別)
(正式な依頼になった場合には料金に充当させていただきます。)

                            お気軽に会社設立専門の行政書士ご相談ください。


お電話でのお問合せ

前田行政書士

行政書士 前田香寿

神戸市北区藤原台北町
5-3-2-1103
< 所 属 >
兵庫県行政書士会 神戸支部
登録番号 第04300960号

行政書士 前田香寿事務所

   電話 078-201-1908

◆ 面談相談 5,000円(税別)にてサポ−トいたします。

受付 (月〜金曜)AM9時 〜 PM5時
    (土日祝休)事前にご予約のある場合は休日も
     対応いたします。

■ 会社設立トップ 
■ 会社設立とは 
■ 法人化のメリット
        ・デメリット 
■ 個人事業と
      法人の比較 
■ 会社設立までの流れ
■ 会社設立の必要経費
■ 会社設立後の手続 
■ 会計経理・記帳代行
■ 料金案内 (会社設立)
■ リンク
             
             
■ お問合せ窓口  
■ 事務所概要   
■ プロフィール  
■ ブログ
■ 行政書士について
■ 料金表 (全体)
             
             
■ その他の業務 
 ◇相続・遺言      
 ◇交通事故       
 ◇車庫証明・車名義変更
 ◇成年後見サポート   
 ◇輝く女性紹介     
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
   行政書士には職務上、秘密を漏らしてはいけないという義務があります。安心してご問合せ、ご相談ください。    

Copyright© 2009前田行政書士事務所all rights reserved.  powered bynakata office