委任する内容と開始時期 「成年後見サポート」 〜前田行政書士事務所〜
神戸市北区で交通事故、慰謝料、後遺障害等級認定申請、異議申立専門の行政書士。遺言、相続、会社設立、電子定款、認証、経理記帳まで女性行政書士が対応します。
兵庫県神戸市全域(中央区・東灘区・灘区・西区・須磨区・垂水区)・神戸市北区・三田市・西宮市・宝塚市・芦屋市・篠山市・小野市を中心に大阪・奈良・京都まで対応しています。

HOME > 成年後見 > 委任する内容と開始時期

前田行政書士事務所へのメール

〒651−1301兵庫県神戸市北区藤原台北町
5−3−2−1103
電話 078−201−1908

 
■ トップページ

委任する内容は?

任意後見契約は定められた様式の公正証書で締結し、

あらかじめ「後見登記制度」によって登記します。

いつから開始するの?


そのほかの契約のパターン

@「認知症になったらどうしよう。」

将来の判断能力が不十分になったときの不安に備えるものです。
判断能力が不十分になった時に、代理権が発生するような契約を結びます。

注意:任意後見契約は、同意権、取消権は与えることはできません。

A「万が一入院でもしたら入院費の支払など誰に頼めばいいの?」

「任意代理契約」があります。後見ではなく代理です。
能力がしっかりしていても利用できる契約です。
法律問題や、その他の難しい手続きなど手伝ってもらえるような契約をしておくものです。
生活をサポートするという意味があり、自分でできない部分について契約で動いてもらえます。
任意後見契約の一歩手前の契約として利用されることが多いです任意代理契約から、判断能力
が不十分になったら、そのまま任意後見契約へと移行する形が一般的です。

B「介護は必要になったら、支援が受けれるようにだれかしてくれるかしら・・・?」

任意人代理契約をしている場合、その受任者が、家裁に申請をすることで任意後見契約へと移行
できます。
任意後見契約をしている場合は、任意代理契約をしていなくても、定期的に連絡を取っていれば
任意後見の申請をしてくれます。

C「死んだ後のことはどうなるの?」

死後の事務委任といわれる部分で、なくなった後の病院の清算、葬儀等や生きてきた間の
清算事務になります。
任意後見契約のなかに盛り込むことができます。

その他の利用例

◇定期的に財産を孫に贈与したい。

◇施設に入るので、家と地は要らなくなるから早々に処分してほしい。

◇夫の判断能力が低下した時のために今のうちに、
  夫の残した仕事の清算をしてほしい。


当事務所では、依頼者のお話や悩みををじっくり聞きながら、ご一緒に考えて、最適な方法
を探していきます。
お気軽にご相談ください。


メールでのお問合せ

前田行政書士事務所へのメール

お問い合わせフォームからのご相談は常時受付けしています。
◆ 二回目からは有料メ−ル相談2,000円(税別)
◆ 面談相談5,000円(税別)にてサポ−トいたします。

お電話でのお問合せ

前田行政書士

行政書士 前田香寿

神戸市北区藤原台北町
5-3-2-1103
< 所 属 >
兵庫県行政書士会 神戸支部
登録番号 第04300960号

行政書士 前田香寿事務所

   電話 078-201-1908


受付 (月〜金曜)AM9時 〜 PM5時
    (土日祝休)事前にご予約のある場合は
     休日も対応いたします。

■ 当事務所の取り組み
■ 成年後見制度とは
■ 成年後見制度を
   利用できる人は
■ 成年後見・任意後見
   の利用時期
■ 代理権 同意権
   取消権の具体例
■ 後見人の仕事
■ 任意後見制度とは
■ 委任する内容
   と開始時期
■ 料金案内 (成年後見)
■ リンク
             
             
■ お問合せ窓口  
■ 事務所概要   
■ プロフィール  
■ ブログ     
■ 行政書士について
■ 料金表 (全体)
             
             
■ その他の業務 
 ◇会社設立・記帳代行
 ◇相続・遺言    
 ◇交通事故     
 ◇車庫証明・車名義変更
 ◇輝く女性紹介   
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
   行政書士には職務上、秘密を漏らしてはいけないという義務があります。安心してご問合せ、ご相談ください。    
Copyright© 2009前田行政書士事務所all rights reserved.  powered bynakata office