後見人の仕事 「成年後見サポート」 〜前田行政書士事務所〜
神戸市北区で交通事故、慰謝料、後遺障害等級認定申請、異議申立専門の行政書士。遺言、相続、会社設立、電子定款、認証、経理記帳まで女性行政書士が対応します。
兵庫県神戸市全域(中央区・東灘区・灘区・西区・須磨区・垂水区)・神戸市北区・三田市・西宮市・宝塚市・芦屋市・篠山市・小野市を中心に大阪・奈良・京都まで対応しています。

HOME > 成年後見 > 後見人の仕事

前田行政書士事務所へのメール

〒651−1301兵庫県神戸市北区藤原台北町
5−3−2−1103
電話 078−201−1908

 
■ トップページ

後見人の仕事                                  

     後見人は、本人の意思の尊重と、本人の心身の状態および生活の状況に配慮する義務が
     あります。

1、仕事は大きく分けて2つ。

 (1)財産管理義務

   ■ 本人の財産に関する法律行為
       たとえば、本人が生活していくうえで発生する必要経費の支払いや、入金のチェック
       にあたります。
       これは、裁判所に報告義務もありますので、記帳、レシートの貼付・保存もしてお
       きます。

   ■ 本人所有の家の修繕や、バリアフリーにするなどの改築や、施設に入るための
       売却などの契約、交渉や遺産分割協議も本人に代わって行います。

   ■ 納税、確定申告

   ■ 後見監督人がいる場合は、後見監督人に同意を得て行う行為もあります。

 (2)身上看護義務

    本人が、なるべく普通に社会生活を送ることができるように、介護保険要介護認定
    の申請や更新、介護サービスを契約したり、病院、施設等との諸々の契約、更新、
    変更をします。


2、同意権・取消権による支援

後見人の種類 同意権・取消権について
成年後見人 原則としてすべて可
保佐人 法律で定めた法律行為 + 本人の希望でほかにも追加できます。
補助人 法律で定めた法律行為の中から本人の希望で選択して決めます。
任意後見人 なし

注意:後見監督人がいる場合は、後見監督人に同意を得て行う行為もあります。


後見人の仕事でないもの                           

日常生活に関する行為

食料や、衣料品を買ったりすることを取り消したりできません。

事実行為

食事を作ったり、掃除をしたりすること。
してはいけないことではありませんが、ヘルパーが必要ならヘルパーの契約
をしたりすることの方が仕事です。

一身専属事項

本人に代わって婚姻届、養子縁組届を出したり、遺言を書いたりすることはできません。
裁判離婚や裁判離縁は代理人になることができます。

その他

身柄の引き取り、借金の保証人、手術の同意もできません。

メールでのお問合せ                              

前田行政書士事務所へのメール

お問い合わせフォームからのご相談は常時受付けしています。
◆ 二回目からは有料メ−ル相談2,000円(税別)
◆ 面談相談5,000円(税別)にてサポ−トいたします。

お電話でのお問合せ                             

前田行政書士

行政書士 前田香寿

神戸市北区藤原台北町
5-3-2-1103
< 所 属 >
兵庫県行政書士会 神戸支部
登録番号 第04300960号

行政書士 前田香寿事務所

   電話 078-201-1908


受付 (月〜金曜)AM9時 〜 PM5時
    (土日祝休)事前にご予約のある場合は
     休日も対応いたします。

■ 当事務所の取り組み
■ 成年後見制度とは
■ 後見・保佐・補助とは
■ 成年後見の利用時期
■ 代理権・同意権・取消権
■ 後見人の仕事
■ 任意後見制度とは
■ 委任する内容と開始時期
■ 料金案内 (成年後見)
■ リンク
             
             
■ お問合せ窓口  
■ 事務所概要   
■ プロフィール  
■ ブログ     
■ 行政書士について
■ 料金表 (全体)
             
             
■ その他の業務 
 ◇会社設立・記帳代行
 ◇相続・遺言    
 ◇交通事故     
 ◇車庫証明・車名義変更
 ◇輝く女性紹介   
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
   行政書士には職務上、秘密を漏らしてはいけないという義務があります。安心してご問合せ、ご相談ください。    
Copyright© 2009前田行政書士事務所all rights reserved.  powered bynakata office