代理権・同意権・取消権の具体例 「成年後見サポート」 〜前田行政書士事務所〜
神戸市北区で交通事故、慰謝料、後遺障害等級認定申請、異議申立専門の行政書士。遺言、相続、会社設立、電子定款、認証、経理記帳まで女性行政書士が対応します。
兵庫県神戸市全域(中央区・東灘区・灘区・西区・須磨区・垂水区)・神戸市北区・三田市・西宮市・宝塚市・芦屋市・篠山市・小野市を中心に大阪・奈良・京都まで対応しています。

HOME > 成年後見 > 代理権・同意権・取消権について

前田行政書士事務所へのメール

〒651−1301兵庫県神戸市北区藤原台北町
5−3−2−1103
電話 078−201−1908

 
■ トップページ

代理権・同意権・取消権について                    

     代理権・同意権・取消権は、「補助」「保佐」「後見」を利用することで、どこまで使うことが
     できるのでしょうか。

  補助の場合 保佐の場合 後見の場合
代理権
後見人・保佐人・補助人が
代理できること
特定の行為
(申立て範囲内)
民法13条で
定めている行為
財産に関する
法律行為の全般 
同意権
後見人・保佐人・補助人の
同意が必要な行為
特定の行為
(申立て範囲内) 
民法13条で
定めている行為 
 
取消権
後見人・保佐人・補助人が
取消せること
特定の行為
(申立て範囲内)
民法13条で
定めている行為
日常生活に関する
行為を除く行為

代理権について                                

<成年後見の場合>
       成年後見人は財産に関する法律行為の全般について代理権を有します。
       本人の財産を管理し、その財産に関する法律行為について本人を代理します。

       「その財産に関する法律行為」とは?

           ・預金の管理・払戻し
           ・不動産その他重要な財産の売買
           ・賃貸借の締結・ 解除
           ・担保物権の設定
           ・遺産分割
           ・生活又は療養看護(身上監護) を目的とする介護契約
           ・施設入所契約
           ・医療契約の締結
                                  など

<保佐・補助の場合>

       保佐人・補助人の代理権は、保佐開始の審判時に当然に付与されるものでは
       ありません。
       本人の意向をふまえ、本人のために申立ての範囲内の特定の法律行為につい
       ての申立てが必要です。
       この申立てに基づき家庭裁判所が代理権を付与する旨の審判がされて保佐人・
       補助人に代理権が付与されます。
       家庭裁判所は申立てのない事項について代理権を付与することはできませんし、
       申立てのあった事項についても、必要がないと判断すれば付与しないこともあり
       ます。申立てが本人以外の者による場合には、本人の同意が必要です。


<代理権の対象とならないもの>

       婚姻、離婚、認知、養子縁組、離縁等の身分行為や、医療同意、
       遺言等の一身専属的な行為は、そもそも本人のみができる権利なので、後見人
       であっても代理権の対象となりません。


本人の生活や、本人のために本当にどこまで代理が必要なのかをよく見極め、本人の同意
を得て申立てをしましょう。


<特定の行為とは?> 

保佐・補助人に付与される代理行為一覧

          本人の預貯金に関する取引
          預貯金の口座の開設、その口座の取引
          年金、障害手当金その他の社保障給付の受領
          保険金の請求および受領
          保険契約の請求、変更および解除
          介護契約、福祉サービスの利用契約および福祉関係施設への入所に関する
                              契約の締結・変更・解除・および費用の支払
          医療契約および病院への入院に関する契約の締結・変更・解除および費用
                                                      の支払
          日用品の購入その他日常生活に関する取引
          日用品以外の生活に必要な機器・物品の購入
          不動産の購入、管理、家賃の受領
          家賃地代の支払
          賃貸借契約の締結、変更および解除
          負債の返済
          公共料金の支払、社会保険料などの支払および税金の申告・納付
          遺産分割又は相続の承認、放棄
          要介護認定の申請および認定に関する承認又は異議申立
          住民票、戸籍謄抄本、登記事項証明書その他の行政機関の発行する証明書
                                                       の請求
          以上の各事務の処理に必要な費用の支払
          以上の各事務に関連する一切の事項

同意権                                      


   本人が20万円する浄水器がほしいと思っています。
   しかし、その額が妥当な額かどうか、また自分にとって不利な契約にならないかわからない・・・。
   そういったときに、成年後見人等の同意を得てから、商品購入をすることで、本人が不利な契約
   をすることをさけることができます。

<成年後見の場合>

       後見には同意権がありません。
       同意なく法律行為をした場合でも基本的に取消ができるからです。
       「後見」の場合、本人は、「自己の財産を管理・処分できない程度に判断能力が欠けてい
       る方、すなわち、日常的に必要な買い物がようやくできるくらいの方」ですので、成年後見
       人の同意があっても完全な法律行為をすることができない。つまり、同意を要さないため
       です。

ただし、
        ●日用品の購入、日常生活に関する行為
        ●婚姻、認知、嫡出認否、遺言などの「本人」にしかできないこと

は取消ができません。

<保佐・補助の場合>

       保佐には法律で「保佐人の同意を得ることを要する行為」が定められています。
       この定められた行為については、保佐人が「同意」しなければ成立しません。
       また、「本人」が保佐人の同意を得ずにこれらの行為をした場合は、取り消すことができ
       ます。
       また、同意権付与の申立てによって、「同意を要する行為」を増やすができます。

■保佐人の同意を得ることを要する行為

    1 元本の受領又は利用
          貯金の払戻
          金銭の利息又は貸付
    2 借財又は保証 
          金銭消費貸借の締結(借金をすること)
          債務保証契約の締結(誰かの保証人になったり、連帯保証人になること)
    3 不動産その他重要な財産に関する権利の特捜を目的とする行為
          本人所有の不動産の売却
          本人所有の土地又は建物について抵当権を設定すること
          贈与、(第三者に贈与する場合で、贈与される場合は含まれません。)
          寄付行為
          商品取引、証券取引
          通信販売および訪問販売による契約の締結
          クレジット契約の締結
          金銭の無利息貸し付け
    4 訴訟行為
    5 和解又は仲裁契約(紛争を解決するための裁断を第三者に委任すること)
    6 相続の承認書もしくは放棄又は遺産分割
    7 贈与遺贈の拒絶又は負担付贈与のもしくは遺贈の受諾
    8 新築、改築、増築又は大修繕
    9 一定以上の期間を超える賃貸借同意権の具体例

取消権                                      

      本人が自分でした行為は、本人自身も法定後見人も取り消すことができます。
      たとえば、本人が20万円する浄水器を買いました。しかし、その額が妥当な額ではなく、
      本人にとって不利な契約、本来不要なものを買ってしまったという場合は成年後見人等が
      その契約を取り消すことができます。

<成年後見の場合>

      ●日用品の購入、日常生活に関する行為
      ●婚姻、認知、嫡出認否、遺言などの「本人」にしかできないこと

                 を除く行為については取り消すことができます。

<保佐・補助の場合>
      本人が、「保佐人・補助人の同意が必要」とされた行為にも関わらず、同意を得ずにした
      行為は、本人も保佐人も取り消すことができます。

取消権の効果

      取り消された行為は、初めから無効であったとみなされるので、本人は取消権を行使した
      時点で残っている現状を返還することになります。
      物や不動産は、現状で返還します。 金銭の場合はパチンコなど浪費してしまっていた場合
      などは、現存ないということになります。

追認権

      追認とは、取り消すことができる行為を取り消さないものと決める意思表示です。
      成年後見人は取消ことができます。「取り消すことのできる行為」を、追認(後から承認)し
      たときは、その行為は初めから有効であったものとみなされ、取消すことはできなくなりま
      す。
      本人の利益を損なうことはない場合は、成年後見人は追認することができます。
      追認は、直接、相手方にその旨の意思表示をすることによって行います

メールでのお問合せ                              

前田行政書士事務所へのメール

お問い合わせフォームからのご相談は常時受付けしています。
女性 ◆ 二回目からは有料メ−ル相談2,000円(税別)
◆ 面談相談5,000円(税別)にてサポ−トいたします。

お電話でのお問合せ                             

前田行政書士

行政書士 前田香寿

神戸市北区藤原台北町
5-3-2-1103
< 所 属 >
兵庫県行政書士会 神戸支部
登録番号 第04300960号

行政書士 前田香寿事務所

   電話 078-201-1908


受付 (月〜金曜)AM9時 〜 PM5時
    (土日祝休)事前にご予約のある場合は
     休日も対応いたします。



■ 当事務所の取り組み
■ 成年後見制度とは
■ 後見・保佐・補助とは
■ 成年後見・任意後見の
   利用時期
■ 代理権・同意権・取消権
■ 後見人の仕事
■ 任意後見制度とは
■ 委任する内容と開始時期
■ 料金案内 (成年後見)
■ リンク
             
             
■ お問合せ窓口  
■ 事務所概要   
■ プロフィール  
■ ブログ     
■ 行政書士について
■ 料金表 (全体)
             
             
■ その他の業務 
 ◇会社設立・記帳代行
 ◇相続・遺言    
 ◇交通事故     
 ◇車庫証明・車名義変更
 ◇輝く女性紹介   
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             
           
























































































   行政書士には職務上、秘密を漏らしてはいけないという義務があります。安心してご問合せ、ご相談ください。    
Copyright© 2009前田行政書士事務所all rights reserved.  powered bynakata office